LIFESTYLEDEC.26.2018

海外の恋愛ってどう違う?恋愛の始まりや外国人男性の恋愛観もご紹介

グローバル化が進んできた現代では、外国人男性と出会ったり、付き合う女性も増えてきましたよね。そこで今回は、海外と日本の恋愛観の違いをご紹介します。
グローバル化が進んできた現代では、外国人男性と出会ったり、付き合う女性も増えてきましたよね。そこで今回は、海外と日本の恋愛観の違いをご紹介します。

海外と日本では恋愛観が違う

海外の恋愛
国際恋愛や国際結婚など、国境を越えた恋愛は、憧れている方も多いですよね。ストレートな愛情表現やレディファーストなど、外国人男性がタイプという方もいると思います。

しかし、外国人男性との恋愛は、言葉や文化、宗教、恋愛の始まり方など、日本人男性との恋愛とは違う面が色々あり、戸惑ってしまったり、中にはトラブルになることもあります。

今回は、海外のヨーロッパやアメリカなどの欧米と日本の恋愛観の違いをご紹介します。

日本と海外の恋愛の違い【1】対等な立場を望む

お互いに自立している海外のカップル
海外のカップルでは、女性と男性は対等な立場を望まれることが多いですね。仕事に対する考え方や、社会的な地位、収入なども似ているカップルが多く、格差のあるカップルは少ない傾向にあります。

外国人女性は、結婚してからもバリバリ働く方が多く、その分男性も家事や育児に協力的です。そのため、管理職の女性の見かける機会も多いですね。

また、日本人男性とのデートでは、デート代は男性が負担することも多いですが、海外のカップルの場合、デート代はワリカンにすることが多いことも、外国人男性と恋愛する場合の違いですね。

日本と海外の恋愛の違い【2】前向きで自立した女性がモテる

自立した女性
カップル間で対等な立場を求める海外では、コミュニケーション力があり、何事にも前向きでエネルギッシュな女性がモテる傾向にあります。

日本人女性の魅力は、おしとやかで、優しくオシャレな所ですが、デートする際に希望を聞かれても、「何でもいいよ」「任せるよ」という答えは、外国人男性からすると「自分の意見がなくてつまらない」と思われることもあるので注意したいですね。

基本的には、金銭面だけでなく、意見も対等に言い合える関係が理想的です。

何か希望や意見を聞かれた場合には、自分の考えを表現した方が、外国人男性からのウケは良いですね。わからないことや、自信のないことも、相手に質問したり、積極的に学ぼうとする姿勢が重要ですね。

特に、日本人の場合は、相手と意見が違う場合は、相手を傷つけたり、議論するのを避けるために相手に合わせる場合もあります。しかし、海外の男性は、「自分」を持っていて、意見をハッキリ言える女性が、理想の恋愛相手だとされています。

日本と海外の恋愛の違い【3】恋愛に積極的

海外の恋愛
■愛情表現が積極的

外国人は、感情表現が豊かですが、恋愛の愛情表現も積極的です。外国人男性の強引なアプローチに驚いた経験がある方もいると思います。

自分の気持ちを素直に表現するので、日本人同士の恋愛でありがちな駆け引きは、外国人との恋愛ではマイナスになる場合もあります。

また、海外では、キスやハグは、恋人以外に挨拶する場合にも行うことですので、ボディタッチは多いですね。あまり人目を気にすることもありません。

そして、言葉についても、日本人同士のカップルの場合は、照れてしまってなかなか愛情表現をできない方もいると思いますが、「好き」「愛してる」などのような言葉での愛情表現もカップルの間ではとても大切です。


■出会い方にこだわらない

日本でも、インターネットサイトやマッチングアプリを使った出会いはメジャーになってきましたが、海外では元々一般的な出会いの方法です。

「今の環境で良い出会いがない」と思ったら積極的に動く方が多いですね。


■同棲も気軽

また、外国人カップルの場合は、好き同士が同棲することは特別なことではありません。

付き合っている期間が短期間で、これから付き合いが続いていくかどうかや、結婚する可能性があるかどうかは関係なく、わりと気軽に同棲をスタートさせるカップルも多いことも、海外カップルの特徴ですね。

日本と海外の恋愛の違い【4】曖昧な関係が珍しくない

海外の恋愛
日本人男性との付き合いは、何度かデートを重ねて告白されたり、告白することで付き合うカップルが多いですよね。

しかし、外国人男性と付き合う場合は、何度かデートを重ねても、「付き合おう」という言葉がないままカップルのような関係になるのが一般的な外国人の恋愛の仕方です。海外では、結婚する場合も、婚約期間があるように、カップルになる際にも、お互いに相性が良いかどうかや、価値観が合っているかどうかを見極める期間があります。

したがって、友達や家族、同僚などに「僕の彼女だよ」と紹介されるまで、付き合っているのかどうかわからずモヤモヤする場合もあります。また、家族に紹介されたからといって、結婚に結びつくわけではないのも、外国人男性との恋愛する場合の違いですね。

日本と海外の恋愛の違い【5】NG行動

海外の恋愛
■嫉妬や依存しない

外国人男性との恋愛では、嫉妬するということは、相手を信用していないということで、失礼になる場合もあります。

海外では、男女間の友情も成立するという考えが一般的ですので、二人で出掛けているからといって浮気を疑ったり、行動を制限するのは避けましょう。

また、何でも彼氏第一優先になってしまうのも、重いと思われる原因になります。嫉妬されたり、依存されていると感じさせてしまい、「自立していない子どもっぽい女性」と思われるので注意したいですね。


■宗教の違いに注意

また、日本人の場合は無宗教の方も珍しくないですが、海外では、何か宗教を信仰している方が多いですね。

宗教によっては、食べ物や行動に制約があることもありますが、相手の信仰を尊重することは重要です。宗教の違いは、別れの原因になることも珍しくはありません。宗教も含めて外国人彼氏のことを受け入れられるようにしたいですね。
国際恋愛や国際結婚も珍しくなくなってきている今の時代は、外国人男性と付き合う可能性も増えてきました。しかし、海外と日本では、求められる女性像や恋愛観が異なることが多いですね。外国人男性と付き合いたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック