LIFESTYLE
SEP.12.2020

寝室を過ごしやすくおしゃれにDIY!人気のアイディアやレイアウト

寝室を過ごしやすくおしゃれにDIY!人気のアイディアやレイアウト 寝室を過ごしやすくおしゃれにDIY!人気のアイディアやレイアウト

毎日必ず過ごす場所になる寝室は、一日の中でも多く過ごす場所になりますよね。だからこそ、快適でリラックスできる空間にしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、寝室のDIYアイディアをご紹介します。

寝室をDIYしてみない?

 

寝室は、毎日の疲れを癒したり、爽やかな目覚めを叶えてくれる場所です。
寝室次第で「ぐっすり眠れるかどうかが決まる」という方もいるほど、とても大切な場所だといえるでしょう。

だからこそ、自分がリラックスできる寝室にしたいものですよね。

しかし、賃貸だから……和室だから……と今の寝室を好みのスタイルにコーディネートするのを諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、簡単にできるDIYなら自分でも理想的な寝室にすることができます。
そこで今回は、簡単にできる寝室のDIYアイディアや、原状回復可能なDIY方法などをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

寝室のお悩み

 

今の自分の寝室に対して、どのように思っていますか?
元々おしゃれな寝室の賃貸も増えているので、満足しているという方もいれば、過ごしていく時間が増えるほど、寝室でのお悩みを持つ方が多くいるようです。

DIYアイディアやレイアウト術などを見ていく前に、まずは寝室ならではのお悩みを見ていきましょう。

そしてもう一度自分の寝室を見てみてください。

狭い

寝室に対して、狭いというお悩みを持つ方が多くいます。

「ベッドを置いたら、もう場所がない」なんてことがよくあるようです。
また、収納スペースが欲しくて用意したことで狭く感じてしまうという方も多いようですね。

他にも、「寝室がリビングと別にあればいいけれど、ワンルームだからとても狭く感じる」という方もいます。
確かにワンルームだと、そこにテーブルもテレビも布団も詰め込むようになるので、狭くなってしまいますよね。

しかしこのお悩みは、DIYアイディア次第で広くしたり、広く見せたりすることが可能かもしれません。

ごちゃごちゃしがち

寝室を快適にしたいという思いから、ついいろいろなもので溢れてしまっている方も多いのではないでしょうか。

服はもちろん、アロマなどの小物も置いていて、「寝室は常にごちゃごちゃしがち……」なんて方もいるでしょう。

見た目も悪くなってしまいますから、やはりキレイに整頓しておきたいですよね。
そしてキレイに整頓するためには、やはり収納スペースを増やすことがポイントになるのではないでしょうか。

「収納スペースを増やしたいけど、狭くなるのが嫌」というお悩みを持つ方もいますよね。
寝室のDIYアイディアで解決しちゃいましょう。

リラックスできない

ごちゃごちゃしていてリラックスできない……自分の好きな空間じゃなくてリラックスできない……など、何となく自分にとってリラックスできない寝室になっているなら、DIYでリラックスできる空間にしてみませんか?

寝室は一日の疲れを癒す場所ですので、リラックスできないと疲れも取れにくくなってしまうかもしれません。
質のいい睡眠を取るためには、リラックスすることがとっても大切です。

疲れを残さないためにも、寝室の見直しをぜひしてみてください。

寝室のDIYの魅力は?

 

一日の中で多くの時間を過ごすことになる寝室は、その人にとってとても大切な場所です。
その影響もあってか、今は寝室のDIYがとても人気を集めているようですよ。

ここ最近、何かを自分で作ったり修繕したりするDIYブームが起きていましたよね。
その流れで今は収納力に優れた寝室や、リラックスできる寝室にDIYするブームが来ているのかもしれません。

もっと詳しく、寝室のDIYが人気の理由や寝室をDIYする魅力について見ていきましょう。

自分の理想の空間が作れる

DIYの一番の魅力は、自分の手で理想の寝室を作ることができるという点です。

理想のイメージを思い浮かべながら準備ができるので、考えただけでワクワクするのではないでしょうか。

また、自分の好きなタイミングでできるので、すぐに完成させることもできれば、じっくり作っていくこともできますよね。

女性はリラックスできる空間だけではなく、寝室のおしゃれさを求めることも多いでしょうから、どんどん自分の好きな空間になるように寝室のDIYを楽しんでみてください。

デッドスペースも活用できる

自分で寝室のDIYができれば、デットスペースも活用することができますよ。

「ここのデットスペースを活用できればいいのにな……」と思っていても、なかなかフィットするものがないことってありますよね。

そんなときは自分で作りだせばOK。
簡単に収納スペースを作ることができるキットもいろいろ出ているので、楽しく作ることができそうですね。

慣れてくれば、自分で一から作ることもできますし、DIYのテクニックを磨くこともできるでしょう。

寝室のDIYは賃貸でもできる?

 

寝室をおしゃれにDIYしたいけど、賃貸だから……と諦めていた方は多くいるのではないでしょうか。

たしかに借りているお部屋なので、傷をつけないか、壁に穴を開けてしまわないかなど、不安なことはたくさんありますよね。

ですが、賃貸でも寝室をDIYすることは可能です。

最近は、賃貸でもDIYを楽しめるように優秀なアイテムがたくさん出ています。
賃貸でもOKなアイテムを賢く使えば、おしゃれで収納力のある寝室を作ることができるでしょう。

原状回復が可能なDIYであれば気軽に試すことができると思うので、ぜひアイディアを参考にしながら作ってみたい寝室をイメージしてみてください。

寝室のDIYで人気のアイディア

 

早速、寝室のDIYで人気のアイディアを見ていきましょう!

寝室をDIYしたいと思っていても、実際にどんな風にすればいいのか分からないですよね。
ですので、まずはいろいろなアイディアを見て、インスピレーションを受けてみてください。

DIYの初心者さんでも簡単にできるものから、本格的なDIYアイディアまであるので、無理のない範囲で始めることがおすすめです。

できることから始めて、少しずつレベルアップし、納得のいく寝室を作っていけたらいいですね。

ウォールステッカーを貼る

DIY初心者で「本格的なDIYはできるか心配」という方は、ウォールステッカーを使ったアイディアがおすすめ!

壁にペタッと貼り付けるウォールステッカーは、シンプルだった寝室の壁をおしゃれに変身させてくれるアイテムです。
可愛らしい動物やキャラクターをはじめ、木や花など本当にたくさんの種類があります。

これなら賃貸でもOKですし、100円ショップで買えるものもありますよ。
最近は3Dウォールステッカーという立体感のあるタイプも人気です。

写真やファブリックパネルを飾る

おしゃれさんの部屋には必ずあるといっても過言ではないのが、おしゃれな写真やファブリックパネルではないでしょうか。

自分の好きな写真を大きく印刷し、好みの額縁に入れたものを飾るだけでセンスあふれる寝室にすることができます。
ファブリックパネルもボードに好きなデザインの布を貼り付ければ、あっという間に完成です。

大きめデザインでお部屋のアクセントにするのもいいですし、ミニサイズでワンポイントにするのも可愛いですよ。
額縁を塗ったりデコレーションしたりするのもDIYになります。

おしゃれなライトを取り付ける

リラックスできる空間を作りたいのであれば、おしゃれなライトを取り付けてみてはいかがでしょうか。

普通の照明でもいいのですが、ペンダントライトや間接照明の電球などにするととってもおしゃれな空間に変わりますよ。
また、小さなイルミネーションライト・ジュエリーライトや、コットンボールに電球が入ったタイプもおすすめ!

どのように取り入れるかで雰囲気も変わってくるので、レイアウトを楽しんでみてくださいね。

壁紙を変える

寝室のDIYをするなら、思い切って壁紙を変えてしまうのもおすすめですよ。

賃貸ではできないイメージが強いですが、貼って剥がせる壁紙がとても充実して登場してます。
ですので、自分でもがらりと寝室のイメージを変えることは可能です。

つるっとフラットなタイプの壁紙もあれば、3Dレンガの壁紙もあるので、仕上がりのイメージに合わせて選んでみてくださいね。

カーテンを吊るす

 

寝室がある方はもちろん、ワンルームの方にもおすすめしたいDIYアイディアが、カーテンを取り入れることです。

カーテンや布で簡易のパーテーションを作るだけで、がらりと雰囲気が変わるだけでなくベッドスペースを隠すこともできます。

簡単な方法は、自分の好きな布を選び、掛けたい場所の寸法を測ってカットしたら、裾上げテープで布をくっつけ、突っ張り棒にカーテン用クリップを通して布をセットすればできますよ。

ベッドを高くして下に収納スペースを作る

収納場所を増やしたいというのであれば、高さのあるベッドにして下に収納スペースを作るアイディアが定番ではないでしょうか。

高さのあるベッドを購入したら、下の隙間に合わせてキャスター付きの引き出しを作ればベッド部分も活用してすっきり片付けることができます。

下にデスクなどを置くことができるほど高さのあるベッドを活用するのもいいですね。
下には本棚やソファなどを置けば、自分のリラックスできる空間が関係します。

壁面収納を作る

収納場所を増やしたいのであれば、DIYで寝室に壁面収納を作ることもおすすめです。

突っ張り棒などを活用することで、壁にペタッとつけた収納スペースを作ることができます。
また、すのこを壁に立てかけ、すのこの隙間にフックをかけるなどして収納場所を増やすアイディアも人気ですよ。

お好みでステッカーや転写シール、スタンプなどでアレンジするのもステキです。

スマホ置き場を作る

本格的なDIYはできなさそう……という方は、ちょっとしたものからDIYを楽しんでいけばOK!
初心者さんにもおすすめなのが、スマホ置き場などベッドの横に置けるちょっとしたサイドテーブルを作ることです。

四枚の板をつけるだけでちょっとした棚になりますし、100均などで買えるすのこを使ってテーブルを作るのもいいですね。

スイッチカバーを作る

寝室全体の雰囲気を変えるなら、小さなところまでこだわってみてはいかがでしょうか。
おすすめなのは、スイッチカバーをDIYすることです。

既存のスイッチカバーにかぶせるタイプもありますが、オリジナルデザインのスイッチカバーにすればもっと満足できる寝室にすることができそうですよね。

色を塗ったり、おしゃれなアルファベットスタンプを押してみたり、マスキングテープやデコレーションパーツで派手に飾るのもgood。

ルームシアターをセットする

リラックスできる寝室はもちろん、ロマンチックな雰囲気も楽しんでみたい!という方におすすめしたいのが、ルームシアターをセットすることです。

何もない壁を活かして、そこで映画が見れるようにすればとってもおしゃれな寝室になりますよ。
壁に移る画面に合わせて、かぶらないようにレースカーテンを斜めに取り付けてみたり、イルミネーションを吊るしてみたりすれば、特別感あふれる寝室ができますよ。

これなら休日もおうち時間を満喫することができそうですね。

寝室のDIYに必要なものは?

 

寝室のDIYをするときに必要なものは、どんなものを使うかによって変わってきます。

ですので、まずはどんな寝室にしたいかある程度決めておきましょう。
そして必要なものをメモしていくことがおすすめです。

ちなみに、DIYに慣れてきたらもう少し本格的なDIYをやってみたいと思うかもしれません。
そのような気持ちになれば、DIYをいつでもできるように工具を揃えておくのもいいかもしれないですよ。

■本格的なDIYをするときにあると便利な工具
・工具セット
・六角レンチ
・定規やカッター、カッターマット
・メジャー
・マスキングテープ
・ペンチ
・のこぎり
・紙やすり(サンドペーパー)
・電動ドライバー
・接着剤
・電動ドリル
・ハンディタッカー
・金づちやハンマー

工具となるといかついイメージが強いかもしれませんが、デザイン性の高い工具もあるのでおしゃれなものにこだわってみるのもいいかもしれません。

おしゃれな寝室のDIYレイアウト術

 

寝室DIYのアイディアは参考になりましたか?
「このアイテムなら自分でも簡単にできそう!」と思えたものもあるでしょう。

ただ、どんな風に飾ればいいのか悩む方もいるはず。
せっかくDIYをするのですから、レイアウトにもこだわりたいですよね。

ここからはインスタで見つけた寝室のおしゃれなレイアウト術をご紹介しますよ。

おしゃれさんはどのように寝室のDIYを楽しんでいるのでしょうか。

モノトーンの飾りでシックに

 

モノトーンの写真を飾った寝室は、落ち着いていて大人っぽさを感じることができますね。

大小の写真を入れることで、全体のバランスがおしゃれに見えます。
そんなモノトーンの寝室に、ピンクを少しだけ足すと女性らしさがアップ!

寝室をDIYするなら手作りのクッションや枕カバーを作るのもおすすめです。
季節に合わせて少しずつレイアウトを変えて飽きない寝室を楽しむのもいいですね。

レースカーテンでフェミニンに

 

ワンルームもカーテンで仕切れば、自分だけの寝室にすることができますよね。
カーテンにもいろいろあるので、自分の好みのカーテンやお部屋の雰囲気に合うものを選びましょう。

ベッドもホワイトで揃えているなら、レースなどがおすすめ!
取り入れるだけでフェミニンで女性らしさたっぷりの寝室にDIYすることができます。

あらかじめ幅を測って足りる突っ張り棒を選ぶようにしてくださいね。

壁にちょっとした棚をつける

 

壁に多少穴があいてもいいようなら、寝室の壁に棚をセットしてみてはいかがでしょうか。

ちょっとした棚をセットするだけで、そこに本などを置くことができ、寝室もすっきりしますよね。
無印良品の「壁に付けられる家具」のようなアイテムであれば、壁にあける穴を最小限にすることもできます。

いろいろな長さを組み合わせて、おしゃれで見せる収納を楽しんでみてください。

イルミネーションライトでロマンチックな雰囲気を演出

 

おしゃれな寝室で必ずといっていいほど見かけるのが、イルミネーションライトのようなアイテムたちです。

吊るしたり、壁から壁へと引っかけたりするだけで、あっという間におしゃれな寝室にすることができるので、DIYが初めての方にもぴったりなアイテムですよ。

ドライフラワーや流木を使った飾り物を一緒に取り入れたり、ファブリックパネルを飾ったところに取り入れるのもとってもおしゃれなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

サイドテーブルを作る

 

過ごしやすくて充実できる寝室へとDIYをするなら、サイドテーブルを作ってみてはいかがでしょうか。

簡単なDIYアイディアは、100円ショップでも手に入れることができるすのこを使うことです。
すのこに脚を取り付けるだけで、簡単なテーブルを完成させることができますよ。

寝室があまり広くないなら、細めの幅のすのこを使って、2段にするなど工夫をすることが◎。
スマホやiPad置き場にするのもいいですし、観葉植物やランプなどを置くのもステキです。

思い切って壁紙を変えてみる

 

寝室の雰囲気をがらりと変えたいときは、壁紙を変えてしまうことがおすすめです。

難しいDIYアイディアに思われがちですが、最近は貼って剥がせる壁紙のデザインがとても充実しているので、賃貸でも安心して取り入れることができます。
空気を抜きながら貼っていくのが少し大変かもしれませんが、慣れるととっても楽しいですよ。

立体感のあるレンガの壁紙などもあるので、仕上がりのイメージに合わせて選んでみてください。
初めての方であれば、寝室の壁の横半分だけ貼ってみるのもおすすめです。

ベッドの下を秘密基地っぽくする

 

ベッドの下にデスクなどを置けるタイプであれば、その下をDIYしておしゃれな空間を作ってみるのがおすすめ!

ちょっとしたテーブルや棚を作って取り付けることはもちろん、おしゃれなラグを敷いたりするのもいいですね。
また、下の部分にカーテンを取り付けるアイディアも人気です。

秘密基地っぽい空間になりワクワクできるだけでなく、程よい狭さからホッとすることができそうです。

ワイヤーネットで仕切りを作る

 

カーテンで作る仕切りも寝室のDIYで人気のアイディアですが、もっと活用できる寝室にしたいと考えているのであれば、ワイヤーネットを使って仕切りを作るのもおすすめです。

天井と床に突っ張り棒をセットし、2本の間にワイヤーネットを何枚か取り付けるだけで壁のようにすることができます。

さらにフックなどを取り付けてカゴをセットすれば、それだけで収納場所を増やすことができますよね。
壁に穴をあけずに収納場所を増やしたい方にぴったりです。

ウッド調にしてメンズライクに

 

こちらも、天井と床に棒をセットし、収納を作った寝室のDIYアイディアです。

仕切りではなく、寝室の壁を使い、壁面収納を作っていますね。
ウッド調のデザインや木を使うことで、メンズライクな寝室にすることができます。

すのこをおしゃれに塗装して壁に立てかけるようにセットするのもおすすめです。
かっこいい雰囲気の方が落ち着けるなら、ぜひメンズライクさを意識してみてくださいね。

和室を思い切って洋室にDIYする

 

和室の寝室なら、思い切って洋風な寝室へとDIYをするのもいいですね。
タンスの骨組みをそのまま活かせば、今風のクローゼットに!

畳を撤去し、下地施工をしてからフローリング施工をしなければならないので、かなり上級編のDIYです。
ですが、レベルを上げたい方や本格的なDIYをしたい方には満足できるDIY内容になっているでしょう。

貼ってはがせるクッションフロアもありますので賃貸でも原状回復ができる状態を維持したままフローリングにすることも可能です。

寝室のDIYをするときの注意点

 

おしゃれな寝室のDIYアイディアばかりで、早速自分の寝室も変えたくなった方が多いはず!

過ごしやすい寝室にすることができれば、毎日おうちに帰るのも楽しみになりそうですよね。
また、おしゃれにこだわればお友達や恋人を招待したときも自慢することができるのではないでしょうか。

ただ、DIYをするなら覚えておきたい注意点もいくつかあります。
楽しくDIYをするためにも、ぜひチェックしておきましょう。

賃貸の場合は念のため確認をしておく

ひとつ目の注意点は、やはり賃貸の場合は念のため管理会社や大家さんなどに確認をしておくことです。
原状回復が可能であれば問題ないかと思いますが、退去後に問題になるのはいやですよね。

最近では原状回復が可能であればDIYをしてもいいところがたくさんある一方で、画びょうすらも禁止というところもあります。

退去時の負担が増えてしまう場合もありますので、事前確認は必須と言えるでしょう。

また、修復が必要になるDIYをする場合もどのくらいの費用が必要になるのか確認しておくと安心です。

仕上がりのイメージを考え、サイズを測る

DIYをすることになったら、まずはどんな寝室にするかイメージし、紙に書いたりしてみるといいですよ。

具体的にどんな風にするのか決めておけば、必要なものだけを揃えることができるので、無駄遣いを防ぐこともできますよね。
「買い忘れたものがある!」なんてことも防ぐことができ、スムーズにDIYに取り組むことができます。

また、DIYの内容によってはサイズを測ることも大切です。
大きすぎた……小さすぎた……なんてことになっては少し大変ですよね。

下準備を徹底することでDIYもやりやすくなります。

寝室のDIYアイディアやレイアウト例をご紹介させていただきました。早速試してみたくなったアイディアを見つけられた方もいるのではないでしょうか。理想の寝室をイメージしながら、ぜひ寝室のDIYを楽しんでみてくださいね。