BEAUTY
MAY.15.2020

梅雨の髪の毛問題を解決!対策やスタイリングの方法をご紹介

梅雨の髪の毛問題を解決!対策やスタイリングの方法をご紹介 梅雨の髪の毛問題を解決!対策やスタイリングの方法をご紹介

梅雨になると悩みが尽きないのが、「髪の毛」の問題。湿気に負けて広がったり、うねってしまったりと、うまくヘアが決まらず頭を抱えることでしょう。そこで今回は、梅雨の髪の毛のお悩みを解決すべく、対策からスタイリング方法をご紹介します!

【目次】

梅雨の髪の毛のお悩みを解決!知っておきたい対策を丸ごとチェックしよう

髪をとかす女性の写真

湿気の多い梅雨になると、憂鬱な気分になる女性が大抵ではないかと思います。雨降りの中ジメジメとして不快感が高まるばかりか、「髪の毛」がうまくまとまりにくいこともあり、お悩みの方も多いことでしょう。朝しっかりとブローをして出掛けても、ちょっと外を出歩けばスタイリング前の状態に元通りに……というのはよくある話。嫌な梅雨の日々の気分を少しでも上げるためにも、正しいケアやスタイリングの方法を知って、湿気知らずのきちんとヘアを手に入れたいところです。

そこで今回は、梅雨の気になる髪の毛問題を解決すべく、湿気に負けないための対策を一挙ご紹介します!まずは梅雨に髪の毛がまとまりにくい原因、ありがちな髪トラブル、その対策方法を解説した後に、湿気が多い日におすすめのヘアアレンジや人気のヘアケア用品まで丸ごとご紹介しますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

雨の日にはどうして髪がまとまらないの?まずは基本をチェック

鏡を見ている女性の写真

「湿気のせいで髪がまとまらない」といった認識は広く持たれていますが、これはどうしてなのかご存知ですか?大抵の方は、湿気が髪の毛に悪い影響を与えるということは何となく理解しているかと思いますが、それがどうしてなのか、具体的な理由をご存知ではない方が多いのではないかと思います。

まず先にお伝えしておくと、実は梅雨に髪の毛がヨレてしまうのは、ただ湿気だけが原因となっているわけではありません。もちろん湿気による影響は間違いなくあるのですが、普段のケア方法や髪のダメージの受け具合によっても、梅雨の髪の毛の状態は大きく左右されるのです。

そこでまずは本題に入る前に、雨の日に髪がまとまりにくい原因を徹底解説します!一般的に考えられる3つの原因をピックアップして提示した後に、それぞれの詳細をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

髪がまとまりにくい原因①水分を吸収しやすく湿気に弱い髪質であるから

まず、梅雨に髪がまとまりにくい原因の一つとして挙げられるのが、「髪質が水分を吸収しやすく湿気に弱い髪質である」というものです。そもそも人の髪質には、水分を吸収しやすいものとそうではないものの2種類に分けられます。水分を吸収しやすいのが「吸水毛」、水をはじく性質を持っているのが「撥水毛」と呼ばれ、それぞれでケアの方法もガラリと変わるため、今一度ご自身の髪のタイプをチェックしてみてください!

そこで撥水毛は健康的な状態であることが多く、整ったキューティクルで表面が覆われているところが特徴的。普段は水分量が多いため、乾燥が続くとパサついたり広がったりしやすいのですが、湿気には強く、梅雨でもヘアセットが崩れにくいところがポイントです。

一方吸水毛は湿気に弱く、雨天時には髪の毛が広がったり、うねりが出やすいのが特徴。くせ毛や、髪の毛一本一本が細い猫っ毛の方に多く見られる髪質だと言えます。さらにパーマやカラーなどによるダメージでキューティクルが傷んでしまうと、撥水毛が進行しやすいので要注意です。

髪がまとまりにくい原因②カラーなどによるダメージが大きいから

二つ目の原因としてご紹介するのが、「髪のダメージの度合いが大きい」というものです。例えば、カラーやパーマによるダメージ、アイロンやコテ、ドライヤーなどの熱によるダメージ、ブラッシングや枕などの摩擦によるダメージ、さらには紫外線によるダメージなど。これらがキューティクルを傷めることで、水分を吸収しやすい髪質を作ってしまうと言えます。

というのも、そもそもキューティクルは外部の刺激から毛髪の内部を守っているのですが、ダメージを受けることによって表面から剥がれてしまい、様々な髪の悩みを引き起こします。湿気の多い梅雨には、水分を吸って広がりやうねりの原因となるのはもちろんですが、そうではなくてもまとまりにくかったり、表面に潤いやツヤが感じられなかったりと、パサパサとした印象の髪の毛に。何だか垢抜けないような見た目になってしまいますし、できる限り髪へのダメージを抑え、キューティクルを万全の状態へと導きたいものです。

髪がまとまりにくい原因③髪内部の水分バランスに問題があるから

さらにまとまりにくい髪の毛を作る原因の三つ目が、「髪内部の水分バランスに問題がある」というものとなります。実は髪内部の水分バランスを保つことは、髪を健康的な状態に維持するにあたって非常に重要なポイントに。なんと髪の8〜9割を占める成分「ケラチン(タンパク質)」に水分が少ない状態だと、キューティクルが剥がれ、よりダメージを受けやすくなってしまうのです。

髪を健康で美しい状態に保つためには、12%程度の水分量をキープすべき。この水分量を意識することにより、ツヤがあり綺麗で、かつ指通りの良い滑らかな髪へと導くことができます。

また、あなたも「髪を濡れたまま放置するのは良くない」と一度は耳にしたことがあるはず。これはなぜかというと、髪が濡れっ放しだとキューティクルが開いた状態のままとなってしまい、水分とともに髪の内部の栄養素が外に流れ出てしまうから。そうすると結果的に、キューティクルが剥がれたボロボロの状態になってしまうでしょう。

具体的に梅雨にありがちな髪の悩みを解説!多くの女性が頭を抱える問題とは

ヘアスタイルに悩む女性の写真

湿気の多い梅雨には、髪の毛がまとまりにくかったりうねったりと、様々なトラブルに悩まされる女性が多いのは紛れもない事実。これらが一般的な湿気によるお悩みではあるものの、他にはどのようなトラブルが引き起こされやすいのか気になるところです。現状では湿気によるお悩みが軽度である方も、今後の髪へのダメージにより症状が悪化する可能性も十分にありますし、ここでチェックしておきませんか?

そこで次に、湿気の多い梅雨にありがちな髪の毛のトラブルについて一挙ご紹介します!女性はどのようなお悩みを持っているのかここで事前に確認できれば、「自分だけではないんだ」と心強く感じることができるはず。その上で湿気に負けないヘアケアに力を入れることができるよう、モチベージョンアップに繋げられると幸いです。

梅雨の髪のお悩み①湿気によって広がって見えてしまう

まずはじめにご紹介するお悩みが、「湿気によって広がって見えてしまう」というものです。髪の毛のダメージが酷い状態でキューティクルが剥がれ落ちていると、内部は栄養が空っぽになっているとイメージして。そうすると頭皮からの栄養を受け取ることができないのはもちろん、外部からの刺激にも弱く、湿気によって水分も不要なほどに入り込み、膨張してしまいます。となると髪の毛一本一本がいびつな形になり、全体が広がって見えるのです。

湿気が多いと水分の含有量が増えてしまい、スタイリングが崩れてしまう原因にも。普段からのケアを大切にして、余分に水分を含まないように意識したいところです。

梅雨の髪のお悩み②うねりが出て何だか垢抜けない印象に

さらに髪の毛の広がりと同じくらい多くの女性が悩まれやすいのが、髪の毛の「うねり」の問題です。これまでにお伝えしたように、髪のうねりは髪質によるものがほとんどで、特に普段くせ毛に悩まされている方が症状が加速します。髪の毛一本一本が水分を含むことで、よりクセやうねりが気になってしまうことでしょう。

何にせよ髪の毛へのダメージは、クセを悪化させてしまう大敵。もともと直毛の方でも、頭皮環境や体の内部のバランス、そして外部から受ける刺激によってうねりが出やすくなってしまうため、この機会に生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

梅雨の髪のお悩み③毛先がまとまらずボサボサな見た目に

梅雨の髪トラブルにありがちなのが、ズバリ「毛先がまとまらずボサボサに見える」というもの。これに関しても、髪の毛の内部に水分が入り込んでしまい、癖として毛先が跳ねてしまうのが原因だと言えます。その結果髪の毛全体のボリュームがアップしたり、毛先がまとまらなかったりと、ボサボサとした印象を与えてしまうのです。

やはり毛先がボサボサとしていると、どうしても野暮ったい雰囲気を演出してしまうのは言うまでもない話。ヘアアレンジをしてもまとまりにくいですし、どんなにおしゃれをしても垢抜けたような見た目を手に入れることはできないでしょう。

梅雨の髪のお悩み④しっかりとセットしても湿気で崩れやすい

しっかりとヘアセットをして出掛けても、「湿気で崩れやすい」という点にお悩みの女性も多いことでしょう。例えばしっかりと髪をコテで巻いてワックスやスプレーでキープさせていたところで、外を出歩くと湿気で巻きが取れてしまったり。気合を入れてヘアアレンジをしていても、雨風の影響で崩れてしまったりと、せっかく朝綺麗にセットしたスタイルもなかなか夕方までキープできません。

以上より、湿気は髪の広がりやうねりを引き起こすだけではなく、セットを崩してしまいやすいところも厄介なポイントに。この場合には、普段からのケアに力を入れるというよりは、その時のヘアセットによる湿気対策を意識する必要があると言えます。

梅雨の髪トラブルの対策をご紹介!まずはヘアケアで本当に美しいヘアに

微笑んでいる女性の写真

以上より、梅雨の髪の毛にありがちなトラブルをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?髪の悩みが尽きない梅雨の季節、お出かけが億劫に感じる女性も多いのではないでしょうか。思わず気分が落ち込むシーズンですが、どうにか綺麗な見た目をキープして、モチベアップを期待したいところ。ここでは梅雨の髪のお悩みを解消するにはどうすれば良いのか、その対策をチェックしてみませんか?

そこで次に、梅雨の髪トラブルを軽減させる対策について一挙ご紹介します!まずは、湿気に負けないために普段からできる『ケア方法』にフォーカスし、どのような効果が期待できるのか解説。綺麗を手に入れるためにはどんなケアが必要となるのか、ここで頭に入れていただけると幸いです。

対策①普段からしっかりとヘアドライヤーで髪を乾かして

湿気による髪トラブルを抑えるには、日頃のちょっとした心掛けが重要なポイントに。そこで最も大切だと言っても過言ではないのが、「ドライヤーで髪を乾かす」ことになります。面倒だからと、風呂上がりについつい髪を乾かさずに放置している方も多いかと思いますが、キューティクルが開いたままの状態となり、髪のダメージの進行を早める原因となりますので十分にご注意ください。

また、髪を乾かさない状態から時間が経てば経つほど、うねりや広がりが悪化するので要注意。早い段階で髪を乾かすことにより、必要以上にクセが出ることを防ぐことができます。また、ドライヤーを当てる際には、髪の根元の方から風を当てていくと、ボリュームダウンさせることが可能。さらに髪表面のキューティクルが整い、クセが尽きにくくなるので、ぜひチャレンジしてみてください!

対策②こまめにブラッシングをして美しい状態に

ヘアケアに力を入れるべきは、何もお風呂上がりだけではありません。日常生活の中でもこまめに取り組みたいケアがあるのですが、その一つとしてご紹介するのが、「ブラッシング」となります。実はブラッシングは、美髪を手に入れるにあたって、非常に重要な役割を果たします。髪を絡まりなどから整えたり、ホコリや汚れを取ったりできるのはもちろんですが、さらに大きな利点があるのです!

そこでブラッシングの嬉しい効果の一つが、「自然なツヤを出してくれる」ということ。ブラッシングをして、頭皮から分泌される皮脂(天然のクリーム)を髪全体に行き渡らせることにより、自然なツヤや潤いを与えることが可能。梅雨のパサつきのある髪も、ツヤ髪へと導いてくれるでしょう。

さらにブラッシングで程よく頭皮に刺激を与えることにより、血行が促進されて髪の毛が丈夫な状態に!薄毛や抜け毛の予防にもぴったりなので、お悩みの方はぜひこの機会に習慣付けてみてはいかがでしょうか。

対策③ヘアオイルやトリートメントを使用して髪にツヤとまとまりを与えよう

梅雨の髪トラブルの救世主となるのが、ズバリ「ヘアオイル」や「ヘアトリートメント」。これまでにお伝えしたように、湿気から髪を守るためには、内部に潤いを与えてダメージを補修するのが重要なポイントとなってきます。そこでいくらその時に丁寧なスタイリングを行なっても、既に傷んでいる状態だと湿気を含みやすいですし、髪トラブルを根本から解説することはできません。そこで健康的な髪づくりのサポート役として、これらを取り入れてみてください!

例えば髪の毛をタオルドライした後、ヘアオイルを適量手に出して満遍なく伸ばし、髪の内側から毛先までしっかりと馴染ませて。さらにドライヤーで乾かしたら、普段からできる美髪ケアは完了です。これによって、髪に潤いやツヤを与えてまとまりやすくしてくれるのはもちろん、ドライヤーの熱によるダメージから守ることもできるので、一石二鳥とも言える優秀ケアなのです。

髪トラブルごとに対策方法を解説!スタイリングの秘訣をチェック

髪を結んでいる女性の写真

湿気から負けない健康的な髪を作るためには、普段から正しいケアを継続して行うことが重要なポイントとなります。ただそれは現状維持であり、かつ将来の綺麗な髪を作るためのケアとなりますので、一時的に髪のお悩みを解消させるには、「スタイリング」に力を入れるとOK。ここでは、悩みの解決を期待できるポイントを、いくつかチェックしてみませんか?

そこで次に、気になる髪トラブルごとにヘアスタイリングの秘訣を一挙ご紹介!ここでは、「うねり」「広がり」「パサつき」の3つのお悩みをピックアップして、それぞれにおすすめするスタイリングのポイントを解説しました。きっとあなたの髪のお悩みを解決する手助けとなりますので、ここで目を通していただけると幸いです。

【うねり対策】しっかりと乾かした上で保湿!ニュアンスを出すのもおしゃれ

まずはじめにご紹介するのが、髪の毛の「うねり」対策のためのスタイリングです。もともとくせ毛にお悩みの方は特に、湿気が加わってうねりが出やすいのですが、スタイリングを見直すことによって多少は抑えることが可能。ここでは、その気になる方法をチェックしてみましょう。

まずは大前提として、シャンプー後の髪は濡れたまま放置せず、すぐにドライヤーで乾かして。特に根元が濡れていると、その湿気で髪がうねりやすくなってしまうため、十分にご注意ください。そこで朝のスタイリングでは、ヘアオイルを使って潤いを与えつつ髪全体のまとまりを意識したり、ヘアワックスを使って保湿をしつつ髪表面をコーティングしたりと、スタイリング剤を使用するのがマストです。

またヘアアイロンでストレートヘアに仕上げるのも良いのですが、今っぽくおすすめなのが、自然なうねりを生かした「ニュアンス」ヘア。うねりをうまく使えば、こなれ感たっぷりのおしゃれスタイルが叶うので、何もストレートヘアばかりにこだわる必要はありません。

【広がり対策】スタイリング剤を!ヘアオイル等でボリュームを抑えて

梅雨の髪の毛の広がり対策には、「スタイリング剤」を使用しましょう。髪がまとまらない原因には「髪質」「髪のダメージ」「乾燥」「湿気」などがありますが、ケアやスタイリングでもある程度は解消することが可能。もちろん、髪の広がりが気になりにくい髪型を意識してみるのもOKです。

例えばヘアオイルを使用して、今トレンドの濡れ髪に仕上げてみて。しっとりとしたウェットな質感でボリュームダウンが叶う上に、おしゃれなニュアンス感も演出できるので、旬のヘアスタイルにまとめたい方にもぴったりのスタイリングです。オイルは根元につけると嫌なオイリー感が漂ってしまうため、髪の内側から指を入れて、満遍なく馴染ませるように。毛先までしっとりと落ち着かせると、パサつきも解消できるのでおすすめです。

【パサつき】チリチリ・ボサボサ感が気になる場合にはコーティングを意識

毛先が傷んでいる方は特に、チリチリとしたパサつきのある髪の毛になりがち。そこでツヤのある見た目を叶えるためには、髪の毛の表面を「コーティング」してあげることが重要となってきます。というのも、例えばサロンでトリートメントを行うと、直後はつるつるかつサラサラのツヤ髪が手に入るはず。しかしあれは結局コーティングをしているだけで、摩擦やダメージなどが加わると徐々に剥がれてしまうので、数日経つと効果が薄れてしまうのです。

そこでホームケアでも、同じようにコーティングをしてあげれば良いだけの話。自宅でトリートメントを使用してスペシャルケアを行なったり、オイルやワックスをつけて表面にツヤを与えるだけでも、十分にコーティングが叶います。また、パサつきのあるボサボサ感が気になる場合に使用するスタイリング剤は、保湿ができるものがおすすめです。

梅雨にオススメのヘアアレンジ3選!湿気に負けないスタイリングをチェック

 

自宅でできるセルフケアや髪トラブルの対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?これで、本来の髪を綺麗に見せる方法は、ある程度理解できたのではないでしょうか。

そこで次にご紹介するのが、ジメジメとした梅雨におすすめのヘアアレンジ。「セットをしても時間が経ったら崩れてしまう」というお悩みをお持ちの方もいれば、「雨の日もおしゃれなヘアスタイルで気分をあげたい」「崩れが気にならない髪型をマスターしたい」と梅雨にぴったりのアレンジ方法を知りたい女性もいらっしゃるはずです。ここで、その気になるヘアアレンジテクをチェックして、嫌な梅雨の日々を乗り切りましょう!

梅雨のおすすめアレンジ①広がりが気になるならアップヘアでまとめて

 

髪の広がりが気になる方、うまくまとまらずにお悩みの方は、毛先までまとめたアップヘアに仕上げてみましょう。例えば「お団子ヘア」なら、髪の毛全体をしっかりとまとめることができませんし、湿気で崩れにくいところが嬉しいポイントです。

顎と耳のラインの延長線上を意識して、まずは一つ結びに。サイドやトップの表面や後れ毛を軽く引き出してあげると、こなれ感が出て今っぽい雰囲気を演出することができます。さらにゆるっとお団子を作り、残った毛先はピンで留めてしっかりと固定。これなら様々な髪トラブルをカバーすることができるので、梅雨の日の髪型に悩まれた際には、ぜひトライしてみてください!

梅雨のおすすめアレンジ②ヘアアクセを使っておしゃれを格上げ

 

気分が落ち込む梅雨の日々を明るく過ごしたいのなら、「ヘアアクセ」に頼ってみてはいかがでしょうか。例えば、存在感のある「ターバン」はその日のファッションのワンポイントになる上に、気になるヘアセットの崩れまで防いでくれる、雨の日にぜひとも頼りたい優秀アイテムです。

ざっとで問題ないので、髪の毛全体をゆるく巻いたら、高すぎない位置でポニーテールを。髪の表面を少しずつつまんで引き出し、抜け感を加えるとトレンドライクな印象を与えることが可能です。さらにポニーテール部分から少し毛束を取って、ヘアゴムを隠すように巻き、ピンで固定。あとはターバンをプラスするだけで、ワンランク上のおしゃれヘアの完成です!

梅雨のおすすめアレンジ③帽子を被ってボサボサ髪をカバーするのもOK

 

髪の毛のボサボサ感が気になるのなら、「帽子」を被ってカバーしてみましょう!ケアやスタイリングが苦手な方は、帽子で隠すのもOK。コーデ全体のアクセントになるため、おしゃれ度がアップしますし、垢抜けたい方にもぴったりのテクニックだと言えます。

例えば、あえてボーイッシュなキャップを取り入れたスタイリング方法をご紹介。あらかじめ髪の毛全体に熱を通すように、ゆるく巻いておきましょう。さらにヘアオイルを馴染ませて、さりげなくツヤ感をプラス。そこでゆるく一つ結びを作り、結び目の上で真ん中からぱっくりと割って、毛先を入れ込み「くるりんぱ」を。あとはヘアゴムをぎゅっと閉めて、くるりんぱ部分を軽く引き出しつつゆるめたらOKです。メンズライクなキャップスタイルも、一気に女性らしく抜け感のあるスタイルに仕上がるでしょう。

梅雨のヘアアレンジに使いたい!SNSでも話題の人気アイテム2選

 

そこで最後に、梅雨のヘアアレンジにおすすめのケアアイテムを2つピックアップしてご紹介します!ここで厳選しているのは、SNSでも話題でヘアケアの定番と言っても過言ではない、超人気商品のみ。商品の詳細から使い方のポイントまで丸ごと解説しますので、少しでも気になればこの機会に手に取ってみてはいかがでしょうか。

梅雨のおすすめヘアアイテム①マルチに使える万能さが魅力!SNSでも話題のオイルがこちら

napla(ナプラ) N. ポリッシュオイルの写真

SNSでも話題の人気のヘアオイルといえばこちら!napla(ナプラ)の「N. ポリッシュオイル」です。パサつきを抑えて程よいツヤを与え、美髪を作ってくれる優秀な一品。天然由来成分とシアバターで作られているため、敏感肌の方でも問題なく使用できる上に、髪だけではなく肌の潤い補給にも使えるところが魅力的だと言えます。

さらに素髪の美しさを引き上げるといった印象で、馴染ませるとやりすぎ感なくツヤを与えてくれるところが嬉しいポイント。ベタベタ感がありませんし、かつオイル特有の手肌へのベタつきも気になりづらいため、出先でも安心してご使用いただくことが可能です。

napla(ナプラ) N. ポリッシュオイル / ¥3,790

梅雨のおすすめヘアアイテム②ベストセラー!万能ケアが魅力のオーガニックヘアワックス

product(ザ・プロダクト) ヘアワックスの写真

こちらは、万能ケアが魅力のオーガニックヘアワックスproduct(ザ・プロダクト)の「ヘアワックス」です。こちらも長年人気を誇る定番のヘアケアアイテムで、今となっては誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。自然由来の原料だけで作られており、ヘアスタイリングにはもちろん、肌やネイル、リップにまで使用できる、マルチな保湿ケアアイテムとなっています。

使い方は簡単で、少量を指にとって手のひらによく伸ばし、オイル状になったら髪の内側から馴染ませるだけ。寒い季節にはワックスが緩くなりにくいので、オイルを軽く混ぜてあげたらOKです。柑橘系のリラックスできる香りも魅力で、一度使うと虜になること間違いありません。

product(ザ・プロダクト) ヘアワックス / ¥1,892

いかがでしたか?今回は、梅雨に髪がまとまりにくい原因から対策、おすすめのスタイリングまで一挙ご紹介しました。うねりや広がり、パサつきなどの髪トラブルを解消するには、まずは日々のヘアケアに力を入れるのが重要なポイントに。日頃からしっかりと髪の内部から補修しておくことにより、湿気のダメージにも負けることのない丈夫な髪の毛を手に入れることができるのです。ぜひ参考にして、嫌な梅雨の日々も湿気知らずのきちんとヘアでハッピーに乗り切ってください!