OCT.21.2019

メルボルンの季節別の服装!気温や湿度など気になる天気の特徴も

メルボルンの季節別の服装!気温や湿度など気になる天気の特徴も メルボルンの季節別の服装!気温や湿度など気になる天気の特徴も

オーストラリアのメルボルンは日本でも旅行や留学先として人気の都市。ただ四季があるのと日本とは季節が逆なので、服装選びには注意が必要です。そこで今回は、メルボルン旅行におすすめの季節別の服装や、気温や湿度などの天気の特徴をご紹介します。

オーストラリア第二の都市・メルボルンのご紹介

地図のメルボルン

メルボルンはオーストラリアの南部に位置するシドニーに次ぐ第二の都市。日本でも旅行はもちろん留学やワーホリ先として人気です。

メルボルンは世界で最も住みやすいと言われている街。機能的で暮らしやすい利便性や歴史的な建造物のクラシカルな街並み、緑豊かな庭園など訪れる人はもちろん生活する人にとっても魅力的な都市です。

今回は、そんなメルボルンの気温や湿度などの天気の特徴、季節別のおすすめの服装をご紹介。メルボルン旅行を計画中の方や留学やワーホリの予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

メルボルンの気温や湿度など天気の特徴

メルボルンの街並み

メルボルンは温帯性気候で暑い時期もあれば寒い時期もあって、四季がはっきりとわかれています。さらに、南半球に位置しているので季節は日本と真逆。日本を発つ時は夏でもメルボルンは冬なので、服装の準備の際には注意が必要です。

■メルボルンの天気の特徴
メルボルンは一日の中に四季があると言われるほど、天気が変わりやすいのが特徴。当然一日の中の気温の変化も大きいので、服装選びには注意が必要です。

・メルボルンの気温
メルボルンは昼間と夜の気温差が大きく、昼間は30度を超えるような暑さでも、夜は羽織るものが必要なほど気温が下がります。ただし、一年を通して気温が氷点下まで下がったり猛暑ほど気温が上がることはありません。

・メルボルンの湿度
メルボルンの天気の特徴の一つは湿度の低さ。空気が乾燥しているので、寒い時期は気温以上に寒く感じます。逆に、暑い時期は気温が高くてもからっとしていて過ごしやすいのが特徴です。

メルボルンの季節別の気候:ベストシーズンはいつ?

春のメルボルン

メルボルンには四季がありますが、日本とは季節が逆なので日本が春ならメルボルンは秋になります。ここでは、メルボルンの季節別の気候についてご紹介します。

■メルボルンの季節別の気候

・春(9・10・11月)
メルボルンの春は日本の秋にあたる9月から11月まで。9月はまだ冬の名残りで肌寒いですが、10月から11月にかけては平均最高気温が20度前後まで上がり暖かくなっていきます。ただし昼間は暖かくても夜になるとぐっと気温が下がるのがメルボルンの気候の特徴です。降水量も多い時期なので、雨具の準備もしておきましょう。

・夏(12・1・2月)
メルボルンは年末年始が一年で最も暖かい時期。平均最高気温は24度から26度で晴れた日が多く、雨はあまり降りません。そんな夏の時期でも朝晩は冷えることがあるので服装選びには注意しましょう。この時期メルボルンで最も注意が必要なのが紫外線。日焼け止めや帽子、サングラスなどがマストアイテムになります。

・秋(3・4・5月)
メルボルンの3月はまだ夏の名残りがありますが、4月に入ると秋らしくなってきます。朝晩は気温が10度を下回る日もあるので、軽い防寒が必要になってくる時期です。秋も昼間と夜の気温差があるので、一日屋外にいる場合は羽織るものを準備して出かけましょう。

・冬(6・7・8月)
メルボルンは6月から8月にかけて一年で最も寒い時期になります。日本のように気温が氷点下まで下がることはありませんが、空気が乾燥しているので気温は体感より寒く感じるかもしれません。日本の冬と同様の服装を準備しておきましょう。

■メルボルンのベストシーズン
メルボルンを旅行するのにベストなシーズンは春から夏、秋にかけての時期。暖かくて雨が少ないので観光やアクティビティに最適です。

メルボルンのファッション:留学やワーホリの服装選び

 

メルボルンの女性のファッションの特徴はカジュアル。オーストラリアの中でも特におしゃれな女性が多い街ですが、日本ほどトレンドを重視せず、自分の個性に合ったファッションを楽しむ方が多いようです。

メルボルンでは旅行はもちろん留学やワーホリの場合も、デニムやTシャツ、ニットなどカジュアルなアイテムを中心に準備しましょう。ただ、メルボルンの女性はパーティやディナーなど特別なシーンでは、エレガントな女性らしい服装で出かけます。荷物にはきれいめなワンピースを一枚入れておくと、そんなシーンの際に役立ちます。

メルボルン旅行や留学におすすめの服装【季節別:春①】9月はまだ肌寒い時期。アウターやパンツで程よく防寒を

 

メルボルンの9月は春ですが、まだ冬の名残りで肌寒い日が多い時期です。平均最低気温は8度と10度を下回るので、防寒になるアウターやニット、パンツなどがおすすめのアイテムです。

ボアアウターは軽くて暖かいので、メルボルンのこの時期にぴったりなアウター。合わせやすくて暖かいスキニーパンツも重宝します。

メルボルン旅行や留学におすすめの服装【季節別:春②】10月や11月も羽織りものやストールは常備して

 

メルボルンの春、10月から11月は平均最高気温が20度前後まで上がり、昼間は暖かくなります。ただ一日の中の気温差が大きく雨が降ると体感温度も下がるので、羽織りものやストールなどの防寒になるアイテムがマストです。

大判のストールは、アウター一枚分の防寒になって持ち運びに便利なのでおすすめのアイテム。チェック柄などアクセントになるストールなら、シンプルコーデのおしゃれ見えに役立ちます。

メルボルン旅行や留学におすすめの服装【季節別:夏】12月から2月は最も暑く日差しが強い時期。帽子などの紫外線対策がマスト

 

メルボルンの夏は12月から2月にかけての時期。一年で最も気温が高いですが、湿気が低いので日本のような蒸し暑さはありません。ただ日差しがかなり強く紫外線量が多いので、日焼け・日よけ対策の日焼け止めや帽子、サングラスがマストアイテムです。

さらに、メルボルンの夏で注意したいのが一日の中の寒暖差。朝晩は気温が下がって肌寒くなるので、羽織りものを必ず持参しましょう。

メルボルンのビーチで過ごす日は、オフショルワンピなどリラクシーなアイテムが◎。帽子もつば広ハットなどリゾートテイストなものが似合います。

メルボルン旅行や留学におすすめの服装【季節別:秋①】昼間は半袖で過ごせる日も羽織りものは必ず持参を

 

メルボルンの3月から5月は秋ですが、3月はまだ残暑で暖かい日が多い時期。平均最高気温は24度なので、昼間は半袖で過ごせます。ただし夜になると気温が下がって肌寒くなるので、お出かけには羽織りものを持参しておきましょう。

メルボルン旅行や留学におすすめの服装【季節別:秋②】5月中旬以降は防寒が必要になる時期。長袖アイテムやライトアウターがマスト

 

メルボルンの秋も深まって5月中旬以降になると、気温が日ごとに下がっていきます。この時期は防寒になるようなニットなどの長袖アイテムやライトアウターが必要になります。

チェック柄のウールコートは、秋ムードなメルボルンの街並みにぴったりなアイテム。秋冬の足元はブーツが防寒になっておしゃれ見えにも◎。

メルボルン旅行や留学におすすめの服装【季節別:冬】気温以上に寒さを感じる時期。日本の冬並みの防寒を

 

メルボルンの6月から8月は、一年で最も気温が下がる冬の時期。日本のように氷点下まで気温は下がりませんが、空気が乾燥していたり、雨が降る日などは体感温度がぐっと下がります。日本の冬並みに防寒になる服装を準備しましょう。

ダッフルコートなど厚手のウールコートはこの時期のメルボルン旅行に最適。ニット帽など防寒小物も準備しておきましょう。

メルボルンは日本と季節が逆なのと一日の中の気温差が大きいのが特徴的。春や秋はもちろん夏も羽織りものがマストアイテムです。渡航する時期に合った服装を準備してメルボルン旅行を楽しんでください。