BEAUTYJAN.15.2019

化粧が汗で崩れる!原因や対処法、崩れないアイテムの選び方をご紹介

化粧が汗で崩れてしまう……と悩んではいませんか?特に暑い時期になると化粧が崩れやすくなりますよね。化粧崩れをなくすテクニックはあるのでしょうか?汗で化粧が崩れる原因や対処法、おすすめのアイテムの選び方についてご紹介します。
化粧が汗で崩れてしまう……と悩んではいませんか?特に暑い時期になると化粧が崩れやすくなりますよね。化粧崩れをなくすテクニックはあるのでしょうか?汗で化粧が崩れる原因や対処法、おすすめのアイテムの選び方についてご紹介します。

化粧が汗で崩れる原因

体を涼ませている女性
化粧が汗で崩れてしまう原因は、皮脂が毛穴から出てきたことで化粧品の油分と混ざり合うせいです。汗をかくことで毛穴から皮脂が分泌されます。分泌された皮脂の上には油分の多い化粧品が乗っています。

油分同士が混ざり合うことで、化粧崩れが起きてしまいます。汗をかく量は人によって違います。もともと肥満体型だという人や、運動不足の人、新陳代謝が良い人は汗をかきやすくなります。

特に皮脂が出やすいのは、鼻周りやTゾーンです。また、汗が流れやすいのは額やフェイスラインになります。この部分は汗の中に含まれる油分が化粧品と混ざり合うことで、化粧崩れが起こってしまいます。

汗で化粧が崩れてしまった時の対処法

タオルで顔を拭いている女性
汗で化粧が崩れてしまった時には、どういった方法で化粧を直せばいいのでしょうか?汗で化粧が崩れてしまった時の対処法をご紹介します。

■汗を抑える
まずは汗を抑えていかなくてはいけません。顔の汗が止まらなくなってしまった場合は、首を冷やすと止まりやすくなります。汗がある程度止まったら、タオルやティッシュでオフしていきましょう。

■崩れている部分の油分を取り除く
顔全体の汗を軽く拭き取ったら、崩れている部分の油分をしっかり取り除きます。あぶらとり紙やスポンジなどを使って、化粧が崩れている部分の汗を取り除きます。この油分を取り除かないと、また化粧崩れがしやすくなってしまいます。

■乳液でなじませる
少量の乳液をスポンジに取り、化粧崩れを起こしている部分に乗せていきます。そうすることで、崩れていた部分の化粧がなじみやすくなります。スポンジを使うことで、余分な乳液を吸収しながらなじませることができるのでおすすめです。

■パウダーを重ねる
最後にパウダーを乗せていきます。化粧崩れを起こしてしまった部分を中心にパウダーを乗せていきましょう。もとのファンデーションとの色味や質感に差が出ないように、相性がいいパウダーを使うようにしましょう。

化粧崩れしにくいベースメイクの選び方

色々なベースメイク道具
汗による化粧崩れをなくすには、化粧崩れがしにくくなるようなベースを使う方が効果的です。化粧崩れがしにくくなるようなベースメイクの選び方についてご紹介します。

■皮脂吸着成分があるもの
化粧崩れの原因となる皮脂を抑えることで、崩れにくいベースを作ることができます。皮脂吸着成分がある化粧下地は、汗をかきやすい時期でも皮脂を抑えることができます。

また、パウダー系のアイテムも皮脂を吸着することができるので、化粧崩れを事前に防ぐことができます。

■ファンデーションはオイルフリー
化粧崩れは、油分が入っている化粧品が原因で起こります。そのため、オイルが入っていないファンデーションを選ぶことが大切です。パウダーファンデーションはもともとオイルが少ないので、化粧崩れしにくくなります。

リキッドファンデーションを選ぶ場合は、オイルフリーのものを選ぶと比較的崩れにくくなります。ファンデーションの油分を考えながらアイテムを選ぶと崩れにくくなりますよ。

汗による化粧崩れを防ぐメイク方法

パウダーを顔に乗せている人
汗での化粧崩れを防ぐためには、メイクをしていく段階での工夫も大切です。化粧崩れを防ぐメイク術についてご紹介します。

■油分が多い部分は洗顔する
油分が多く出る鼻周りやTゾーンは、メイクの前に洗顔して余分な油分を取り除いておきましょう。メイクの前に皮脂を取り除いておくことで、メイク崩れしにくいベースを作ることができます。

■スキンケア後はティッシュオフをする
スキンケアが終わったら、余分な油分をティッシュでオフします。化粧の前に油分が残っていると化粧崩れの原因になるので、ティッシュで優しくオフしておきましょう。

■化粧下地は皮脂吸着成分があるものを使う
化粧下地は、皮脂吸着成分があるものを使って化粧崩れを防ぎます。特に皮脂崩れが気になる部分にしっかり塗布しておきましょう。毛穴にしっかり塗りこむように、くるくると円を描くように塗っていくとより効果的になります。

■ファンデーションは薄く乗せる
ファンデーションは、厚塗りしすぎると化粧崩れの原因になります。ファンデーションは薄く乗せるように心がけましょう。カバーしたい部分については、コンシーラーを利用することにして、ファンデーションは薄塗りになるように量を調整しましょう。最後に余分なファンデーションをスポンジで取り除きましょう。

■フィックスミストを使う
メイクの仕上げにフィックスミストを使うと、崩れにくくなります。フィックスミストは皮脂や汗に負けないよう、コーティングする役割があります。最後にフィックスミストを乗せることで、より化粧崩れを防ぐことができます。
汗による化粧崩れを防ぐ方法についてご紹介しました。汗は油分の多い化粧品と混ざってしまうことで、崩れやすくなります。汗による化粧崩れを防ぐためには、メイクをする時点で工夫する必要があります。1日きれいな状態のメイクを保つためにも、汗に負けないベースメイク方法をマスターしてみましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6