JUL.04.2019

赤ら顔におすすめの洗顔は?赤ら顔になる原因や正しい洗顔方法

赤ら顔におすすめの洗顔は?赤ら顔になる原因や正しい洗顔方法 赤ら顔におすすめの洗顔は?赤ら顔になる原因や正しい洗顔方法

赤ら顔は何が原因で起こるか知っていますか?赤ら顔は日頃のスキンケアから気をつけなくてはいけません。赤ら顔を解消するための洗顔のやり方や絶対にやってはいけないNG方法など、赤ら顔のすべてをご紹介します。

赤ら顔の原因

頬が赤くなっている人

赤ら顔という言葉は、多くの人が聞いたことがあると思います。赤ら顔とは、顔が赤くなってしまうことをいいます。赤ら顔にはどんなことが関係しているのでしょうか?

■寒暖差
赤ら顔は寒暖差が原因となって起こることがあります。お風呂に長時間入っていると、顔が赤く染まっていきます。これと同様に、寒暖差が原因で赤ら顔になってしまうことがあります。体が温まることによって、毛細血管が拡張します。

そのせいで、顔に赤みが出てきます。また寒い所にいる時も、血管が収縮します。こういった温度差が影響して、顔に赤みが出てしまうことがあります。

■皮膚が薄い
もともと皮膚が薄いという人は、赤ら顔になりやすいです。赤ら顔の赤みの原因は、毛細血管です。この毛細血管が透けて見えているからこそ、赤くなっていきます。

皮膚が薄いと、当然この毛細血管が透けやすくなるので、赤ら顔になりやすいです。皮膚の薄さは生まれつき、という人もいますが、間違ったスキンケアで薄くなってしまう場合もあります。

■皮膚炎
顔に赤みが出てしまっている原因が、皮膚炎の可能性もあります。酒さ様皮膚炎や酒さは、肌に赤みが出てほてりやひりつきなどの症状が出てきます。ステロイドなどの影響を受けている場合が多いです。

また脂漏性皮膚炎のケースもあります。皮脂分泌が多い部分に、赤みを伴う湿疹が出てきます。

赤ら顔は洗顔やクレンジングが原因になることも

頬を触っている人

赤ら顔は、もともと皮膚が薄い人がなりやすいといわれていますが、間違ったケアが原因で起こってしまうこともあります。赤ら顔の原因となる洗顔やクレンジングのNG例についてご紹介します。

■こする洗顔
洗顔やクレンジングをする時、顔をゴシゴシこするのはNGです。顔の角質はラップ1枚程度の厚さしかないといわれています。この角質を強くこすってしまうと、段々と肌は傷ついていきます。

こする洗顔を長期的に続けていくことによって、肌が傷つき皮膚がだんだん薄くなっていってしまいます。

■洗浄力の高すぎるクレンジング
クレンジングは肌への負担がもっとも大きいといわれています。そのため洗浄力が高すぎるクレンジングをすることで、肌に負担がかかってしまいます。洗浄力の高いクレンジングは、肌の必要な皮脂や角質まで洗い流してしまうことがあるので、肌に悪影響を与えてしまいます。

■スクラブやピーリングの使い過ぎ
洗顔とはまた違った扱いになる、スクラブやピーリングなどの角質ケアグッズには注意が必要です。こういった角質ケアアイテムは、週に1~2回程度の使用を推奨されていますが、過剰に使ってしまうと肌を傷める原因になります。

健康的な肌の状態であれば、週に1回~2回使用しても問題はないですが、乾燥が酷い時や肌荒れが酷い時に使ってしまうと、逆効果になってしまうことがあります。

肌に何らかのトラブルがある時に、角質ケアをしてしまうと、今ある元気な角質まで洗い流してしまう可能性があります。そうすると元気な角質がなくなってしまうので、肌が傷つき赤ら顔やかゆみが出てしまいます。

赤ら顔の洗顔の選び方

顔を泡で洗っている人

赤ら顔を改善するためには、どんな洗顔料を選んだらいいのでしょうか?赤ら顔の洗顔の選び方についてご紹介します。

■低刺激なものを選ぶ
赤ら顔の為の洗顔料は、低刺激なものを選ぶようにしましょう。赤ら顔になっている肌は、刺激に弱くなっている可能性があります。敏感な肌の状態なので、できるだけ刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

■夜はクレンジングだけでもOK
赤ら顔が気になっているという場合は、W洗顔不要のクレンジングのみでも大丈夫です。もともと赤ら顔の人は皮膚が薄いので、洗顔料を使うと洗いすぎになってしまうこともあります。

そういった心配を無くすためにも、洗浄力がマイルドだといわれているミルククレンジングを使って、メイク汚れを落としましょう。

■洗浄力がマイルドなものを
洗顔料を選ぶ時は、洗浄力がマイルドなものを選ぶようにしましょう。無添加や低刺激なものは、敏感肌の人でも使うことができるので、洗浄力がマイルドです。潤い成分が配合されているものを選ぶと、より潤いが保たれやすくなりますよ。

赤ら顔の洗顔のやり方

顔を水で流している人

赤ら顔の人が気をつけたい洗顔のやり方についてご紹介します。

■朝はぬるま湯洗顔でもOK
朝はどうしても皮脂が気になる時以外は、ぬるま湯洗顔でもOKです。35度前後のぬるま湯で、優しく洗うようにしましょう。どうしても皮脂が気になる場合は、赤みが気になる部分以外に洗顔料をつけて、洗顔するようにしましょう。

■洗顔やクレンジングは力を入れない
洗顔料やクレンジングを使う時は、絶対に指に力を入れずに行いましょう。優しく顔全体に、大きな円を描くようなイメージでマッサージしていきましょう。肌に突っかかりを感じるようであれば、量が足りていないのでもう少し増やして洗うと効果的です。

■顔を拭くときまで丁寧に
洗顔で見落としがちなのは、顔を拭くタオルです。顔を拭くタオルは、ゴワゴワしていないものを選び、肌当たりのいい清潔なものを使いましょう。せっかく優しい洗顔を心がけても、タオルがゴワゴワでは意味がなくなってしまいます。タオルまで気を遣って洗顔をするようにしましょう。

赤ら顔の洗顔についてご紹介しました。赤ら顔は生まれつきなりやすい人もいれば、自分のケアが原因で起こってしまう人もいます。普段のスキンケアや洗顔では、肌を労わりながら行うことを心がけて、赤みのない肌を手に入れましょう。