FASHIONAPR.13.2019

お別れ会や偲ぶ会で着る服装は?平服の場合やコートなどのおすすめ

遺族の方など近親者で行われる葬儀や告別式とは別に、最近よく耳にする「お別れ会」や「偲ぶ会」。自分が招かれた場合、どんな服装で参列したらいいのか困りますよね。今回は、お別れ会や偲ぶ会で着る服装を平服の場合などおすすめを使ってご紹介します。
遺族の方など近親者で行われる葬儀や告別式とは別に、最近よく耳にする「お別れ会」や「偲ぶ会」。自分が招かれた場合、どんな服装で参列したらいいのか困りますよね。今回は、お別れ会や偲ぶ会で着る服装を平服の場合などおすすめを使ってご紹介します。

「お別れ会」や「偲ぶ会」とは?

お別れ会のお花
芸能人や著名人が亡くなるとよく耳にする「お別れ会」や「偲ぶ会」。そんな会への案内状が届いたら、まず気になるのが着て行く服装ですよね。特に案内状に「平服でお越しください」とある場合、「“平服”って私服でいいの?」と混乱してしまいます。

そもそも「お別れ会」や「偲ぶ会」とはどのようなセレモニーを意味しているのでしょうか。「お別れ会」とは、遺族などの近親者だけの密葬や家族葬の後に行われる個人を偲ぶ目的で行われるセレモニーのこと。葬儀や告別式とは違う形式のセレモニーになります。

お別れ会の服装マナー:献花の作法なども

献花をする女性
「お別れ会」は葬儀や告別式とは形式が違うので、基本的には喪服を着る必要はありません。ただ、明るいカラーや派手な服装で参列するのはNGです。ここでは、「お別れ会」で着る服装のマナーをチェックしておきましょう。

■お別れ会の服装マナー

・喪服ではなく“略喪服”が基本

お別れ会で着る服装はケースによっても違いますが基本的には喪服でなくて大丈夫です。「平服で」と指定がない場合は略喪服を基本として、黒やダークグレー、濃紺などのスーツやワンピースを着ていきましょう。

・「平服で」とある場合は私服は×

案内状に「平服で」とある場合は喪服を着るのはNGになります。ただ、普段着ているような私服も×です。特にラフ過ぎたり派手なものは絶対に避けましょう。

・服装のカラーは黒やダークカラーで

お別れ会で着る服装のカラーは黒やダークグレー、濃紺がおすすめ。きれい色や会場で目立つような色のものは避けてください。

■お別れ会での献花の作法を確認

ほとんどのお別れ会で行われるのが「献花」。式場で戸惑わないように事前に「献花」の作法をチェックしておきましょう。

自分の番がきたらまず献花台に進みます。献花台の側にいるスタッフの方から花を両手で受け取ります。花は右側に花びらがくるように横にして持ち、右手で花を受けて、左手は茎に添えるようにします。

献花の際には遺影に一礼して祭壇に花の茎がくるように置きます。遺影に再度一礼したら、案内された方に進みます。

お別れ会に式典がある場合は、献花する前と後に遺族の方にも一礼をします。


ここからは、お別れ会で着る服装について「平服で」と指定がある場合や特に指定がない場合などそれぞれでおすすめをご紹介します。案内状の内容を確認して自分が該当するものを参考にしてください。

お別れ会におすすめの服装【1】案内状に「平服で」とある場合①:普段着ているような私服は×

お別れ会におすすめのワンピース
お別れ会の案内状が届いて、案内文の中に「平服で」とある場合の“平服”の意味は、普段着ているような私服を差すわけではありません。ですからカジュアルだったり派手な服装は×です。ただ、“平服”とある場合は正装の喪服もNGになります。

「平服で」とある場合の服装は黒やダークグレー、濃紺などのスーツやワンピース、アンサンブルなどの略喪服に該当するような服装が最適です。黒のシンプルな長袖のワンピースは、秋冬や肌寒い春などにおすすめのアイテム。ストッキングは肌色より黒を選びましょう。

お別れ会におすすめの服装【2】案内状に「平服で」とある場合②:パンツスーツでもOK

お別れ会におすすめのパンツスーツ
お別れ会の案内状に「平服で」とある場合の略喪服ではパンツスーツもOKです。ただ式場の女性のほとんどがワンピースやスカートの可能性が高いので、故人との関係性が薄く目立ちたくない場合は、ワンピースやスカートの方が無難です。

お別れ会におすすめの服装【3】服装の指定がない場合:略喪服を目安にして選んで

お別れ会におすすめのトップス×スカートのセットアップ
お別れ会の案内状に服装の指定がない場合は、略喪服に該当するような服装を選びましょう。黒やダークカラーのスカートやスーツがない場合は、トップスとスカートのセットアップでもOKです。

黒のトップスとスカートのシンプルなセットアップはきちんと感があって式場で悪目立ちしないので◎。アクセサリーをつける場合は、パールなどの目立たずに上品なものを選びましょう。

お別れ会におすすめの服装【4】冬に行われる場合:コートは毛皮(ファー)や革、スエード素材はNG

お別れ会におすすめの黒のコート
お別れ会が冬に行われる場合は防寒のためのコートを着る必要がありますよね。お別れ会に着ていくコートは、毛皮(ファー)や革、スエード素材などの殺生をイメージさせるような素材のものはNGです。

黒のシンプルなノーカラーコートは、装飾を排したデザインがきちんと感を印象付けて◎。マットなウールの素材感もお別れ会のような場にマッチします。

お別れ会におすすめの服装【5】ホテルで行われる場合:喪服は避けて!黒のマットな素材感のワンピースなら問題なし

お別れ会におすすめの黒のワンピース
お別れ会がホテルで行われる場合は、違う会場で結婚式などのお祝いの席が行われていることが多いので、特に喪服を着るのは避けましょう。黒でマットな素材感のワンピースなら、お別れ会に最適で特に目立つこともないので問題ないでしょう。ストッキングは黒が最適です。

お別れ会におすすめの服装【6】教会で行われる場合:黒やダークカラーのワンピースやスーツでOK

お別れ会におすすめの黒のスカートスーツ
教会でお別れ会が行われる場合も、他の会場で行われるお別れ会の服装とさほど違いはありません。黒やダークカラーのスーツやワンピースが一番無難です。心配な場合は、主催者側の遺族の方に服装について確認しておきましょう。

お別れ会におすすめの服装【7】主催者側の服装:喪服以外の平服でOK

お別れ会におすすめの黒のスカートスーツ
お別れ会で主催者側の方が着る服装も喪服ではなく平服でOK。黒やダークカラーのワンピースやスーツ、アンサンブルなどです。

黒のワンピース×ジャケットのセットアップは、シンプルなデザインやマットな素材感のものを。主催者側らしいきちんと感のある服装は、参列される方に好印象を与えます。

お別れ会におすすめの服装【8】靴やバッグの小物:ブラックフォーマル用の黒で揃えるのがベスト

お別れ会におすすめのバッグと靴
お別れ会の服装に合わせるバッグや靴などの小物は、お葬式などに持つブラックフォーマル用の黒いもので揃えるのがベストです。服装が黒以外のカラーでも、バッグや靴が黒いと印象が引き締まるので◎。
お別れ会や偲ぶ会は喪服でない場合の方が多いので、逆に服装選びに困りますよね。ただ、カジュアルなものや派手な服装はNGです。服装選びには注意して参列するようにしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック