FASHIONJUN.22.2018

タックインのコーデ集!カジュアルからレディライクな着こなしまで

トップスの裾をボトムに入れて着こなす、タックインスタイル。 毎日のスタイリング時に「なかなかおしゃれに決まらない」「ダサい雰囲気に見えてしまうかも?」とコーデが決まらない時には、タックインをしてみてはどうでしょうか? バランスが取れて、きっと垢抜けたおしゃれスタイルになるはずです。 そんなおしゃれなタックインのやり方のコツや、コーデをご紹介します。
トップスの裾をボトムに入れて着こなす、タックインスタイル。 毎日のスタイリング時に「なかなかおしゃれに決まらない」「ダサい雰囲気に見えてしまうかも?」とコーデが決まらない時には、タックインをしてみてはどうでしょうか? バランスが取れて、きっと垢抜けたおしゃれスタイルになるはずです。 そんなおしゃれなタックインのやり方のコツや、コーデをご紹介します。

ノースリーブのシンプルタックインスタイル

シンプルなノースリタックインスタイル
ノースリーブのトップスをワイドパンツにタックインした、シンプルなコーデ。
余計なものを削ぎ落としたスタイルなら、トップスをタックインしてもださい雰囲気になりません。

ラフなまとめ髪にして、メッシュ素材のバッグなどトレンドアイテムをプラス。
一気にスタイルにこなれ感が出ます。

ストライプボトムにタックインしたIラインコーデ

ストライプボトムにタックインしてスタイルアップ
マルチストライプ柄など、縦ラインのボトムは全身をすっきりと見せてくれます。
トップスのTシャツやブラウスをタックインすれば、上半身がコンパクトに見え脚長効果も。

ヘアアクセやシルバーのサンダルをプラスすれば、大人の抜け感が演出できます。

トップスの前裾をインしたフロントタックインコーデ

トップスのフロントだけタックインして
ボリュームのあるニットトップスは、タイトなロングスカートを合わせてすっきりと着こなします。
そしてニットの前だけをタックインする「フロントタックイン」で、ニットのふんわり感を演出。

見る角度によって、すっきりorふんわりと、印象が変わる冬のタックインスタイルです。

大きめシャツのフロントタックインスタイル

ヴィンテージシャツのフロントタックインコーデ
シャツのタックインスタイルのコツは、抜け感のあるデザインのシャツを選ぶことです。

シアーで軽やかなヴィンテージプリントシャツを、スキニーパンツにラフにタックイン。
大きめのメンズライクシャツなら、さらにおしゃれなリゾート風スタイルになります。

タウンユースしてもおしゃれで、人と差がつくタックインコーデです。

タックインしてウエストリボンをコーデのポイントに

 
ウエストがデコラティブなボトムは、シンプルなデザインのトップスをタックインして。
ギャザーが施してあるデザインや、リボンで結ぶデザインの、ウエスト部分をフィーチャーした着こなしができます。

巻きスカートもトップスタックインして、凝ったラップデザインを見せて着こなしましょう。

レザージャケットとウエストインの男前コーデ

キャロットパンツにタックインした男前コーデ
キャロットパンツにトップスをタックインし、ジャケットを羽織ればシンプルでかっこいいスタイルに。

モーターサイクルレザージャケットなら、さらに男前で色っぽい雰囲気になります。
トップスはコンパクト、ボトムはボリュームのある、メリハリコーデが叶います。

ヴィンテージライクなタックインコーデ

ヴィンテージなボトムスにコンパクトトップスをタックイン
レディース感ある生地や柄のボトムなら、タックインして、面積を多く見せるのがおすすめです。

フラワープリントのサテンパンツにコンパクトトップスをタックインしたコーデなら、パンツを主役にした着こなしができます。
タックインしたことにより、ウエストのギャザーがフリルのように見せられます。
ガーリーで、ヴィンテージライクなタックインコーデです。

Tシャツ×ジーンズをタックインしたカジュアルコーデ

シンプルなアイテムをタックインしてカジュアルに
Tシャツ×デニム×スニーカーのメンズライクなシンプルなコーデも、ウエストをタックインすればこなれた雰囲気になります。

ワンポイントに、ベルト部分にスカーフを使って。
シンプルなタックインスタイルに、カジュアルな魅力がプラスされます。

大人レディなコクーンスカートタックイン

光沢あるコクーンスカートにタックイン
ミニスカートも、ツヤ感のある素材を生かしたタックインスタイルなら大人っぽい仕上がりに。

腰下にギャザーの入ったコクーンシルエットなら、より全体的に女性らしいラインになります。
タイトなトップスを合わせて、上半身から足先までボディラインに沿ったシルエットにすれば、それだけで洗練された雰囲気となります。

カーディガンも気軽にワイドパンツにタックインして

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

カーディガンは、いつものコーデに変化をつけてワイドパンツにタックイン。
レディライクなきちんとスタイルになっておすすめです。

カーディガンとボトムスは同系色でまとめるとすっきりした印象に。
グレーなら大人っぽくまとめられます。

ブラウスをデニムボトムにタックインしてカントリーコーデ

ブラウスをデニムにタックインして
アシンメトリーなラップデザインのスカートは、トップスをタックインして。
ボトムの凝ったデザインがポイントになり、シンプルカジュアルながらもおしゃれな雰囲気です。

デニムやホワイトブラウスなどの素材なら、カントリーライクなスタイルに。
ブラウンのサンダルを合わせて、大人ヴィンテージカントリーコーデにまとめても素敵です。

パワショルトップスはタックインですっきり

ボリュームトップスはすっきりタックイン
パワーショルダーなどのボリューミーなトップスは、タックインするとすっきり着こなすことができます。

ペールトーンの淡いカラーリングで揃えると、大人レディな雰囲気たっぷりに。
足元がヌーディーなサンダルなら、抜け感も演出できます。
毎日のコーデに取り入れるだけで、一気にこなれた雰囲気にランクアップできるタックインスタイル。
難しいコツもいらないので、今すぐにトライできるおしゃれの小技です。
さっそくコーデに取り入れて、いつもとは一味違ったおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。