LIFESTYLENOV.02.2018

寝相で分かる心理とは?8つのタイプから自分や相手の性格をチェック

仰向けやうつ伏せなど、さまざまな寝相がありますが、一つ一つに意味があることをご存知でしたか?寝相を見れば、その人の性格だけでなく、深層心理までわかると言われています。今回は8タイプの寝相に分けて、それぞれの心理をご紹介します。
仰向けやうつ伏せなど、さまざまな寝相がありますが、一つ一つに意味があることをご存知でしたか?寝相を見れば、その人の性格だけでなく、深層心理までわかると言われています。今回は8タイプの寝相に分けて、それぞれの心理をご紹介します。

寝相で心理が分かるって本当?

ベッドの上に座る女性
人は寝付くとき、自分の寝やすい体勢になることから、多くの人は寝る体勢が決まっていると言われていますが、深い眠りについたあとは、無意識が表に出る状態です。

つまり、抑制が利かなくなる寝相にこそ、その人の性格や隠れた本音がわかるかもしれません。実際にアメリカの精神分析医サミエル・ダンケルによれば、寝相でその人の性格や心理がわかるそうです。

寝相は自分を知るだけでなく、相手を知りたいときにも役立ってくれるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

寝相で分かる性格と心理【1】大の字で寝る

大の字で寝る女性
大の字で寝る寝相は、「王様型」とも言われており、非常にオープンな性格だと言われています。

王様のように伸び伸びしており、堂々としている自信家タイプ。隠し事も嫌いで、精神的に安定しているとも言われていますよ。

もし恋人が王様型で寝ているのであれば、その性格や心理は「あなたに心を開いている証拠」になるかもしれません。

寝相で分かる性格と心理【2】うつ伏せで寝る

うつ伏せで寝る女性
「うつ伏せ型」とも言われているうつぶせ寝も、代表的な寝相の一つですよね。

うつぶせによる心理は、自分の表面を隠すような姿勢で眠ることから、自分の世界にこもりがちな人に多いと言われています。トラブルを避け、いつも穏便に過ごしたいと思っているようです。

また、計画的に物ごとを運べる真面目な性格であるものの、自分の思い通りに進みたいという自己中心的な一面もあると言われています。

寝相で分かる性格と心理【3】横向きで身体を丸めて寝る

丸まって寝る女性
横向きになって、体を丸めたような寝相は「胎児型」と言われており、緊張、不安、ストレスといったことを感じている心の表れだと言われています。

母親の胎内にいたときの姿勢になるので、精神的にお疲れ気味で誰かに甘えたいと思ってるのかも。また、依存心が少し強い傾向であることも寝相の心理によってわかることができるそうです。

人見知りが激しく、自分をさらけ出すことが苦手のようですが、一度仲良くなった人には甘え上手になると言われていますよ。

寝相で分かる性格と心理【4】横向きで脚を少し曲げて寝る

横向きで寝る女性
同じ横向きで寝る姿勢でも、少しひざを曲げた状態で寝る寝相の「半胎児型」による性格や心理は、協調性があるタイプだと言われています。

バランスのとれた性格なので、物事をスムーズに処理でき、自分と合わないタイプの人とも上手に付き合うことができるそうです。

また、常識があって前向きな性格でもあるので、ストレスも上手に解消できるそうですよ。

寝相で分かる性格と心理【5】横向きで寝る

横向きで寝る女性
大の字になって寝るわけでもなく、胎児にように丸めて寝るわけでもない、自然な横向きで寝る寝相の人は、バランスのとれた性格のようです。

しかし、自然な横向きでも、手を下に伸ばした状態なら人が好きで社交的な性格であると言われており、手を前に伸ばした状態なら一度決めたら目の前しか見ない一直線な性格であると言われています。

手の位置で心理が変わってくるのは面白いですよね。

寝相で分かる性格と心理【6】枕や布団に抱きついて寝る

布団に抱きついて寝る女性
枕や布団に抱きついて寝る寝相の「抱きつき型」なら、不安やストレスを抱えているのかもしれません。

人は強い不安などを感じているときほど、何かを強く握り締めたり、抱きつきたいという欲求が高まったりする心理が隠れているようです。

不安や悩み、イライラなど、物事がうまくいかずにストレスを抱えているかもしれないので、そっと癒してあげたいですね。

寝相で分かる性格と心理【7】布団に潜り込んで寝る

布団を深くかぶる女性
掛け布団を顔までかけ、潜り込んで寝るような寝相の場合は、深い洞察力を持ったタイプの人に多いと言われています。

物事を慎重に考えながら進めていくので、それ故に些細なことで悩んでしまうことも。

また、ストレスを抱えやすい性格であることもわかるそうなので、深くかぶっていればいるほど不安や悩みを抱えているという心理が分かりそうです。

寝相で分かる性格と心理【8】膝をついてお尻を突き出すように寝る

うつ伏せになる女性
膝をついてお尻を突き出したような寝相の「スフィンクス型」は、無意識のうちに眠るのを拒否しており、まだ起きていたいという心理が隠されているそうです。

例えば、日中に楽しい思い出を作れたり、すぐにでも会いたい人ができたりしたときにスフィンクス型になることが多いと言われています。

その一方で、ストレスを感じたときに攻撃的な一面を見せることもあるようです。子供に多い寝相ですが、神経質な人や不眠症の人にも多く見られます。
代表的な8つのタイプに分けて、寝相による心理をご紹介しました。寝相によって隠れた本音を知ることができる心理は、とても楽しいですよね。自分はもちろん、家族や友人、恋人の寝相もチェックして、性格を赤裸々にしてみてはいかがでしょうか!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。