FASHIONJUL.17.2018

着痩せが叶う!「見せる」と「隠す」を上手に使う、細く見える7つのポイント

いつも着ているコーデ、着痩せできているかな?とお悩みの方は多いのではないでしょうか。何となくはわかっていても、いざ「着痩せコーデ」を選ぼうとすると難しいもの。そこで今回は、誰でも今すぐできる「着痩せコーデ7つのポイント」をご紹介します。
いつも着ているコーデ、着痩せできているかな?とお悩みの方は多いのではないでしょうか。何となくはわかっていても、いざ「着痩せコーデ」を選ぼうとすると難しいもの。そこで今回は、誰でも今すぐできる「着痩せコーデ7つのポイント」をご紹介します。

着痩せとは?

 

kawaiimamaさん(@shop.kawaii.mama)がシェアした投稿 -

着痩せとは、洋服を着たときに実際の体型よりも痩せて見えること。洋服を選ぶとき、いくつかのポイントを意識するだけで、いつものファッションが見違えます。

また、新しく買い足さなくても、手持ちのアイテムも着こなし方を少し変えるだけで、着痩せして見えるから不思議。取り入れない手はありませんね。それでは早速、着痩せが叶う7つのポイントをご紹介していきましょう。

着痩せポイント1:ジャストサイズを選ぶ

 
ゆったりとしたサイズ感のトップスが人気を集めていますが、着痩せを意識するならオーバーサイズのアイテムには注意が必要です。

体型カバーやトレンドを理由に、大きめのサイズを選ぶ場合もありますが、実は逆効果。隠したいところをより大きく見せてしまうため、おすすめできません。

また、体のラインをひろってしまうコンパクトサイズのアイテムもNG。気になる箇所を強調しすぎるため、着痩せには繋がりません。

ベストなのは、体系に合ったジャストサイズ。大きすぎず小さすぎず、程よく体のラインに添ったデザインがおすすめです。いつも着用しているサイズでも、ブランドやアイテムによって微妙に大きさが変わるもの。

必ず試着をして、腕や胸、ウエスト周りなどがジャストサイズかをチェックしてから購入することをおすすめします。

着痩せポイント2:引き締めカラーを上手に使う

 

tomo????miさん(@tomomi1206)がシェアした投稿 -

着痩せして見えるかは、色選びが重要なポイント。白や淡い色は膨張して見えるため、着痩せを狙うなら避けた方が無難です。

おすすめなのは、黒やネイビーなどダークな色合い。ポイント使いすることで引き締めカラーとして役立ちます。

ただし、全身をダークカラーでまとめると暗いコーデになってしまうため、トップスかボトムスのどちらかで取り入れてみましょう。

着痩せポイント3:柄は小さめがベスト

 
着痩せコーデに柄物は向かないのでは?と思っている方は多いかもしれません。でも、柄の大きさを意識すれば、柄物コーデも楽しめますよ。

基本的には、大きな柄よりも小さな柄の方が着痩せして見えます。花柄やドット柄など人気の定番柄も、大柄のデザインよりも小さなデザインを選べば、着痩せコーデが叶います。

着痩せポイント4:ウエストマークする

 

Ayakoさん(@ayako.n_re127)がシェアした投稿 -

ゆったりとしたサイズ感のアイテムを着痩せして見せるなら、小物使いを工夫してみましょう。例えば、ワンピースやハイウエストパンツなども、ウエストにベルトをプラスするとスタイルアップ効果が期待できます。

ウエストマークすることで、くびれが強調され着痩せ効果抜群。ベルトがない場合は、紐やゴムなどでウエスト部分を絞ったデザインでもOKです。ハイウエスト気味に絞ることで、バランス良く仕上がります。

着痩せポイント5:トップスはVネックを選ぶ

 
重要な着痩せポイントのひとつが、ネックラインの見せ方。最近では、首元の詰まったラウンドネックやボートネックが人気ですが、着痩せを狙うなら鎖骨をきれいに見せるVネックがおすすめです。Vネックは、縦のラインを強調できるためすっきりとした首元を演出できます。

シャツを着る場合も同様に、縦ラインを意識してVネックをつくるのがおすすめ。ボタンをいくつか開けて、縦ラインの抜けをつくることで着痩せ効果が期待できます。

着痩せポイント6:手首や足首を出す

 
体型のなかで気になる部分を隠しながらも、素肌を見せて抜け感をつくると今っぽい旬コーデに仕上がります。そこで注目したいのが手首や足首見せ。

トップスなら腕まくり、ボトムスならロールアップするなど、体の細い部分を上手に見せることで着痩せが叶います。さらに、手首足首に、アクセサリーをプラスするのもおすすめ。腕時計や華奢なブレスレット、アンクレットなどは、着痩せコーデのブラッシュアップに一役買ってくれます。

着痩せポイント7:Iラインを意識する

 
Vネックのご紹介でも触れましたが、縦のラインを強調するのも着痩せのポイント。特に、ワンピースやボトムスの選び方に注目してみましょう。

人気のフレアスカートやロングスカートなど、ふんわりと広がるシルエットのアイテムは、着痩せには向きません。タイトめのスカートや、広がりすぎないワイドパンツなどが着痩せコーデにはおすすめ。Iラインを強調すれば、スタイルアップ効果も期待できます。
着痩せの7つのポイント、いかがでしたか?毎日何気なくファッションを選んでいた人は、ぜひ「着痩せ」にも注目してみるとよりスタイル良く素敵に着こなせますよ。買い物をするときや、コーディネートするときに参考にしてみてください。あなたもぜひ、デイリーコーデに取り入れてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。