LIFESTYLE
APR.09.2020

500円玉貯金を始めよう!成功するやり方やお金が貯まる秘訣は?

500円玉貯金を始めよう!成功するやり方やお金が貯まる秘訣は? 500円玉貯金を始めよう!成功するやり方やお金が貯まる秘訣は?

500円玉貯金に興味をお持ちのあなた必見です!今回は、500円玉貯金初心者に向けて、成功できる貯め方を徹底解説します。まずは知っておきたい基本的なポイントから、貯金が上手くいく秘訣まで丸ごとご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

500円玉貯金を成功させるポイントを一挙ご紹介!基本から貯め方までチェック

500円玉貯金の写真

無理なくしっかりとお金を貯めることができる定番の方法と言えば、ズバリ「500円玉貯金」。一度の貯金額では少ないように思えるものの、日々コツコツと積み重ねていくことにより、ふと気付いた頃には大金の貯金を実現することが可能です。したがって貯蓄が苦手な方でも気軽に取り組みやすいので、これまでに途中で貯金を挫折してしまった経験がある方も、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は初心者へ向けて、500円玉貯金のやり方やメリット・デメリットなどの知っておきたい基本情報を徹底解説した上で、気になる効果や成功する秘訣まで一挙ご紹介します!500円玉貯金のあれこれをここで丸ごとチェックして、今すぐにでも貯金をスタートすることができるよう、知識をしっかりと蓄えておいてはいかがでしょうか。

そもそも500円玉貯金って何?まずはメリット・デメリットまでご紹介

500円玉の写真

中には、「500円玉貯金ってよく聞くけど、実際はどんな貯蓄スタイルなの?」と疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。そこでまずは、今話題の500円玉貯金とは一体どんなものなのか詳しくご紹介します。先ほどお伝えしたように、500円玉貯金は誰でも無理なく続けることができる、人気の貯蓄スタイル。その名の通り500円玉を対象に定期的に貯金するもので、貯金箱に入れるタイミングをご自身で設定することにより、継続のしやすさがより一層高まります。

もちろんご自身のタイミングで定期的に貯金するのではなく、500円玉を持っている時にその都度入れるという方法でも何ら問題はありません。余裕があれば財布の中にある分を全て入れても良いですし、1枚だけ入れる、といったように自分ルールを設けても良いでしょう。どちらにしよ、貯めたい金額や目標の達成に向けて、自分に合った方法を見つけるのがマストです。

メリットばかりのような500円玉貯金ですが、デメリットはあるのかどうか気になるところ。そこで次に、500円玉貯金の気になるメリットとデメリットについてご紹介していきます!良い点だけではなく欠点まで詳しくチェックして、万全の状態を整えて貯金に取り組みましょう。

500円玉貯金のメリットを解説!気になる使い道もチェック

はじめにご紹介するのが、500円玉貯金のメリットについてです。そこでまず第一に言えるのが、これまでお伝えしたように「無理なくしっかりとお金を貯めることができる」というポイントでしょう。一気に大金を貯金するわけはないのですが、その一方でコツコツとしっかり貯まっていくため、大きな金額に導いてくれます。また口座などを開設せずに今すぐに始めることができるところも、大きな利点だと言っても過言ではありません。

また、「お金の貯まり具合が目に見えて分かる」ところも、500円玉貯金の魅力。銀行で貯金を行う場合でも金額は当然明白ですが、自宅で貯金箱に貯めていくことにより、硬貨そのものの量を一目で確認することができます。「しっかりと貯まっている」と分かればモチベーションアップに繋がり、挫折を防いでくれると言えるでしょう。

さらには、先ほども触れたように「ルールを自分で定めることができる」のも重要なポイント。一般的な貯金方法と比べても自由度が高く、貯金するタイミングから目標額、開封する日まで、全てのルールを決めることができるのです。そのため『義務感』が少なく、長続きできるところがメリットとなります。

500円玉貯金のデメリットはあるの?意味ない?その真相とは

いいことづくめのような500円玉貯金ですが、実はデメリットもいくつか存在します。ここでは案外陥りやすい欠点について解説しますので、ぜひ目を通してみてください。そこで誰でも気軽に始めやすく、自由度の高い500円玉貯金。気楽に続けられるところが魅力ではありますが、意志が弱い場合には、目標を達成する前についつい使ってしまうケースもよく見受けられます。

いつでも貯まり具合が分かるのはモチベアップにも繋がりますが、その一方場合によってはデメリットにも。財布の中身が寂しくなった時や、思わぬ出費で苦しくなった時に、簡単に貯金箱から取り出せてしまうからです。したがって500円玉貯金を始める場合には、しっかりと目標を定めて強い意志を持つことが、非常に重要になってくると言えるでしょう。

さらにご自分で管理するのではなく、銀行に預けておくと利息が支払われるため、もしも長期間をかけて貯金をするのなら、預貯金をした方が良いのかも。さらに500円玉貯金は家に現金を置いておくこととなるため、セキュリティー面に関しての不安が拭えないところもポイントです。

500円玉貯金の効果はいかに!実際のところいくら貯めることができるの?

500円玉の写真

以上より500円玉貯金のデメリットまでお伝えしましたが、何にせよお金が貯まることには間違いありません。まずは始めることに意味がありますし、やらなければ前に進むことはできませんので、この機会にあなたもトライしてみてはいかがでしょうか。動き出さなければ何も始まりませんし、行動に移さないままお金を貯めることなんて不可能です。

そこで気になるのが、500円玉貯金の効果について。まず一つ挙げられるのは、「無駄遣いを防ぐことができる」というポイントでしょう。例えばコンビニで何か買おうと思っても、500円玉を崩さないように我慢しようという気が起こるはずです。さらに「目標を持って続けることで自信がつく」という効果もあり、自己肯定感が高まるところも魅力だと言えるでしょう。

さてそこで次に、500円玉貯金を続けることでどのくらいの貯金額になるのか、その気になる効果についてご紹介します!貯めるのにおすすめのペースから、1日1枚、そして一週間に1枚貯める場合の金額など、長く続けるにあたって知っておきたい効果について解説しますので、ぜひご覧ください。

500円玉貯金のペースは?1日1枚でどのくらい貯まる?週一回ならどう?

500円玉貯金のペースやタイミングに、頭を悩ませている方も多いはず。そこで例えば1日1枚貯めるとどのくらいの金額になるのか、まずは見てみましょう。1日1枚貯金すると、1ヶ月なら500円×30日で15,000円、1年で18万2,500円貯まることとなります。さらにこれを10年続けていくと、182万5,000円もの大きな金額にも及び、長く続ければまとまったお金を手に入れることが可能です。

1日1枚の貯金が難しいようであれば、もちろんさらにペースを落として構いません。ご自分に無理のないようにやっていくことが、長く続けられる何よりもの秘訣なのです。そこで急を要さないのであれば、週一回貯めることから始めてみてはいかがでしょうか。週一回であれば、1ヶ月で約2,000円、さらに1年で24,000円に。1日1枚と比較すると物足りなく感じるかもしれませんが、無理なく続けたい方には、ぴったりのペースではないでしょうか。

ペースに関しては、あなたに合ったタイミングをチョイスするのが大切。挫折することのないよう、程よく肩の力を抜きつつ取り組む方が良いかもしれません。また、ゆったりとしたペースであっても、数ヶ月続けることにより「もっと貯めよう」「節約しよう」といった欲が出てくるはずですので、信じて続けてみてください!

30万貯めるならどうする?500円玉貯金の目安にしてみて

500円玉貯金をするにあたって、「30万円を貯める」という目標を抱く方が多く見受けられます。そこで30万円を貯金するには、500円玉が600枚必要となりますので、言うまでもなく1年で達成するのは厳しいです。ただし、余裕がある日に500円玉をもう1枚追加すると、1年ちょっとでも十分に貯められる金額ですので、目標までの期間が押し迫っている方は、節約しつつチャレンジしてみるのも良いでしょう。

とは言え、何度もお伝えしますが無理をすることだけは禁物。30万を貯めたいとお考えの方は、それを大きな目標として掲げつつもはじめは10万を目の前の目標として頑張ってみると、ご自身でキツい思いをしづらいのでおすすめします。さらに小さな目標の達成を積み重ねていくことで、モチベーションアップを望むことが可能です。

500円玉貯金の入れ物はどうするの?重さは?知っておきたいポイントを解説

500円玉と貯金箱の写真

500円玉貯金のあれこれについてご紹介してきましたが、次に気になるのが入れ物の問題ではないでしょうか。長期間500円玉を貯めていくとなると、それなりの大きさの入れ物が必要となりますし、出来ることならモチベーションが上がるような貯金箱を用意しておきたいところです。そこでここでは、500円玉貯金におすすめの入れ物をご紹介していきます。ですがその前に、貯めた貯金箱の重さを計ることによって大体いくら貯まっているかが分かるので、まずはそちらから見てみましょう。

そこで例えば、貯まった貯金箱の重さが「1kg」あったとします。さらに貯金箱自体の重さが100g前後くらいであれば、貯まっている金額は大体『65,000円』程になりますので、頭に入れておくと良いでしょう。また計算方法としては、以下の通りです。

(総重量-貯金箱本体の重さ)÷500円玉1枚の重さ(7g)=500円玉の枚数

こちらの計算式で大体の枚数を導き出すことができるため、どのくらい貯まったのか気になった際には、ぜひ計ってみてください。また、貯金を始める前には、必ず貯金箱本体の重さをチェックしておきましょう。

専用の貯金箱でモチベアップ!例えばこのような入れ物も

ここからは、500円玉貯金におすすめの入れ物について詳しくご紹介していきます。使用する貯金箱によってもモチベーションが左右されるため、適当なものではなく、長続きできるような一品をチョイスしたいところです。そこで、とにかく貯金のモチベを上げたい、そして目標金額を明確にしたい方におすすめしたいのが、ズバリ500円玉貯金の専用の貯金箱です。

例えばこちらの商品は、100万円を目標に設定する方にぴったりの「100万円貯まるカウントバンク」です。透明なのでどのくらい貯まっているかが一目で確認できるのに加え、投入したお金の合計金額を自動で計算し、液晶に表示してくれる非常に優れた一品。高さも30cm程と存在感があるため、あなたのやる気をアシストしてくれること間違いありません。

こちらの商品以外にも、10万円・30万円・50万円と、様々な目標設定のされた貯金箱が販売されているので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。こだわりのアイテムをゲットして、より一層モチベーションを高めてください!

楽天市場 100万円貯まるカウントバンク / ¥1,760

ダイソーの人気商品はこちら!SNSでも話題の一品

 

貯金箱にそれほどコストをかけたくない方は、ぜひ百円均一ショップを覗いてみて。例えばこちらの商品は、「DAISO(ダイソー)」で手に入る「サイコロ貯金箱」です。おしゃれな四角の形に加え、サイコロのデザインが施された一品。クリアで中身が透けて見えるため、どのくらい貯まっているのかチェックできるところも嬉しいポイントです。

カラーバリエーションは、ピンクとブルーの2色展開。お部屋のインテリアのアクセントにもぴったりのデザインで、眺めているだけでも嬉しい気持ちになるかもしれません。さらにこちらのサイコロ貯金箱は、簡単には開けられないような仕組みになっているところも、おすすめできる所以の一つ。中身を取り出す際には、ハンマーで叩き割る方法が主流となっています。その際の工具もダイソーで手に入りますので、とにかくコスパよく500円玉貯金を始めたい方におすすめです。

もちろんこちらの貯金箱以外にも、ダイソーには可愛らしいおしゃれなデザインの貯金箱が数多く取り揃えられています。さらにシンプルなデザインですが、500円玉貯金専用の「10万円バンク」という商品も販売されているので、パッと見でも貯金額が分かるものをお好みでしたら、そちらをゲットすると良いでしょう。

セリアの貯金箱も話題に!人気アイテムはこちら

 

さらにダイソーと並んで、100円ショップ「Seria(セリア)」の貯金箱も500円玉貯金に人気!こちらもデザイン性の高いアイテムを多く取り揃えているため、可愛い貯金箱がお好きな女性にもぴったりだと言えます。例えばこちらの商品は、キュートな見た目が魅力の「豚さん貯金箱」。スケルトンなので中身を確認しやすい上に、案外大容量でしっかりと500円玉を貯めることができるので、長期間の貯金を考えている方にもぴったりだと言えます。

さらにこちらはプラスチック製となっているため、重さが気にならない上に、万が一落としてしまっても割れにくいところが嬉しいポイント。また壊さずにも中身を取り出すことができる仕様となっているため、何度でもお使いいただけます。

セリアでも、こちらの商品以外にたくさんの貯金箱が販売されています。実際に店舗へ足を運び、貯金箱選びを楽しんでみるのも、モチベアップに繋がって良いのかもしれません。さらに、他にもおしゃれな見た目のものや、500円玉貯金専用のものもありますので、ぜひこの機会に気になる一品を手に取ってみてください!

500円玉貯金が成功する秘訣を徹底解説!挫折しないコツとは

500円玉貯金の写真

これまでにご紹介したように、中には500円玉貯金が長続きせず、挫折をしてしまう方もいらっしゃいます。気軽に、そして自分のペースで貯金をしていくためチャレンジしやすい一方で、そのゆるさに甘えてしまい、挫折者が後を絶たないのも事実なのです。しかしせっかく一度決心をして貯金を始めるのだから、途中で投げ出すことなく、目標達成を果たしたいところ。そこで成功した人はどのような心掛けを持って挑んでいたのか、そして挫折しないためにはどんな意識が必要なのか、貯金を始める前にチェックしておきませんか?

ここでは、500円玉貯金成功の秘訣を3つピックアップしてご紹介します!貯金成功のコツを知っておけば、一気に心に余裕ができる上に、自然と目標達成に近づくことができるはず。貯蓄に苦手意識をお持ちの方は特に、ぜひ最後まで目を通して500円玉貯金成功を掴み取ってください。

500円玉貯金成功の秘訣①明確な目標を設定する

まず一つ目の成功の秘訣は、「明確な目標を設定する」というものです。そもそも500円玉貯金を始めようと思う方は、何かと貯める目標をお持ちかと思いますが、その目標は具体的であればあるほど成功率が高まると頭に入れておいてください。例えば海外旅行に行くでも、子供のために貯蓄するでも、欲しいものを買うためでも、目標自体は何でも構いません。それをしっかりと明確にした上で、頭の中にビジョンを描くと、明らかにモチベージョンアップに繋がります。

さらに貯めるための目標を明確にした上で、金額と目標達成までの期間まで設定しておくことも重要なポイントに。だらだらと貯金をしていても、モチベが長続きしませんので、『○○達成のために、いつまでにどれくらい貯める』ということをきちんと設定してください。必要な金額を500で割ると枚数が算出されるため、あとは期間を導き出し、ある程度の予測を立てると良いでしょう。

500円玉貯金成功の秘訣②好みや目標金額に合う貯金箱を選ぶ

目標設定の写真

500円玉貯金成功の秘訣の二つ目は、「好みや目標金額に合う貯金箱を選ぶ」というものです。まずは好みに関してですが、やはり500円玉貯金は長期間を見越しての貯蓄となるため、ご自身が気に入るものをチョイスするのがマスト。好みのおしゃれなデザインの貯金箱を選んでも良いですし、実用性や中身の見え方を優先するのも一般的だと言えます。

中には中身が見えることでモチベーションを保つことができる人も、見えないことで重さを頼りに金額を把握して楽しむことができる人もいますし、貯金箱の好みに関しては人それぞれ。したがって、あなた好みの一品を選んでみてください!

さらに、貯金箱の蓋が開くかどうかも、選ぶにおいて重要なポイントとなります。というのも、途中でついつい取り出して使ってしまいそうであれば、壊さなければ開かないものをチョイスするのがマスト。一方ある程度貯まったら口座に入金できるような意志があれば、自由に開け閉めできるものがおすすめです。

500円玉貯金成功の秘訣③習慣化させる

最後に三つ目の成功の秘訣が、「貯金を習慣化させる」というものになります。というのも貯金することを一苦労だと認識してしまうと、どこかで苦手意識を感じてしまいやすく、長続きしにくい傾向が見られます。例えば、たまにしかやらないようなことは何となく続きませんし、「面倒臭い」という気持ちに繋がりやすいことを、あなたも実感したことがあるのではないかと思います。

したがって500円玉貯金を始めるのであれば、できる限り早く日常のルーティンとして取り入れてみてください。例えば、帰宅してすぐに貯金箱に入れるとか、○曜日の朝に入れるだとか、ルールはあなたが自由に決めて結構です。無理なく行えるような現実的なもので、習慣させるのが重要なポイントとなります。

習慣化することができたら、貯金のクセが自然とつきます。そうなると普段から節約しようという気持ちを抱くようにもなりますし、貯金以外でも金銭面の意識が高まり、一石二鳥と言っても過言ではないほど。したがって、まずはぜひ貯金を日常のルーティンの一部にすることを心掛けてください。

【最後に】500円玉貯金の入金方法って?ATMで入金できる?

ATMの写真

結局大量に500円玉を貯めたところで、「ATMに入金することはできるの?」と疑問に思っている方も多いはず。実際に貯めていたところで、例えば10万円を超えてしまうと現金で持っておくのも危険ですし、銀行口座に入金するのがベストです。そこでATMを利用しての500円玉の入金に関してですが、地域によってできるところとできないところがあるご様子。中でも地方の銀行では、硬貨の入金に対応しているところが多いと言えます。

またATMで500円玉を入金する際には、数量が決まっているので、一気に入金しないようにご注意を。さらに時間がかかる可能性もあるので、ATMの入金を検討される場合には、十分に時間に余裕を持っておくことをおすすめします。

そもそも銀行窓口ではどうやって入金する?両替もできるの?

また、そもそも大量の小銭を銀行に持って行っても良いのか、気になっている方もいらっしゃるでしょう。そこで結論としては、貯めた500円玉をそのまま銀行へ持って行っても、何ら問題はありません。というより、ATMに入金するよりも、銀行窓口で手続きを行う方が間違いがないので、入金できるか不安な方は窓口でお尋ねください!ただし口座に入金する際には、いくらか申告しなければならないケースが大抵ですので、貯金箱のまま持ち寄るのは控えるべき。手間はかかってしまいますが、例えば500円玉の数を計算できるような専用ケースを用いて、事前に数えておきましょう。

また、500円玉貯金である程度貯まると、両替をしたいと思われる方も多いです。そこで小銭を紙幣に両替することは可能なのですが、枚数によっては手数料が必要となってくるためご注意ください。銀行によって異なるものの、例えば両替機を使ったら手数料が安く済むだとか、窓口でも口座所有者は優遇されるだとかありますので、事前に確認した上で足を運びましょう。

いかがでしたか?今回は、500円玉貯金に関するあれこれを一挙ご紹介しました。500円玉貯金は非常に根気が必要となりますし、中には挫折をしてしまう方もいらっしゃいます。しかし毎日の努力で習慣化してしまえば、一気に貯めることが楽になるため、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にして、あなたも正しい方法で貯金に取り組み、本来設定していた目標を達成させてください!