BEAUTYJAN.20.2019

秋メイクのやり方は?トレンドのアイシャドウやリップをご紹介

秋になると洋服の衣替えとともに、秋メイクも流行り始めます。秋メイクは特に人気が高く、毎年コスメ発売を待ち遠しく感じている人が多いです。秋メイクにはどんな特徴があるのでしょうか?秋メイクのポイントややり方をご紹介します。
秋になると洋服の衣替えとともに、秋メイクも流行り始めます。秋メイクは特に人気が高く、毎年コスメ発売を待ち遠しく感じている人が多いです。秋メイクにはどんな特徴があるのでしょうか?秋メイクのポイントややり方をご紹介します。

秋メイクのコツとは?

秋の景色
秋に流行する秋メイクには、いくつかのポイントがあります。秋に使える秋メイクのコツについていくつかご紹介します。

■深みのある色が流行る
ここ数年秋メイクのトレンドとなっているのが、深みのあるカラーです。秋になると、ビビッドやペールトーンが多かったコスメの色味が、秋仕様のダークトーンやくすみカラーに変わっていきます。

かわいいだけでなく、大人っぽさがプラスされたような、そんな色味のアイテムを使うと、秋メイクに仕上がります。

■質感はマットが流行る
秋メイクの特徴は、比較的マットな質感の物が流行ります。ベースメイクもツヤを与えすぎないようなセミマットくらいの質感がぴったりです。アイメイクやリップなど、どこかにマットのアイテムを仕込むことで、一気に秋らしさがプラスされます。

■どこかを1点盛り
秋メイクは、他の季節に比べると、印象が強く化粧が濃く見えるメイクが流行ります。とはいっても、派手な印象に仕上げるのは秋メイクではないので、どこか1点だけを濃く仕上げてみるというのがおすすめです。

アイシャドウやリップが薄めなら、チークを濃く入れてみたり、アイシャドウが濃いならリップやチークはマットで控えめにするとバランスが取れます。

秋メイクのやり方【1】ベースメイク

化粧品とカボチャのオブジェ
秋メイクのやり方の、ベースメイクについてご紹介します。

■質感はセミマット
秋メイクのベースは、比較的セミマットがおすすめです。ツヤ感のある素肌っぽい仕上がりよりも、少しだけフォーマルなイメージもあるような陶器肌の方が、他のメイクを際立てることができます。

肌がマットすぎると、反対にメイクに面白みがなくなってしまうので、程よいツヤ感だけは残した方が、秋っぽいメイクに仕上がりますよ。

■眉毛は自分に似合うものを活かす
秋メイクの眉毛は、自眉を活かした眉毛がぴったりです。元の自分の眉毛を活かして、形や色味を調整してみましょう。冬メイクでは深みのあるカラーが入るので、ある程度濃いハンサムな眉毛も、浮かずになじんでくれます。

むやみに眉毛を明るく細く見せるのではなく、自分の眉毛の形に合わせてアイブロウを決めていきましょう。

秋メイクのやり方【2】アイメイク

鞄とコスメとスマートフォン
秋メイクの中の、アイメイクのやり方についてご紹介します。

■アイシャドウはくすみカラーを
秋メイクの鉄板アイシャドウは、くすみカラーです。深みのあるカラーは、万人に似合う色味ではないことも多いので、自分に合ったカラーでくすんだ印象を受ける色味を選びましょう。

オレンジブラウンやベージュブラウン、ピンクブラウンやローズブラウンなど、ブラウン系の色味は秋メイクにぴったりです。秋メイクは濃いめのメイクが似合うので、目を囲むようにアイシャドウを乗せるメイク術もぴったりです。

■アイラインは目尻に重心を
秋メイクでのアイラインは、目尻に重心を持ってくるととてもかわいいメイクに仕上がります。アイラインは、少しはみ出した延長ラインもかわいいです。アイラインを太く引いてしまうと、化粧が濃く見えてしまうこともあるので、目尻側に重心を置いて、たれ目にさせたり跳ね上げたりと、印象の変化を楽しみましょう。

■マスカラは程よく
最後にマスカラですが、秋メイクでのマスカラはそこまで強調しなくても十分かわいいです。アイシャドウとアイラインに重きを置いている人が多いので、秋メイクでは、マスカラは必要最低限にした方がバランスが取りやすいです。

秋メイクのやり方【3】チーク&リップ

マフラーとリップとマスカラ
最後に秋メイクのチークとリップのやり方についてご紹介します。

■チークは全体的なバランスを見る
秋メイクでは、全体的なバランスがとても重要になります。そこで、チークとリップのどちらかに重点を置くようにした方が、バランスが取りやすくなります。チークとリップのどちらも強調したメイクにすると、秋らしさが失われてしまいます。

全体的な血色感を見て、物足りないと思ったら、チークを濃く入れていきましょう。反対に全体的に見て、色味がはっきりした顔になっている時は、ナチュラルなチークにするか、代わりにシェーディングを入れると小顔効果をプラスできます。

■リップは深みカラーが定番!
秋メイクといえば、濃いカラーのリップが人気です。唇に関しては、マットからセミマットがおすすめです。唇の形をしっかり縁取った、フォーマル感のあるリップがぴったりです。

リップの中央にだけ少量グロスを乗せると、立体感が出たセミマットリップに仕上がります。
秋メイクについてご紹介しました。秋になると洋服の衣替えとともに、メイクの変化も楽しみにしている人が多いです。とてもかわいいコスメもたくさん登場します。秋には秋らしい旬のメイクをすることで、新しい自分に出会えるはずですよ。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style