BEAUTY
2021.07.14

身長164cmの女性の標準体重は?理想体重に近づける方法もご紹介

身長164cmの女性の標準体重は?理想体重に近づける方法もご紹介 身長164cmの女性の標準体重は?理想体重に近づける方法もご紹介

ダイエットする際に気になる体重ですが、適正な体重かどうかは、身長の高さによって異なります。そこで今回は、身長164cmの女性の標準体重や、理想体重に近づける方法をご紹介します。

身長164cmの女性の標準体重

ダイエット

ダイエットする際に意識する体重は、他人と比べてしまって、喜んだり、落ち込んでしまうこともありますよね。

しかし、理想的とされる体重は、身長によって異なります。例えば、同じ体重の女性でも、身長が高い女性の方がスリムに見えますよね。

身長に対する標準体重や理想体重を求める際には、国際的に使用されている「BMI(ボディ・マス・インデックス)」を目安にするのが一般的です。BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求めることができます。

例えば、身長164cm、体重65kgの女性のBMIは、

65÷1.64÷1.64=約24.2

となります。

標準体重や理想体重に設定されているBMIの値は、国や機関などによって多少の誤差があります。医学的に病気にかかりにくいとされている標準体重のBMI値は「22」と設定されていることが多いですね。

身長に対するBMI値の体重の求め方は「身長(m)×身長(m)×BMI値=BMI値で換算した体重(kg)」で求めることができますよ。

したがって、身長164cmの女性の標準体重は

1.64×1.64×22=約59.2kgとなります。

■平均体重と比べると

厚生労働省が公開している平成29年の「国民健康・栄養調査」では、20歳以上の成人女性の平均身長は154.1cm、平均体重は53.6kgです。平均身長で平均体重の女性のBMI値は

53.6÷1.54÷1.54=約22.6

となりますので、平均的な身長と体重の女性は、標準体重よりもやや重いことがわかります。

身長164cmの標準体重の女性は、平均よりも、身長が10cm程度高く、体重は5kg程度重いですが、BMI値は平均よりも低いため、体型によってはスラっとして見えることもあります。

ただし、20歳~29歳の成人女性の平均身長は157.5cmで、平均体重は51.3kgで、BMI値は20.7です。30歳~39歳の成人女性の平均身長は158.6cmで、平均体重は54.4kgですので、BMI値は21.6です。

アラサー世代の女性に限定すると、身長164cmの平均体重の女性は、平均よりもBMIが高くなりますので、少しぽっちゃり見えてしまう可能性がありますね。

身長164cmの女性の理想体重

モデル体重の身長164cmの女性

標準体重は、医学的に見て健康を維持しやすい体重とされています。しかし、アラサー世代の女性の平均体重は、標準体重よりも軽いという結果からもわかるように、スタイルを良く見せたい場合や、洋服をかっこよく着こなしたい場合は、標準体重ではやや重いと感じる方が多いですね。

近年は、スリムに見え、洋服をスタイリッシュに着こなせる体重として、「美容体重」や「モデル体重」「シンデレラ体重」などが理想とされる傾向があります。それぞれの体重のBMIの値は、国や機関などによって多少の違いがありますが、

・美容体重   :BMI18~20
・モデル体重  :BMI17~18以下
・シンデレラ体重:BMI18以下

の体重を示すことが多いですね。

例えば、身長164cmの女性の場合のそれぞれの体重は、

BMI20:1.64×1.64×20=約53.8kg
BMI18:1.64×1.64×18=約48.4kg
BMI17:1.64×1.64×17=約45.7kg

となりますので、身長164cmの女性で体重52kgの女性は理想体重、身長164cmの女性で体重47kgの女性はモデル体重となります。

BMI値からわかるように、モデル体重やシンデレラ体重は、モデルさんや女優さんなどのようなかなり細く見えるような体重ですね。モデル体重やシンデレラ体重は、一目で痩せているとわかる体型になりやすい反面、低体重で免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れてしまったりする可能性がある体重でもあります。

したがって、一般女性の場合は、美容体重を理想体重として目標にするのがおすすめです。

身長164cmの女性が理想の体重に近づく方法【1】運動で引き締まったボディに

ランニングをする女性

身長164cmの女性が理想の体重に近づくためには、運動を取り入れるのが効果的です。

筋肉を付けると、腕や脚などが太くなるという印象がある方もいると思います。しかし、ウエストを引き締めたり、バストアップやヒップアップをしたりして、女性らしいボディラインを作るためには運動は欠かせません。

また、筋肉量が増えることで普段のエネルギー代謝量もアップするので、太りにくい体を作ることもできますよ。

ただし、鍛えすぎてしまうと腕や脚、ヒップなどがサイズアップする可能性はありますので、注意したいですね。

脂肪燃焼に役立つ有酸素運動であるウォーキングやランニングだと、通勤中に取り入れることもできるので、忙しい大人女子におすすめです。

また、全身の筋肉を鍛えられるようなスイミングやダンス、ヨガなどもいいですね。

部分的に引き締めたい場合には、おうちでのトレーニング効果的です。以下で身長164cmの女性がスタイルアップするためにサポートしてくれるアイテムを紹介します。

AUOPLUS 腹筋ローラー
AUOPLUS 腹筋ローラー

「キュッと引き締まったウエストを手に入れたい」「二の腕をほっそりさせたい」といった方には、ウエストと二の腕を効率的に鍛えられる、腹筋ローラーがおすすめです。

腹筋ローラーを使ったトレーニングは、腹筋はもちろん腹斜筋もバランスよく鍛えられることが魅力。女性らしいウエストを作るにぴったりのアイテムなんです♡

AUOPLUSの腹筋ローラーは、膝に負担がかからないようにマットがついているのも嬉しいポイント。

場所も取らないので、はじめてのおうちトレーニンググッズにもおすすめです。

トリガーポイント フォームローラー
トリガーポイント フォームローラー

「ハードな筋トレは苦手だけれど、ストレッチをするのは好き」という方には、筋膜へアプローチをして体をほぐしてくれるフォームローラーがおすすめです。

トリガーポイントのフォームローラーなら、3つの形状を一度に試せるので、その日の気分にあわせて使い分けられます。

ひとつあれば全身に使えるので、コスパのよいトレーニンググッズだといえるでしょう。

身長164cmの女性が理想の体重に近づく方法【2】食事の内容や生活習慣を見直し

栄養豊富な食材

身長164cmの女性が理想の体重に近づくためには、食事の内容や生活習慣を見直すことも大切です。

■食事

例えば、すぐに痩せたいからといって無理な食事制限をしてしまうと、その時は体重を落とすことができても、食事を戻すと体重も元に戻ってしまったという経験をしたことがある方は多いと思います。

また、過度な食事制限によって体が省エネモードになってしまうと、エネルギー代謝量が減ってしまいますので、食事制限をした後の方が太りやすい体になることも珍しくありません。

無理な食事制限で栄養が不足すると、肌や髪のツヤはハリも失われ、健康にも影響が出てしまいますので、食事制限はほどほどにしたいですね。

例えば、脂っこいものや甘いものは避け、主食であるご飯やパン、麺類などの量は半分程度に減らしてみましょう。

その分、筋肉の材料になってくれるタンパク質の摂取量を増やしてみましょう。タンパク質は、脂身の少ない肉類や魚、貝類や豆腐、納豆や卵などで摂取するのがおすすめです。

また、ローカロリーで低糖質の野菜でかさましすれば、満腹感も得やすいですよ。野菜は、お肌や体の調子をととのえてくれるビタミンやミネラルも摂取できますし、お通じの改善に役立つ食物繊維も豊富に含まれています。

■生活習慣

ダイエットというと、運動や食事が大切というイメージがありますが、実は生活習慣も影響しています。

例えば、水分を摂る習慣がない方は、体に老廃物が溜まりやすいので、水やノンカフェインのお茶を飲む習慣を取り入れるだけでもデトックスしやすくなり、便秘やむくみ改善に役立ちます。

また、普段お風呂に入る習慣がない方は、血行やリンパの流れが滞りやすいので、毎日入浴する習慣を取り入れるだけでダイエットになることもあります。

さらに、睡眠不足は、美容や健康に悪影響になるだけでなく、食欲をアップさせたりホルモンバランスを崩したりする原因になるため、ダイエットの妨げになってしまいます。

その他にも、ストレスも食欲を増進させる原因になりますので、ストレス解消する習慣を取り入れることも大切ですね。

■むくみをその日のうちに解消する

「太ったわけではないけれど、なんだか足が太い気がする……」そんなあなたは、もしかしたらむくみが原因かもしれません。

特に長時間立ちっぱなし・座りっぱなしになった日には、血流の流れが悪くなりむくんでしまうもの。つい疲れて、ケアを忘れてしまいがちですが、むくみはその日のうちに解消していくことが大切です。

最後に、寝ている間にむくみをケアしてくれるおすすめグッズを紹介します。

メディキュット 寝ながら ボディシェイプ スパッツ 骨盤サポート
メディキュット 寝ながら ボディシェイプ スパッツ 骨盤サポート

足のむくみケアグッズとして代表的な「メディキュット」。ドラッグストアで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ふくらはぎまでのタイプ、太ももまでのタイプなど様々ありますが、夜寝ている間に使う場合には、腰までのタイプがおすすめ。脱げにくいだけでなく、骨盤矯正もしてくれるので、スタイルアップしたい人におすすめです。

エアロフロー 低反発 足まくら
エアロフロー 低反発 足まくら

「むくんだ日は足の下にまくらを置いて、足を上げて寝ている」という人もいるかもしれません。血液を循環させむくみを解消するためにも、足を上げるのは効果的です。

エアフローの低反発足まくらは、人体曲線に基づいた設計でかかとからお尻まで自然な血液の流れを作ってくれるアイテム。

体圧の負担も効果的に吸収・分散してくれる独自の「特殊形状追従素材」や、高さを調節できる「フィットアップシート」で、あなたにぴったりの使用感にカスタマイズできます。

標準体重や理想体重は、身長によって異なります。身長164cmの女性の標準体重は約59.2kgですが、スタイルが良く見える理想体重は標準体重よりも低いことが多いですね。理想体重に近づくために、ぜひご紹介した方法を取り入れてみてくださいね。

related articles