LIFESTYLEOCT.16.2018

ポリエステルは自宅で洗濯できる?正しい洗濯方法や干し方をご紹介

大人女子にとってはブラウスやスカートなどの素材でお馴染みのポリエステル。自宅で洗濯してしわになったり型崩れしないか悩んだことはありませんか?そこで今回は、ポリエステルの洗濯方法や干し方、洗う時の注意点などをご紹介します。
大人女子にとってはブラウスやスカートなどの素材でお馴染みのポリエステル。自宅で洗濯してしわになったり型崩れしないか悩んだことはありませんか?そこで今回は、ポリエステルの洗濯方法や干し方、洗う時の注意点などをご紹介します。

ポリエステルの特徴とは:毛玉ができやすいけどしわになりにくい!

ポリエステル
ブラウスやスカート、ワンピースなどポリエステルのアイテムは、女子のワードローブにも必ずありますよね。そんなポリエステルですが、自宅で洗濯するのにしわになったり型崩れしないか心配になることはありませんか?

そこでまずはポリエステルがどんな素材なのかご紹介したいと思います。ポリエステルは、軽くてしわになりにくく、型崩れしないのが魅力です。さらに丈夫で乾きやすいので、作業着の素材にもよく使われています。

ただ、毛玉ができやすく汚れが落ちにくいのが欠点。汚れがたまりやすいので、雑に洗うと汚れが生地に残ってニオイの原因になったりすることも。今回ご紹介する洗濯方法で、しっかり汚れを落としてください。

ポリエステルの洗濯前にすること【1】洗濯表示の確認:洗濯不可の場合はドライクリーニング?

ポリエステルの洗濯表示
ポリエステルを洗濯する際には、必ず事前に洗濯表示を確認しましょう。洗濯の仕方の指示や水温や水流など、洗濯する上で重要な内容が指示してあります。洗濯表示のマークの意味は以下を確認してください。

■洗濯機で洗えるマーク
たらいの中に水が入っているマーク。水の中の数字は水温を表しています。「30」とある場合は30℃以下の水温で洗ってください。たらいの下にラインがある場合は、水流を弱にする必要があるという意味なので、ラインの数に応じて水流を弱くしてください。

■手洗いのマーク
たらいの中の水に手が入っているマークは手洗いを表しています。このマークがある場合は洗濯機で洗うことはできません。

■水洗い不可のマーク
たらいの中に水が入っていてその上から×があるマークは、自宅での水洗いはできません。〇の中に「P」や「F」の文字がある場合は、ドライクリーニングができるという意味なので、クリーニングに出しましょう。

ポリエステルの洗濯前にすること【2】色落ちチェックとしみがあればもみ洗いを

しみ抜きをする女性の手元
洗濯する前には、色落ちチェックもしておきましょう。目立たない場所に洗剤をつけて数分おきます。白い布をあててみて色移りしなければ、その洗剤で水洗いすることができます。

洗濯する前に全体をチェックして、ひどい汚れやしみがないかの確認もしておきましょう。汚れやしみがある場合は、洗剤をつけて軽くもみ洗いを。洗い終わったら通常の洗濯の手順で洗っていきましょう。

ポリエステルの洗濯方法【1】洗濯機で洗濯する方法

洗濯機で洗濯する女性の手元
ポリエステルは丈夫なので、ほとんどの場合は洗濯機で洗っても大丈夫です。念のために必ず洗濯表示は確認してください。ここからはポリエステルを洗濯機で洗濯するのに用意するものと洗濯手順をご紹介します。

■用意するもの

・弱アルカリ性洗剤
・洗濯ネット
・柔軟剤

■洗濯手順

①衣類をたたんで洗濯ネットに入れます。ポリエステルは毛玉ができやすいので、洗濯ネットの利用はマストです。

②弱アルカリ性洗剤を入れて洗っていきます。ポリエステルは静電気が起きやすいので、柔軟剤を最後のすすぎの段階で入れておくと防ぐことができます。

③しわになりにくい素材ですが、脱水は30秒前後にしておきましょう。ポリエステルは乾きやすいので、脱水をしっかりしなくても大丈夫です。

ポリエステルの洗濯方法【2】手洗いで洗濯する方法

手洗いをする女性の手元
洗濯表示で手洗いマークがある場合は、洗濯機で洗うことはできないので手洗いをしましょう。ここからはポリエステルを手洗いで洗濯するのに用意するものと洗濯手順をご紹介します。

■用意するもの

・おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)
・洗面器(洗面台でもOK)
・柔軟剤

■洗濯手順

①ぬるま湯(30℃くらい)を洗面器に入れて洗浄液を作ります。

②衣類をたたんで優しく押し洗いをしていきます。押し洗いだけでは汚れが落ちない場合は、しばらくつけ置き洗いをするのも効果的です。

③水を入れ替えてすすぎます。3回ほど繰り返しましょう。すすぎの最後の段階で柔軟剤を入れておくと静電気を防ぐことができます。

④洗い終わったら軽く絞って、洗濯機の脱水に30秒前後かけます。

ポリエステルの洗濯方法【3】干し方は風通しのいい場所に陰干しで

洗濯をする女性
ポリエステルはしわになりにくい素材ですが、乾かす時にはしわをしっかり伸ばして干しましょう。風通しのいい場所で陰干ししてください。乾きやすいのがポリエステルの魅力なので、乾くのにそんなに時間はかかりません。

ポリエステルのアイテムの中には高温がNGのものがあるので、乾燥機にはかけないようにしましょう。

ポリエステルの洗濯方法【4】洗濯しても臭い場合はつけ置きで対応を

つけ置きする女性の手元
ポリエステルは汚れがつきやすく、汚れがたまりやすい素材なので、特に夏などは汗や皮脂などの汚れが生地にこびりついて、臭いニオイの原因になることがあります。

そんな時にはつけ置き洗いが効果的です。今回ご紹介した洗濯方法で洗ったあとに、つけ置き洗いをします。50℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を入れて溶かし、1時間ほどつけ置きしておきます。漂白剤の色落ちが気になる場合は、洗濯で使った洗剤で試してみましょう。

ポリエステルの洗濯方法【5】サテン生地やポリウレタン混などは乾燥機はNG!

ポリエステル素材の洗濯表示
サテン生地は繊細な素材なので扱いが慎重になりますが、ポリエステルでできた生地なら洗濯機で洗うことができます。サテン生地で自宅で洗うのはあきらめているアイテムがあれば、洗濯表示を確認してみましょう。ポリエステルのものなら自宅で洗うことができるかもしれません。

ポリエステルの生地の中にはポリウレタン混紡のものがあります。ポリウレタンは高温がNGなので、乾燥機にはかけないようにしましょう。
丈夫で扱いやすいポリエステルですが、洗濯する時の扱い方に失敗すると生地を劣化させてしまいます。洗濯表示は必ず確認して、指示に従って洗いましょう。お気に入りのブラウスやスカートは正しい方法でお手入れして長持ちさせたいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。