BEAUTY
OCT.20.2020

シミにはピーリングが効果的?正しいやり方やおすすめアイテム

シミにはピーリングが効果的?正しいやり方やおすすめアイテム シミにはピーリングが効果的?正しいやり方やおすすめアイテム

鏡を見るたびに気になるシミにはピーリングがおすすめ。サロンに行かなくても、市販のピーリング剤を使えば自宅でも手軽にできます。今回は、シミを撃退するピーリングの効果や人気のアイテムをご紹介します。

シミの原因は?

鏡を見る女性

■紫外線

シミの原因はいくつかありますが、やはり紫外線がダントツ!

紫外線を浴びることで、メラニン色素が大量に作られて角質層に蓄積され、シミとなって肌に現れるというメカニズム。もはや日焼け予防はシミ対策の常識です。

ただし、日焼け止めをオフする時に肌に刺激や摩擦を与えることもシミの原因になるので注意が必要。

スクラブ洗顔や、ゴワゴワのタオルなどは避けて、肌に直接触れるものは柔らかいものを選ぶのもポイントです。

■食生活

シミに効果的な栄養素であるビタミンB・C・Eやベータカロテンが不足することも原因に。

バランスの良い食生活を心がけ、特に上記のような栄養素を積極的に摂る必要があります。

■肌に合わないスキンケア

肌に合わないアイテムを毎日使用していると、刺激によって炎症が起こりがち。これもメラニン色素の生成を促す原因となります。

たとえ軽い刺激でも、毎朝晩繰り返せば強い刺激に。シミの原因を作らないためにも、スキンケアには要注意です。

■喫煙

タバコを吸うと血行が悪くなり、栄養素が行き渡りません。おかげで表皮の代謝もダウンして、ターンオーバーが乱れがちに。

新しい皮膚に生まれ変われなければ、シミの元となるメラニン色素も蓄積されたままになり、シミが発生。

また、シミを撃退するビタミンCを破壊してしまうというデメリットもあります。

ピーリングとは?

ピーリング中の女性

ピーリングは、古くなった角質を化学成分で溶かして取り除くスキンケア方法。化学物質を使用することから「ケミカルピーリング」とも言われます。

「ピーリング」とは英語で「peeling(皮をむく)」という意味。皮膚の場合は「むく」というよりも「厚くなった角質を取り去る」という表現の方がわかりやすいです。

ピーリングによって角質を取り除けば、ターンオーバーのサイクルが正常になり、元気な肌を取り戻すことができます。

スクラブとの違いは?

角質を取り除くスキンケアと言えば「スクラブ」も人気。

しかし、スクラブの場合は、ツブツブの粒子で肌を擦り、毛穴内の汚れなどを洗い流すというメカニズム。

やり方やスクラブの種類によっては肌に刺激を与えるので、注意が必要です。

色素沈着にピーリングは良い?

ピーリングセット

色素沈着とは、様々な原因によって毛穴が黒ずんでしまうこと。メラニン色素の過剰分泌を引き起こし、シミができる原因になります。

■色素沈着の原因

・紫外線によるダメージ
・洗顔やメイク時の摩擦
・ニキビなどの炎症
・ビタミンB不足

原因によって色素沈着の種類にも違いがあり、それぞれ対処法も異なるので、原因を見極めることも重要です。

■ピーリングは色素沈着に効果あり

ピーリングは、色素沈着のケアによく行われる施術。黒ずみの原因である古い角質を優しく除去して、さらに、美容成分を肌の奥まで浸透させることができます。

おかげでターンオーバーが正常化して、肌が再生されることで色素沈着の解消にも役立つでしょう。

ピーリングのメリット

美肌の女性

ピーリングには肌悩み別のメリットあり。それぞれの違いを確認しておきましょう。

シミ・そばかす対策

シミやそばかすに有効な美白化粧品の特徴は、メラニン色素の生成を抑制すること。しかし、ターンオーバーの周期が遅れたままでは、いつまでたってもシミやそばかすは肌に留まったままです。

そこで、ピーリングでターンオーバーを正常にすれば問題は解決!美白対策を行っているクリニックでも、ピーリングの施術が行われています。

くすみを解消

くすみの原因は、日々のスキンケア不足により角質がたまること。顔色が悪かったり、化粧のノリが悪くなるというデメリットがあります。

ピーリングによって、肌表面の角質を取り除くことでくすみは解消。肌の色がワントーン明るくなり、滑らかな肌に。

定期的なピーリングと自分の肌に合ったスキンケアに切り替えることで、そのままの肌をキープすることができます。

毛穴トラブルを改善

古い角質が溜まると、肌がゴワついたり、毛穴が目立つようになります。

また、鼻の毛穴が目立つようになるイチゴ鼻も、女性に多い毛穴トラブル。イチゴ鼻は、固くなった角質に皮脂や汚れがガッチリ絡んでいるので、一般的な毛穴対策ではなかなか解消されないのが厄介です。

しかし、ピーリングで肌を柔らかくすれば、頑固な毛穴汚れにも効果あり。ピンポイントでも肌全体にも効果を発揮します。

アンチエイジング効果

年齢と共に基礎代謝が低下しますが、実は、肌の代謝も同じように低下して、古い角質が溜まりやすい状態に。

そのせいで肌が硬くなり、シワやラインが残りやすくなってしまいます。

ピーリングで肌を柔らかくすれば、エイジングによる肌の劣化の予防や改善に役立ちます。

ニキビ・ニキビ跡の改善

ニキビや脂性肌の原因は、皮脂の過剰分泌。ピーリングは、角質と一緒に皮脂も取り除くことができるので、ニキビ対策にも効果的です。

また、ニキビ跡が残っている場合は、皮膚再生が必要。クリニックなどでは、ターンオーバーを活性化するためのピーリング施術を行っています。

ただし、ニキビ跡のピーリングはセルフでは難しいので、必ず専門医に相談してください。

ピーリングのデメリット

スキンケアアイテム

ピーリングはメリットばかりではありません。自宅でセルフピーリングを行う場合は、デメリットを把握したうえで行いましょう。

敏感肌になる可能性も

ピーリング効果とは、ターンオーバーの周期を正常にすること。決してターンオーバーの周期を早めるわけではありません。

本来のターンオーバーの周期に合わせずにピーリングを行うと、角質層が作られる速度が追いつかず、皮膚が薄い状態に。逆にシミが濃くなる可能性も高まります。

薄すぎるとバリア機能も弱まり、ほんの少しの刺激や摩擦にも反応するような敏感肌になることもあるでしょう。

乾燥しやすくなる傾向あり

ピーリングによって角質が除去されると同時に、肌表面の皮脂や水分も取り除かれ、肌が一時的にデリケートな状態になります。

さらに、新しい肌は保湿機能が正常に働かない状態なので、アフターケアを怠るとガサつく可能性も。

特に、即効性がある強いピーリング効果がある市販の商品を使うと、肌が乾燥しやすいです。

セルフで行う場合は、必ず低刺激成分が配合されているものを購入して、正しいやり方で行いましょう。

原因によっては逆効果に

「ピーリングで効果を感じることができなかった」という人もいます。これは、そもそもの原因が角質ではなかったというケース。

特に、シワやくすみ、毛穴のトラブルは、乾燥が原因の場合も多いです。

パックやマッサージの頻度が髙かったり、強いクレンジング剤を使っている方は、皮膚が薄くなって乾燥している場合もあるので気をつけましょう。

ピーリングの正しいやり方

セルフピーリング中の女性

■タイミング

自宅でピーリングを行う時は、メイクオフと洗顔をした後がベスト。

セルフでのピーリングアイテムは、水分を取り除いてから使用するタイプと、濡れたままでも使用できるタイプがあります。

最も肌に負担がかからないのは、濡れたまま使えるピーリングジェル。バスタイムに行えるので手間も省けるでしょう。

■頻度

ピーリングの頻度は、商品によっても違いがありますが、週に1、2回程度が多いです。

ピーリング後は、肌表面の角質が除去されて肌が敏感になっている状態。あまり頻度が多いと肌トラブルが起こることもあるので、商品ごとに適した使用頻度を守ってください。

■アフターケアはマスト

ピーリングをした後は、肌トラブルを防ぐために肌をしっかり保湿する必要あり。

幸いピーリングを行うとスキンケアアイテムの浸透率も良くなるので、有効成分が肌にグングンしみこみます。

乾燥のみならず、美白やくすみ解消にも繋がるので、念入りに保湿しましょう。

■ピーリングの正しいやり方

1.適量のピーリング剤を手にとり、Tゾーン→Uゾーンの順にのせていきます。

2.指の腹を使って、円を描くように優しくマッサージしてなじませます。目元などの敏感な肌には、中指や薬指で小さな円を描くようにすると安心です。

3.ぬるめのお湯でよく洗い流してから、タオルで肌を擦らないように優しく押さえながら水分を拭き取ります。

4.保湿成分を含んだ化粧水や美容液をたっぷり使用して、乾燥を防ぎましょう。

ピーリングの注意点

肌を確認する女性

■赤みが出たらストップする

市販のピーリング剤は、皮膚科などで扱われているものより濃度が低めなので、基本的には問題ないはず。

しかし、肌が弱い方は反応する場合もあるので、赤みや痒みなどの異変を感じたら使用を控えましょう。

どうしてもの場合は、刺激の低い商品を、パッチテストを行ってから使用してください。

■肌の状態が悪い時は使用しないこと

体調不良や生理によって肌の状態が悪い時は、ピーリングによってトラブルが起きやすいので使用を控えましょう。

■刺激は最小限に

ピーリング時に肌を強くこすったり、時間をかけすぎたりすると肌への刺激になるので、せっかくのピーリング効果が無駄になってしまいます。

おすすめのピーリングアイテム【1】sunsorit(サンソリット) スキンピールバー AHAマイルド

sunsorit(サンソリット) スキンピールバー AHAマイルド

ピーリングブームのきっかけとも言える石鹸。種類は4種類ありますが、初心者におすすめなのがこちらのマイルドタイプです。

グリコール酸の配合率が0.6%と、他タイプよりも少なめなので敏感肌の方でも安心。きめ細かい泡が、余分な角質をすっきり取り除いてくれます。

使用して問題がなければ、他タイプを試すという楽しみ方も。できてしまったシミにも効果的な成分「ハイドロキノン」も配合されているタイプもおすすめです。

sunsorit(サンソリット) スキンピールバー AHAマイルド / ¥2,200

おすすめのピーリングアイテム【2】Cure(キュア) ナチュラルアクアジェル 250g

Cure(キュア) ナチュラルアクアジェル 250g

天然植物エキスが、肌荒れを防止しながら優しくピーリングしてくれるジェル。成分の90%が水分、無着色、無香料、防腐剤フリーという、肌に優しい条件が揃っているのが魅力です。

また、メラニンの生成を防ぎ、シミやそばかすを防ぐ効果も期待できる美白ピーリングジェル。

ジェルがしっかりと角質や汚れに吸着して、優しく除去。顔だけでなく全身に使用できるので、バスタイムに使えて便利です。

Cure(キュア) ナチュラルアクアジェル 250g / ¥2,750

憎きシミを撃退するには、お肌の再生が叶うピーリングが効果的!正しいやり方で行わなければ効果も台無しなので、ぜひ参考にしてみてください。