BEAUTYOCT.13.2018

肌のくすみの原因は?くすみの種類や対策、予防策を詳しく解説

肌のくすみに悩んでいても、何が原因で起こっているかまではなかなかわかりませんよね。肌のくすみは、顔色を悪く見せてしまいます。肌のくすみの原因や取り除くための対策、くすみを予防するための方法についてご紹介します。
肌のくすみに悩んでいても、何が原因で起こっているかまではなかなかわかりませんよね。肌のくすみは、顔色を悪く見せてしまいます。肌のくすみの原因や取り除くための対策、くすみを予防するための方法についてご紹介します。

肌のくすみの種類

鏡を見て悩んでいる女性
肌のくすみといっても、いくつかの種類があります。肌のくすみの種類について1つ1つご紹介します。

■メラニンくすみ
メラニンによるくすみは、肌の色が褐色っぽくなってしまうくすみです。メラニンくすみは、肌にメラニンが生成されたことによって、肌がくすんだ状態のことを言います。メラニンの色は元々褐色で、メラニンが肌に溜まることで、透明感を奪い肌をくすんだ状態に見せるようになります。

■血行不良くすみ
血行不良くすみは、目の下のクマが目立ち顔全体がトーンダウンしている状態のくすみです。顔全体の血色感がなく、常に青っぽいクマが目の下にある状態の人が多いです。顔だけでなく体全体の血行不良に悩まされている人が多いです。

■糖化くすみ
糖化くすみは、肌が全体的に黄色っぽくなっている状態のくすみです。透明感がほとんど感じられず、肌のゴワツキやハリ弾力の減少にも悩まされていることが多いです。甘いものや炭水化物を過剰に摂取するという人が、比較的糖化くすみになりやすいです。

■乾燥くすみ
乾燥くすみは、主に冬になるとくすみを感じる人が多いです。肌が暗くトーンダウンした印象で、肌のかさつきが気になる状態です。肌にはツヤがなくなり、顔色が暗く透明感が失われた状態の肌のことを言います。

肌のくすみの原因は?

肌トラブルに悩んでいる女性
肌のくすみは、種類によって原因が変わってきます。肌のくすみの原因についてご紹介します。

■メラニンくすみ
メラニンくすみは、ほとんどが紫外線の影響を受けています。紫外線に直接あたることで、メラニンは肌に作られていきます。メラニンが肌に居座っている状態で、メラニンくすみは起こります。メラニンは紫外線以外に、刺激や摩擦なども原因になるといわれています。

■血行不良くすみ
血行不良くすみは、文字の通り血行不良が原因となっています。顔の巡りが悪くなってしまうと、目の下のクマが目立ち、血色感が感じられない肌になってしまいます。血行不良は他にも肌のターンオーバーにも関係しているので、乾燥肌などの肌トラブルの原因にもなります。

■糖化くすみ
糖化によるくすみは、加齢が大きな原因と言われています。糖化とは、肌のたんぱく質と糖が結びついたことで黄色く見える状態のことを言います。年齢を重ねることで糖化が起こりやすくなります。

また、炭水化物や甘いものを大量に摂取することで、糖化は起こりやすくなります。

■乾燥くすみ
乾燥くすみは、肌の乾燥が原因で起こるくすみです。特に冬は肌が乾燥しやすい状態になるため、より肌がくすみやすくなります。乾燥肌は過剰な洗顔やクレンジング、肌への摩擦の与えすぎが原因となることがあります。他にも乾燥した空気にさらされたり、紫外線に直接あたることで、肌のバリア機能が崩れ、乾燥した状態になることもあります。

肌のくすみ対策

肌を触っている女性
肌のくすみには、色々な原因がありました。肌のくすみを取り除くには、どういったことを行えばいいのでしょうか?肌のくすみ対策についてご紹介します。

■メラニンを外に排出する
メラニンくすみには、外へ排出するケアが大切です。肌に居座っているメラニンは、美白有効成分配合のケアが最適です。美白成分のスキンケアでメラニンを外へ排出したり、角質ケアで居座っているメラニンを排出したりすることが、メラニンくすみ対策の近道です。

メラニンくすみに関する対策は、即効性はないので続けていく必要があります。毎日の紫外線対策も忘れずに行いましょう。

■マッサージを行う
血行不良のくすみには、マッサージを行うことが効果的です。顔の血行不良は顔色を悪く見せるだけでなく、肌トラブルに繋がっていく可能性もあります。日頃から顔のリンパマッサージなどをして、血行をよくするように努力しましょう。

さらにお風呂に入って、血の巡りを良くする習慣づけをすることも大切です。

■食生活を改善する
糖化によるくすみには、食生活改善が重要になってきます。炭水化物や甘い物など、糖質の取りすぎを避けるようにしましょう。糖化には新しいコラーゲンづくりが重要になるので、ヒアルロン酸やビタミンCなどをとりいれることもおすすめです。

■保湿ケアをしっかりと行う
乾燥くすみには、保湿ケアが重要です。いつもの保湿ケアを見直して、肌の保湿を重視したシンプルなケアに切り替えていきましょう。セラミドやヒアルロン酸は水分の保持力が高いので、しっかりと水分を与えながら、油分で蓋をするケアを徹底して行うようにしましょう。

肌のくすみを予防する方法

キラキラ輝いている女性
肌のくすみを予防するためには、毎日のケアが重要になります。肌のくすみを予防するために、心がけて行くことについてご紹介します。

■紫外線対策と保湿ケア
肌のくすみを予防するためには、オールシーズンの紫外線対策と保湿ケアが重要になります。紫外線対策は夏の暑い時期だけにすればいいと思っている人がいますが、オールシーズン紫外線ケアをする必要があります。

紫外線対策や美白ケアに力を入れがちになる夏の間でも、保湿は大切です。一方のケアに偏ってしまうと、肌がくすみやすい状態になってしまいます。肌のくすみを予防するためには、常日頃から紫外線対策と保湿ケアを行うようにしましょう。

■バランスの良い食事
肌のくすみを予防するためには、バランスの良い食事を取るということはとても重要です。炭水化物や甘い物の取りすぎは肌の糖化に繋がります。さらにビタミンやミネラル、たんぱく質など、肌の健康を保つために必要な栄養素がたくさんあります。

肌の健康を保つためには、外側からのケアだけでなく、毎日の内側からのケアも怠らずに生活することが大切です。

■適度な運動と睡眠
肌のくすみを予防するためには、適度な運動と睡眠も重要です。適度な運動をすることで、血行のいい体作りをすることができます。睡眠は肌のターンオーバーに欠かせないもので、健康的な肌を作るために欠かせません。毎日の生活習慣を見直すことも、肌のくすみ対策へと繋がります。
肌のくすみについてご紹介しました。肌のくすみが気になる状態は、化粧映えもせず印象があまりよくありません。肌のくすみを取り除く対策を行い、これからくすみが酷くならないように、自分のくすみの原因を特定することが大切です。自分のこれまでのケアや生活を見直して、くすみのない透明感のある肌を取り戻しましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。