FASHIONSEP.27.2018

リゾートの服装はこれで決まり!2018年版おすすめコーデ見本帳

国内なら沖縄、海外ならハワイやグアム、バリなどのリゾート地への旅行を前にして、「服装」にお悩みではありませんか?普段と代わり映えのないファッションではなく、観光地にふさわしいおしゃれな服装で足を運びたいところです。そこで今回は、リゾート地におすすめのコーディネートを9つ厳選してご紹介します!
国内なら沖縄、海外ならハワイやグアム、バリなどのリゾート地への旅行を前にして、「服装」にお悩みではありませんか?普段と代わり映えのないファッションではなく、観光地にふさわしいおしゃれな服装で足を運びたいところです。そこで今回は、リゾート地におすすめのコーディネートを9つ厳選してご紹介します!

リゾートで何を着る?大人女子におすすめのファッションを徹底解説!

花柄スカートを使ったリゾートの服装
リゾート地への旅行を前にして、服装にお悩みではありませんか?バケーション気分を味わうことができるリゾート地では、普段通りのなんの代わり映えもしない服装では場の雰囲気に合っていませんし、どのようなコーデがふさわしいのか気になるところでしょう。

そこで今回は、リゾートにおすすめのおしゃれなコーディネートを9つピックアップしてご紹介します!オトナ女子にぴったりの服装を、季節別・場所別など様々なパターンから厳選し、最後にはおすすめのファッションブランドまでご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

リゾートの服装【1】春はノースリワンピにカーディガンを羽織ろう

花柄ワンピとカーディガンのリゾートの服装
春は、花柄のノースリワンピにカーディガンを羽織ったコーディネートがおすすめです!バケーション気分を味わえるリゾート地では、鮮やかな「花柄ワンピ」がぴったり。花柄ワンピは華やかで、写真映えするところも嬉しいポイントです。まだ朝晩の寒暖差が気になるこの季節は、薄手のカーディガンを羽織ると良いでしょう。

足元はサンダルで、開放的な雰囲気を後押し。カバンは春夏トレンドのカゴバッグをチョイスして、持ち物にまでこだわったおしゃれなコーデに仕上げてみてはいかがでしょうか。

リゾートの服装【2】開放的な夏ならヘルシーな肌見せを

グリーンのワンピースを使ったリゾートの服装
開放的な気分になれる夏には、肌見せをしましょう!そこでオトナ女子の皆さんにおすすめなのが、「肩」や「デコルテ」の露出です。腕や脚は、露出することに抵抗を持っている方も多いでしょうし、何よりこの程度の肌見せならば下品な印象にもならないのでオトナ女子にぴったりです。

リゾート地では、肩やデコルテが大きく開いたマキシ丈ワンピースを選んでみてはいかがでしょうか。露出をしている分、脚や腕がカバーされているワンピで、肌見せのバランスを整えるのがベターです。また、鉄板の黒や白のようなベーシックなカラーを避けるのも、リゾートコーデらしく仕上げるポイントだと言えます。

リゾートの服装【3】秋は落ち着いたトーンでまとめたコーデが旬

ベージュ×ブラウンのリゾートの服装
秋のリゾートコーデは、落ち着いたトーンに仕上げるのがおしゃれ。そこでおすすめは、ベージュやブラウンで全身をまとめた、品のあるコーディネートです。ヌーディーなベージュをベースにしたスタイルは、上品かつ大人っぽい雰囲気で、一気に垢抜けて見えるので、オトナ女子の皆さんにぴったりです。

ベージュでも地味に見せないためには、あえて同系色のみでまとめるのがポイント。例えばインナー・帽子・バッグをブラウン、カーディガン・パンツをベージュでまとめたら、品良くおしゃれなコーデに仕上がります。足元は白のスニーカーを合わせ、コーデにアクセントを加えても良いでしょう。

リゾートの服装【4】冬は防寒対策をしつつも身軽に!おしゃれなコーデとは

ニットカーディガンを使ったリゾートの服装
冬のリゾート地でも、場所によっては寒さが気になる場合があります。そこで、冬なら防寒対策をしつつも、観光にふさわしい身軽なコーデに仕上げましょう!まずアウターは普段のコートでも良いのですが、せっかくのリゾート地なので、防寒の機能性だけを重視したアウターは避けたいところです。そこでおすすめは、おしゃれに着こなせるニットカーディガン。それでも寒い場合には、インナーで防寒対策をしてください。

トップスはハイネックニット、ボトムスはデニムパンツでベーシックな大人の着こなしに。カバンは小さめのショルダーで、身軽に仕上げるのがポイントです。また、地味になりがちなコーデでも、一点柄物を加えるだけで華やかに仕上がり、リゾートにもぴったりのスタイルの仕上がります。

リゾートの服装【5】沖縄ならラフでこなれ感のあるコーデに仕上げよう

デニムパンツとタンクトップのリゾートの服装
沖縄旅行では、リラックス感のあるコーデに仕上げるのがポイント!まったりとした時間を過ごせる沖縄では、おしゃれでも気合が入りすぎていない、ラフな服装に仕上げるのがおすすめです。そこでおすすめは、デニムパンツにタンクトップを合わせたシンプルな大人カジュアルのコーディネートです。

ボトムスはハイウエストで太め、かつ程よくダメージが入ったものだとイマドキの印象に。タンクトップはくすみ色のものをチョイスすると、品良く、かつより一層トレンド感のあるコーデに仕上がります。さらに沖縄では、ストローハットやサングラスなどの日差し対策のアイテムも忘れずに!

リゾートの服装【6】海外なら開放的なコーデでOK!デニムショーパンで脚見せを

デニムショーパンを使ったリゾートの服装
ハワイやグアム、バリなどの海外のリゾート地なら、とことん開放的なコーデでOK!そこでおすすめは、デニムショーパン×タンクトップのラフな肌見せコーデです。腕と脚を露出することに抵抗を持っている方も多いでしょうが、開放的な海外なら、恥じることなく着こなせるはず。ここぞとばかりに、普段はしない肌見せコーデを堪能しましょう!

デニムパンツはハイウエストタイプで、タンクトップをインし着こなして脚長効果を狙いましょう。カラーはライトブルーだと、外国人の着こなしのように仕上がるのでおすすめです。足元はローカットスニーカーで、とことん脚を長く見せてください!

リゾートの服装【7】あの有名セレブのリゾートコーデ!マキシ丈ワンピが鉄板

 
こちらは、有名な海外セレブ「パリス・ヒルトン」さんがバリを訪れた時のコーディネートです。柄物の華やかなマキシ丈ワンピースを一枚でさらっと着こなし、リゾート地にふさわしいスタイリングに仕上げています。大きく開いた胸元と足元のスリットで、色気を演出しているところもポイントです。

大きめのサングラスや煌びやかなアクセサリー、ゴールドのハンドバッグ、シルバーのパンプスで、とことん海外セレブらしくゴージャスなスタイリングに。派手なワンピにこのようなアイテムを合わせているのにも関わらず、くどさが感じられないのは、海外セレブだからこそなせるワザでしょう。

リゾートの服装【8】レディースファッションブランド「CANBE」でおしゃれコーデを作る!

 
ここで、リゾート系のレディースファッションブランド「CANBE(キャンビー)」をご紹介します。こちらはハワイやバリで厳選した商品を揃えたセレクトショップで、大人向けのリゾートファッションを提供する通販サイト。夏だけではなく秋冬のリゾートファッションも豊富に取り揃えているところが魅力的だと言えます。

リゾートにぴったりのマキシ丈ワンピからボヘミアンなアイテム、水着、ファッション小物、アクセサリーまで豊富な品揃えのキャンビー。きっとあなた好みのアイテムが見つかるはずです。

リゾートの服装【9】通販で手に入る!プチプラアイテムで高見えを狙え

SHOPLISTの花柄ワンピ
リゾートファッションを激安で手に入れるなら、通販サイト「SHOPLIST(ショップリスト)」がおすすめ!日常では着る機会がないリゾートファッションでも、激安なら気軽に手に入れることができるでしょう。さらに、初回購入なら全品送料無料でゲットできるところも、嬉しいポイントです。

ショップリスト内で「リゾート」と検索すれば、リゾート地にぴったりのアイテムが数多く見つかります。ワンピからオールインワン、シャツ、水着、ビーチグッズ、小物まできっとあなたのお探しのものが見つかるはずですので、ぜひこの機会にチェックしてみてください!
いかがでしたか?今回は、リゾート地におすすめのコーディネートやファッションブランドを9パターン厳選してご紹介しました。リゾート地では、普段よりも大胆で、かつおしゃれな服装が理想的。ぜひ参考にして、おしゃれなコーデでバケーション気分を十分に堪能してください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。