LIFESTYLEJAN.26.2019

タイルの掃除方法は?玄関やキッチンなど場所別掃除テクをご紹介

家の中でもさまざまな場所に使用されているタイルは、場所によって色々な掃除方法があります。今回は、玄関やリビング、お風呂場やトイレ、キッチンなどのタイルのお掃除方法を場所別にご紹介します。
家の中でもさまざまな場所に使用されているタイルは、場所によって色々な掃除方法があります。今回は、玄関やリビング、お風呂場やトイレ、キッチンなどのタイルのお掃除方法を場所別にご紹介します。

玄関のタイルのお掃除方法

きれいに掃除された玄関のタイル
外からの泥や砂、排気ガスやホコリなどの汚れや湿気が入りやすい玄関のタイルは、ふと気づくと色がくすんでしまったり、隅にゴミが溜まっていることがありますよね。玄関が汚れていると、臭いやカビの元になることもあります。

玄関のタイルの普段のお掃除は、乾燥している状態の時に、箒で汚れを掻き出したり、掃除機で吸引するのがおすすめです。

しかし、玄関のタイルに汚れが付着してしまうと、箒や掃除機を使った掃除だけでは、きれいにならない場合もあります。そのような場合は、水を使った掃除を試してみましょう。玄関は乾燥しにくい場所ですので、良く晴れて乾燥した日に、手袋を装着して掃除を行いましょう。掃除の前に玄関に置いてある靴や傘立て、マットなどを移動し、砂やホコリなどを落としておくようにします。


■タイルの素材に注意

一般的な玄関の床のタイルは、素材によって掃除方法が異なります。タイルに大理石や御影石などの天然石を使用している場合は、取扱説明書を確認したり、掃除業者に依頼すると、床のタイルを傷めずにきれいにすることができます。


■一般的な床タイルのお掃除方法

一般的な玄関の床のタイルの場合のお掃除方法は、濡れた雑巾で拭き掃除をするのがおすすめです。

ただし、ノンスリップタイルのようなでこぼこしたような玄関タイルの場合は、拭き掃除では黒ずみ汚れがなかなか落ちない場合もあります。また、タイルとタイルの間の目地も掃除がしにくい場所です。そのような場合は、床タイルに水をかけ、デッキブラシで擦りましょう。拭き掃除で取り切れない汚れや細かい部分は、100均でも購入できるメラミンスポンジで擦り落とします。


■水で落ちない場合は

水で落ちない場合には、洗剤を使用します。

例えば、食器洗い用の中性洗剤を溶かした溶液を玄関タイルにかけ、メラミンスポンジやデッキブラシで擦ってみましょう。

中性洗剤で取れない黒っぽい汚れの場合は、100mLの水に小さじ1杯の重曹を溶かした「重曹水」をスプレーで吹きつけ、擦ってみましょう。オキシクリーンを溶かした溶液で擦る方法もあります。

白っぽい汚れの場合は、酸性のクエン酸小さじ1杯を200mLの水に溶かし、スプレーで吹きつけて擦ってみましょう。

高圧洗浄機を利用するのもおすすめです。


■すすぎや乾燥もしっかり

汚れが落ちたら、水をかけて洗い流しましょう。マンションやアパートなど、玄関を水で洗い流せない場合は、床タイルに水をかけて拭き取ることを数回繰り返します。

最後に、乾いた雑巾やモップや、新聞紙で床タイルを覆って水気を拭き取り、乾燥させます。

玄関を換気し、しっかり乾いてから靴や傘立て、マットなどのアイテムを元に戻しましょう。

キッチンのタイルのお掃除方法

きれいに掃除されたキッチンのタイル
キッチンのタイルの汚れは、玄関タイルとは違い、油汚れや食べ物などが原因です。手袋を装着して掃除を行いましょう。

軽い汚れの場合は、食器洗い用の中性洗剤を溶かした溶液で濡らした布巾で拭き掃除をしましょう。

汚れが固まっている場合はスポンジで擦るようにしましょう。ただし、キッチンタイルは、玄関タイルに比べると傷がつきやすいので、研磨作用が強いものは避けます。

また、キッチン掃除用の洗剤や、100mLの水に小さじ1杯の重曹を溶かした「重曹水」で拭き掃除をする方法もあります。

黒ずんでカビが繁殖している目地の部分は、塩素系漂白剤を綿棒やキッチンペーパーなどにしみ込ませて拭き、10分ほど放置したら拭き取ります。塩素系漂白剤を使用する場合は、必ず換気を行いましょう。また、掃除に使用する前に、目立たない場所に塩素系漂白剤をつけて、変色がないかどうか確認してから行いましょう。

拭き掃除が終わったら、きれいな布巾で洗剤を拭き取り、乾拭きをすれば完了です。

リビングのタイルのお掃除方法

きれいに掃除されたリビングのタイル
リビングの床や壁のタイルには、色々な素材やデザインのものがありますので、掃除をする前にホームケアのマニュアルを確認してから行いましょう。

一般的には、固く絞った雑巾で水拭きをする程度でOKです。

中性洗剤を溶かした溶液で拭き掃除を行い、水拭きをして、最後に乾拭きをするのもおすすめです。

二度拭きのいらない「マイペット」のようなアイテムで拭き掃除を行うのも有効です。

バスルームのタイルのお掃除方法

バスルームのタイルの掃除
バスルームのタイルの汚れは、皮脂や白い石けんカスや水垢が主な原因です。毎日使うお風呂場は、湿気が溜まりやすいので、カビも繁殖しやすいですね。

黒カビ掃除を行う前に、タイルについている汚れを

・お風呂掃除用の洗剤
・100mLの水に小さじ1杯の重曹を溶かした「重曹水」
・500mLの水に小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かした「セスキ炭酸ソーダ水」

などを吹きつけてスポンジで擦り、汚れを落としていきます。

白くなった水垢の場合は、水200mLに小さじ1杯のクエン酸を溶かした「クエン酸水」を吹きつけて擦ります。酢1:水1を混ぜて洗剤として使用する方法もおすすめです。


■カビ取り掃除は

カビ取り掃除は、塩素系漂白剤を使用しますが、掃除に使用する前に、目立たない場所に塩素系漂白剤をつけて、変色がないか確認してから行います。また、長時間の放置は劣化の原因になりますのでやめましょう。

カビの気になる部分に塩素系漂白剤をつけ、30分ほど放置します。キッチンペーパーを被せた上から塩素系漂白剤を吹きつけ、さらに上からラップで覆ってパックすると、より効果的です。

塩素系漂白剤に抵抗がある方は、重曹4:酢3の割合で混ぜ、パックする方法もあります。

トイレのタイルのお掃除方法

きれいに掃除されたトイレのタイル
トイレのタイルのお掃除は、クイックルワイパーや箒などで、ホコリや髪の毛などの汚れを取り除いてから拭き掃除を行います。

トイレ掃除用のシートで拭き掃除をするのが手軽にできる方法ですね。トイレ掃除用の洗剤で拭き掃除を行う方法もあります。

ただし、黄ばみ汚れの場合は、中性洗剤ではなく、酸性の洗剤を使うのがおすすめです。洗剤を吹きつけ、上からラップをして10分ほど放置してから、スポンジで擦りましょう。その後に濡れた雑巾や要らない布で数回洗剤を拭き取ります。ただし、酸性の洗剤は、トイレのタイルを傷めてしまう可能性がありますので、短時間で済ませ、水拭きをしっかり行いましょう。

また、クレンザーや研磨作用のあるスポンジ、固いブラシなどもトイレのタイルを傷つける可能性がありますので注意しましょう。
タイルを掃除する場合は、タイルを傷めないように素材に合った掃除方法を工夫することが重要です。ぜひ、タイルを掃除する場合の参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6