FASHIONSEP.26.2019

茶色ライダースはオンオフ両方のコーデに対応!年代別着こなし術

ライダースといえば黒が定番。しかし女性らしさをアピールしたいなら茶色が便利なのをご存知ですか?今回は茶色いライダースジャケットの大人かわいいコーデをご紹介します。
ライダースといえば黒が定番。しかし女性らしさをアピールしたいなら茶色が便利なのをご存知ですか?今回は茶色いライダースジャケットの大人かわいいコーデをご紹介します。

茶色ライダースで大人コーデに可愛げをプラス

 
もはやレディースファッションでも定番アウターのライダースジャケット。

メンズライクなイメージですが、茶色をチョイスすればハードさが緩和されて可愛げをプラス。とは言えデザイン的に辛口なので、大人っぽさもキープできます。

茶色は落ち着きがあり、しっとりした品のある大人カラー。デニムからエレガントなスカートまで様々なアイテムとの相性が良く、コーデの幅が広がるというメリットも。

ライダースジャケットはショート丈のアウターなので、ボトムとのバランスを重視してスタイルアップを狙うのがポイント。

寸胴見えしないように、ウエストラインがきれいに見えるシルエットを作ったり、インナーコーデをワントーンにまとめても良いでしょう。

なにかと便利なオールブラックコーデも、黒ではなく茶色のライダースを羽織れば重くなり過ぎるのを防ぐことができますね。

ライダースは秋から春まで長いシーズン活躍しますが、どんなアイテムとも合うわけではありません。野暮ったいコーディネートにならないように気をつけましょう。

茶色のライダースのおすすめコーデ【1】シックな花柄ワンピースで40代の貫禄コーデに

茶色ライダース×花柄ワンピース
テロンとしたシフォン素材のシャツワンピースに、ライダースを肩掛けする大人コーデ。大きめの花柄で、より落ち着いた表情に。

ライダースはベージュっぽいブラウンで、黒とのコントラストを強めにして存在感を。ジャケットやロングコートでは出せない雰囲気に仕上げたい時に便利です。

茶色のライダースのおすすめコーデ【2】20代はデニムスカートとスニーカーでオフコーデに

ノーカラー茶色ライダースコーデ
茶色いライダースジャケットは、もちろんデニムとの相性も抜群。細身のタイトスカートなら、ライダースのタイトなシルエットと一体感が出ます。

足元もスニーカーでラフにまとめますが、子供見えしないようにライダースと同じく茶色いタイツを投入。襟元がノーカラーなら、大判のストールを巻いてもゴチャつく心配はありません。

茶色のライダースのおすすめコーデ【3】パーカーとのレイヤードはアニマル柄スカートで20代っぽいはずし方を

茶色ライダース×アニマル柄スカート
黒いパーカーとのレイヤードコーデは、かなりメンズっぽい雰囲気に。ボトムを女性らしくする必要がありますが、20代はアニマル柄のマキシスカートで若々しさも忘れずに。

足元もスニーカーではずして、スカートからチラ見せ。パーカーをライダースジャケットより少し長い丈にして、裾を覗かせることでバランスを整えましょう。

茶色のライダースのおすすめコーデ【4】30代はあえてオーバーサイズで抜け感プラス

茶色ライダース×ニットスカート
ライダースジャケットといえばジャストサイズで着るのが主流ですが、あえてダボっと着ることで可愛げのある着こなしに。

ゆるめのニットスカートとのバランスも絶妙。ダークブラウンとアイボリーの組み合わせは、ラフなコーデの中にも大人っぽさが感じられる配色です。

茶色のライダースのおすすめコーデ【5】ざっくりタートルにサラッと羽織る30代のオフコーデ

茶色ライダース×タートルニット
秋冬の定番ざっくりタートルは、暖かくて小顔効果も期待できる優秀トップス。厚手のアウターを羽織るとボリューミーになり過ぎる危険がありますが、ライダースならスッキリ。

ボトムもタイトなシルエットを心がけて、足首を見せることでさらに華奢見せ。靴は季節感のあるパンプスで、足元に華やぎをプラスしましょう。

茶色のライダースのおすすめコーデ【6】ニットセットアップのきれいなラインを引き立ててるコーデに

茶色ライダース×セットアップ
幅広いシーンで活躍するニットセットアップは、コーデに悩む日の便利アイテム。ライダースジャケットを羽織れば、きれいなラインをアピールできます。

茶色に合わせる時は、カーキやキャメルなどで統一感を。秋の街並みによく馴染むカラーリングを意識しましょう。

茶色のライダースのおすすめコーデ【7】パーカーをアウトして思いきりラフに着こなす20代カジュアル

茶色ライダースのレイヤードコーデ
スウェットパーカーとのレイヤードで、ライダースジャケットをカジュアルに着こなす方法も。グレー×黒いライダースだと少々ハードですが、茶色なら安心。

子供見えが心配な時は、グレーをポイントカラーにすることで浮ついたコーデになるのを防いでくれます。

茶色のライダースのおすすめコーデ【8】40代はライダースの上に薄手のコートで周りと差をつけて

茶色ライダース×コート
茶色のライダースの上にデニムのコートを羽織るレイヤード。ライダースはアウターとして着る場合がほとんどなので、新鮮な見た目になります。

前を閉めて着ることで、襟部分がちょうど良い具合に露出。スウェードとデニムの異素材感も、おしゃれな雰囲気をかもし出してくれます。

茶色のライダースのおすすめコーデ【9】30代のオフィスシーンにはフレアスカートでシンプルに

茶色ライダース×フレアスカート
黒やネイビーなどダークカラーコーデに羽織る時は、茶色の中でも明るめのキャメルのライダースがぴったり。

黒いフレアスカートにタイツを履いて、バッグもヒールもきちんと感があるタイプをチョイスすれば、お仕事シーンにも対応可能です。
ハードなイメージをほど良く緩和してくれる茶色いライダースジャケット。黒とはまた違った魅力があり様々なシーンで役立つので、ぜひご紹介したおすすめコーデを参考にしてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック