BEAUTYJUL.02.2019

DDクリームとは?使い方や特徴、BBやCCクリームとの違いなど

BBクリームやCCクリームに次ぐ、DDクリームというコスメを知っていますか?DDクリームはどのように使うアイテムなのか気になりますよね。DDクリームの特徴や使い方、BBやCCクリームとの違いについてご紹介します。
BBクリームやCCクリームに次ぐ、DDクリームというコスメを知っていますか?DDクリームはどのように使うアイテムなのか気になりますよね。DDクリームの特徴や使い方、BBやCCクリームとの違いについてご紹介します。

DDクリームとは

色々なベースメイクアイテム
DDクリームというコスメを聞いたことはありますか?DDクリームは「Dynamic Do-All」や「Daily Defense」というような言葉の略だといわれています。DDには強いオールインワン、日中の肌を守るというような意味があり、オールインワンタイプのベースメイクアイテムという言葉として使われています。

DDクリームの特徴は、ファンデーション・化粧下地・日焼け止めなどの他に、美容液や乳液などの保湿機能を兼ね備えているものが多いです。今までのBBやCCに比べると、DDは高機能になっているものが多いです。

DDクリームは、これ1つでベースメイクが完了するほか、日中の肌を乾燥や外気から守る働きもあります。メイクをしているのに肌を疲れさせず、しっかり保湿することができるのが、DDクリームです。

DDクリームとよく似たアイテムとの違い

チューブタイプのファンデーション
DDクリームとよく似たアイテムといえば、BBやCCクリームです。それぞれとの違いについてご紹介します。

■BBクリームとの違い
BBクリームとは、「Blemish Balm」という意味を持っているクリームです。これは傷を癒すという意味で、化粧下地・日焼け止め・コンシーラー・ファンデーションの機能を持っているクリームです。もともと皮膚科医が患者さんのために作ったものなので、この名前がついたといわれています。

BBクリームはハイカバーなものがほとんどで、これ1つで色ムラをカバーすることができます。DDクリームはBBクリームと同じくらいカバー力があります。しかし、DDクリームの方が美容液成分などが豊富で保湿力が高いものが多いです。

■CCクリームとの違い
CCクリームとは、「Control Color」という意味を持っているクリームです。CCクリームはコントロールカラーのことをいいます。CCクリームと表現されるものもあれば、コントロールカラーと呼ばれるものもあります。コントロールカラーは、色味によって肌の色補正をするアイテムです。ナチュラルに肌の色ムラを補正するものです。

CCクリームとDDクリームの違いは、カバー力です。CCクリームは保湿力が高いものも多いですが、カバー力はほとんどありません。DDクリームはしっかりカバー力があるので、これ1本でもベースメイクが完成します。

DDクリームの選び方

肌にファンデーションを乗せている人
DDクリームを実際に選ぶ時は、どんなところに注目して選ぶ必要があるのでしょうか?DDクリームの選び方についてご紹介します。

■美容成分
DDクリームを選ぶ時は、入っている美容成分に注目しましょう。DDクリームの中には、ヒアルロン酸などのよくある保湿成分が入っているものから、コエンザイムQ10やプラセンタのような、エイジングケアができるアイテムもあります。

日中のスキンケアとしての効果も発揮するクリームなので、自分が好きな美容成分配合のものを選びましょう。

■日焼け止め効果
DDクリームを選ぶ時は、どれくらい紫外線カット効果があるのかも重要です。DDクリームのほとんどが、高い日焼け止め効果を持っています。SPF35から50程度あるものを選ぶと、日焼けの心配がないのでおすすめです。

■カバー力
DDクリームを選ぶ時は、カバー力に注目して選ぶようにしましょう。DDクリームは比較的カバー力が高いものが多いですが、カバー力が高すぎると厚塗り感が出てしまうと感じることもあります。

また実際に塗ってみると、DDクリームだけでは物足りなく感じることもあります。自分の肌に合ったカバー力のアイテムを選びましょう。

DDクリームの使い方

頬にファンデーションを塗っている人
DDクリームの使い方についてご紹介します。

■化粧水は必ず乗せる
DDクリームを乗せる前に、化粧水まではしっかり終わらせておくようにしましょう。DDクリームには保湿成分が入っているものが多いので、化粧水の後すぐに使えるものも豊富です。DDクリームに水分を与える成分が入っていることは少ないので、化粧水は必ず乗せるようにしましょう。

■顔に5点置きして伸ばす
DDクリームを顔に乗せていきます。乗せる位置は両頬・おでこ・あご・鼻の5点です。DDクリームを置いたら、顔の内側から外側に向かってなじませていきましょう。DDクリームは比較的伸ばしやすいので、指で伸ばしてもOKです。顔の中心がきれいだと肌がきれいに見えるので、しっかり乗せていきましょう。

■スポンジで吸い取る
最後に余分なDDクリームをスポンジで吸い取っていきます。顔に残っている余分なクリームは、化粧崩れに繋がってしまいます。それを無くすためにもスポンジを使って、顔全体をタップするように残ったDDクリームを取り除いていきましょう。
DDクリームについてご紹介しました。DDクリームはBBクリームやCCクリームがさらに進化したオールインワンアイテムです。急いでいる日やエイジングケアにはとても便利なアイテムなので、ぜひDDクリームを使ってみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!