BEAUTYJAN.20.2019

くすみをカバーするメイクとは?コントロールカラーの上手な使い方

ベースメイクでカバーしたい肌悩みといえば、くすみですよね。くすみは一体なぜ起こるのか、その原因を知っていますか?目元や口元のメイクカバー術や、コントロールカラーの活用法をもとに、くすみ解消メイクについてご紹介します。
ベースメイクでカバーしたい肌悩みといえば、くすみですよね。くすみは一体なぜ起こるのか、その原因を知っていますか?目元や口元のメイクカバー術や、コントロールカラーの活用法をもとに、くすみ解消メイクについてご紹介します。

くすみの原因とは?

肌の色ムラが気になる女性
くすみとは透明感を失った状態の肌のことを言います。明るさがなくなった肌は暗い印象に見えてしまい、顔色が悪く見えてしまいます。ハリやツヤがなくなった状態で、顔全体が暗くよどんでいるような印象の顔のことを言います。

そんなくすみはどんなことが原因で起こるのか知っていますか?くすみの原因をいくつかご紹介します。

■血行不良
血行が悪くなるとくすみが出てくることがあります。血行が悪くなりリンパの流れが悪くなると、肌のターンオーバーが悪くなります。その結果肌には血色感がなくなってしまうので、くすみが目立つようになります。

■メラニン
メラニンが原因でくすみを引き起こしていることもあります。メラニンは古い角質とともに剥がれ落ちるようにできていますが、古い角質が溜まっていたり、ターンオーバーが乱れていたりすると、メラニンが肌に溜まってくすみを引き起こします。メラニンによるくすみなので、茶色っぽいくすみ方をします。

■乾燥
乾燥が原因でくすみが起こることがあります。肌が乾燥してしまうと、肌のキメが乱れてしまいます。キメが乱れると乱れた部分が影を作るようになります。影が肌を暗く見せてしまうので、くすみが発生してしまいます。

■老化
老化が原因でくすみが起こってしまうことがあります。年齢を重ねるにつれて、肌のターンオーバーは遅れていってしまいます。その状態のまま放置しておくと、古い角質が肌に溜まり、厚くなっていきます。角質が厚くなることによって肌の透明感が失われくすみが発生してしまいます。

くすみを解消するためのメイクとは?

女性の横顔
くすみを解消するためのメイクについて詳しくご紹介します。

■顔全体のくすみをカバーする
顔全体にくすみが広がっているという場合は、コントロールカラーがおすすめです。コントロールカラーは、くすみの種類によって選び方が変わってきます。血行不良が原因のくすみには、ピンク系のコントロールカラーがぴったりです。

茶色っぽいくすみが気になるメラニンには、イエロー系がおすすめです。乾燥が原因のくすみにはパープル系がおすすめです。コントロールカラーをベースに加えることで、くすみのない透明感のある肌を作っていきましょう。

■目元のくすみをカバーする
目元のくすみはファンデーションを使ってカバーすることができます。ひどいくすみでない限りは、ある程度のファンデーションで明るく見せることができます。どうしても隠せないクマ部分のくすみには、コンシーラーを使って隠していくようにしましょう。

自分の肌よりも少しだけトーンを明るくすると、ハイライト効果により目元を明るく見せることができます。

■口元のくすみをカバーする
口元のくすみをカバーするには、コンシーラーがおすすめです。特に口角の下はくすみが出やすいので、メイクでカバーした方が良いでしょう。口角の下の部分は、コンシーラーを使って、口角が上がって見えるようにカバーしていきます。

口元は輪郭がはっきりしている方が若々しく見えるので、コンシーラーでしっかり縁取った方がくすみが目立ちにくくなります。

くすみをカバーする時の注意点

色々なメイクアップ道具
くすみをカバーする時に注意したいポイントについて詳しくご紹介します。

■厚塗りにしない
くすみをカバーしたいと思うあまり、中には厚塗りメイクにしてしまう人がいます。厚塗りメイクは老けて見える原因の1つなので、あまりおすすめできません。ある程度のくすみであれば、ファンデーションだけでカバーできますが、厚塗りになってしまう場合は、コンシーラーやコントロールカラーを利用するようにしましょう。

■色味がくすませている場合もある
どう頑張ってもくすみがカバーできないと悩んでいる人の中には、化粧した時のメイクの色が原因でくすみを起こしていることもあります。パーソナルカラーのように、自分に合った色以外を使ってしまうと、くすんで見えてしまうようなことがあります。

メイク後でもくすみが気になるという場合は、自分が使っているコスメの色を見直すことで直ることがあるので、試してみてください。

根本的にくすみを治すには

肌がきれいな女性
くすみはメイクでカバーできますが、できるのであればくすみのない透明感のある肌を手に入れたいですよね。くすみを解消するためにできることについてご紹介します。

■血行を良くする
血行不良が原因でくすみが起こっている場合は、血行を良くするために体の巡りを良くしなければいけません。お風呂に入って体を芯から温めたり、体全体を冷やさないように温かい服装を心がけたり、白湯を飲んだりというような対策を試してみましょう。

■美白アイテムを使う
メラニンが原因となっているくすみには、美白アイテムがもっともおすすめです。これ以上くすみを悪化させないためにも、なるべく早めに美白アイテムを取り入れたスキンケアをすることがおすすめです。

■保湿をする
乾燥が原因となっているくすみには、保湿が最も重要になります。保湿をしっかりと行い、透明感やツヤを保てるような肌状態になるようにスキンケアを見直してみましょう。
くすみを隠すメイクについてご紹介しました。くすみには色々なことが原因で起こるので、決して他人ごとではなく、悪化する可能性もあるということです。くすみはメイクで解消することができますが、できれば根本的な解決策を見つけてメイクと併用しながらくすみを解消していきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6