BEAUTYOCT.11.2018

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方。こなれ感UPを狙おう!

おしゃれな髪型を楽しむために欠かせない“ヘアアイロン”ですが、前髪にはどのような使い方をしていますか? 実は、巻き方や流し方に工夫するだけで、何通りもの前髪を楽しむことができます。おすすめの巻き方&流し方をご紹介するので、前髪のセットで悩む女性は参考にしてみてくださいね。
おしゃれな髪型を楽しむために欠かせない“ヘアアイロン”ですが、前髪にはどのような使い方をしていますか? 実は、巻き方や流し方に工夫するだけで、何通りもの前髪を楽しむことができます。おすすめの巻き方&流し方をご紹介するので、前髪のセットで悩む女性は参考にしてみてくださいね。

ヘアアイロンを使った基本的な前髪のセット方法

 
ヘアアイロンには、ストレート用アイロンとカール用アイロンの2種類があります。
どちらも、前髪を作るために欠かせないアイテムで、仕上がりのイメージによって使い分けることでこなれ感のある髪型をキープすることができます。

■ストレート用アイロンの基本的な使い方
①140℃くらいに設定したら、前髪を根本近くから挟みます。
②毛先に向かって円を描くように下ろし、位置やバランスを整えれば完成です。

■カール用アイロンの基本的な使い方
①ストレート用アイロンと同じように、火傷しないように根本近くから前髪を挟みます。
②手首をくるんっと内側になるように動かして下ろし、手でバランスを整えれば完成です。

基本的な使い方はどちらも同じですが、アレンジによって使い方も変わってくるので早速見ていきましょう!

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【1】ナチュラルな内巻きスタイル

内巻きにした前髪×ハーフアップ
まずはスタンダードな内巻きスタイルからトライ。

■内巻き前髪のやり方
①前髪を3つに分け、根元から毛先に向かってストレート用アイロンで円を描くように内側に滑らせれば完成です。

前髪を縦に分けるのではなく、表面と内側で2つにブロッキングし、それぞれで内巻きになるようにセットすると、よりふんわりした前髪を作ることができますよ。
内巻きとボリュームでフェミニンな印象を与えてくれます。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【2】流し前髪で清楚に決める

流し前髪×ワンカールミディ
おでこに少し隙間を作ってあげると、爽やかに、そして清楚に決めることができますよ。

■流し前髪のやり方
①ストレート用アイロンで前髪を挟んだら、流したい方向に動かせば完成です。
長い前髪は、毛先をくいっと外側に向けるようにクセをつけることがポイント。

流し前髪もナチュラルで、どんなシーンやコーデにも合わせやすいので、マスターしておきたいですね。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【3】伸ばしかけでもOKなウィングバング

ウィングバング×ラフなアップスタイル
抜け感のある大人可愛い前髪を作るなら、ウィングバングがおすすめです。

■ウィングバングのやり方
①毛束を少しずつ取りながら、カール用アイロンを縦に持ちます。
②外側にカールがつくように「し」の字を意識しながら巻きます。
③巻いた後は手でほぐし、形を整えれば完成です。

眉上なら可愛く、眉下なら大人っぽさが強くなりますよ。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【4】こなれ感たっぷりのセンターパート×外ハネ

センターパート×外ハネ
伸ばしかけの前髪をおしゃれに決めるなら、センターパートに分けた毛先を思い切って外ハネにしてみましょう!

■センターパート×外ハネのやり方
①前髪が2つになるようにコームを使いながら真ん中で分けます。
②ストレート用アイロンで、前髪を挟んで毛先を外ハネにすれば完成です。

カール用でも作ることができますが、ストレート用アイロンの方が自然なハネを作ることができます。リラックス感のあるアンニュイな雰囲気が魅力的です。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【5】かき上げバングでヘルシーな雰囲気へ

ロングヘア×かき上げバング
長めの前髪を活かすなら、ヘルシーに決まるかき上げバングがおすすめです。

■かき上げバングのやり方
①前髪を真ん中で分けたら、毛先をカール用アイロンで内巻きにしておきます。
②あとは、8:2くらいになるように、分け目をジグザグさせながらサイドパートにすれば完成です。

しっかりと立ち上げたい場合は、いろいろな方向からドライヤーの熱を当てて、クセをつけておくといいですよ。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【6】リバースバングで色気をプラス

ロングヘア×リバースバング
かき上げバングの進化系と言われているのが、リバースバングです。
川のように流れるので、かき上げバングよりも色っぽさをプラスできます。

■リバースバングのやり方
①前髪を8:2の横分けにして、ドライヤーの熱を当てながら根本にしっかりクセをつけます。
②カール用アイロンで、前髪の毛先が自然な外はねになるように、ハーフカールさせながらするっと滑らせましょう。

女性も憧れてしまうような美人前髪になるので、オフィススタイルとしても◎!

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【7】フラッフィーバングで大人な透け感

ショートボブ×フラッフィーバング
おでこに隙間を作るシースルーバングはとっても人気ですが「可愛くなりすぎる」という女性であれば、フラッフィーバングにトライ!

■フラッフィーバングのやり方
①前髪を5つくらいの小束に分け、ミニストレートアイロンで毛先だけを内巻きにしていきます。
②ワックスをつけた指先で、毛先を横に流しながらつまんで束感を出せば完成です。

程よい隙間と束感がよく、大人っぽく決められるのでキレイめコーデも落ち着いた印象になりますよ。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【8】オールバックにしてハンサムに

ミディアム×オールバック
前髪はただ下ろして流すだけではありません。
長い前髪を活かしてサイドやトップに流せば、オールバックのハンサムな髪型を楽しめます。

■オールバックのやり方
①前髪の毛束を細かく分けながら、カール用アイロンで巻きつつ上や横に引っ張りながらセットします。
②ワックスを少量馴染ませたら、オールバックになるようにサイドやトップに流しましょう。

ガラリと印象チェンジしたいときにもおすすめです。

ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方【9】上級者が楽しむダブルバング風

ダブルバング×ミディアムヘア
ダブルバングとは、一つの前髪の中に違う長さの前髪を2つ表現するカットのことなのですが、ヘアアイロンを活用できればダブルバング風の前髪になりますよ。

■ダブルバング風のやり方
①前髪を半分に分けて、上部分をピンで留めておきます。
②下部分の前髪は内巻きにして丸みをつけておきましょう。
③上部分の前髪は、サイドやトップの髪を一緒にすくいながらアイロンで挟み、斜めに流せば完成です。

表面と内側で見え方が変わるので、一気におしゃれ上級者になれます。
ヘアアイロンを使った前髪の巻き方&流し方をご紹介させていただきました。アレンジによってストレート用とカール用を使い分ければ、おしゃれな前髪もお手の物!ぜひ気になったアレンジにトライしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。