FASHIONNOV.15.2018

雪の日の服装選びのポイント!防寒のコツやおすすめアウターご紹介

冬は日ごとに寒さが増してきて防寒グッズやアウターが手放せなくなりますよね。特に雪の日はしっかり防寒できて体を冷やさない服装選びが必要です。そこで今回は、雪の日の服装選びのポイントや防寒のコツ、おすすめアウターなどをご紹介します。
冬は日ごとに寒さが増してきて防寒グッズやアウターが手放せなくなりますよね。特に雪の日はしっかり防寒できて体を冷やさない服装選びが必要です。そこで今回は、雪の日の服装選びのポイントや防寒のコツ、おすすめアウターなどをご紹介します。

雪の日の服装選びのポイント

雪の日におすすめの服装
真冬の本格的に寒い時期になると雪が突然降って、雪に慣れていないと何を着ていいのかわからなくて困ってしまいます。雪国以外の地域の人だと、準備をしていないので寒さに凍えるといった事になることも。

そこで今回ご紹介するのが雪の日の服装。そんな日に困らないようにしっかり準備しておきましょう。雪の日以外でも真冬に使える服装選びのポイントなので、ぜひチェックしてください。

■アウターは冷気をしっかりシャットダウンしてくれるものを
雪の日の服装選びで最も重要なのがアウター。冷気をシャットダウンしてくれる頼れるものを選びましょう。おすすめはダウンコート。極寒地域で愛用されるような本格派のダウンコートは最強アイテムです。

■ミドルレイヤーも鍵
意外と重要なのがアウターとインナーの間に着るアイテム。厚手のニットや近年人気のインナーダウンやフリースなどのアイテムは、1枚はさむだけで暖かさが違います。

■インナーは保温機能のあるものがマスト
保温性の高い高機能のインナーは、雪の日のマストアイテム。インに仕込むだけで全然体感が違います。

■靴下やタイツも重要
女性の冷えは足元からくる場合が多いので、靴下ならウールだったりタイツならデニール数の多いものを選んだりといった、保温性の高いもので足元を温めるのが重要です。

■靴は滑らないソールがマスト
雪の日の靴は歩きやすさが違うので、ソールが滑らないものを選びましょう。お手持ちにあれば重宝するのがレインブーツ。ゴム底で滑らないので使えるアイテムです。

■裏起毛アイテムを活用する
冬になると人気なのがスウェットをはじめとした裏起毛アイテム。おすすめなのが裏起毛のパンツ。重ね着しにくい下半身の温めに一役買ってくれます。

雪の日の防寒のコツとは?

 
防寒のコツは実践している人としていない人とでは体感が全然違ってきます。雪の日をはじめ真冬の間はずっと使えるので、これを機会に寒くなったら試してみてください。

■体温が逃げやすく冷気が入り込むポイントをカバーする
首元や手首、足首といった部位はしっかりカバーするのが防寒のコツです。特に雪の日は帽子をかぶって頭頂部を濡らさないようにしましょう。耳も大事なので帽子を深くかぶったり、イヤーマフを利用したりするのがおすすめです。

■アイテムの重ね方が重要
重ね着は重ねる順番が重要です。冷気や風を通さないアウターの下には保温性を高めてくれるもの、その下にカットソーやインナーといった風に、レイヤーごとの役割に応じた重ね方をしましょう。

■カイロで暖かさをサポート
自分の体温を逃がさず有効に使って保温できればいいのですが、それでも寒い日にはカイロを投入して、暖かさをサポートしてもらいましょう。

雪の日の服装:おすすめアウター【1】最強アウターは本格派ダウンコート

雪の日におすすめのダウンコート
雪の日の寒さから体を守ってくれる頼れるアウターの筆頭がダウンコート。特に極寒地域で愛用されるような本格派のダウンコートは、日頃雪がそこまで降らない地域では、寒さを感じない位に役目を果たしてくれます。

特にフードがあるものは少しの雪ならしのげます。本格派のダウンコートはインナーとの間にはさむミドルレイヤーのアイテムは必要ありません。気温にもよりますが、アンダーウェアのインナーとニットで寒さを感じることはないでしょう。

雪の日の服装:おすすめアウター【2】ウールコートなら肉厚タイプのダッフルコート

雪の日におすすめのダッフルコート
雪が降るくらいに寒い日は、ウールコートなら肉厚のタイプを選びましょう。膝丈くらいまでの長さのある厚手のダッフルコートなら、インナーにしっかりしたニットを着れば寒さをしのげます。

ニットはタートルネックのものなど首元をしっかり守ってくれるものを。クルーネックのニットならマフラーを投入しましょう。

雪の日の服装:おすすめアウター【3】きれいめ派におすすめはムートンコート

 
ダウンコートやダッフルコートはきれいめコーデにはマッチしない場合もありますよね。そんな時に使えるのがムートンコート。これまでご紹介したコートより薄手ですが、保温性が高いので本降りじゃない雪の日なら十分活躍してくれます。

ダッフルデザインのムートンコートなら、デニムとニットのカジュアルコーデに。首元にマフラーを巻いて冷気の侵入をしっかり防ぎましょう。

雪の日の服装:おすすめアウター【4】アウターとミドルレイヤーとの重ね着が鍵

雪の日のおすすめのアウターコーデ
本格的な厚手のアウターを持っていなくてもミドルレイヤーに保温性の高いものをはさめば、雪の日でも十分暖かさを感じます。ウールコートならインナーダウン、ダウンコートならファーやフリースをはさんだり。

ダウンコートにファーをドッキングさせたコートは見た目も着心地もあったか。最近はインナーダウンがセットされたウールコートなどもあります。高機能のアイテムを上手に重ねて防寒するのがおすすめです。

雪の日の服装:おすすめアイテム【1】レインブーツが使える!

 
雪の日はもちろん、雪が降って一晩経ったあとの路面は滑りやすいので、靴選びも重要になります。そんな時に使えるのがレインブーツ。ソールが滑りにくいように凹凸があるので、雪の日でも歩くのに神経を使わなくて済みます。

そのおしゃれなルックスで人気のハンターのレインブーツは、雨の日はもちろん雪の日も活躍してくれます。ただ、保温性はあまりないので、厚手のものやウールの靴下を履いたり足先用のカイロを使ったりして、足先の冷え対策をすると万全です。

雪の日の服装:おすすめアイテム【2】近年人気のスノーブーツを投入

雪の日におすすめのブーツ
近年冬になるとよく見かけるのがブーティタイプのスノーブーツ。スポーツMIXやアウトドアアイテムをタウンユースするのがトレンドの今、本格的でおしゃれ見えするスポーツブーツは雪の日の救世主です。

防水透湿性素材なので冬の雨の日にも活躍してくれます。中がダウン素材になっているので、何より足元が暖かいのが嬉しいですね。ソックスを2枚履きすれば最強の暖かさです。

雪の日の服装:おすすめアイテム【3】マフラーのぐるぐる巻き

雪の日におすすめのマフラー
雪の日の防寒は、雪や風、冷気の侵入を防ぐことが大切です。そこで重要なのが首元の防寒。マフラーやストールといったアイテムで、しっかり首元をカバーして保温しましょう。マフラーのぐるぐる巻きは、大人可愛いだけでなく首元をしっかり温めてくれるのでおすすめです。

雪の日の服装:おすすめアイテム【4】ニット帽はしっかり耳もカバーして

 
天気予報で雪マークの日は、バッグにニット帽を忍ばせておきましょう。傘を差すほどでもない時は、ニット帽で髪が濡れるのを防げます。ニット帽は雪除けだけでなく、防寒と保温性も優れているので、体全体の体感も違います。雪の日は深くかぶって耳までしっかりカバーしましょう。
いかがでしたか?今回は雪の日の服装選びのポイントや防寒のコツをご紹介しました。日頃雪が降らない地域に住んでいると、突然の雪が降ると何を着ていいのかわからないですよね。そんな日でも風邪をひかずに暖かく過ごせるように、防寒の準備を始めておきましょう。今回ご紹介したもので気になるものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。