JUL.31.2019

ビーチバレーの服装を徹底解説!基本から着こなしまで丸ごとご紹介

ビーチバレーの服装を徹底解説!基本から着こなしまで丸ごとご紹介 ビーチバレーの服装を徹底解説!基本から着こなしまで丸ごとご紹介

「ビーチバレーを始めたい!」と意気込んでいるあなた必見です!今回は、ビーチバレーの特徴やルール、練習場所などの基本を解説した上で、おすすめの服装をご紹介します。ぜひ参考にして、正しいスタイルでビーチバレーを楽しんでください。

ビーチバレーってどんなスポーツ?まずは基本をチェック

ビーチバレーの写真

「ビーチバレー」は、アメリカ発祥のバレーボールから派生した球技で、砂浜にネットを張ったコートで2人1組のチーム同士で対戦するスポーツです。その起源は、「砂浜でバレーボールをしたら楽しいのではないか」と考えたハワイアンにあり、その後「2対2で試合をしたら皆がスパイクを打てるのでは」との考えが加わって、2人制のビーチバレーが誕生しました。

さらにビーチバレーは南米、欧州へと世界中で行われるようになり、1996年のアトランタオリンピックから正式種目に。太陽の下、砂の上で波の音を聴き、オンショアの風に吹かれながらのプレイは、あなたをきっと虜にすることでしょう。

ビーチバレーを始めるにはどうすればいいの?初心者でも大丈夫?

 

ビーチバレーボールは、インドアから転向して始める選手が非常に多いです。プロゴルフのようにプロテストがあるわけでもありませんし、「日本ビーチバレー協会」に登録すれば、誰でもプロになることができるのです。国内の大会にも出場可能で、実績を積めばアジア大会等の出場も夢ではありません。

近年、高校や大学でビーチバレーを始める人が増えていますが、社会人の方は、クラブや企業チームに所属するのもアリです。ただプロになって大会で好実績を得ても、それだけで食べていくのはなかなか難しいところ。バレーボールの高い実力を持たなければ、スポンサーもつきませんし、プロとして活躍するのは厳しいことをご理解ください。

ビーチバレーのルールをご紹介!インドアとの違いとは

 

誰もが気になるのが、ビーチバレーとインドアのバレーボールの違いではないかと思います。そこでまず、ビーチバレーのコートは1mづつ狭くなっているのですが、それでも一人が担当する守備範囲は広め。ローテーションやポジションの決まりはなく、自由度が高いところがポイントです。

また、ビーチバレーは21点の2セット先取で、サービス権の有無に関わらず、ポイントを決めたチームに点数が入るラリーポイント制。さらにブロックに関しては1タッチにカウントされ、その後は2回以内のタッチで返さないといけないところが、インドアとの大きな違いだと言えるでしょう。

ビーチバレーはどこで練習する?コート設置場も多数存在

 

ビーチバレーの練習場は、基本的にはボールさえあればどこでも大丈夫。気軽にビーチへ足を運ぶことができない方は、体育館のコートで練習をしても良いでしょう。ただしビーチと比べるとプレイの環境が大きく異なるため、できることなら砂浜で実践を積みたいところです。

全国には、ビーチバレーコートが設置されているビーチが数多く存在します。常設されているビーチ、シーズン中や大会時のみ設置されるビーチもありますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。また、中には屋内練習場を設けている地域もありますので、要チェックです。

ビーチバレーの服装【1】初心者ならTシャツに短パンで露出控えめに

 

ここからは、ビーチバレーにおすすめの服装を一挙ご紹介します。そこでビーチバレーのユニフォームといえば「ビキニ」ですが、慣れていない方は、露出してプレイをすることに抵抗を抱きやすいかと思います。したがって、初心者はまずは水着を着るのではなく、半袖に短パンでプレイに慣れましょう。

日差しの強いビーチでは必ず汗をかくので、吸水性や速乾性に優れたアイテムを選ぶのがマスト。例えば、さらっとした着心地で肌に張り付きにくく、通気性の良さも抜群の「ポリエステル」を主体とした生地を選ぶと、快適にビーチバレーを楽しむことができるでしょう。

ビーチバレーの服装【2】脚の露出が苦手ならレギンスを履くのもOK

レギンスを使ったビーチバレーの服装

脚の露出が気になる方は、レギンス(スパッツ)を着用するのもOKです。少なからず紫外線をカットすることもできるため、日焼け対策にもぴったりだと言えるでしょう。さらにレギンスは、疲労を溜まりにくくしたり、関節をサポートしてプレイのパフォーマンスを向上させたりと、嬉しい効果も発揮します。

紫外線を防ぎつつビーチバレーを楽しみたい女性は、ショート丈の短パンにレギンスを合わせて脚をカバー。さらに上半身は、スポブラや水着の上から薄手のパーカーを羽織ってプレイすると、腕の日焼けも防ぐことができるのでおすすめです。ただ砂がつくのは免れないため、汚れても良いものを選んでください。

ビーチバレーの服装【3】慣れたらスポブラで少しずつ露出!

スポブラを使ったビーチバレーの服装

半袖短パンのスタイルに慣れたら、次のステップとして上半身を「スポーツブラ」に変えてみましょう。スポブラはスポーツ性とフィット性に優れている上に、水着よりも面積が広いデザインが多いところが嬉しいポイント。これなら露出に抵抗がある方も、比較的安心してプレイに励むことができるでしょう。

スポブラにショートパンツで、軽めの露出にチャレンジ。半袖だと、境目からくっきりとした日焼けが気になり、日常的な着こなしにも支障をきたす可能性がありますが、スポブラならその心配はありません。

ビーチバレーの服装【4】水着にショーパンで夏らしくまとめて

水着を使ったビーチバレーの服装

さらにスポブラに慣れたら、水着にショーパンでもう一歩本格的な装いに近づいてみましょう。上下水着を着たスタイルに、ショーパンを履いて露出を軽減。「ビキニが気になってプレイに集中できない……」といった残念なことになるくらいなら、ショーパンを履くのが断然おすすめです。

実際、2012年のオリンピックより、ショートパンツでのプレーも認められるようになりました。ただこれはセクシーなイメージを払拭するためではなく、宗教や文化的な問題でビキニを着用できない人々にも、ビーチバレーの競技に参加しやすくするためです。さらに、袖のついた上着の着用も認められています。

ビーチバレーの服装【5】本格的に楽しむなら上下ビキニを着用しよう

ビーチバレーのビキニの写真

ビーチバレーに慣れたら、上下ビキニを着て本格的に競技を楽しんでみましょう!砂の上で転がったり飛び込んだりする上では、何よりタイトなビキニが最も機能的。炎天下の中で行う非常にハードなスポーツなので、「少しでも涼しく快適にプレイをしたい」という思いから、ビキニに手を出す方も多いようです。

実際に、「強い選手ほど水着が小さい」という考えが根付いています。もちろん今となってはビキニを着用しなければならないというルールはありませんし、大会でも着たいものを着ればOK。ただし本格的にビーチバレーに取り組んでいると、機能性を考えて積極的にビキニを着用する方が多いのが、紛れもない事実です。(競技用の水着は、激しい動きをしてもそう簡単にはズレません。)

レディース水着 セパレート ビキニ / ¥9,720

ビーチバレーの服装【6】冬はレイヤードして寒さを防ごう

パーカーを使ったビーチバレーの服装

冬場のビーチバレーの練習には、どのような服装が適しているのか気になるところ。そこで寒い季節には、「レイヤード」をしてうまく体温調節を行いましょう。例えばTシャツにパーカー、ウィンドブレーカーように重ね着をして、暑くなったら1枚、2枚と脱いでいけば良いのです。

気温が低いと体が動きづらく、パフォーマンスが一気に低下します。したがって無理に薄着をするのではなく、寒い時にはしっかりと着込んで、ウォーミングアップをしつつプレイに励んでください!

いかがでしたか?今回は、ビーチバレーの基本からおすすめのコーディネートまで一挙ご紹介しました。ビーチバレー初心者は、Tシャツに短パンのラフなスタイルで露出を抑えてもOK。より本格的に楽しみたい方は、スポブラ、ビキニと段階を踏みつつチャレンジしていくと良いでしょう。ぜひ参考にして、快適な服装でビーチバレーを存分に楽しんでください!