LIFESTYLEFEB.02.2019

キーボードの掃除ってどうしてる?頻度やおすすめグッズをご紹介

パソコンを操作するキーボードは、皮脂や汗だけでなく、ホコリや髪の毛、飲食物なども付きやすく、菌が繁殖しやすいものです。そこで今回は、キーボードの掃除の頻度や方法をご紹介します。
パソコンを操作するキーボードは、皮脂や汗だけでなく、ホコリや髪の毛、飲食物なども付きやすく、菌が繁殖しやすいものです。そこで今回は、キーボードの掃除の頻度や方法をご紹介します。

定期的な掃除が必要!キーボードの汚れ

PCで仕事をしている女性
人によって触る頻度は異なるパソコンのキーボードは、手で直接触って操作を行うので、皮脂汚れや汗が付きやすいものです。

また、ホコリや髪の毛、パソコンの操作中の飲食による汚れなども、キーボードに付着しやすいですね。

キーボードは、パソコンの使用で熱を持ちやすいですし、オフィスやリビングなど、人が生活しやすい環境に置かれていることが多いので、汚れを栄養源として菌が繁殖しやすいので、1週間に1度程度の頻度で掃除が必要です。

見た目ではあまり汚れていないように見えたり、表面のホコリを払って綺麗にしていても、実はキーボードの奥に汚れが入り込んでいます。汚れが溜まっていくと、故障の原因にもなりますので注意が必要ですね。

分解できるキーボードの掃除方法

キーボードの掃除
キーボードには、分解して掃除ができるものとそうでないものがあります。

分解できるキーボードは、比較的作りが簡単になっていますが、デリケートなものですので、無理に引っ張って壊してしまったり、曲がったりすることがないように注意しましょう。


■分解できるキーボードの掃除の手順

①まずは、キーボードのコードを外します。そしてキートップを外す前の配置を写真に撮っておきましょう。キーボードを外した後にキーの位置がわからなくなってしまうことを避けることができます。

②次に、キーをトップを外していきます。キーを外す場合は、専用のキートップ引き抜き用の工具を使用するのがおすすめですが、マイナスドライバーを使用することもできます。無理な力で引き抜こうとせず、優しく丁寧に分解していきましょう。

③外したキートップは、裏側にも汚れが詰まっていることがありますので、エアダスターで吹き飛ばしたり、無水エタノールをしみ込ませた綿棒で拭き掃除を行いましょう。エアダスターを使用する場合は、吹き飛ばしたゴミが周りについてしまうことがないように、大きなごみ袋の中で行うのがおすすめです。

キートップの表面は、メラミンスポンジで一つずつ拭き掃除を行いましょう。キートップの表面をアルコールで拭くと、塗装が落ちてしまう場合がありますので注意しましょう。

キートップを中性洗剤を薄めた溶液で水洗いする方法もありますが、細かい部分の汚れはつけおきするだけでは取れにくい場合もあります。また、キートップを水洗いした後は、しっかり乾燥させる必要があります。水分が残ったままキーボードに戻してしまうと故障の原因になりますので注意しましょう。

④キートップを外したら、キーボードに溜まっているゴミをエアダスターで吹き飛ばしましょう。エアダスターで吹き飛ばしきれなかった汚れは、歯ブラシで優しく擦ったり、無水エタノールをしみ込ませた綿棒で拭き取っていきます。

⑤キーボードのフレーム部分は、やわらかいクロスに「精製水」を少し含ませて水拭きするのがおすすめです。アルコールを使用すると色落ちの原因になる可能性があります。水道水で拭く場合は、拭いた跡が残ってしまう可能性があります。

分解できないキーボードの掃除方法

キーボードの掃除
分解できない「パンタグラフ式」のキーボードや、パソコンと一体になっているノートパソコンのキーボードは、家庭では分解して掃除することはできません。

したがって、毎日使用後に掃除をしたり、掃除する頻度を多くするようにして、キーボードの奥に汚れが入り込まないようにしましょう。シリコンタイプのキーボードカバーを使用するのも一つの方法ですね。使用しない場合は、キーボードを覆っておくことも有効です。


■分解できないキーボードの掃除の手順

①まずは、キーボードを外せる場合は外し、パソコンの電源もオフにしましょう。

②エアダスターでキーボードについているゴミを吹き飛ばしましょう。表面だけでなく、キートップの隙間にもエアダスターを吹きかけ、奥に入っているゴミを吹き飛ばしましょう。

③エアダスターで取れないキーとキーの間の隙間の汚れは、無水エタノールをしみ込ませた綿棒で拭き掃除を行います。

④最後に、やわらかいクロスに精製水を軽くしみ込ませます。キーボードに水が入り込まないように、軽く湿らせる程度にしましょう。

右から左、左から右、と一定の方向に動かしながらキーやキーの周りの拭き掃除を行います。

キーボードの掃除におすすめのアイテム【1】ミュー「サイバークリーン ホーム&オフィス」

ミュー サイバークリーン ホーム&オフィス
テレビや雑誌でも紹介されているキーボードのお掃除アイテムといえば、ミューの「サイバークリーン ホーム&オフィス」です。

ゲル状のスライムが、水洗いできないキーボードやリモコンなどの細かい隙間に入り込んでゴミを吸着してくれるのが魅力です。
ミュー サイバークリーン ホーム&オフィス / ¥1,058

キーボードの掃除におすすめのアイテム【2】サンワサプライ「バキュームクリーナー&エアダスター」

サンワサプライ バキュームクリーナー&エアダスター
サンワサプライの「バキュームクリーナー&エアダスター」はこれ1つで掃除機とエアダスターをこなしてくれるアイテムです。

電池で稼働し、ブラシもついているので、キーボードだけでなくデスク周りの掃除にも使いやすいですね。リーズナブルな価格も魅力です。
サンワサプライ バキュームクリーナー&エアダスター / ¥2,484
デリケートなアイテムであるキーボードは、水が入り込んでしまったり、無理に力を入れて破損してしまわないように、慎重に掃除を行うようにしたいですね。汚れがつきやすく、菌が繁殖しやすいので、定期的に掃除を行っていきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6