BEAUTYSEP.03.2018

鼻を高くする方法はある?マッサージやメイクなど自分でできる方法

外国人のような高くてスッと通った鼻筋に憧れている女性が多くいます。特に日本人の顔は平坦であることが多いと言われているので、立体感のある顔立ちに憧れますよね。 そこで今回は、顔の中心にあり、全体の印象を左右する“鼻を高くする方法”についてご紹介します。
外国人のような高くてスッと通った鼻筋に憧れている女性が多くいます。特に日本人の顔は平坦であることが多いと言われているので、立体感のある顔立ちに憧れますよね。 そこで今回は、顔の中心にあり、全体の印象を左右する“鼻を高くする方法”についてご紹介します。

鼻を高くする方法で立体感のある顔へ

帽子を被った女性
顔の中心にある鼻は、顔全体の印象を大きく左右するパーツです。
そのため「もう少し鼻が高ければ」と、自分の鼻をコンプレックスに感じている女性も多くいます。

鼻を高くするためは、整形をするしかないと思っている女性もいますが、実は毎日鼻を高くする方法をコツコツ続けていけば、スッと鼻筋の通った鼻へ近づけることができると言われているのです。

そこで今回は、整形をしなくても高くできる方法についてご紹介!
理想の鼻に近づけるように、ぜひトライしてみてくださいね。

鼻を高くする方法【1】マッサージをする

鼻に指を当てる女性
鼻を高くする方法として人気なのが、マッサージをすることです。
「マッサージだけで高くなるの?」と思ってしまいますが、鼻筋の大部分はコラーゲンを材料とした軟骨でできているので、毎日マッサージを続けることで理想の鼻に整えることができると言われています。

■鼻を高くするマッサージ方法
①マッサージをする前に、肌に負担をかけないように鼻周りに乳液やワセリンなどを塗ります。
②次に鼻の下を5回ほどリズミカルに伸ばしていきます。
③鼻の横のところを指の腹でクルクルとマッサージをします。
④そして指の腹で鼻の付け根部分を両サイドから挟むように押して、形を整えます。
⑤そのまま眉間あたりまで少し間隔を開けながら、グッグッと点で押すように移動します。
⑥最後に人差し指、中指、薬指の腹で小鼻を両サイドから押し、水分や老廃物を流すようなイメージでグッと上に引き上げましょう。

鼻の皮膚はダメージを受けやすい部分でもあるので、力を入れないように、そして爪を立てないように気を付けながら行ってみてくださいね。

鼻を高くする方法【2】メイクで高く見せる

メイクをする女性
“鼻を高くする”という解決策ではないですが、メイクで鼻を高く見せることも一つの方法です。
メイクならすぐに取り入れることができ、鼻筋がスッと通っているように見せることができるので、外に出るときだけでも高く見せたいという女性におすすめ。

■鼻を高く見せるメイク方法
①最初にコンシーラーで鼻周りのくすみをカバーしておきます。
②次に鼻筋を際立たせるように両サイドにシェイディング入れます。
③そして鼻筋、シェイディングと目の間にハイライトを入れます。
④スポンジを使って、ハイライトから上手にぼかしていきましょう。

クリームタイプのシェーディングやハイライトを使った場合は、パウダータイプのものを最後に重ねることで持ちをよくすることができます。

ただし、濃くなりすぎると全体のメイクの仕上がりも不自然になってしまうので、夜メイクではやや濃いめに作っても昼メイクでは「少し薄いかな?」と思うくらいの気持ちで完成させてみてください。

鼻を高くする方法【3】グッズを使う

女性の横顔
最近では、鼻を高くする専用のグッズが多く出回っていますよね。そのグッズを使って毎日鼻を高くしていくこともおすすめです。

鼻を高くするグッズとしては、大きく分けると「ノーズクリップ」と「鼻プチ」「ミニプチ小鼻」に分けることができます。

■ノーズクリップの特徴
洗濯ばさみを使って鼻を高くしている方もいるようですが、洗濯ばさみだと痛いですよね。
ノーズクリップは洗濯ばさみと同じような感覚で使うことができ、鼻への負担を軽減しながら挟んで高くすることを目指せます。

■鼻プチの特徴
最近流行っているのが、専用のグッズを鼻の中に入れて高く見せる方法です。
ゴム状のものを縦になるように鼻の中に入れてセットすることで、小鼻が持ち上げられて高く見せることができます。
最初は思い通りにセットすることが難しく感じてしまう方もいるそうですが、慣れてしまえばサッとセットすることができるそうです。

■ミニプチ小鼻の特徴
ミニプチ小鼻とは、二重を作るアイプチの鼻バージョンです。
特殊なストレッチ素材のシールを鼻に貼り、軟骨に癖をつけていく方法で、SNSなどでも大注目を集めています。

鼻を高くするための効果的なタイミングや注意点

鼻に触れる女性
鼻を高くする方法を取り入れる上で、効果的なタイミングは入浴中やお風呂上がりに行うことです。

身体が温まっているときは、血流が良くなり、脂肪が柔らかくなるだけでなく、軟骨も普段以上に柔らかくなっているので、癖がつけやすいと言われています。
マッサージを行う際も、グッズを使う際も入浴中やお風呂上がりを意識してみてくださいね。

またグッズは就寝前につけられるものもありますが、横向きになったりうつ伏せになったりすると、ズレたり取れたりしてしまうので注意しましょう。
自分でもできる“鼻を高くする方法”についてご紹介しました。どれも気軽に始められる方法ばかりです。
あとは継続していくことが大切なので、効果的なタイミングに毎日実践し、理想の鼻を目指していきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。