BEAUTY
SEP.10.2020

メイク落としはクレンジングバームが良い?特徴や使い方、おすすめ等

メイク落としはクレンジングバームが良い?特徴や使い方、おすすめ等 メイク落としはクレンジングバームが良い?特徴や使い方、おすすめ等

クレンジングにはさまざまな種類がありますが、その中でもクレンジングバームがすごいと人気を集めています。クレンジングバームは他のクレンジングに比べて何がすごいのでしょうか?特徴や正しい使い方についてご紹介します。

【目次】

クレンジングバームとは

 

まずはクレンジングバームとは何なのか、詳しくご紹介します。

バーム状のクレンジング

クレンジングバームとは、名前の通りバーム状のクレンジングのことをいいます。クレンジングといえば、オイルやクリーム、ミルクやジェルなどがありますが、その中でももっとも硬いテクスチャーのものが、クレンジングバームです。

使用感として1番近いのは、クリームタイプです。肌にのせていくうちにだんだんとテクスチャーが変わるので、マッサージしながら使用する必要があります。容器に入っているうちは固まっているので、使用する分だけを取り溶かしながら使用していくアイテムです。

肌に乗せるとオイル状になる

クレンジングバームは肌に乗せるとオイル状に変化していきます。容器の中に固まっているテクスチャーですが、使用する分だけを取って肌になじませていくことで、だんだんとオイル状に変わっていきます。

バーム状のクレンジングをしっかり肌になじませて溶かしていくことで、メイクを落としていきます。オイル状になれば、オイルクレンジングとほとんど同じ使い心地です。

ほとんどがジャータイプ

クレンジングバームのほとんどはジャータイプです。ジャーの中に固めて作られているので、スパチュラなどを使用して必要な量をすくって使用します。液体ではないので出しすぎるということがなく、量が調整しやすいのも特徴的です。

液漏れの心配がないので、旅行にも便利なクレンジングです。

W洗顔不要のものもある

クレンジングバームの中には、W洗顔不要のものもあります。クレンジングの中には、肌にオイル感が残ってしまうようなものもあり、クレンジングの後に洗顔を推奨しているものが多いですが、クレンジングバームの中には洗顔をしなくてもすっきりした洗いあがりになるものが多いです。

洗顔をするのが面倒な方や、時短で終わらせたいという人にはW洗顔不要タイプのクレンジングバームが人気です。

クレンジングバームのメリット

 

クレンジングバームを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか?他のクレンジングとの違いや特徴をご紹介します。

摩擦が起こりにくい

クレンジングバーム最大の特徴であるのが、摩擦が起こりにくいということです。クレンジングは肌を擦り合わせながらメイクを落としていく行為なので、肌と手がこすれることで摩擦が起こります。摩擦は肌を傷つけることになるため、蓄積されることで肌が弱くなってしまうことがあります。

クレンジングバームはもともと硬さのあるテクスチャーで、肌になじませていくことでオイル状に変化していきます。肌に乗せても厚みがあるため、肌の摩擦を軽減することができます。

優しく肌になじませていくだけで、肌を守りながらクレンジングができるというメリットがあります。

メイク落ちが良い

クレンジングバームは、メイク落ちが良いという特徴があります。メイクをすっきり落としたいという人が多いですが、肌に優しいクレンジングを使いたいと思うとメイク落ちが悪くなってしまうものが多いです。

クレンジングバームはオイルと同じ洗浄成分でできているものが多いため、メイク落ちはとても良いです。オイル状になったクレンジングをなじませていくだけで、濃いメイクもすっきりと落とすことができますよ。

マッサージもできる

クレンジングバームは、クレンジングしながらマッサージもできます。肌に乗せていくことで、だんだんバームが溶けていくため、マッサージしながら肌になじませることが可能です。

もともと厚みのあるテクスチャーなので、マッサージをしても肌への摩擦が少ないのが特徴です。わざわざマッサージクリームなどを用意しなくても、クレンジングバームだけでマッサージができます。

角質ケアができるものもある

クレンジングバームには、角質ケアができるものもあります。落とすケアアイテムといえば、クレンジングの他に洗顔やスクラブ洗顔、ゴマージュやピーリングなどさまざまなアイテムがあります。

古い角質が溜まった肌はくすみが気になり、透明感が失われてしまうので、定期的な角質ケアが必要になります。角質ケアができるクレンジングバームを使えば、これ1つでクレンジングと角質ケアの両方が叶います。

毎日のクレンジングで少しずつケアすることで、くすみ知らずの透明感溢れる肌を保つことができますよ。

クレンジングバームのデメリット

 

クレンジングバームにはデメリットもあります。どんなものなのか、詳しくご紹介します。

なじませるのに時間がかかる

クレンジングバームは、クレンジングオイルと比べるとなじませるのに時間がかかります。クレンジングオイルは、最初からオイル状なので素早く肌になじませられて、すぐにメイクを落とせます。

クレンジングバームはバーム状になっているものを溶かして使わなくてはいけないため、時間がかかります。できるだけ時短でクレンジングを済ませたいという人にはあまり向かない可能性が高いです。

必要な皮脂も落としてしまう

クレンジングバームは、クレンジングオイルと同じで洗浄成分が高いものが多いです。そのため、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。メイク落ちはとても良いので、ウォータープルーフのメイクまでするんと落とせるものがほとんどですが、肌に必要な保湿成分まで失われてしまいます。

クレンジング後に肌の突っ張りを感じてしまうこともあるため、乾燥肌にはあまり向いていない商品でもあります。

衛生面が心配

クレンジングバームはジャータイプのものがほとんどで、衛生面が心配に感じる方も多いです。クレンジングオイルやクレンジングミルクなどは、空気に触れないような設計になっているため、清潔に使用することができます。

しかし、クレンジングバームは使用するたびに毎回フタを開けて使用しなくてはいけません。そのため、空気に触れて酸化しやすかったり、菌が入りやすかったりします。

スパチュラなどを使用して取らなくてはいけないため、面倒に感じる人も多いです。だからといって指を使って取ってしまうと、手についている細菌がクレンジングバームにうつってしまうこともあります。

衛生面が気になるという人には、あまり向かない商品です。

肌が敏感な時には向かない

クレンジングバームは、肌が敏感な時にはあまり向きません。クレンジングバームの洗浄力が高いため、揺らいでいる状態の肌に使用すると必要な保湿成分まで洗い流されてしまいます。

また、長時間肌に乗せてなじませなくてはいけないため、肌が弱い状態の時は負担に感じてしまうこともあります。肌が敏感な時は、なるべく肌を擦らずに素早く落とせるようなアイテムを使うのが1番なので、そういったタイミングでの使用は向いていません。

クレンジングバームがおすすめな人

 

クレンジングバームはどんな人におすすめなのでしょうか?

マッサージしながらメイクを落としたい人

クレンジングバームは、マッサージしながらメイクを落としたい人におすすめです。メイク落としとマッサージがこれ1つで叶うので、時短にも繋がりますよ。あまり力を入れすぎると肌への負担になってしまうので、優しい力でマッサージすることが大切です。

W洗顔不要のクレンジングバームを使えば、これだけで落とすケアがすべて完了する上に、顔のむくみも同時にケアできるのでおすすめです。

摩擦を少なくメイクを落としたい人

クレンジングバームは、肌への摩擦を軽減したいと人におすすめです。厚みのないクレンジングを使ってしまうと、肌へのダメージが激しくなり、シミや色素沈着などの原因になります。

クレンジングバームは厚みのあるクレンジングなので、肌への摩擦を軽減して洗うことができます。クレンジングは毎日行うものなので、できるだけ肌への負担が少ないものを使いたいという人におすすめです。

脂性肌の人

クレンジングバームは、脂性肌の人におすすめのアイテムです。クレンジングバームの洗浄力が高いので、皮脂が多くて悩んでいるという人におすすめです。肌の皮脂が多いという人は、洗浄力が低すぎるアイテムで洗ってしまうと、肌に皮脂が残ってしまうことがあります。

そのため、すっきり洗えるようなクレンジングバームを使うことで、皮脂をしっかり取り除くことができますよ。脂性肌といっても、肌の内側が乾いているせいで皮脂が多く出てきてしまっているインナードライ肌の人にはあまりおすすめできません。

乾燥している肌に使うと、より乾燥が進み皮脂が増えてしまうことが考えられるので、肌内部の水分がしっかりあって皮脂の分泌が多い肌質の人におすすめします。

テクスチャーが好きな人

クレンジングバームは、使い心地が好きな人にもおすすめです。オイルやクリーム、ミルクなどさまざまなテクスチャーのクレンジングがありますが、自分が1番使いやすいと思うアイテムを使うのが1番です。

肌への滑りやなじませやすさなど、テクスチャーによって異なってくるので自分が1番好きな使い心地のクレンジングを見つけてみましょう。クレンジングバームは、するんととろけるように肌になじんでいくので、その使い心地が気に入った人はクレンジングバームがおすすめです。

クレンジングバームの選び方

 

ここからは、クレンジングバームの選び方についてご紹介します。

溶けやすさ

まずクレンジングバームの溶けやすさに注目してみましょう。クレンジングバームは体温で温めることでだんだんと溶けていくように作られています。しかし、商品によって溶けるスピードはさまざまです。

手のひらに乗せて少し擦るだけで溶けるものや、肌に乗せてしっかりマッサージしていくうちにだんだんと溶けるものもあります。溶けるまでの時間が遅いということは、それだけ丁寧にマッサージしながら溶かしていかなければならないということです。

オイルに変化したらできるだけ素早くなじませて落とす必要があるので、早く溶けすぎるのも使いにくいと感じる人も多いです。自分が使いやすい溶けやすさのクレンジングバームを選びましょう。

保湿力

クレンジングバームを選ぶ時は、保湿力がどれくらいあるのかも重要です。クレンジングバームは洗浄力が高いものが多いため、洗顔後に肌の突っ張りを感じてしまうことがあります。そういったアイテムは乾燥肌や敏感肌に向いていません。

クレンジングバームにしっかり保湿成分が入っていれば、ある程度の乾燥は防ぐことができます。潤いを逃がさないための保湿成分がしっかり入っているか確認して選ぶようにしましょう。

W洗顔不要かどうか

クレンジングバームを選ぶ時は、W洗顔不要かどうかもチェックしましょう。W洗顔不要と書いてあるものであれば、すぐにスキンケアに進んでOKですが、洗顔を推奨している商品は、洗顔をしてからスキンケアにうつる必要があります。

また、W洗顔不要と書いてある商品だとしても、洗顔後のぬめりが気になり洗顔してしまうという人もいます。W洗顔が面倒に感じてしまう人は、できるだけ洗い上がりがさっぱりしているのに乾燥しないようなものを選ぶようにしましょう。

W洗顔不要でも洗顔をしているという人は、W洗顔が必要かどうかはあまりこだわらずに選んでOKです。

マツエクにも使えるかどうか

マツエクをしている人には、マツエクにも使えるものかどうかチェックしましょう。マツエクをしている場合は、使用できるクレンジングが限られます。クレンジングバームはオイルをベースとして作られているため、マツエクとの相性が悪いものも多いです。

マツエク対応していないクレンジングバームを使うと、マツエクのグルーが取れてしまう可能性が高いので、マツエクをしている人は必ずマツエク対応のクレンジングバームを使うようにしましょう。

クレンジングバームの使い方

 

ここからは、クレンジングバームの使い方についてご紹介します。

乾いた手にクレンジングバームを取る

クレンジングバームを使用する時は、必ず乾いた手に取るようにしましょう。クレンジングバームの中には濡れた手で使用できるものもありますが、クレンジングと水が混ざることで乳化が起こり、メイク落ちが悪くなってしまうことがあります。

クレンジングを手に取る前に、手に残った水分を拭き取ってから乗せるようにしましょう。クレンジングを手に取る際は、必ずスパチュラなどの清潔なものを使って手のひらに取るようにしましょう。

肌の体温で溶かしていく

クレンジングを手に取ったら、少しだけ指先で温めるようになじませていきましょう。こうすることで、溶けるのが早くなり肌になじませやすくなります。しっかり溶かす必要はないので、少しだけ溶かしておくようにしましょう。

特に肌が弱いという人は、できるだけ手のひらで溶かしてから素早くなじませて洗い流した方が、肌への負担が軽減されますよ。

皮脂の多い部分から乗せる

実際に顔にクレンジングを乗せていきます。クレンジングを乗せていく順番は、皮脂の多い部分からです。特に皮脂が多く出る鼻周りからクレンジングを乗せていきましょう。

力を入れずに指の腹で優しく円を描くようになじませていきます。次に頬やフェイスライン、おでこへと伸ばしていきましょう。なじませる時は絶対に力は入れずに、クレンジングを肌の上で滑らせるイメージで広げていきましょう。

目元は最後に

クレンジングをする時は、広い面から細かい面へとなじませていきます。特に皮膚が薄くて敏感な目の周りは最後になじませるようにしましょう。目元は皮膚が薄いうえにメイクが落ちにくい場所でもあるので、目の負担を軽減したい人はアイリムーバーである程度落としてからクレンジングするのをおすすめします。

力を入れず擦らないように意識しながら、目元のメイク汚れを落としていきましょう。細かい部分を落とす時は、指先を使いながらしっかり落としていくことが大切です。

ぬるま湯を加えて乳化させる

顔全体のメイクがクレンジングとなじんだら、ぬるま湯を加えて乳化させていきます。手のひら全体にぬるま湯をなじませて、クレンジングになじませてください。オイル感がなくなり、白っぽくなってきたら乳化できている合図です。

べたつきやぬめりを感じなくなるまで、しっかり乳化させることが大切ですよ。乳化がしっかりできたら、ぬるま湯を使って洗い流します。流し忘れのないように、髪の生え際やフェイスラインまでしっかり流しましょう。

洗い流す時にも力は入れずに、お湯を優しく肌に当てるようなイメージで行うことが大切ですよ。

クレンジングバームを使う上での注意点

 

クレンジングバームを使う上での注意点についてご紹介します。

長時間顔に乗せない

クレンジングバームは、いくら厚みがあるクレンジングでも時間を置きすぎると肌への負担になってしまいます。マッサージをするとしても、2~3分程度にとどめるようにしましょう。

あまりに長時間肌の上に乗せたことで肌への負担になり、肌が敏感になったり乾燥しやすくなったりすることがあります。クレンジングは毎日行うもので、知らず知らずのうちにダメージが蓄積することで、だんだんと肌の調子が悪くなってくることも。使用OKな時間の範囲内でマッサージを行うようにしましょう。

力を入れない

いくらクレンジングバームに厚みがあるからといって、力を入れてゴシゴシしてしまったらまったく意味が無くなってしまいます。クレンジングを肌になじませる時も、乳化させる時も、洗顔する時も必ず優しいタッチで行うようにしましょう。

力を入れないとメイクが落ちないと思っている人もいますが、それは違います。優しくなじませるだけでも、しっかり乳化ができれば落とすことができるので、絶対に力を入れないようにしましょう。

落とし残しがないようにする

クレンジングバームを使用する際は、落とし残しのないようにしましょう。顔全体になじませてマッサージをしていると、髪の生え際やフェイスライン、あごの下などいろいろな場所にクレンジングバームが流れていることがあります。

クレンジングの後にボディソープで全身を洗ったり、髪を洗ったりするのであれば問題ありませんが、お風呂以外の場所で洗っている場合は落とし残しがある可能性が高いです。

顔の中心だけでなく、髪の生え際からあご下までしっかり洗い流すようにしましょう。

肌に異常を感じたら使用をやめる

クレンジングバームは洗浄力が高いため、肌の調子が悪い時に使うと刺激を感じてしまうこともあります。また、肌の状態が揺らいでいる時はどんな成分が刺激になるかもわからないので、使用後に肌の異変を感じたら使用をやめるようにしましょう。

クレンジングバームに切り替える時は、できるだけ肌の調子が良い時に使うのがおすすめです。

高温になる場所に置かない

クレンジングバームは、保管場所にも気をつけなくてはいけません。クレンジングバームは体温で溶けるように作られているため、高温になる場所に置いておくと溶けてしまう可能性が高いです。特にお風呂で使用する際の保管方法には気をつけるようにしましょう。

できるだけ気温が上がらない場所で、直射日光を避けて保管するようにしてください。

おすすめのクレンジングバームをご紹介

 

ここからはおすすめのクレンジングバームについてご紹介します。

おすすめのクレンジングバーム【1】ink.(インク) クレンジングバーム

ink.クレンジングバーム

ink.のクレンジングバームは、メイク汚れや余分な角質をオフするクレンジングです。肌に負担をかけないようなテクスチャーで、肌を労わりながらオフします。ヒト型セラミドなどの高保湿な美容成分配合で、潤いを保ちながら洗います。

ink. クレンジングバーム / ¥1,000

おすすめのクレンジングバーム【2】 YVESSAINTLAURENT(イヴサンローラン) トップシークレットクレンジングバーム

YVESSAINTLAURENTトップシークレットクレンジングバーム

YVESSAINTLAURENTのトップシークレットクレンジングバームは、バームがシルキーなオイルへ変化するクレンジングです。ウォータープルーフのメイクも簡単オフ。3種類の植物成分配合で、吸い付くようなもっちりした肌へ導きます。

YVESSAINTLAURENT トップシークレットクレンジングバーム / ¥6,380

おすすめのクレンジングバーム【3】RMK(アールエムケー) クレンジングバームリフレッシュ

RMKクレンジングバームリフレッシュ

RMKのクレンジングバームリフレッシュはメントール成分を配合したクレンジングです。クレンジング中も洗顔後もすっきりした洗い上がりが特徴です。必要な潤い成分を守りながら、透明感あふれる肌へと導きます。

RMK クレンジングバームリフレッシュ / ¥4,400

おすすめのクレンジングバーム【4】菊正宗 米と発酵クレンジングバーム

菊正宗米と発酵クレンジングバーム

菊正宗の米と発酵クレンジングバームは、米由来成分と発酵酵母系保湿成分が含まれているクレンジングです。固形のバームが肌の上でとろけて、メイクや皮脂汚れをオフします。潤い成分たっぷりで、肌を労わる無添加処方になっています。

菊正宗 米と発酵クレンジングバーム / ¥1,980

おすすめのクレンジングバーム【5】DHC(ディーエイチシー) クレンジングバーム

DHCクレンジングバーム

DHCのクレンジングバームは植物由来のクレンジング成分を配合したバーム状メイク落としです。ウォータープルーフのアイライナーやマスカラもしっかり落とします。高いクレンジング力としっとりした洗い上がりを実現しています。

DHC クレンジングバーム / ¥2,200

クレンジングバームについてご紹介しました。クレンジングバームは洗浄力が高く、肌への摩擦が少ないのが魅力的なクレンジングです。オイルとは違った使い心地で、病みつきになること間違いなしです。これ1つでマッサージや角質ケアができるものもあるので、ぜひクレンジングバームを試してみてください。