LIFESTYLE
JUL.08.2020

今や手放せないアルコールジェルはどう選ぶ?選び方やおすすめを紹介

今や手放せないアルコールジェルはどう選ぶ?選び方やおすすめを紹介 今や手放せないアルコールジェルはどう選ぶ?選び方やおすすめを紹介

手洗いだけでは落としきれなかった雑菌を退治してくれるアルコールジェルは、新型コロナウイルスの影響で需要が高まっていますよね。しかし、正直何を選べばいいか分からないと悩む方もいるのでは?そこで今回は、選び方やおすすめをご紹介します。

【目次】

アルコールジェルとは?

 

アルコールジェルは、手指用の消毒液としてここ最近需要が高まっているアイテムです。

手洗いだけでは落としきれなかった雑菌を退治したり、手洗いが難しい場所でも消毒をしたりすることができます。

新型コロナウイルスの影響で、感染予防を徹底する人々が増えたことにより、今まで以上に注目を集めるようになりました。
感染予防対策でもこまめに消毒することが推奨されているため、最近ではどのお店の入り口にもアルコール消毒液が用意されていますよね。

しかし中には、「アルコールジェルであれば何でもいい」「ささっと手になじませればいい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

アルコールジェルの効果を発揮させるためには、選び方や使い方がとても大切になってきます。
おすすめのアルコールジェルもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アルコールジェルの特徴や魅力

 

新型コロナウイルスの影響により、需要が高まっているアルコールジェルは、今や多くの方が持ち歩いていますよね。

まずはアルコールジェルの特徴や魅力についておさらいしていきましょう。

感染予防に効果的

とろんっとしたジェル状のアルコール消毒液は、水なしで簡単に手指の消毒が行える優れものです。

手洗いだけでは不安なときはもちろん、手洗いがすぐにできない環境でもパパッと使えて感染予防をすることができます。

何かするたびにアルコールジェルで消毒することがセットになっている方も多いのではないでしょうか。

ただし、ウイルスには脂質性の膜がある「エンベローブウイルス」と、脂質性の膜がない「ノンエンベロープウイルス」の2つがあります。
ノロウイルスやロタウイルスなどの「ノンエンベロープウイルス」には、アルコールジェルによる消毒・殺菌効果がないといわれているので、こまめな手洗いが必要不可欠です。

他の人に菌をうつさない

アルコールジェルでこまめに手指の消毒をすることは、自分の身を守ることに繋がるだけではありません。

他の人にうつさないように配慮することもできます。

もしも自分が……と考えたとき、家族や周りの人にうつしてしまうのが一番怖いですよね。

自分が予防を徹底しておくことで、相手のためにもなるため必要なアイテムだと言えるでしょう。

短時間で消毒できる

お店に入る前にも設置されているアルコールジェルは、短時間で消毒できるアイテムといっても過言ではありません。

とろんっとしたジェル状のアルコール消毒は、さっと肌になじんで細菌を退治してくれるので、優れた消毒効果があるといわれています。

ぱぱっと消毒できるのは、忙しい方にとっても嬉しいのではないでしょうか。

外出先でも使いやすい

アルコールジェルは、携帯に便利な消毒液でもあります。

最近ではコンパクトサイズのアルコールジェルもたくさん展開されているので、バッグの中に入れておけば、いつでもどこでも使うことができますね。

食事をする前やお手洗いの後に使って、常に清潔な状態を保ちたいものです。

電車通勤をする方であれば、手すりやつり革を使った後に使うのも効果的でしょう。

アルコールジェルの選び方

 

自分や周りを守るために欠かせなくなっているアルコールジェルですが、アルコールジェルと表記されていれば、どれも同じだと思っていませんか?

実はアルコールジェルと一口に言っても、種類や効能はさまざまなんです。
選び方次第で、アルコールジェルの効果が発揮されていないこともあるため、せっかく買うなら予防に効果的なものを手に取りたいですよね。

アルコールジェルを選ぶときは、どのようなものを参考に選べばいいのか、アルコールジェルの選び方のポイントをご紹介します。

これでなければならない!という訳ではないので、あくまでも参考程度にチェックしてみてくださいね。

アルコール濃度が70%以上のものを選ぶ

手指の消毒をするための消毒液には、一般的にアルコール(エタノール)成分が含まれています。
アルコールジェルも同じように、アルコール成分が含まれているのですが、選ぶときに注目すべきポイントは、そのアルコール濃度についてです。

アルコール濃度が50%以下だと、効果がほとんどないといわれていることをご存知でしたか?

ちなみに、新型コロナウイルスへの対策において厚生労働省が有効としているのは、70%以上の濃度を持つものであるとも発表されているんです。

ですので、アルコールジェルを選ぶときは70%以上のもの、最低でも60%以上のものを選んだ方が効果的かもしれません。

ライフスタイルに合ったものを選ぶ

アルコールジェルには、お家で使いやすいポンプタイプのものと、持ち運びに便利なコンパクトサイズのものがあります。

ジェル状になっているので、たくさん出してしまってもビショビショになる心配がないので、持ち運びにはとても便利な消毒液です。
携帯用に小さな容器に入ったジェルタイプがない場合は、大容量のアルコールジェルをコンパクトな容器に入れるのもいいでしょう。

もちろん、今回ご紹介するジェルタイプのものだけでなく、水に近いものや泡タイプのものなど、いろいろなアルコール消毒液があるので、使いやすさやライフスタイルに合わせて選ぶといいですよ。

保湿成分が配合されているか見てみる

アルコールジェルを選ぶときは、ぜひ保湿成分が配合されているかどうかについてもチェックしてみてください。

直接手指につけるものだからこそ、肌のことを考えて保湿成分が配合されたアルコールジェルだと女性も嬉しいのではないでしょうか。
保湿成分が配合されていれば、清潔さを保つことができるだけでなく、つけた後のハンドケアや乾燥対策にも効果的ですよね。

アルコール濃度が高い分、細菌やウイルスをすばやく除去してくれるアルコールジェルは、使い続けることで炎症を起こしてしまう可能性があります。

実際にヒリヒリしたり、赤切れができたりした方も多いのではないでしょうか。
肌が弱い人は特に注意が必要です。
その場合、アルコールの濃度を抑えたマイルドなアルコールジェルを選ぶのもいいでしょう。

おすすめのアルコールジェル

 

アルコールジェルを選ぶときのポイントを踏まえながら、おすすめのアイテムをいくつかご紹介していきます。

どんなアルコールジェルにすればいいのか悩んでいる方は、どんなアルコールジェルがあるのかチェックして、自分好みのものを見つけてみてくださいね。

ミューズ 薬用消毒ハンドジェル

ミューズ 薬用消毒ハンドジェル

ハンドソープ・石鹸ブランドでおなじみのミューズからも、この時期に役立つアルコールジェル「薬用消毒ハンドジェル」があります。

消毒有効成分配合で、ウイルスや菌をしっかり消毒してくれるしっかり者!

速乾性があり、手を拭かずにすぐに乾かすことができるので、使用後にすぐハンドクリームでケアできるのも嬉しいポイントです。
さらっとした使い心地も快適に思えますよ。

ミューズ 薬用消毒ハンドジェル / ¥972

キレイキレイ 薬用ハンドジェル

キレイキレイ 薬用ハンドジェル

キレイキレイの「薬用ハンドジェル」は、低アルコール処方の消毒液になっているので、お子様も安心して使えるアルコールジェルになっていますよ。

皮膚の水分の減少が少なく、手肌が荒れにくいので、敏感な肌の女性でも使えそうですね。
ツンとした特有のニオイがないのも使いやすくて嬉しいです。

ナノイオン消毒成分が配合されているので、手指の細かいすき間にまで入り込み、すぐれた消毒効果を発揮してくれるでしょう。

ピアラ SAVE YOUR LIFE75 ハンドクリーンジェル

ピアラ SAVE YOUR LIFE75 ハンドクリーンジェル

ピアラの「SAVE YOUR LIFE75 ハンドクリーンジェル」は、マスクとアルコールジェルの売上の一部を、医療機関等に寄付するプロジェクトになっています。

新型コロナウイルスで多くの医療関係者の方が頑張ってくれているので、アルコールジェルなどを購入することで寄付に繋がると思えば嬉しいのではないでしょうか。

素敵な企画ですので、ぜひ参加してみてください。

ピアラ SAVE YOUR LIFE75 ハンドクリーンジェル / ¥1,628

健栄製薬(けんえいせいやく) 手ピカジェルプラス

健栄製薬(けんえいせいやく) 手ピカジェルプラス

ドラッグストアなどで手軽に購入できるアルコールジェルとして有名なのが、健栄製薬(けんえいせいやく)の「手ピカジェルプラス」です。

定番の手ピカジェルでもいいのですが、プラスの方は広範囲のウイルス細菌に効果的なのでおすすめ!

幅広いウイルス・細菌に対応してくれる心強いアイテムですし、速乾性にも優れています。
持ち運びに便利な携帯サイズもありますよ。

L'OCCITANE(ロクシタン) ヴァーベナ クリーンハンドジェル

L'OCCITANE(ロクシタン) ヴァーベナ クリーンハンドジェル

ハンドクリームなどのブランドで人気の高いL'OCCITANE(ロクシタン)にも、アルコールジェルがあることをご存知でしたか?

それがこちらの「ヴァーベナ クリーンハンドジェル」です。
すっきりと爽やかなヴァーベナの香りに癒されるアルコールジェルで、エタノールが70vol%以上配合されているので、しっかり消毒もできます。

さらに、保湿成分であるグリセリンが配合されているのも嬉しいポイント!
消毒をしながら手肌にうるおいを与えることができます。

持ち歩きに便利なサイズなので、いつでもキレイな状態を保つことができるでしょう。

L'OCCITANE(ロクシタン) ヴァーベナ クリーンハンドジェル / ¥1,540

HOLIKA HOLIKA(ホリカ ホリカ) ハンドクリーンジェル

HOLIKA HOLIKA(ホリカ ホリカ) ハンドクリーンジェル

韓国のコスメブランド・HOLIKA HOLIKA(ホリカ ホリカ)から登場した「ハンドクリーンジェル」は、韓国コスメが大好きな女性たちの間で人気があります。

清浄成分エタノール62%と、アルコール濃度は少し低めですが、シンプルで可愛いパッケージや持ち運びに便利なサイズもあることから愛用している女性が多いようです。

無香料で水分感たっぷりなので、使いやすいという声も多いですよ。

HOLIKA HOLIKA(ホリカ ホリカ) ハンドクリーンジェル 2本セット / ¥3,300

ON MOME(オン・モメ) ハンドジェル アルコール洗浄タイプ

ON MOME(オン・モメ) ハンドジェル アルコール洗浄タイプ 2本セット

ON MOME(オン・モメ)の「ハンドジェル アルコール洗浄タイプ」も、韓国製のアルコールジェルです。

シンプルな部屋にもなじむような可愛らしいパッケージが魅力のこちらは、アルコール濃度が70%と除菌の作用も十分に期待できますよ。

500mlのボトルの2本セットなので、たっぷり使えるのも嬉しいポイントになるのではないでしょうか。

ON MOME(オン・モメ) ハンドジェル アルコール洗浄タイプ 2本セット / ¥2,980

ムーミン アルコールハンドジェル

ムーミン アルコールハンドジェル

せっかく手指の消毒をするなら、見た目が可愛いアルコールジェルで気分を上げたいという方も多いのではないでしょうか。
そんなときは、ムーミンの公式オンラインショップで購入できる「アルコールハンドジェル」がおすすめです。

ムーミンデザインのボトルがとってもキュートですよね。

無香料で、植物由来のアルコールを70%配合しているので、きちんと消毒しながら手指や皮膚のうるおいや清潔感を守ってくれます。
バッグの中に入れておきたくなる可愛さですね。

ムーミン アルコールハンドジェル / ¥990

SHIRO(シロ) サボン ハンドジェル80

SHIRO(シロ) サボン ハンドジェル80

大人気のデパコスブランド・SHIRO(シロ)からは、「サボン ハンドジェル80」が登場。

アルコール約80vol%配合したアルコールジェルになっているので、これだけでも消毒効果は十分に期待できますが、さらに抗菌効果のある成分がプラスされているのが魅力です。

清潔感のある石けんをイメージさせるサボンの香りで、使う度にリフレッシュもできそう!
オレンジやスパイシーなクローブ、ほのかな甘さのゼラニウムなどのオリジナルブレンドの精油を取り入れた「チャクラーサナの香り」もあります。

SHIRO(シロ) サボン ハンドジェル80 / ¥3,080

Flora Notis JILL STUART(フローラノーティス ジルスチュアート) フローラルグリーン フレッシュハンドジェル

Flora Notis JILL STUART(フローラノーティス ジルスチュアート) フローラルグリーン フレッシュハンドジェル

見た目にもこだわったアルコールジェルを探しているなら、Flora Notis JILL STUART(フローラノーティス ジルスチュアート)の「フローラルグリーン フレッシュハンドジェル」もおすすめですよ。

アルコール配合で手肌をすっきり清潔にするハンドジェルで、手肌になじませれば、贅沢な花の香りで包み込んでくれます。

爽やかなフローラルグリーンの香りで、気持ちまでリフレッシュすること間違いなしです。

Flora Notis JILL STUART(フローラノーティス ジルスチュアート) フローラルグリーン フレッシュハンドジェル / ¥1,980

アルコールジェルの正しい使い方

 

アルコールジェルの選び方と同じように、使い方も適当になっていませんか?

「とりあえず使えばいい」と思ってしまいがちですが、アルコールジェルの消毒効果を発揮させるためには、正しい使い方をすることも重要になってくるんです。

アルコールジェルは、どのような使い方をすべきなのか見ていきましょう。

手指が乾いているときに使う

手洗いとセットで使われることが多いアルコールジェルですが、使用するときは必ず手が乾いている状態のときに行いましょう。

手が濡れているときにアルコールジェルを使うと、その手に残った水分によってアルコール濃度が低くなってしまうからです。

手洗い後に使用する際は、しっかりと手指を乾かしてから使うようにしましょう。

適量を出す

アルコールジェルの使用量が少なければ、十分な消毒効果を得ることはできません。

ポンプタイプのアルコールジェルであれば、ポンプをしっかりと下まで押したときに出る1回分の量が適量だと言われています。

ですので、軽く押して出すだけの量では足りないことも。
一度下までしっかり押したときの量をチェックしておきましょう。

指先に擦り込む

適量のアルコールジェルを手のひらに出したら、まずは指先に擦り込みます。

指先を立てるようにして、アルコールジェルの中に入れ、小刻みに動かして擦り込みましょう。

反対側の手のひらにアルコールジェルを流し、同じようにもう片方の指先にも擦り込んでくださいね。

手のひらや手の甲になじませる

両手の指先にすり込んでから、残ったアルコールジェルで手のひらや手の甲になじませていきます。

手を洗うときと同じような感じでOKです。

両手をこすり合わせて、よくなじませることが大切ですよ。

指の間や指にもなじませる

アルコールジェルで消毒する場合は、「手のひらや手の甲によくすり込んで終わり」というわけにはいきません。

手洗いでもそうですが、指の間や指にも丁寧にすり込んでいくことが大切です。

ここは意外と忘れがちなので、消毒の仕上げとして普段からクセをつけておくといいですよ。

ハンドクリームでケアする

アルコールジェルで消毒をした後は、ハンドクリームでケアすることがおすすめです。

アルコールジェルに含まれているアルコールは、手指に刺激を与えることがあるため、乾燥しやすくなったり、炎症を招いたりしてしまうことがあります。

「アルコールジェルを頻繁に使うようになってから、ひび・あかぎれが気になるようになった」という声もたくさんあります。

そのままにしておくと、さらに悪化してしまう可能性がありますので、こまめにハンドクリームで手のうるおいを守ることも大切ですよ。

アルコールジェルを使用するシーン

 

私たちが生活する周りには、見えない汚れがたくさんあります。
見た目はキレイでも、たくさんの菌で汚れていることも。

それは外だけでなく、室内でも言えることです。

では、どのようなときにアルコールジェルを取り入れていけばいいのでしょうか。

お手洗い後や手洗いうがいをした後だけでなく、習慣にしたい使用ポイントをご紹介します。

料理をするときや食事の前に

料理をする際は、たくさん手を使いますよね。
その後、そのまま口に運ぶこともありますから、やはり衛生面を考えてアルコールジェルで消毒することがおすすめです。

料理を作る前はもちろん、買ってきた食材を袋から出すときや、冷蔵庫に入れる前などに使うのもいいでしょう。

そして食事の前にもアルコール消毒することで、清潔な状態を保ちやすくなります。

おもちゃ遊びや片づけの後に

小さなお子様がいる場合は、おもちゃ遊びや片づけの後にアルコールジェルを使う習慣をつけたいですね。

おもちゃにも、見えない菌がたくさん潜んでいるんです。
特にぬいぐるみは、トイレのドアノブよりも汚れているという調査結果もあるそう。

遊び終わったら、お片付けと一緒に低アルコールタイプのアルコールジェルを使用したいですね。

おもちゃも拭けそうなものであれば、こまめに消毒をした方がいいでしょう。

おむつを替えた後や授乳前に

小さなお子様がいる場合は、おむつを替えた後や授乳前にもアルコールジェルを使う習慣をつけましょう!

子供といってもおむつにはたくさんの菌がついていますので、おむつ替えをしたあとの手指の消毒は必須と言えるでしょう。

基本的におむつを替えてから、授乳やミルクをあげることが多いかと思うので、おむつ後の使用を徹底すれば清潔さは保てるのではないでしょうか。

ドアノブやつり革に触れた後

外に出れば、家の中よりもたくさんの菌がついているでしょう。

特に、何気なく触れているドアノブや電車のつり革、階段の手すりなどは、多くの人が触れているので、こまめに消毒をしたいところです。

持ち運びに便利なアルコールジェルなら、このような場所に触れた後にパパッと消毒できるので心強いですね。

帰宅後の玄関で

「帰宅後はすぐに手洗いうがいをすればいい」と思ってしまいがちですが、外出先から菌を持ち帰ってしまうこともあるため、まずは玄関でアルコールジェルを使用することがおすすめです。

手に菌がついた状態でいろいろなところを触ってから手洗いをするより、アルコールジェルを使用しておいてから洗面台に向かった方がキレイを保つことができますよね。

小さなお子様がいるなら、親の帰宅に喜んで飛びついてくることもありますので、先に消毒しておいた方が安心です。

アルコールジェルを使用するときの注意点

 

アルコールジェルを使用するときには、注意すべき点もいくつかあるようです。

安心して使えるよう、アルコールジェルの注意点についてもチェックしていきましょう。

手荒れに気を付ける

アルコールジェルの正しい使い方でもご紹介したように、アルコールジェルは手荒れを招くことがあります。

手指の除菌用アルコールは、手から油分を奪ってしまい、乾燥を招く原因になります。
その乾燥が悪化することで、ひび・あかぎれを招くので、使いすぎにも注意が必要です。

そしてハンドクリームとセットで使用することが手肌のうるおいを守るポイントになります。
アルコールジェル後にハンドクリームを使う際は、消毒剤をしっかり乾かしてからハンドクリームを使うようにしてくださいね。

もし、使用して発疹・発赤・かゆみなど、皮膚に異常が見られた場合は、直ちに使っていたアルコールジェルの使用を止めましょう。

火の近くで使用しない

アルコールジェルには、名前の通りアルコールが含まれています。

そのため、火の側で使用すると引火する可能性もあるそう。
あまり気にせずに使ってしまいがちですが、使用する際はくれぐれも気をつけるようにしてくださいね。

転売品に気を付ける

新型コロナウイルスの影響により、アルコールジェルの需要が高まったことから買い占めによる品切れも続いているようです。
実際に、フリマアプリやオークションサイトを見ると、定価の何倍もする高額で出品されていることもあります。

アルコールジェルを含む消毒液の転売も禁止されたので、だいぶ良くなってきたかと思いますが、まだまだ注意が必要です。

公式サイトで予約販売をしているアルコールジェルを購入した方が安心で安全ですよ。

アルコールジェルの有効期限

 

あまり気にすることがないアルコールジェルの有効期限ですが、決まっているのか一度チェックすることがおすすめです。

ほとんどの除菌用ハンドジェルには有効期限が記されているようなので、ボトルなどを注意して見てみるといいですよ。

活性成分の効果が保証されるのは、有効期限までだそう。

しかし、中には記載されていない場合もあります。
その際は明確に決まっていないものの、有効期限は最低1年だといわれているので、使用し始めた日をメモしておくといいかもしれません。

アルコールジェルの選び方やおすすめなどをご紹介しました。こまめに手洗いをし、アルコールジェルを使うことで清潔な状態を保つことが期待できます。自分や大切な人を守るためにも、これからも徹底して対策を取り入れていきたいですね。