FASHIONJUL.09.2018

人気のキャップコーデ!シーズンごとの着こなしや人気色をご紹介

コーディネートのアクセントとして定番アイテムのキャップ。近年韓国ファッションでも注目を集めていることから、ファッションにキャップを取り入れている人が増えています。 シンプルコーデになりがちな夏のファッションも、キャップをプラスすればカジュアルやスポーティなどトレンド感ある着こなしになりますよ。今回はキャップを使ったコーディネートや人気のレディースのキャップについてご紹介します。
コーディネートのアクセントとして定番アイテムのキャップ。近年韓国ファッションでも注目を集めていることから、ファッションにキャップを取り入れている人が増えています。 シンプルコーデになりがちな夏のファッションも、キャップをプラスすればカジュアルやスポーティなどトレンド感ある着こなしになりますよ。今回はキャップを使ったコーディネートや人気のレディースのキャップについてご紹介します。

オールシーズン楽しめるキャップコーデ

 

muroさん(@muro__h)がシェアした投稿 -

キャップはもともと日差し除けの夏向けアイテムですが、いまではオールシーズン楽しめるアイテムです。リボン付きやキャラクターがプリントされたものなど個性派のキャップや、秋冬向けにボア素材のキャップやも売られています。

フェミニンなコーディネートに合わせれば甘辛ミックスコーディネートに、いつものファッションにプラスするだけで、トレンド感あるコーディネートに大変身してくれます。

キャップコーデ【1】定番の黒キャップでカジュアルコーディネート

 

アヤカさん(@aykayk2525)がシェアした投稿 -

黒キャップは、キャップ初心者の人にも取り入れやすいアイテムです。黒髪だとキャップが浮くこともないので、普段のファッションに違和感なく取り入れられますよ。

キャップをかぶるときは、バッグやスニーカーなど小物の色を統一するとすっきりとした印象にまとまります。

キャップコーデ【2】黒キャップでトレンド感あるスポーツMIXコーディネート

 

kanaさん(@kanabear_22)がシェアした投稿 -

女性らしいチュールスカートにキャップを合わせて甘辛ミックスコーディネートに。スポーツタイプのサンダルやライン入りのソックスでトレンド感あるスポーティーなコーディネートにまとめています。

デニムやスキニーパンツを合わせると、ちょっとメンズライクになりすぎるコーディネートですが、どこか1点はずすことでオシャレ上級者のコーディネートになります。

キャップコーデ【3】ベージュのキャップで女性らしいコーディネートにアクセントを

 

きみさん(@_kimi79_)がシェアした投稿 -

ベージュのキャップは、顔周りを明るく見せてくれ、優しい印象なので普段あまりキャップをかぶらないという人にもおすすめ。女性らしいコーディネートにプラスすれば、程よいアクセントになってくれます。

オフショルダーやロングスカートといったフェミニンなコーディネートにもぴったりなので、ぜひコーディネートにプラスしてみてください。

キャップコーデ【4】ワントーンコーディネートにも使える白キャップ

 

ふみかさん(@miyapumi)がシェアした投稿 -

キャップはワントーンコーディネートにもおすすめ。ワントーンコーディネートは、色が1色なのでどうしても寂しくなりがちですが、キャップをプラスすることで視線が高くなり、スタイルアップの効果も期待できます。

コーディネートがちょっと物足りない、いまいち決まらないと感じたときにキャップをプラスすると、コーディネートがぐっと引き締まります。

キャップコーデ【5】夏定番のカジュアルコーデにプラス

 

*chieko*さん(@chappy.happy)がシェアした投稿 -

夏はどうしてもシンプルなコーディネートになりがちです。そのままだとだらしなくなったり、リラックス感がありすぎてコーディネートが気になるという方におすすめなのがキャップ。

キャップをかぶることによってこなれ感をプラスできるとともに、小物づかいまで気を配っているというオシャレ上級者に見せられます。

キャップコーデ【6】春コーデにもちょい足しでこなれ感をプラス

 

Yamaguchi Yokaさん(@yoka1124)がシェアした投稿 -

夏以外でもキャップを使ったコーディネートは楽しめます。春でも日差しや紫外線が気になるときや、外でアクティブに動き回りたいときにはぜひキャップを取り入れてみてください。

ビビッドな色合いのスカートをメインにするときは、カラフルさを引き立たせるために、色は落ち着いたものを選ぶとよいでしょう。

キャップコーデ【7】キャップのときはヘアスタイルにもこだわって

 

LUMIEさん(@lumie0206)がシェアした投稿 -

同じキャップをかぶるにしても、ヘアスタイルが変わればがらり印象がかわります。アレンジをしてみたり、そのまま下ろしてみたりと、ぜひコーディネートに合ったヘアスタイルを見つけて楽しんでみてください。

髪の毛がぼさぼさだからと隠すためにキャップをかぶっている人も多いかもしれませんが、ぜひヘアスタイルもこだわってくださいね。

キャップコーデ【8】キャップのときは小物に統一感を

 

★natsuki★さん(@nuttue)がシェアした投稿 -

キャップをコーディネートに取り入れるときは、全体のバランスが重要になってきます。バッグや足元など、小物の色を統一するとすっきりして見えます。

キャップは顔周りで目を引くポイントなので、キャップだけがコーディネートから浮かないように気をつけてください。

キャップコーデ【9】秋冬でも楽しめるキャップコーデ

 

Naomi Sinyamaさん(@naomi.marjoram)がシェアした投稿 -

キャップというと夏のイメージが強いですが、秋冬向けのキャップも発売されていて、コーディネートに取り入れている人が増えています。

耳当てのようなフリップダウンの付いたキャップや、ウール素材などのキャップは、秋冬コーディネートにプラスしても違和感ありません。オシャレのポイントとして楽しめるほか、防寒対策にもなります。
さまざまなキャップと、キャップを使ったコーディネートををご紹介しました。どんなコーディネートにも取り入れやすいキャップ、ぜひ普段のコーディネートに取り入れて、いつもと一味違ったファッションを楽しんでみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。