BEAUTY
APR.20.2020

鼻を高くするメイク方法が知りたい!美人鼻を目指すテクニックは?

鼻を高くするメイク方法が知りたい!美人鼻を目指すテクニックは? 鼻を高くするメイク方法が知りたい!美人鼻を目指すテクニックは?

日本人に多い低い鼻にとって、高い鼻は憧れですよね。しかし二重にするような便利アイテムが鼻にはないから……と諦めていませんか?実際に高くすることはできなくても、メイクで鼻を高く見せることはできるのでその方法をご紹介します。

低い鼻だからこそ抱える悩み

 

日本人に多い低い鼻に対して、コンプレックスを抱いている女性が多くいます。

美人の共通点といえば、すっと通った高い鼻ですから、嫌になってしまいますよね。
顔の中心にある鼻は目立つ部分でもありますので、隠したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

低い鼻の悩みといえば、やはりのっぺり感が出てしまうこと。
メリハリや立体感が出ず、外国人風メイクができにくいことはもちろん、メイクが映えないことも……。

ですが、ちょっとしたメイクテクニックをマスターすれば、美人鼻を作ることができるんです。
今回は、鼻を高くするメイク方法をご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

低い鼻の種類

 

低い鼻と一口に言っても、実はいくつか種類があることをご存知でしたか?

顔の中心にある鼻の形次第で、印象が変わってくるだけでなく、性格の違いも分かるそう。

ここでは、低い鼻のタイプ別に、印象や性格の違い、コンプレックスをカバーするメイクのポイントを少しご紹介しますね!

自分に当てはまる低い鼻の種類が分かれば、どうすれば鼻を高く見せることができるのか、自分にあった方法を見つけることができますよ。

低い鼻

低い鼻は、その名の通り鼻に高さがないことです。
あまり良い印象はないかもしれませんが、実は人気アイドルや国民的女優の多くは低い鼻の持ち主なんですよ。

さらにメリットとなるのは、低い鼻で鼻の形が目立たない分、将来老け顔になりにくいと言われているんです。

そうなると、長いスパンで見れば鼻が低いほうが得かもしれないということ!
性格としては、鼻の低い女性は穏やかな性格であることが多いようです。

それでも鼻を高くするなら、すっと鼻筋を作ることがポイントになりそうですよ。

小さい鼻

日本人は大きい鼻の人よりも小さい鼻の人の方が圧倒的に多いです。
そこが嫌だという女性も多いかと思いますが、小さい鼻の方が可愛らしい印象を与えることができます。

それだけでなく、若々しく見えるのも魅力です。

ただ、幼く見えすぎてしまうこともあり、大人っぽく見えるメイクをする女性が増えています。
鼻が大きく高い方が理想という女性は、メイクで鼻筋にハイライトを入れていくことがポイントになるでしょう。

団子鼻

団子鼻は名前の通り、鼻の先端が丸みを帯びている鼻の形のことを指します。
団子鼻はコロッとしたシルエットであることから、可愛らしい印象が強いです。

可愛らしさだけでなく、親しみやすい印象を与えてくれるのも団子鼻なんですよ!
日本人に比較的多い鼻の形になります。

しかしハーフメイクが流行る中で、日本人らしさが強い団子鼻をコンプレックスに感じてしまう女性も多いようですね。
鼻の丸みをすっとした印象にできるように、ノーズシャドウを上手に活用することがポイントです。

ブタ鼻

低い鼻の種類には、ブタ鼻という形もあります。
この鼻の形は、鼻の先端が上を向いていて、鼻の穴が正面から見えてしまうことが特徴です。

このタイプも名前通り、ブタの鼻のような形をしています。
比較的日本人に多い鼻の形だそうです。
アップノーズとも呼ばれています。

鼻筋が太いことも特徴になるので、メイクではその太い鼻筋を細く見せるようなやり方を取り入れることがおすすめです。

あぐら鼻

あぐら鼻とは小鼻が横に広がっている鼻の形のことです。
人があぐらをかいているような形の鼻に見えることから、あぐら鼻という名前がついたと言われています。

そのため顔があか抜けず、鼻が実際よりも低く見えてしまうということがあります。
高い鼻に憧れる人は、あぐら鼻がコンプレックスに感じてしまうでしょう。

あぐら鼻を目立たないようにする場合は、小鼻にノーズシャドウを入れ、鼻筋にハイライトを入れることがポイント。
メイクで鼻がシュッと見えるので、鼻を高く、細く見せることが期待できます。

低い鼻は高くするメイクでカバーしよう

 

鼻を高く見せたいという願望は多くの方が抱いているのではないでしょうか。
鼻が高くすっきりとした顔立ちは、美人な印象が強く、凛とした雰囲気を与えてくれます。

そのため、高い鼻の女性が羨ましく思えてしまいますよね。
ただ、高い鼻は生まれつきのものだと諦めていませんか?

「鼻を高くしたい!」というお悩みは、メイクでカバーすることができるんですよ。
鼻そのものを高くすることは難しくても、メイクのさまざまなテクニックを使えば、鼻を高く見せることができます。

すっきりとした美人顔を目指せるので、メイクテクニックをマスターして自分に自信を持ちましょう。

鼻を高くするメイク方法

 

鼻のコンプレックスはメイクで解消!ということで、さっそく鼻を高くするメイク方法を見ていきましょう。

鼻のメイクは難しそうに感じる女性も多いかもしれません。
しかしポイントに入れるだけで印象は急激に変化しますよ!

もちろん、不自然な鼻メイクにならないように注意は必要ですが、ちょっとしたコツを掴むだけ。
ナチュラルな美人鼻を目指して、理想の自分に近づきましょう。

目頭のくぼみにシェーディングを入れる

鼻を高く見せるメイクで欠かせないのが、シェーディングです。

シェーディングとは、自分の肌色より暗いコスメを使用して、顔に陰影をもたらすメイク方法のこと。
フェイスラインにシェーディングを入れていくことで、小顔に見せてくれますが、鼻筋にも入れれば彫があるすっとした印象を与えてくれます。

まずは、コンシーラーを使って鼻周りのくすみを消しておきましょう!
ポンポンと軽く叩くイメージで消していくといいですよ。

■シェーディングの入れ方
①眉頭のくぼみに斜めにカットされたブラシをフィットさせ、シェーディングを入れます。
②鼻筋を際立たせるように、両脇にもさらにシェーディングを入れましょう。

これだけでも、鼻が高くなったように見えてきます。

鼻先にV字の影を作る

目頭と鼻筋にシェーディングを入れるだけでも、変わってきますが、さらに鼻を高く見せるためのポイントがあります。
それは、鼻先にV字の影を入れることです。

先ほどと同じシェーディングで、「Vの字」に入れるような感覚で小鼻のくぼみあたりにピンポイントで入れます。
鼻先に斜めに影をすっと入れるようなイメージです。

このワンポイントを入れるだけで、鼻の丸みをカバーすることができるので、団子鼻やあぐら鼻などの丸みをカバーすることができます。
よりすっとした鼻筋になり、立体感も出てくるでしょう。

■シェーディングの選び方
ちなみに、シェーディングの選び方にはポイントがあります。
ナチュラルな影をつけたいので、肌よりもワントーン暗いものを選びましょう。
色が濃すぎると鼻を高く見せるメイク感が強くなってしまうので注意が必要です。

ハイライトを入れる

鼻を高く見せるメイク術での最終テクニックは、ハイライトを入れることです。
自分の肌色より明るいコスメを使用し、顔に陰影を作って立体感を出すメイク方法のことを指します。

眉間から鼻骨まで、すっと入れることを意識してみてください。
より立体感を出したいときは、おでこ部分も含めたTゾーンに入れるといいですよ。

■ハイライトの選び方
光の効果で肌に陰影を作り、立体感を出したいので、ツヤ感の高いものをチョイスしてみてください。
肌なじみのいいベージュ系で、かつ繊細なパール入りのものを選ぶと高いハイライト効果が期待できます。
パウダータイプでもいいですし、スティックタイプやクリームタイプでもいいですよ。

鼻筋メイクのポイント

 

鼻を高く見せる鼻筋メイクを、もっと上手に仕上げるためにはいくつかポイントがあります。

「鼻筋メイクをしているのに、いまいち上手にできない」「自然な仕上がりにならない」と悩んでいる女性は、もしかするとこれからご紹介するポイントができていないのかもしれません。

下記のポイントを意識するだけで、ぐっとより自然な仕上がりになりますよ。
ナチュラルな美人鼻に近づきますので、ぜひ見直してみてください。

丁寧にぼかす

鼻を高く見せるメイクで大切になってくるのは、丁寧にぼかすことです。
仕上げにぼかさないと、入れたシェーディングの濃さがそのままになってしまうので、仕上がりも不自然になってしまいます。

筆でシェーディングを入れた後は、必ず指でぼかしてみてください。
中指の腹などを使い、鼻筋にそって動かすようにポンポンとぼかしていくことがポイントになります。

このとき、必ず左右のシェーディングが同じ濃さになるように意識することも大切です。
左右交互にぼかしながら調整していくといいですよ。

また、時々顔全体のバランスも確認しながら、さり気なくシェーディングが入ってるくらいにしてみてください。

部分ごとに入れる

2つ目のポイントは、部分ごとにノーズシャドウを入れていくことです。

鼻筋に沿うようにシェーディングをすーっと全体的に入れてしまうと、つけすぎ感が出てしまうからです。
不自然な仕上がりになりますし、わざとらしくなってしまうので、ナチュラルな美人鼻から遠ざかってしまいます。

そうならないためにも、鼻を高く見せるメイクでは部分ごとに入れることが大切になるんですよ!

やり方としては、眉頭から鼻の上3分の1にかけて一回入れ、次に小鼻のくぼみにシェーディングを入れるようなイメージでOKです。

ハイライトは細く入れる

高さを出し、より立体感を出すために欠かせないハイライトにもポイントがあります。
それは、細めに入れることです。

ハイライトは光を集めて、そこを強調させるものです。
太めに入れれば、それだけ鼻筋の幅も太くなってしまうということ。

鼻筋が太くなると、低く見えたり顔が大きく見えたりしてしまいます。

逆に、細めに入れるだけで、鼻が高くしゅっとした雰囲気になるので、鼻を高く見せるメイクでは細めに入れましょう!
細めのメイクブラシにハイライトを取ったら、筆を立てるようにして持ち、すーっと細く入れてみてくださいね。

メイクブラシにも注目する

鼻を高く見せるメイクでは、入れ方に注目されがち。
ですが、より自然に、そして上手に仕上げるならメイクブラシにも注目してみてください。

シェーディングを入れるときは、眉頭へのフィット感が何よりも重要だと言われています。
ブラシを縦に当てると鼻筋にもぴったりとフィットしてくれるので、シェーディングを入れやすくなりますよ。

小鼻にV字を入れるときは、眉頭や鼻筋で使うメイクブラシよりもさらに細めのブラシを選ぶことがおすすめです。
斜めにカットされているものであれば、よりナチュラルに入れることができるでしょう。

このように部分ごとにメイクブラシを使い分けることで、上級者感あふれる鼻筋メイクをすることができますよ。

鼻を高くするメイクの注意点はある?

 

鼻を高くするメイク方法での注意点は、やはりメイクポイントでもご紹介したようにシェーディングやハイライトを入れすぎないことです。

鼻筋メイクはナチュラルさが肝心!
それなのに濃くなってしまえば、鼻ばかりが強調され、不自然な仕上がりになってしまうからです。

肌よりもワントーン暗い色や明るい色のシェーディング&ハイライトを選び、あまり塗り重ねないようにしましょう。

また、鼻を高く見せるには「眉頭の位置と角度」も重要になってきます。
鼻を高く見せたい場合は、鼻筋の延長線上に置くことがポイントです。
角度も鼻筋と自然につながるように、やや斜めにするといいですよ。

すると、眉頭から鼻筋が自然につながり、骨格を際立たせることができます。
延長線上のラインより内側に生えている部分は、眉ハサミでカットすればOKです。

鼻を高くするメイクにおすすめのコスメ

 

鼻を高くするメイク方法が分かったら、さっそくシェーディングやハイライトを見ていきましょう。

ここでは鼻を高くするメイクにおすすめのコスメを、プチプラからデパコスまでご紹介します。

どれもシェーディングとハイライトがセットになっており、入れやすいと人気のコスメばかりです。
初めての方でどれにすればいいか悩んでいるなら、ぜひチェックしてみてください。

CEZANNE(セザンヌ) ノーズシャドウ ハイライト

CEZANNE(セザンヌ) ノーズシャドウ ハイライト

1,000円以下で鼻を高くするメイクに使えるコスメを探しているなら、CEZANNE(セザンヌ)の「ノーズシャドウ ハイライト」がおすすめです。

ハイライト効果の高い微粒ホワイトパールと、肌にしっとりとなじみ、不自然にならないベージュがかったブラウンの組み合わせになったコスメで、ナチュラルな鼻筋メイクをすることができます。

繊細なホワイトパールは、肌のくすみを飛ばしてキレイに見せてくれるので、生き生きした印象も与えてくれるでしょう。

ブラシもチップもセットになっているので、好きな方を使ってメイクを仕上げられます。
ブラシを縦にして細く使いながら、チップでぼかすのもおすすめです。

CEZANNE(セザンヌ) ノーズシャドウ ハイライト / ¥638

CANMAKE(キャンメイク) ノーズシャドウパウダー N ナチュラル

プチプラのコスメブランドでおなじみのCANMAKE(キャンメイク)にもおすすめコスメがあります。
それがこちらの「ノーズシャドウパウダー N ナチュラル」です。

肌なじみの良いシェーディングカラーで作るナチュラルな陰影で、鼻を自然に細く、そして高く見せてくれる万能アイテム!

さらに、繊細なパール感が絶妙なハイライトカラーが、さりげない光感をプラスしてくれるので、すーっと伸びた鼻筋を作れば速攻で美人鼻に。
テカリも防止してくれるので、メイク崩れなども回避できそうです。

CANMAKE(キャンメイク) ノーズシャドウパウダー N ナチュラル / ¥748

KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D

KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D

プロも愛用する人気コスメとして知られているのが、KATE(ケイト)の「デザイニングアイブロウ3D」です。

立体グラデ眉とノーズシャドウで、ホリ深い印象の目元を作ってくれるパウダーアイブロウで、濃中淡の3色がセットになっているのが特徴です。

自分でブレンドしながら濃さを調節することができ、ハーフメイクなどでも活躍してくれるんです。

繊細に描けるアイブロウブラシ&ノーズシャドウブラシ付きなのも嬉しいですし、コンパクトなので持ち歩きにも便利ですよ。

KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D / ¥1,210

JILL STUART(ジルスチュアート) ブロウ&ノーズシャドウパウダー

JILL STUART(ジルスチュアート) ブロウ&ノーズシャドウパウダー

JILL STUART(ジルスチュアート)のブロウ&ノーズシャドウパウダーは、ふんわりした眉と、キレイな鼻筋が描けるアイテムです。

さすがデパコスと言えるこちらのコスメは、粉っぽさがなく、しっとりとした質感が特徴で、汗や皮脂に強く時間が経っても落ちにくくなっています。

ナチュラルなシェーディングを入れることができ、あとは手持ちのハイライトで仕上げるだけ!

JILL STUART(ジルスチュアート)ならではのキラキラしたパッケージにもテンションが上がりますね。

JILL STUART(ジルスチュアート) ブロウ&ノーズシャドウパウダー / ¥3,520

MAQuillAGE(マキアージュ) アイブロースタイリング 3D

MAQuillAGE(マキアージュ) アイブロースタイリング 3D

どんな眉も印象自在で、ふわり美形眉を作るアイブロウパレットであるMAQuillAGE(マキアージュ)の「アイブロースタイリング 3D」は、鼻筋メイクでも使えると人気のコスメです。

右から2番目は彫深パウダーになっているので、それを目頭側の骨格の影に沿って淡くぼかして入れると、陰影を高めてくれるんですよ。

眉メイクを仕上げながら、鼻を高く見せるメイクにも取り掛かれるのは便利ですね。

MAQuillAGE(マキアージュ) アイブロースタイリング 3D(レフィレ) / ¥1,980

メイクだけじゃない!鼻を高くする方法

 

鼻を高く見せるメイクで鼻のコンプレックスをカバーするのもいいですが、メイクは一時的なものでしかありませんよね。
メイクを落とせば、いつもの鼻が低い自分に戻ってしまうだけ……

そう思って、実際の鼻を高くしたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。
今では整形も普通なので、整形で鼻を高くすることを考えている女性もいるのでは?

整形でもいいですが、それだと恐怖心や金銭面の問題も出てきますよね。

実は、セルフで鼻を高くしたり細くしたりすることができると言われているんです。
日々の努力で天然の美人鼻を目指すことができるかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか。

鼻を高く見せるアイテムを使う

最近は、鼻を高く見せるアイテムが充実しています。
一重の人が二重の人に憧れてアイプチやアイテープを使うように、鼻プチというアイテムがあることをご存知でしたか?

シリコン状の専用のアイテムを、鼻の穴に入れて鼻先に高さを出すというアイテムです。
鼻先が上がり、高さやすっきりさが出るので、団子鼻のような丸みのある鼻もカバーすることが期待できます。

鼻筋をキレイに通したい方や、鼻を高くして可愛くなりたい方、鼻の形を綺麗にしたい方に人気で、整形をせずに鼻や顔全体の印象を変えてくれると話題になりました。

マッサージをする

アイテムを使わずに鼻を高くしたいのであれば、マッサージをすることがおすすめです。
鼻の軟骨は一生成長し続けると言われており、セルフケア次第で理想の鼻を手に入れることができると言われているのです。

やり方は鼻をつまむだけというとっても簡単な方法なのですが、その前にマッサージを行うとより効果的だと言われています。

■鼻を高くするマッサージ方法
①両手の中指と薬指で鼻をかむようにして小鼻を挟みます。
②そのまま鼻が高くなるよう引っ張っていき、小鼻から始めて鼻骨、眉間の順番に丁寧にプレスしていきましょう。
③鼻筋が通ってきたように感じたら掌を外に向け、親指の腹で眉間のくぼみをつぼ押しの要領で押しましょう。

毎日コツコツ続けることで、鼻筋がはっきりしてくると言われています。
強く挟みすぎて鼻の頭や眉間に赤い縦じわが入らないよう、注意しましょう。

また、マッサージをする場合は乳液やクリーム、もしくはフェイスオイルなどを使うことが大切です。
何も使わずにマッサージをしてしまうと肌にダメージを与えてしまうので、クリームやオイルなどで滑りを良くするようにしてくださいね。

ツボを押す

鼻を高くするマッサージと併用していきたいのが、ツボを押すことです。
ツボ押しは、直接体に働きかけてくれるものなので、鼻を高くするときもサポートしてくれるでしょう。

■鼻を高くするツボ
鼻を高くするツボは、眉間にあります。
「印堂(いんどう)」というツボで、鼻づまりや鼻炎など、鼻のトラブルにかかわるツボですが、鼻を高くするツボとしても有名なんですよ。
特別な道具も必要なく、押したりつまんだりするだけでいいので、いつでもツボ押しをすることができますね。

■印堂の押し方
①手と眉間を清潔にしたら、眉間の真ん中を人差し指と親指でつまみます。
②力が強すぎると肌が傷ついてしまうおそれがあるので、やさしく刺激していきます。
③同じ所を軽く押して刺激し、尾骨の発達を促進してみてください。

マッサージをやったときについで感覚で取り入れるといいですよ。
マッサージもツボ押しもお風呂上りのような体が温まっているときに行うことがおすすめです。

鼻を高くするあらゆる方法で自信を持とう!

 

鼻を高くしたいという女性の願いを叶えるように、最近ではさまざまな便利ツールが出ています。

シェーディングとハイライトに最適なコスメはもちろんですが、鼻を高くするノーズクリップやノーズアップピンといったグッズも充実しています。
セルフで鼻をマッサージできるちょっとした器具もあるんですよ。

それらのアイテムを上手に活用していけば、理想の鼻に近づけそうな気はしませんか?

外出するときはメイクで上手にカバーし、家に帰ったら鼻を高くするツールやマッサージをして、リアルに鼻を高くする努力を続けてみることがおすすめです。
あらゆる方法で鼻を高くし、自分に自信を持てるようにしていきましょう!

鼻を高くするメイク方法をはじめ、セルフで鼻を高くする方法についてもご紹介させていただきました。鼻の高さは生まれつきだからどうにもならない……と諦めるのはまだ早そうです。ぜひメイクテクニックをマスターしながら、気になる方法にもチャレンジして、理想の鼻を目指してみてくださいね。