FASHIONFEB.14.2019

愛媛旅行におすすめの服装をご紹介!月別・天気別コーデのポイント

瀬戸内海や山に囲まれ、年間を通して温暖な気候の愛媛。海の幸や山の幸などの食べ物が美味しく、道後温泉やみかんでも有名です。そこで今回は、そんな愛媛の旅行を計画中の方に、愛媛の季節ごとの気候や月別・天気別のおすすめコーデをご紹介します。
瀬戸内海や山に囲まれ、年間を通して温暖な気候の愛媛。海の幸や山の幸などの食べ物が美味しく、道後温泉やみかんでも有名です。そこで今回は、そんな愛媛の旅行を計画中の方に、愛媛の季節ごとの気候や月別・天気別のおすすめコーデをご紹介します。

愛媛の季節ごとの気候と服装選びのポイント

 
四国の北西部にある愛媛は、瀬戸内海や山に囲まれ自然豊か。道後温泉や松山城などの歴史を感じさせる観光地が人気で、美味しいみかんなどのグルメも魅力です。

そんな愛媛に旅行を計画中の方に、今回は愛媛の気候や旅行する際のおすすめの服装を月別・天気別にご紹介します。まずは、愛媛の季節ごとの気候や服装選びのポイントをチェックしてください。

【愛媛の季節ごとの気候と服装選びのポイント】

■春(3・4・5月)

愛媛県の3月は平均気温で11度前後。昼間の気温は20度を超える日もありますが、最低気温が氷点下近い場合も。コートやニットといった防寒アイテムが必要です。4月から5月にかけては平均気温が20度を超える日が増えていきます。半袖と長袖トップスに羽織りものを重ね着して、寒暖の差に対応できるような服装を準備しましょう。

■夏(6・7・8月)

愛媛県の6月は平均気温が23度前後。梅雨に入って7月に向けて降水量が増えます。夏の間は台風の動きもチェックして、雨具や雨の日用の服装を準備しておきましょう。7月以降の平均気温は30度近くまで上がります。半袖などの暑さをしのげる服装や紫外線対策、熱中症対策が必要です。

■秋(9・10・11月)

愛媛の9月は台風に警戒する必要があります。特に西の宇和海側の地域は台風の影響を受けます。気温は残暑で昼間の気温が30度近くまで上がる日が多いです。9月下旬からは徐々に気温が下がり、11月に入ると昼間の気温が20度を下回る日が増えます。トップスには防寒のためのライトアウターを一枚プラスしましょう。

■冬(12・1・2月)

愛媛の12月は中旬を過ぎると平均気温が10度を下回ります。1月から2月はさらに気温が下がり、最低気温が氷点下の日もあります。ニットやコートに加え、保温性の高いインナーを着たり防寒小物を使ってしっかり防寒をしてください。

愛媛旅行におすすめの服装【1】春(3月):春アウターのインは重ね着をして防寒を

春の愛媛コーデ
愛媛の3月は平均気温で11度前後。厚手のコートでなくてもアウターは必要な時期です。トレンチコートなどの春アウターには、ニットや厚手のスウェットなどを重ね着して防寒をしましょう。

ベージュのトレンチコートは、きれいめからカジュアルまで合わせるコーデを選ばず羽織れます。きれいめコートにフーディーを重ねるコーデはトレンドの一つ。春らしいフーディーは厚手のものなら防寒にもなるので便利です。

愛媛旅行におすすめの服装【2】春(4・5月):昼間は半袖でもOK!Gジャンなどの羽織りものは持参して

春の愛媛コーデ
愛媛の4月や5月は昼間の気温が20度を超える日が多いので、半袖のトップスでも過ごせる気温です。ただ朝晩とは寒暖の差があるので、Gジャンなどの羽織りものは必ず持参して出掛けましょう。

半袖ニットとマキシ丈のフレアスカートのフェミニンコーデには、Gジャンをプラスしてカジュアルダウン。Gジャンは程良く厚手なので、この時期の愛媛旅行のアウターに最適です。

愛媛旅行におすすめの服装【3】夏(6・7月):梅雨入りで一年で最も降水量が多い時期。雨具や雨の日用の服がマスト

 
愛媛の6月から7月にかけては梅雨入りして、一年で最も降水量が多い時期になります。この時期に旅行される方はスーツケースに雨具や雨の日用の服を必ず入れておきましょう。

この時期の愛媛は30度近くまで気温は上がります。ただ、雨の日は曇って体感温度も下がるので、長袖のアイテムでちょうど良い場合も。長袖トップス×サロペットのカジュアルコーデは、雨の日でも程良く暖かいサロペットのおかげで、肌寒さを感じずに済みそうです。ただ、雨の日以外は暑い日が多いので、半袖などの暑さをしのげる服装もマストです。

愛媛旅行におすすめの服装【4】夏(8月):昼間の気温が35度を超える日も!帽子などでしっかり日差しよけを

 
愛媛の8月は降水量が少なく、昼間の気温が35度を超える日もあります。半袖やノースリーブなど、通気性のいいアイテムで暑さをしのげる服装を選びましょう。

紫外線対策や熱中症対策もマストです。白T×デニムのようなコーデにはキャップなどの帽子をかぶって、日差しよけをしてください。

愛媛旅行におすすめの服装【5】秋(9月):台風の動きは事前にチェック!雨具や雨の日用の服を準備して

 
愛媛の9月は台風に警戒する必要があります。この時期に旅行される方は、事前に天気予報などで台風の動きをチェックしておきましょう。

この時期は残暑で昼間の気温が30度近い日が多いので、半袖と長袖の両方を持参して、その日の天気に応じて服装を選ぶのが無難です。

愛媛旅行におすすめの服装【6】秋(10月):中旬以降は秋の気配。長袖アイテムにストールやアウターをプラス

 
愛媛の10月は初旬はまだ残暑の名残がありますが、中旬以降は最低気温も20度を下回って寒くなっていきます。一日の寒暖の差も多い時期なので、ストールなどの体温調節しやすいアイテムがあると便利です。

ベージュのニットワンピにはデニムを合わせて下半身の防寒を。チェックの大判ストールは秋の季節感をプラスしてくれて、防寒にも役立つので旅行にもおすすめのアイテムです。

愛媛旅行におすすめの服装【7】秋(11月):ニットやライトアウターなどの防寒アイテムがマスト

 
愛媛の11月の中旬以降は昼間の気温が20度を下回るので、ニットや厚手のスウェットといった保温性のあるアイテムが必要になります。朝晩は気温が10度を下回る日が多いのでアウターもマストです。

チュールワンピ×デニムの大人可愛いカジュアルコーデには、インにタートルニットを重ねて保温性をアップ。ニットカーデも厚手のロング丈のタイプが◎。

愛媛旅行におすすめの服装【8】冬(12月):アウターは厚手のものでしっかり防寒を

 
愛媛の冬は温暖な気候ですが、山間部では雪が降ることもあります。12月はまだ本格的な寒さではありませんが、朝晩の気温は5度を下回るのでアウターは厚手のものでしっかり防寒をしましょう。ニット×ワイドパンツに羽織るショート丈アウターは厚手のものが最適です。

愛媛旅行におすすめの服装【9】冬(1・2月):気温が氷点下まで下がる日もあり!コートは厚手&ロング丈がおすすめ

冬の愛媛コーデ
愛媛の冬本番は1月や2月。朝晩の気温が氷点下まで下がる日もあります。本格的なダウンコートなどのアウターは必要なくても、コートは厚手でロング丈のものがおすすめです。

黒のタートルニット×白のスカートのモノトーンコーデには、ライトグレーのオーバーサイズコートを羽織って。淡い色のウールコートは、ダークトーンになりがちな冬の旅行コーデのテンションを上げてくれます。
愛媛は一年を通して温暖な気候で、快適に旅行することができます。東京に比べると夏が暑く、台風の影響を受けやすいので、この時期に旅行される方は事前の天気予報チェックがマストです。季節に応じた服装を選んで、愛媛旅行をしっかり楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style