FASHIONSEP.30.2019

猫カフェの服装はこれでOK!注意点からコーディネートまで徹底解説

猫カフェではどのような服装が好ましいのか、ご存知でない方も多いはず。初めての猫カフェでも失敗のないよう、事前に確認しておきたいところです。そこで今回は、猫カフェのマナーからおすすめの服装まで、知っておきたいポイントをご紹介します!
猫カフェではどのような服装が好ましいのか、ご存知でない方も多いはず。初めての猫カフェでも失敗のないよう、事前に確認しておきたいところです。そこで今回は、猫カフェのマナーからおすすめの服装まで、知っておきたいポイントをご紹介します!

猫カフェの服装を徹底解説!まずは知っておくべきマナーをご紹介

 
猫カフェにはどのようなマナーがあるのか、ご存知ですか?そこでまずは、初めて猫カフェへ足を運ぶ方に向けて、楽しむ際のルールについてご紹介します。ここでは一般的なマナーを解説しますが、お店によって独自のルールを設けている場合もありますので、ぜひご確認ください。

まず猫を無理やり抱っこしたり、追いかけたり、寝ているところを強引に起こしたりするのは絶対にNG!他にも大声を出したりと、威圧的な動きは猫たちにストレスを感じさせてしまうため、必ず控えましょう。また、写真撮影は基本的にOKとされていますが、暗くてもフラッシュやライトを使用するのはNG行為です。

猫カフェの時間帯はいつがベスト?元気な時間帯とは

 
せっかく猫カフェへ足を運ぶのなら、猫たちが元気に動き回っている時間を選びたいところ。そこで猫たちが活発に動いているのが、午前中の早い時間帯です。開店直後の11時~13時はお客さんも少ない時間帯でもありますので、お一人様で足を運びたい方にもおすすめできます。

また、12時頃になると猫たちの餌の時間となりますが、お客さん自身も餌を与えられるシステムをとっているお店も。猫との距離がグッと縮まりますので、この時間帯に足を運ぶのも良いかもしれません。さらに13時頃からはお昼寝の時間、16時を越えたくらいからまた活発に動き始めるので、お好きなタイミングで足を運んでください!

猫カフェに行く頻度って?毎日通うと覚えてもらえる?

 
猫カフェへ赴く頻度は、どのくらいがベストなのか気になるところ。そこで猫たちに顔を覚えてもらいたいのなら、もちろんある程度足を運ぶ必要があります。毎日とは言いませんが、少なくとも二週間に一回程度は通った方が、猫たちにも覚えてもらえるでしょう。

もしも気になる猫がいるのなら、週に2回は通いたいところ。長時間滞在する必要はありませんので、短時間でもマメに通うことを心掛けましょう。この場合の時間帯は、猫が活発に動いている午前中、もしくは夕方以降の遅い時間がベストです。

猫カフェデートも大人気!付き合っていなくても問題なし

 
猫カフェは、デートスポットとしても大人気!付き合っていない男性がお相手でも、まったり癒されながらデートを楽しむことができるでしょう。可愛い猫たちが雰囲気を和ませてくれますし、二人の距離もグッと縮まること間違いありません。

以上より猫カフェデートは、猫好きなカップルはもちろんのこと、付き合う前の二人にもおすすめ。二人きりの会話が苦手な方でも、猫を交えると自然とお話ができることでしょう。さらに彼の動物へ対する態度を見ることで、温厚で優しい人なのかどうか見極めることもできますし、お付き合い前のデートにぴったりです。

猫カフェでは毛が付きやすい!コロコロはあるが目立ちにくい服装に

 
どんなにブラッシングをしている猫でも、抜け毛だけはどうしても避けられません。猫カフェへ足を運ぶ際には、少なからず衣服に毛がついてしまうことを覚悟しておきましょう。したがって、猫カフェでは毛が目立ちにくい洋服、または毛が付きにくい洋服をお選びください。

とは言え、基本的に猫カフェではコロコロを用意しているため、それほどナーバスになる必要はございません。一般的には、レジ近くもしくは入り口付近に常備されているので、お帰りの際にコロコロで毛をしっかりと取ると良いでしょう。もしもそれでも心配ならば、ご自分でエチケットブラシなどを携帯することをおすすめします。

猫カフェの服装【1】黒い洋服はできる限り避けよう

白ニットを使った猫カフェの服装
ここからは、具体的に猫カフェにおすすめのコーディネートをご紹介していきます。そこで先ほどお伝えしたように、猫カフェでは毛が目立ちやすい黒系のお洋服は避けた方が良いでしょう。さらに見落としやすいのが、「靴下」。ベーシックな黒いソックスをお持ちの方も多いかと思いますが、それこそ床に落ちている毛が付きやすいので要注意です。

例えば、白のショートスリーブニットにデニムパンツを合わせて、シンプルな大人カジュアルコーデに。アクセサリーは小ぶりなものなら問題ありませんが、長く揺れるものは猫たちに引っかかれる可能性もあるので要注意です。さらに足元は、入り口ですぐに脱ぎ履きできるバレエシューズが楽でおすすめです。

猫カフェの服装【2】ゆったりくつろげるスタイルに!ふんわりスカートは猫に人気

プリーツワンピースを使った猫カフェの服装
猫カフェは、猫に癒されながら飲食をし、ゆったりとリラックスできる場です。したがって、服装もタイトで締め付けの強いものは避け、くつろぎやすいスタイルにまとめることをおすすめします。例えばふんわりとしたスカートは、楽な着心地な上に揺れ感が猫たちにも人気で、おすすめのワードローブです。

例えば、シフォン素材のプリーツワンピースをさらっと1枚で着こなして、レディライクなコーディネートに。猫と同じ目線になるくらいの、低い位置まで屈むケースもあるかと思いますので、ワンピースの丈は膝よりも下をチョイスして、屈んでもスカートの中身が見えないように注意しましょう。

猫カフェの服装【3】胸元が開く服や丈の短いボトムスは避けて

フレアスカートを使った猫カフェの服装
猫カフェでは、胸元が大きく開くトップスや丈が短すぎるボトムスは必ず避けましょう。先ほども軽くお伝えしたように、猫カフェでは屈むシーンが多いため、洋服の中身が見えてしまう可能性があるからです。「下着見えてないかな……?」と気にしながらでは、猫カフェを最大限に楽しむことはできません。

例えば、首元がやや詰まったボーダートップスに、ミモレ丈のベージュのチノスカートを合わせて、女性らしいカジュアルコーデに。フレアスカートは問題ないのですが、しゃがむ時には膝をつけるようにし、スカートの中身が見えないように気を付けましょう。

猫カフェの服装【4】洋服の柔軟剤に注意!さらに猫の爪が引っかかるものも要注意

カーディガンを使った猫カフェの服装
猫は嗅覚が非常に優れているため、匂いに非常に敏感。そこで注意しておきたいのが、衣服の「柔軟剤」の匂いです。猫たちは香りの強い柔軟剤が苦手ですし、ひどい場合には体調を崩してしまうケースもあるため、十分にご注意ください。もちろん、香水やタバコの匂いもNGです。

さらに、猫の爪が引っかかりやすいレース素材の衣服は避けた方が良いでしょう。例えば肌寒い季節には、白カットソーにニットカーディガン、デニムパンツで、こなれた大人カジュアルスタイルに。カーディガンは網目が大きくなければ、爪がひっかかる心配はありません。

【番外編】猫カフェの髪型はどうする?まとめ髪がおすすめ

デニムパンツを使った猫カフェの服装
さらに猫カフェでは、服装だけではなく髪型も気になるところ。とはいえ実際のところ、猫カフェではどのような髪型でも問題はありませんが、強いて言うのなら「まとめ髪」がおすすめです。

というのも、猫カフェでは低い位置から猫の写真を撮るシーンもあるでしょうし、そんな時に長い髪を下ろしたままにしていると、鬱陶しく感じる可能性があるから。したがって、髪を気にせずに存分に猫カフェを堪能したいのなら、軽く髪を束ねることをおすすめします。
いかがでしたか?今回は、猫カフェのマナーからおすすめのコーディネートまで一挙ご紹介しました。猫カフェの服装では、まず第一に猫に悪い影響を与えることがないことを重視するのがマスト。あとは、胸元や脚が露出されるような服装を控えたりと、周囲のお客さんにも不快感を抱かれないような着こなしにまとめるのがマナーです。ぜひ参考にして、正しい服装で存分に猫たちとの戯れを楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック