BEAUTYOCT.22.2018

髪の毛が細いのは生まれつきだけではない?原因や髪を太くする方法

髪の毛に関して悩みを抱えている方は多くいますが、その中でも“髪の毛の細さ”に悩む方が多いようです。生まれつき細い方もいますが、原因は日常生活のあらゆるところに潜んでいるので、今回は原因や太くする方法についてご紹介します。
髪の毛に関して悩みを抱えている方は多くいますが、その中でも“髪の毛の細さ”に悩む方が多いようです。生まれつき細い方もいますが、原因は日常生活のあらゆるところに潜んでいるので、今回は原因や太くする方法についてご紹介します。

髪の毛が細いのは生まれつき?

女性の生え際
人の髪の毛は1本1本太さが違いますが、髪の毛の細さに悩んでいる方が非常に多くいます。
“髪の毛が細い”とは、猫毛や柔らかい毛とは違って、弱々しい髪の毛のことを指すのですが、そのままにしておくと薄毛や脱毛の原因になると言われているんです。

髪の毛が細い原因は、生まれつきの遺伝であることもありますが、実は日常生活が原因で細くしている可能性があります。

細い髪の毛から太い髪の毛にするためには、まずは原因を知ることが大切です。
そして、髪の毛を太くするためにできる方法を継続していくことが大切なので、髪の毛の細さに悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

生まれつき以外で考えられる髪の毛が細い原因とは?

鏡を見る女性
■髪の毛の栄養不足
健康な髪の毛を育むためには、頭皮や髪の毛にしっかり栄養を届ける必要があります。
しかし、乱れた食生活や運動不足、喫煙などで全身や頭皮の血流が悪くなると、髪の毛が正常に成長しなくなってしまうので、細くなる原因に繋がります。

■ホルモンバランスの乱れ
美しい髪を保つために欠かせない女性ホルモンですが、何らかの原因で乱れてしまうと、普段は成長にいい働きをしてくれている男性ホルモンの分泌量が増え、髪の毛の成長を阻害すると言われているのです。睡眠不足や栄養不足、ストレス、疲労の蓄積などでホルモンバランスは乱れてしまいます。

■日常生活の何気ないダメージ
髪の毛は内側からだけでなく、外側からも日々ダメージを受けています。ドライヤーやヘアアイロン、カラーリングやパーマの他にも、紫外線や乾燥などによってダメージを受けていると、健康な髪の毛を育めなくなり、細い毛になってしまうそうです。

細い髪の毛を太くする方法【1】食生活を見直す

身体にいい食品
まずは髪の毛にいい栄養をしっかり摂ることから心がけてみましょう。バランスのいい食事を、1日3食摂ることが大切ですが、具体的な食品としては“良質なたんぱく質”や“ビタミン・ミネラル”が挙げられます。

■良質なたんぱく質
・動物性たんぱく質……肉類、魚類、乳製品など
・植物性たんぱく質……大豆製品、ナッツ類など

■ビタミン・ミネラル
野菜(緑黄色野菜を中心)や果物、海藻類なども健康な髪の毛を育てるために欠かせない食品です。中でも海藻類は髪の毛にいいと昔から言われていたので、意識して摂り入れている方も多いのではないでしょうか。

バランスのいい食事が難しいときは、サプリメントで補うこともおすすめです。

細い髪の毛を太くする方法【2】ヘアケア方法を見直す

髪を洗う女性
ヘアケアで特に大事なのがシャンプーです。
髪の毛が細い方は、太い方よりもダメージを受けやすいので、刺激の強いシャンプーを使っていると髪の毛や頭皮の負担になってしまいます。

刺激が弱く、頭皮などに優しいシャンプーを選ぶのであれば、“アミノ酸系シャンプー”がおすすめです。アミノ酸系シャンプーの中でも、ハリやコシを与えてくれるタイプを選ぶといいですよ。

また、シャンプーをするときは、しっかりと泡立てたシャンプーで指の腹を使って頭皮を傷付けないように洗っていきましょう。

予洗いや洗い流すときは、シャンプーが残らないように十分に流すことが大切ですが、40℃のような熱めのシャワーだと、潤いを保つために欠かせない皮脂まで流してしまうので、38℃くらいで流すといいですよ。

細い髪の毛を太くする方法【3】頭皮マッサージを取り入れる

頭皮マッサージをする女性
頭皮の血行を良くするためには、毎日のシャンプー時に頭皮マッサージも取り入れてみましょう。食事を見直していても、頭皮まで栄養を運べなかったら努力も台無しになってしまいます。

頭皮マッサージのやり方は簡単でOKです。指の腹で頭皮を下から上へ、頭のてっぺんに向かって前髪の生え際や襟足からマッサージしてあげましょう。

気持ちいい程度に優しく行うことがポイントです。

細い髪の毛を太くする方法【4】質のいい睡眠をとる

ベッドから起き上がる女性
健康的で太い髪の毛を育むためには、睡眠中に分泌される成長ホルモンも欠かせません。

この成長ホルモンは、夜の22時から2時の間に分泌されると言われていますが、実は眠りについてから90分ほど後に分泌されるそうです。
深い眠りについていれば、成長ホルモンの分泌も増えると言われているので、質のいい睡眠をとるためには就寝前のスマホやパソコンの使用を控えましょう。

また、就寝する3時間前には食事や飲酒を終えておくこともポイントです。

就寝する1時間前くらいに入浴を終えたら、音楽を聴いたりストレッチをしたりして、リラックスした状態で眠りにつくといいですよ。
睡眠時間としては、7時間~8時間くらいが理想だと言われています。

細い髪の毛を太くする方法【5】ストレスをため込まない

目を閉じる女性
ストレスを溜め込み過ぎると、毛髪を作る細胞の数を減らしたり、血行不良を引き起こしたりする可能性があるので、髪の毛を細くする原因になります。

ストレス社会だと言われている現代では、さまざまなストレスを感じやすいですが、その中でも上手にストレスと付き合っていけるよう、趣味に没頭したり、オンオフをきちっと分けたり、軽い運動をするなどして解消していきましょう。

また、髪の毛の細さでストレスを感じてしまうこともあるようなので、あまり深く考えずにいることも大切です。
髪の毛が細い原因や、太くする方法をご紹介しました。規則正しい生活習慣を基本に、ヘアケアなども大事にすることで少しずつ太い髪の毛を育むことができると言われています。コツコツ継続して、自慢したくなるような髪の毛を目指していきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。