BEAUTYJUN.03.2019

口周りの産毛の処理方法は?毛が濃くなる原因や肌を傷めないポイント

女性の悩みとして密かに上位となることが多い部分といえば、口周りのヒゲです。接近すると目立ってしまう産毛に悩んでいる人も多いですよね。口周りの産毛の処理方法や濃くなる原因、肌を傷めないケアのポイントをご紹介します。
女性の悩みとして密かに上位となることが多い部分といえば、口周りのヒゲです。接近すると目立ってしまう産毛に悩んでいる人も多いですよね。口周りの産毛の処理方法や濃くなる原因、肌を傷めないケアのポイントをご紹介します。

口周りの産毛が濃くなる原因

ヒゲをつけている人
口周りの産毛が、いつの間にか濃くなっているように感じたことってありませんか?今までほとんど気にならなかったのに、突然ヒゲが気になるようになった時は、濃くなってしまっているかもしれません。口周りの産毛が濃くなる原因についてご紹介します。

■ストレス
口周りの産毛が濃くなってしまう原因は、ホルモンバランスの乱れが関係しています。産毛が濃くなるということは、男性ホルモンの影響を受けているということになります。ストレスが溜まり、自律神経が乱れてくると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

■不規則な生活
不規則な生活を長期的に続けているという人は、ホルモンバランスが乱れやすくなります。疲れをなかなか取ることができなかったり、睡眠不足が続いていたりすると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

またジャンクフードなどの偏った食生活も影響します。体が必要としている栄養素をしっかりと食事からとることが大切です。また、たばこや飲酒などによる影響もあるといわれています。

これはダメ!間違った口周りの産毛処理

口にクリームをつけてシェービングしている人
口周りの産毛が濃くなってしまう原因は、ホルモンバランスが影響していますが、そういった心当たりがなくても、口周りの産毛が濃くなっているように見えることがあります。それは、間違った産毛処理が原因となっています。絶対にやってはいけないNGな産毛処理方法についてご紹介します。

■毛を抜く
口周りの産毛は、生えてくるスピードが速いということもあり、生えてくるスピードを遅くするために毛抜きで抜いたり脱毛ワックスを使っているという人はいませんか?毛を抜くという行為はできるだけ避けるようにしましょう。

毛を抜くことを長期的に続けていくことで、毛穴が傷つきふさがってしまい、毛が外に出られなくなるという埋もれ毛になってしまいます。埋もれ毛は産毛よりも目立ちやすいので、毛が濃くなったように感じます。

■頻繁に剃りすぎる
口周りの産毛が気になるという人の中には、マメに毎日剃っているという人もいるのではないでしょうか?実は毎日剃りすぎるのもNGです。肌はとてもデリケートであり、毎日毎日同じ場所に刺激を与えすぎると、メラニン色素を発生させるようになります。そのため、口周りの部分が黒くなってしまい、ヒゲが濃くなっているような印象に見えてしまいます。

正しい口周りの産毛ケアのポイント

カミソリが2つ
口周りの産毛処理は、正しい方法で行う必要があります。色素沈着や埋もれ毛を作らないためにも、押さえておきたい産毛ケアのポイントについてご紹介します。

■口周りの産毛処理頻度は週に1度
口周りの産毛処理の頻度は、週に1度に留めておくようにしましょう。口周りの産毛は他の部分よりも目立ちやすいので、1回剃ってもすぐに生えてきてしまいます。週に1度程度の処理でOKですが、1週間でも気にならないという場合は、もう少し頻度を遅くしても大丈夫です。なるべく少ない回数で済ませることが、肌を労わることに繋がりますよ。

■アイテムではできれば電動シェーバー
口周りの産毛を処理するために、カミソリを使っているという人も多いのではないでしょうか?カミソリは正しい使い方をすれば使いやすいアイテムですが、毛をカットすると、断面が大きくなってしまうので、毛が余計目立ってしまうことがあります。

できれば電動シェーバーを使った方が、肌への負担も少なく、断面が太くなりにくいです。1度購入すれば長期的に使い続けることができるので、ぜひ検討してみてください。

■お風呂の後に行う
口周りの産毛処理は、なるべくお風呂の後に行うようにしましょう。肌が柔らかい状態になっている方が、毛を剃りやすく肌へのダメージを軽減することができます。

口周りの産毛処理方法

口元の毛を剃っている人
口周りの産毛処理のやり方についてご紹介します。

■洗顔を行い汚れを落としておく
お風呂に入ったら、洗顔を行って顔についている汚れをしっかり落としておきましょう。メイクをしているという場合も、この時点でしっかり落としておきましょう。万が一お風呂に入ることができないという場合は、ホットタオルで顔を温めて、肌を柔らかい状態に整えておきましょう。

■口周りにしっかりクリームを塗る
シェービングを始める前に、必ず剃る部分にはクリームなどを塗って保護しておくようにしましょう。何も塗らない状態で剃ってしまうと、肌への負担になります。その後の肌トラブルの原因になるので、必ずクリームを塗ってから行うようにしましょう。

■上から下に剃る
実際に産毛を剃っていきます。剃る方向は上から下です。まず鼻の下から始めていきます。鼻の下をしっかり伸ばし凹凸をできるだけ無くしてから、上から下に剃っていきます。あご部分も同様に下唇の下から剃っていきましょう。この時力は入れずに、クリームをシェーバーで優しく取り除くイメージで剃っていきましょう。

■しっかり肌を保護する
最後にしっかり肌を保護します。顔全体をタオルやコットンを使って拭き取り、化粧水やクリームを使ってしっかり保護するようにしましょう。この工程を怠ると肌トラブルの原因になってしまうので、剃り終わったらすぐに行うようにしましょう。
口周りの産毛についてご紹介しました。女性の中でも産毛の悩みを持っているという人はとても多いです。自己処理することはとても簡単ですが、やり方を間違えると色素沈着や埋もれ毛の原因となってしまうので、正しいやり方で口周りの産毛を処理するようにしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6