BEAUTYAUG.10.2019

マツエクはオイルクレンジングNGなの?正しいメイク落としのやり方

マツエクをしていると、オイルクレンジングをしてはいけないという話を聞いたことはありませんか?マツエクの施術をした時に、説明を受けることもあります。なぜオイルを使ってはいけないのでしょうか?正しいメイクの落とし方をご紹介します。
マツエクをしていると、オイルクレンジングをしてはいけないという話を聞いたことはありませんか?マツエクの施術をした時に、説明を受けることもあります。なぜオイルを使ってはいけないのでしょうか?正しいメイクの落とし方をご紹介します。

なぜマツエクでオイルはNGなの?

マツエクをしている人の両目
マツエク中は、オイルクレンジングがNGだということを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?マツエクの施術をするアイリストさんから、オイルクレンジングがNGだという説明を受けることもあります。

なぜマツエク中にオイルクレンジングを使ってはいけないのでしょうか?それはマツエクに使っている接着剤との相性の問題です。マツエクに使っている接着剤は、オイルでできています。

ここにオイルが入っているものを使ってしまうと、接着剤を分解してしまうことがあります。せっかくマツエクをつけたのに、全然日が経たないうちに大量に抜けてしまうということもあり得るのです。

そのため、マツエク中にはオイルクレンジングがNGということになっています。

マツエクはクレンジング以外のオイルにも注意!

長めのマツエクをしている女性
マツエク中は、オイルクレンジングがNGだということでしたが、実は気をつけなくてはいけないことは、クレンジングだけではありません。自分が使っているスキンケアやコスメにも気を遣う必要があります。

まずオイル成分が入っているスキンケアを、目元に使うのはNGです。顔にオイルを使っているという人は、目元には絶対に触れないように注意する必要があります。

また、アイライナーやマスカラにも注意が必要です。アイライナーは、油分が多くなっているペンシルアイライナーがNGになります。リキッドタイプは油分が入っていないものが多いので、マツエク中でも使うことができます。

最近では、まつげにツヤを出すために、オイルインのマスカラも登場しています。ツヤが出て美しく見えるのは魅力的ですが、マツエクと合わせてしまうと、落ちやすくなってしまうので注意しましょう。

マツエク中はオイルクレンジングは絶対NG?

マツエクをしている人の片目
マツエク中は、オイルに気を遣う必要があるという話をしてきました。では、マツエクをしている時は、必ずしもオイルクレンジングを避けなければいけないのでしょうか?実は、そんなことはありません。

マツエク中でも使えるようなオイルクレンジングは増えてきています。マツエクに影響があるといわれている成分を排除することで、オイルクレンジングでもマツエクに影響が出ないようです。

オイルクレンジングは、他のクレンジングに比べると、メイクを落としやすいです。マツエクを長持ちさせるためには、なるべく擦る回数を減らすということが大切です。

なかなか落ちにくいクレンジングを使うよりも、しっかり落ちるクレンジングを使って、ふれている時間を短時間で済ませる方が長持ちに繋がります。マツエクの時は必ずしもオイルがNGというわけではなく、マツエクにも対応しているクレンジングが増えてきているので、商品説明をしっかりチェックするようにしましょう。

マツエク中のクレンジングのやり方

洗顔をしている人
マツエク中のクレンジングについてご紹介しました。マツエク中でも、オイルクレンジングは使ってもOKです。マツエクを長持ちするための正しいクレンジングのやり方についてご紹介します。

■できればアイリムーバーを使う
マツエク中のクレンジングは、極力目元用のクレンジングを使った方が良いです。その方が優しくクレンジングをすることができます。目元のクレンジングは、綿棒を使っておこなうようにしましょう。

綿棒にクレンジングをつけて、目のキワやまつげの部分を優しくなでるように落としていきます。上からだけでなく下からもしっかり落とすようにしましょう。コットンを使う時は、繊維が絡まないように注意しながら行いましょう。

■クレンジングは優しく行う
アイリムーバーを使って、ある程度のメイクを落としたら、顔全体のクレンジングを行っていきましょう。この時マツエクに触れる時は、優しく触れるようにしましょう。ゴシゴシこすってしまうと、マツエクが取れやすくなります。

アイリムーバーを使っている場合は、そこまで目元にクレンジングをなじませる必要はありません。顔全体のメイクを落としていきましょう。絶対に目元はこすらないように行います。

■しっかり乾かす
クレンジングが終わったら、マツエクをしっかり乾かすようにしましょう。クレンジングが終わったら、ドライヤーを使いまつげを乾かしていきます。風の強度は弱に設定し、温風と冷風の両方を使って乾かしていきましょう。乾かし終わったら、まつげ用のコームを使って、毛流れを整えたら完成です。
マツエクのクレンジングについてご紹介しました。マツエク中はオイルに気をつける必要がありますが、絶対にNGというわけではありません。ものによってはオイルクレンジングでも使えるものがあります。マツエクを長持ちさせるためには、正しい方法でクレンジングを行うことが大切です。ぜひ正しいやり方のクレンジングを試してみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ