FASHIONOCT.09.2018

美術館デートは何を着ていく?彼ウケするおしゃれコーデとマナー

彼氏や付き合う前だけれど脈ありっぽい彼との美術館デート。がっかりさせないためにはどんな服装で出かけるのが良いのでしょうか。今回は、美術館デートにおすすめの服装や気をつけるポイントを詳しく解説していきます。
彼氏や付き合う前だけれど脈ありっぽい彼との美術館デート。がっかりさせないためにはどんな服装で出かけるのが良いのでしょうか。今回は、美術館デートにおすすめの服装や気をつけるポイントを詳しく解説していきます。

美術館デートの服装のポイント

絵画を鑑賞している女性
美術館デートというとちょっと「オトナ」な感じがして素敵ですよね。付き合っている彼とのデートにも、付き合う前の気になる彼とデートにもぴったりな美術館。

「でもどんな服装で行けばいいの?」迷ってしまう……という人も多いようです。
美術館はフォーマルな服装でなければならない、というようなドレスコードを設けている施設は少なく、普段着でも問題ありません。ただし、芸術作品を鑑賞する時に最低限守るべきマナーはあるので、まずはそこを押さえておきましょう。

■美術館での服装マナー
・音がするアクセサリーや服はNG
・歩くと音がするヒールはNG
・荷物はなるべく小さめに
・派手すぎたり露出が多すぎる服装は控える

作品鑑賞の邪魔になるような服装でデートに来るようでは、彼も幻滅してしまいます。他のお客様の迷惑にならないような服装であることが美術館デートの服装の第一条件と言えそうです。

また、美術館は老若男女幅広い世代のお客様が訪れる場所。トレンドだからと言って、肌を露出するような服装や派手すぎる服装をしていると、他のお客様に不快な思いをさせてしまう可能性も。
「その場に親や上司がいても慌てない」というイメージで服装を選ぶと良いですね。

美術館デートの服装①スニーカーってOK?

チェックシャツコーデ
美術館デートにスニーカーってOK?
と迷ったら、答えはOK!

スニーカーは足音がしない静かな靴として、Sneak(忍び寄る)という言葉から名付けられた靴です。また、広い美術館でのデートは意外とたくさん歩くので歩きやすい靴の方が楽しく作品を鑑賞することができます。

美術館デートの服装②斜めがけバッグで手ぶら鑑賞

プリーツスカートコーデ
大きな荷物を持って美術館を回っていると、荷物の重さで疲れるだけでなく他のお客様にぶつかったり、時には作品にぶつけてしまうことも……。

小さなバッグを斜めがけにすれば、邪魔にもならずゆったり美術館を回ることができますね。美術館の中には荷物を預かってくれるサービスのある施設もあるので、確認をしてみるといいかもしれません。

美術館デートの服装③白トップスで顔まわりを明るく

白カーディガンコーデ
展示内容によっては照明が暗めの場合があるので、白を顔まわりに持って来るとパッと明るく見えます。

白のトップスは、落ち着いた中にもかわいらしさを魅せたい美術館デートにぴったりのアイテムです。

美術館デートの服装④女性らしいワンピースでデートっぽく

花柄ワンピースコーデ
派手に目立つ服装は避けたいけれど、せっかくのデートだから女性らしい着こなしで出かけたいですよね。

エレガントさのある花柄ワンピースなら、程よい甘さで美術館デートにぴったりです。いつもはデニムが多いカジュアル派さんが、美術館デートに合わせて花柄ワンピースを着れば、彼も惚れ直すかも?!

また、まだ付き合う前の彼との美術館デートなら、花柄ワンピースで彼に脈ありサインを伝えることができるはず。

美術館デートの服装⑤ネイビー×ブラウンのパンツLOOK

パンツコーデ
たくさん歩く美術館デートはパンツがいい、という場合もデートらしくかわいさをプラスしたいですね。ショート丈のカーディガンで脚長効果とキュートさのある着こなしに。

ネイビーとブラウンの色合わせなら子供っぽくならず美術館にもマッチ。彼と手を繋いで作品鑑賞をする、大人のデートが楽しめそうです。

美術館デートの服装⑥リラックスムードのパンツコーデ

グレーのニットコーデ
休日のデートで訪れる美術館はのんびりリラックスして楽しみたい。そんな時にはゆったりとニットを使った着こなしはいかがですか?履き慣れたスニーカーなら、美術館を隅から隅までじっくり歩いて回れます。

展示を見た後にカフェでちょっと休憩。静かに鑑賞する展示室ではあまり会話をすることができないので、休憩タイムに感想を話すといいですね。お互いの感想を聞いてからもう一度作品鑑賞するという楽しみ方もおすすめです。
二人で鑑賞するからこその違った発見があるかも。

美術館デートの服装⑦彼と雰囲気を合わせたコーデで

ブラウンとグリーンのコーデ
彼がカジュアルなファッションなのに自分だけエレガントな着こなしだとなんだか並んだ時にしっくりきません。

せっかくの美術館デートを二人で楽しむために、ファッションのテイストを揃えてみるというのもいいですね。彼がデニムのパンツを履くなら自分はデニムジャケットを着る……というような合わせ方も素敵。

万が一、自分は美術館に興味ないのに誘われてしまった……という時でも、彼とテイストを揃えたおしゃれをして出かけることで彼と一緒に過ごす時間を楽しむことができそうです。
一緒に芸術作品を鑑賞することで、充実した時間を過ごすことができる美術館デート。敷居が高い……と緊張してしまうかもしれませんが、特に事前にアートの勉強などをしておかなくても自由に鑑賞を楽しめば大丈夫。服装も厳しいルールはないので、自分らしく、そして他のお客様の迷惑にならないような服装で出かけましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。