NOV.29.2019

オーブントースターの掃除の仕方は?重曹やセスキでスッキリきれいに

オーブントースターの掃除の仕方は?重曹やセスキでスッキリきれいに オーブントースターの掃除の仕方は?重曹やセスキでスッキリきれいに

食品のくずや油などで汚れやすいオーブントースターの掃除は、実は意外に簡単に行うことができます。今回は、重曹やアルコール、セスキを使ったオーブントースターの掃除方法や、汚れを防止する方法をご紹介します。

黒くなる前の掃除がカギ!オーブントースターが汚れる原因

きれいに掃除されたオーブントースター

食パンやお餅などをカリッと焼いて温めてくれるオーブントースターは、近年は肉料理や魚料理などのおかずを調理する機械としても人気を集めていますよね。

したがって、オーブントースターは、食材のカスの他、食材から出た汁や油などの汚れも付着しやすくなっています。一度付着した汚れをそのままにしてオーブントースターを使っていると、不衛生なだけでなく、やがてオーブントースターに黒く焦げついてしまいます。また、オーブントースターに汚れが付いたまま使用していると、臭いの原因になることもあります。

さらに、汚れをそのままにしていると、火事やオーブントースターの故障を引き起こすこともあります。

したがって、オーブントースターの汚れは、定期的に掃除をしておきたいですね。

今回は、オーブントースターの掃除方法や注意点、汚れを防止する方法をご紹介します。

オーブントースターを掃除する際の注意点

きれいに掃除されたオーブントースター

オーブントースターを掃除する際には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。


■掃除をする前にオーブントースターの材質をチェック

オーブントースターの掃除には、重曹やセスキ炭酸ソーダを使用します。しかし、重曹やセスキ炭酸ソーダは、アルミを変色させたり腐食する可能性があり、故障を引き起こすこともあります。アルミ製のオーブントースターには使用できませんので、掃除する前にオーブントースターの材質をチェックしておきましょう。


■掃除はオーブントースターが冷めてから

ただし、オーブントースターを使用した後に掃除する場合は、火傷防止のためにも、オーブントースターを冷ましてから行いましょう。

急な温度変化でオーブントースターが壊れることもありますので注意したいですね。


■コンセントは取り外してから掃除を

そして、オーブントースターを掃除する際には、安全を確保するため、コンセントを抜いてから行いましょう。


■オーブントースターを傷つけないように

そして、オーブントースターは、金属やガラスなどが使用されていますので、金属のタワシや固いブラシのような研磨力のある掃除グッズで擦ると、傷が付く恐れがありますので注意したいですね。

さらに、内部のヒーター部分は、衝撃に弱く、デリケートな部分ですので、強い力で擦ってしまうと壊れたり変形する可能性がありますので、優しく扱いましょう。

アルミ製のオーブントースターの掃除方法

オーブントースターの掃除

アルミ製のオーブントースターの掃除には、食器洗い用の中性洗剤を使用します。

濡らしたキッチンペーパーに中性洗剤を3滴垂らしたら、オーブントースターを水拭きしましょう。その後、キッチンペーパーで数回水拭きを行って洗剤を拭きとり、最後に乾拭きをして仕上げましょう。

いらなくなった布で水拭きをする場合は、あらかじめ桶に溜めておいた水に中性洗剤を数滴垂らして布を浸し、固く絞ってから水拭きに使用します。最後に数回水拭きをして洗剤を拭きとり、仕上げに乾拭きをします。

隅の固まった汚れは、歯ブラシで優しく擦って掻きだしましょう。

アルミ製以外のオーブントースターの掃除方法

重曹と歯ブラシ

アルミ製のオーブントースターの掃除は、軽い汚れでしたら中性洗剤を使用した水拭きでOKです。

しかし、中性洗剤での水拭きで取れないオーブントースターの内部や外側の頑固な汚れには、重曹やセスキ炭酸ソーダを使用します。


■準備するもの

・重曹3:水1を混ぜたペースト
・500mLの水に小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かした「セスキ炭酸ソーダ水」をスプレーボトルに入れる
・焦げ落とし用のヘラ
・歯ブラシ
・新聞紙
・キッチンペーパー
・食品用ラップ
・メラミンスポンジ
・ゴム手袋


■掃除の仕方

①オーブントースターの下に新聞紙を敷き、オーブントースターから焼き網や受け皿などの取り外せるパーツを分解しましょう。

②焦げ落とし用のヘラで、焦げを落としたら、焦げを取り除いておきましょう。

③セスキ炭酸ソーダ水をオーブントースターの内部にスプレーしましょう。

④オーブントースターの内部にキッチンペーパーを貼りつけて、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーしましょう。

⑤キッチンペーパーの上を食品用のラップで覆い、10分放置してパックします。

⑥その間に焼き網や受け皿の掃除をしましょう。
アルミ製の場合は、中性洗剤で水洗いしたり、歯ブラシで擦って汚れを落とします。
アルミ製以外の場合も、中性洗剤で水洗いしてOKです。汚れが取れない場合は、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして歯ブラシで擦りましょう。キッチンペーパーでパックしてもいいですね。仕上げに水洗いをしてしっかり水気を切り、乾燥させましょう。

⑦オーブントースター内部のパックが終わったら、キッチンペーパーを外します。メラミンスポンジで軽く擦って汚れを落としていきましょう。

⑧汚れがまだ落ちていない部分は、歯ブラシに重曹のペーストを付けて擦りましょう。

⑨外側の中性洗剤やセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして水拭きも行いましょう。

⑩汚れが落ちたら、最後に固く絞ったきれいな雑巾でオーブントースターの内側と外側の水拭きを数回行います。汚れだけでなく重曹やセスキ炭酸ソーダが残らないよう、細かい部分まで水拭きをしましょう。

⑪最後にきれいな雑巾で乾拭きをして乾燥させてお掃除は終了です。


■オキシクリーンやクエン酸は使える?

酸素系漂白剤のオキシクリーンで同じように掃除をすることができますが、オキシクリーンはステンレス製のオーブントースターにのみ使えます。また、汚れ落ちも重曹やセスキ炭酸ソーダよりも悪いですね。

また、消臭効果があるといわれているクエン酸も水拭きに使用できますが、重曹やセスキ炭酸ソーダよりも汚れ落ちは悪いので、重曹やセスキ炭酸水を使ったお掃除がおすすめです。

掃除する手間が省けるかも!?オーブントースターの汚れを防止する方法

グリルパン

汚れが付きやすいオーブントースターですが、使い方次第で掃除する手間や掃除の頻度を少なくすることができます。


■オーブントースターの掃除はこまめに

例えば、オーブントースターが焦げ付くと、見た目も汚くなってしまいますし、掃除をしてもなかなか汚れが取れなくなってしまいます。したがって、オーブントースターの掃除は中性洗剤を使って水拭きをするなどして、こまめに行うのが理想ですね。


■グリルパンやアルミホイルで汚れを防止

また、焼き網や受け皿の上にアルミホイルを敷いてオーブントースターを使用するだけでも、オーブントースターに汚れが付くのを防ぐことができます。使用後はそのまま捨てることができるので、手間もかかりにくいですよ。

付属のグリルパンを使用してもいいですね。

アルミホイルやグリルパンで蓋をすれば、庫内に油汚れや食品の汁が飛ぶのを予防できますよ。

使用頻度が高いオーブントースターは、汚れが付いた際に軽く拭き掃除をしておくだけでも焦げつきを予防できます。また、掃除する頻度を減らすために、アルミホイルやグリルパンを使用してオーブントースターに汚れが付かないようにするのもおすすめですよ。