BEAUTY
APR.19.2020

人気の日焼け止めが知りたい!選び方のコツやタイプ別におすすめ紹介

人気の日焼け止めが知りたい!選び方のコツやタイプ別におすすめ紹介 人気の日焼け止めが知りたい!選び方のコツやタイプ別におすすめ紹介

紫外線対策をするために欠かせない日焼け止めですが、シーンや自分に合った日焼け止めを選ぶことはできていますか?毎日使うものだからこそ、日焼け止め選びはしっかりしたいですよね。今回はタイプ別に人気の日焼け止めをご紹介します。

【目次】

日焼け止め、毎日使ってる?

 

美容を気にしている女性にとって欠かせないのが紫外線対策ではないでしょうか。
少しずつ暖かくなってくると、紫外線が気になるという女性もいますよね。

そこに合わせて、毎年新しい日焼け止めが登場しています。
毎日使うものだからこそ、どんな日焼け止めを選ぶかとても重要になってきますが、たくさんあってどれを選べばいいか分からないという女性も多いのではないでしょうか。

そもそも、日焼け止めは毎日使うべきなのか、ワンシーズンだけでもいいのではないのかなど、いろいろ思う部分がある女性もいるでしょう。

そこで今回は、紫外線による影響や使う時期、選び方に続いて、タイプ別に人気の日焼け止めをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日焼け止めを使わないとどうなるの?

 

そもそも「日焼け止めって必要?」「紫外線による影響って何だろう」と思っている女性もいるのではないでしょうか。

紫外線を浴びれば、赤くなったりヒリヒリしたりするものの、他にも肌への影響はなさそう……と初めての方であれば思ってしまうでしょう。

しかし紫外線による影響は、女性にとってとても恐ろしいんです!
日焼け止めなどで紫外線対策をしないとどうなってしまうのか見てみましょう。

シミができやすくなる

紫外線による影響として有名なのが、シミやそばかすができやすくなるということです。

紫外線の刺激により、メラノサイトへ指令が届くと、メラニン色素が生成されます。
メラニン色素はメラノサイトから表皮の細胞に受け渡され、まわりの皮膚へと広がり、紫外線を吸収して肌を守ろうとするんです。

一見、肌に嬉しい働きをしてくれているように見えますが、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、シミやそばかすの原因となってしまうんですよ。

紫外線はメラノサイトを活性化させるので、日焼け止めで肌を守っていくことが大切になります。

肌の老化が加速する

紫外線による影響は、シミやそばかすができやすくなるだけではありません。

実は、紫外線を長年にわたって浴びることで、シミをはじめ、シワや弾力の低下といった肌の老化を促進してしまうんです。

さらには、皮膚がんを誘発する原因になることもあるんだそう。
加齢にともなう老化と比べ、紫外線(UV-A)がもたらす光老化は、硬くゴワゴワした肌に、深いシワが刻まれるのが特徴です。

肌の老化の原因は、ほとんどが紫外線だと言われているんですよ。

また、年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなるため、紫外線によって肌細胞の老化が起きやすくなることも分かっているそうで、加齢とともにより紫外線への注意が必要になってきそうです。

日焼け止めを使うのは夏だけじゃない!

 

皆さんは日焼け止めをいつから使っていますか?
紫外線対策に欠かせない日焼け止めといえば、紫外線量が一番多い夏から使うものだと思っている方もいるかと思います。

しかし、紫外線は一年中降り注いでいるものなんです!

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があり、地上に到達するのが「UV-A」と「UV-B」で、「UV-C」はオゾン層で吸収されるので地上には到達しません。

ただ「UV-A」は真皮まで届いて肌の老化を進めると言われており、長期的に浴びるとシワやたるみの原因になってしまいます。
「UV-B」は赤くなってヒリヒリする炎症を引き起こすもので、日焼け後にメラニンを増加させて、シミやそばかす、肌のカサつきやキメの乱れなどの悪影響を及ぼします。

「UV-B」は6月から9月にかけて一番増えますが、「UV-A」は2月から増え始め、10月くらいまで多いので、夏だけケアをするのではなく、一年中対策をしていく必要がありそうです。

日焼け止めの正しい使い方

 

肌に悪影響をもたらす紫外線を対策するには、日焼け止めを使うことが一般的ですが、その使い方を間違えてしまうと、日焼け止めの効果は半減してしまいます。

女性にとって欠かせないアイテムだからこそ、正しい使い方を身につけておきたいですよね。

今まで自分は正しい日焼け止めの使い方ができていたか、おさらいしながら見ていきましょう。

使用する順番を守る

まずは日焼け止めを使用する順番をチェックしてみてください。

日焼け止めは基本的にスキンケアの次に使うことが一般的。
しかし最近では、乳液に日焼け止め効果があるものや、化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果のあるものもあります。

自分がどんなタイプの日焼け止めを使うかによって変わってくるので、きちんと確かめておくことが大切ですよ。

適量を薄く伸ばす

日焼け止めを使う場合、適量を手の甲に出しましょう。

日焼け止めは、少なすぎれば効果を得ることができないですし、逆に多すぎても肌に負担をかけてしまったり、そのあとのメイクで厚塗り感が出てしまうことがあるからです。

それぞれの日焼け止めによって適量も変わってくるかと思いますが、パール1粒分が目安になります。

この適量を手の甲に出したら、おでこ、両頬、鼻、あご先に置き、指の腹を使って顔のすみずみまで広げていきましょう。
おでこ、鼻の上、頬骨など顔の中で高いところは日焼けをしやすいので、二度塗りをすることがおすすめです。

体に使う場合は直接塗る

顔に塗る場合は、手の甲に出してから使うことがポイントになりますが、体に使う場合は少し塗り方が変わってきます。

日焼け止めを体に使う場合、広範囲に均一に塗らなければなりません。

手のひらで広げてから体に塗る方法だとムラが出てしまうので、腕や足に日焼け止めボトルの口を直接当て、線を引くようにすーっと出してみてください。
そこから両サイドに広げるように伸ばすことがポイントですよ!

体に塗る場合は、首やデコルテ、足の甲などにも忘れずに塗るようにしましょう。

こまめに塗りなおす

紫外線対策をしていく上で欠かせないのが、日焼け止めはこまめに塗りなおすということです。

「日焼け止めは一回塗れば大丈夫!」という訳ではないんです。

汗や皮脂で流れてしまうことがあるだけでなく、時間が経てば効果が薄れてきてしまうからです。
ですので、日焼け止めは2~3時間おきに塗りなおすようにしましょう。

外出先であれば、髪にも体にも、そしてメイクの上からでも使えるスプレータイプの日焼け止めがあれば便利ですよ。

日焼け止めはどうやって選べばいいの?

 

日焼け止めを上手に取り入れて紫外線対策をしていくためには、日焼け止めの選び方にも気を付けることがおすすめです。

今や日焼け止めはいろいろなブランドから出ているので、どんな日焼け止めを選んだらいいのか悩みますよね。

選び方が分かれば、自分の肌に合ったものや生活スタイルに合ったものを選ぶことができますよ!

「SPF」「PA」でシーンに合ったものを選ぶ

日焼け止めのパッケージでよく目にする「SPF」「PA」は、選ぶときのポイントになります。

「SPF」は、紫外線B波(UV-B)の防止効果を示す数値を意味しており、数値が高くなるほど、赤くなる日焼けを起こすまでの時間が長いことを示しているんです。

「PA」は、肌を黒くしたりツヤやハリ不足の原因になる紫外線A波(UV-A)を防ぐための指標で、「+」の数が多いほど、その効果が期待できると言われています。

SPFやPA値は高いほどいいという訳ではないんです。
紫外線の防止効果が高くなればなるほど、肌への負担が増えるので、シーンに合わせて適切なものを選ぶようにしてください。

■シーンに合わせた日焼け止めの選び方
・海やプールなどのレジャー、炎天下でのスポーツ……SPF30~50+/PA++++
・屋外での簡単なスポーツや外回りの仕事……SPF20〜30/PA++前後
・短時間の買い物や通勤などの日常生活……SPF10~20/PA+~++

肌に優しいものを選ぶ

日焼け止めは紫外線をブロックしてくれる優秀なアイテムですが、肌への負担となることもあり、敏感肌の女性からすると少し心配な部分があるかと思います。

そんなときは、肌に優しいものを選びましょう。

石鹸で落とせるものや、専用クレンジング不要と書かれているものであれば、簡単に落とせるので肌への負担も少ないことが分かります。

また、一般的に日焼け止めは「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2タイプに分けることができるので、それぞれの特徴を知り、選ぶこともポイントになりますよ!

■吸収剤タイプ
一度紫外線の熱を肌に取り込んでから熱などのエネルギーに変換することで紫外線を放出するタイプで、使用感がよく安価です。
高いUVカット効果と使用感の良さを兼ね備えているのですが、肌が敏感な場合は熱を蒸発させる際のエネルギーが負担になる可能性があります。

■散乱剤タイプ
酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄などの粉体で肌を覆い、物理的な仕組みにより紫外線を跳ね返すタイプで、コストがやや高めです。
しかし熱エネルギーを肌に吸収する必要がないため、敏感肌用の日焼け止めに使われることが多いですよ。

敏感肌用と書いてあるものが分かりやすいです。

機能性で選ぶ

日焼け止めは機能性で選ぶのも一つの方法です。

最近の日焼け止めは、紫外線をカットするだけでなく、肌のトーンアップを狙ったり、スキンケア効果のあるものがあったりと種類が豊富!

中には、肌への負担になる大気中のチリやほこりなどもブロックする高機能な日焼け止めがあるんですよ。

海やプール、大量に汗をかくようなシーンでは、ウォータープルーフタイプや汗や水に強い落ちにくい日焼け止めを選ぶことがおすすめです。

自分が日焼け止めの他にどのような効果を求めたいのか、購入する前に明確にしてから見に行くと自分に合ったものを見つけやすくなります。

外出するなら全身に使えるものを選ぶ

日焼け止めには、顔用と体用、髪用などがあります。
外出前であれば、それぞれの日焼け止めを使えばいいですが、2~3時間おきに塗り直しが必要とされている中で、一つ一つを塗るのは少し面倒ですよね。

外出先であれば特に大変ですから、全身に使える日焼け止めがあると便利です。

購入前に全身に使えるかどうか、きちんと確かめてから購入するようにしてみてくださいね。

テクスチャーや使い心地で選ぶ

日焼け止めは、テクスチャーの種類も豊富です。

日焼け止めの中でもスタンダードなのが、乳液タイプ、もしくはローションタイプです。
さらっとした使用感でべたつきにくく、水にも強いのがメリットですが、他にもありますので、自分の好みに合わせて選ぶことができますよ。

例えば、みずみずしくべたつきを感じにくいジェルタイプ、しっとりした使い心地でうるおい感がアップするクリームタイプ、シュッとひと吹きするだけで広範囲に塗れるスプレータイプなどが挙げられます。

日焼け止めは基本的に毎日使うものなので、使用感が気に入るものを選ぶといいですよ。

タイプ別に人気の日焼け止めをご紹介!

 

ここからはもっと自分が求める日焼け止めを選びやすいように、タイプ別に人気やおすすめの日焼け止めをご紹介します。

・プチプラの日焼け止め
・デパコスの日焼け止め
・敏感肌向けの日焼け止め
・全身用の日焼け止め
・トーンアップ効果のある日焼け止め
・高機能な日焼け

この6タイプに分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

プチプラ編▶人気の日焼け止め

 

毎日、そして毎年使うものだから、とにかく安く済ませたい!という方は、プチプラの日焼け止めをチェック!

プチプラの日焼け止めの中でも、価格以上の人気アイテムを集めてみました。

CANMAKE(キャンメイク) マーメイドスキンジェル UV

CANMAKE(キャンメイク) マーメイドスキンジェル UV

CANMAKE(キャンメイク)のマーメイドスキンジェル UVは、化粧水感覚で使えるプチプラの日焼け止めとして人気です。
国内最強レベルのUVカット効果でありながら、軽やかに使えるのは嬉しいですね。

洗顔後、これ1本でスキンケア・保湿下地・UVカット下地としても使える優れものです。

CANMAKE(キャンメイク) マーメイドスキンジェル UV / ¥770

NIVEA(ニベア) クリームケアUVクリーム

NIVEA(ニベア)  クリームケアUVクリーム

NIVEA(ニベア)のクリームケアUVクリームは、強力紫外線から肌を保護するだけでなく、肌にぴたっとフィットしてくれるので、高保湿効果も狙うことができます。

乾燥肌の女性から人気で、化粧下地としても使えますよ。

NIVEA(ニベア) クリームケアUVクリーム / ¥717

無印良品(むじるしりょうひん) 日焼け止めローション

無印良品(むじるしりょうひん) 日焼け止めローション

プチプラで、デイリー使い用の日焼け止めを探しているなら、無印良品(むじるしりょうひん)の日焼け止めローションが人気です。

無香料・無着色・紫外線吸収剤フリーで、うるおい成分であるヒアルロン酸Naが配合されていることが特徴です。
アトピーの方でも使えると好評ですよ。

無印良品(むじるしりょうひん) 日焼け止めローション / ¥590

デパコス編▶人気の日焼け止め

 

デパコスの日焼け止めは少しお値段が高くなりますが、その分紫外線と肌の関係についてとても研究された日焼け止めばかりです。

高価格帯ならではのリッチな使い心地も魅力ですよ!

LANCOME(ランコム) UV エクスペール トーン アップ ローズ

LANCOME(ランコム) UV エクスペール トーン アップ ローズ

LANCOME(ランコム)のUV エクスペール トーン アップ ローズは、最高レベルのUVカット効果に加えて、素肌を美しく守るエーデルワイスエキス搭載の日焼け止めです。

黄ぐすみしやすい日本女性の肌をトーンアップし、女性らしい血色感を叶えてくれますよ。

LANCOME(ランコム) UV エクスペール トーン アップ ローズ / ¥6,380

RMK(アールエムケー) UVフェイスプロテクター50

RMK(アールエムケー) UVフェイスプロテクター50

RMK(アールエムケー)のUVフェイスプロテクター50は、強い紫外線も寄せつけないみずみずしいウォーターベースの日焼け止め!

肌にぴったり薄い膜を作り、肌深くまでダメージを与えるUV-Aまで強力カットしてくれます。
白浮きもせず、保湿成分によってなめらかな肌状態もキープできますよ。

RMK(アールエムケー) UVフェイスプロテクター50 / ¥3,300

SUQQU(スック) エクストラ プロテクター 50

SUQQU(スック) エクストラ プロテクター 50

SUQQU(スック)のエクストラ プロテクター 50は、白浮きせずに、ハリと艶のある肌へ導いてくれる日焼け止めです。

高いUVカット効果はそのままに、心地良さを追求しており、肌もキレイに見せてくれるので、大人の女性から人気があります。

SUQQU(スック) エクストラ プロテクター 50 / ¥6,600

敏感肌向けの人気の日焼け止め

 

ちょっとしたことで肌に刺激や負担を感じてしまう敏感肌さんは、紫外線から肌を守るだけでなく、日焼け止めからも肌を守っていきたいですよね。

敏感肌でも使える優しい日焼け止めを選びましょう。

Mama Butter(ママバター) UVケアクリーム

Mama Butter(ママバター) UVケアクリーム

Mama Butter(ママバター)のUVケアクリームは、ノンケミカル処方の日焼け止めで、天然由来保湿成分のシアバター5%配合によって優しい塗り心地を感じることができます。

少し重めのテクスチャーですが、その分保湿力に優れていることが分かりますよ。

Mama Butter(ママバター) UVケアクリーム / ¥1,320

NOV(ノブ) UVシールドEX

NOV(ノブ) UVシールドEX

敏感肌向けのスキンケアシリーズを展開しているNOV(ノブ)のUVシールドEXという日焼け止めもおすすめですよ。

すべて紫外線吸収剤不使用なのが嬉しいポイントで、クリームタイプですが肌に伸ばすとすーっと馴染んでくれるので、使い心地も抜群にいいです。

NOV(ノブ) UVシールドEX / ¥2,750

Avène(アベンヌ) アーバン プロテクション UV フェイス&ボディ

Avène(アベンヌ) アーバン プロテクション UV フェイス&ボディ

敏感肌でも安心して使える日焼け止めとして定評があるものが、Avène(アベンヌ)のアーバン プロテクション UV フェイス&ボディです。

塗っている間も肌を健やかに保つスキンケア成分や保湿成分が配合されているので、メイク下地として使ってもうるおいのある肌を長時間保つことが期待できます。

Avène(アベンヌ) アーバン プロテクション UV フェイス&ボディ / ¥3,595

全身に使える人気の日焼け止め

 

毎日紫外線対策をするのであれば、顔だけでなく体にも使えるものだと助かりますよね。

一度に一つの日焼け止めでぱぱっと塗れるので、ズボラさんにもおすすめで人気がありますよ。

Biore(ビオレ) ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

Biore(ビオレ) ビオレUV アスリズム スキンプロテクト

Biore(ビオレ)のビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンスは、40℃の高温・湿度75%の過酷な環境にも耐えられるほどの高いUVカット効果がある日焼け止めです。

みずみずしいウォーターベースで使い心地が良く、長時間のお出かけにも安心!
ミルクタイプもあります。

Biore(ビオレ) ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス / ¥1,164

ALLIE(アリィー) エクストラUV ジェルN

ALLIE(アリィー) エクストラUV ジェルN

安定した人気を誇るALLIE(アリィー)のエクストラUV ジェルNは、石鹸で落とせるのに、汗・水・摩擦から強く、強力な紫外線から肌を守ってくれます。

従来のこすれ・摩擦に強い処方がさらにグレードアップしており、衣服やカバンの摩擦にまで耐えることができる最強の持続性を持って登場していますので必見です。

ALLIE(アリィー) エクストラUV ジェルN / ¥1,910

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUV スキンケアミルク a

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUV スキンケアミルク a

定番の日焼け止めアイテムと言えば、ANESSA(アネッサ)のパーフェクトUV スキンケアミルク aではないでしょうか。

日焼け止めが落ちることに着目しているので、長時間のお出かけやレジャーに心強いです。
スキンケア成分50%配合なのも嬉しいポイント!

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUV スキンケアミルク a / ¥3,300

トーンアップも狙える人気の日焼け止め

 

紫外線をブロックしながら、コントロールカラーのような役割も担ってくれる日焼け止めも人気ですよ。

日焼け止めを塗れば、ワントーン明るい肌や透明感のある肌、血色感のある肌などを作れるので、メイクの時短にもなるでしょう。

SKINAQUA(スキンアクア) トーンアップUVエッセンス

SKINAQUA(スキンアクア) トーンアップUVエッセンス

SKINAQUA(スキンアクア)のトーンアップUVエッセンスは、UVカットしながら、色と光をコントロールし、透明感を引き出してくれるラベンダーカラーの日焼け止めです。

素肌より透明感のある肌にしたい女性に人気!
同じシリーズでは赤みを補正するグリーンもありますよ。

SKINAQUA(スキンアクア) トーンアップUVエッセンス / ¥703

Mentholatum(メンソレータム) サンプレイ クリアウォーターe

Mentholatum(メンソレータム) サンプレイ クリアウォーターe

Mentholatum(メンソレータム)のサンプレイ クリアウォーターeは、ブルーっぽい色がついていることが特徴で、肌のくすみをカバーしてくれる日焼け止めです。

さらっとした水のようなテクスチャーなので、伸びがよくなじみやすいのも魅力ですよ。

Mentholatum(メンソレータム) サンプレイ クリアウォーターe / ¥815

JILL STUART(ジルスチュアート) エブリデイブライト UVプロテクター スパークル ロージーズ

JILL STUART(ジルスチュアート) エブリデイブライト UVプロテクター スパークル ロージーズ

JILL STUART(ジルスチュアート)のエブリデイブライト UVプロテクター スパークル ロージーズは、紫外線と外的環境から肌を守りながら、ピンクカラーで女性らしい血色感を与えてくれます。

みずみずしいヴェールで顔を包むジェルタイプの日焼け止めなので、軽い使い心地も嬉しいと人気です。

JILL STUART(ジルスチュアート) エブリデイブライト UVプロテクター スパークル ロージーズ / ¥3,080

高機能な人気の日焼け止め

 

肌の乾燥を守ったり、チリやホコリなど紫外線以外のことからも守ってくれる高機能な日焼け止めは、大人の女性から人気があります。

大人の肌を守っていきたい方こそ、ぜひチェックしてみてください。

La Roche-Posay(ラ ロッシュ ポゼ) UV イデア XL プロテクショントーンアップ

La Roche-Posay(ラ ロッシュ ポゼ) UV イデア XL プロテクショントーンアップ

La Roche-Posay(ラ ロッシュ ポゼ)のUV イデア XL プロテクショントーンアップは、敏感肌でも使うことができ、光を乱反射して肌を綺麗に魅せるトーンアップテクノロジーを採用した日焼け止めです。

それだけでなく、PM2.5を含む大気中微粒子などの外的要因からも肌を守り、エイジングケアを考えたスキンケア成分も配合しているマルチな日焼け止めですよ。

La Roche-Posay(ラ ロッシュ ポゼ) UV イデア XL プロテクショントーンアップ / ¥3,740

COSME DECORTE(コスメデコルテ) サンシェルター マルチ プロテクション

COSME DECORTE(コスメデコルテ) サンシェルター マルチ プロテクション

COSME DECORTE(コスメデコルテ)のサンシェルター マルチ プロテクションは、紫外線A波・B波から徹底的に守るだけでなく、乾燥や大気中の微粒子といった環境ストレスからも守ってくれる日焼け止めです。

乳液でもあるので、スキンケアの最後に使えば、乳液と日焼け止め効果を得られます。

COSME DECORTE(コスメデコルテ) サンシェルター マルチ プロテクション / ¥4,600

CHANEL(シャネル) UV エサンシエル コンプリート

CHANEL(シャネル) UV エサンシエル コンプリート

CHANEL(シャネル)のUV エサンシエル コンプリートは、紫外線などの外的刺激から肌を保護しながら、スキンケア効果でうるおいとなめらかさを与えてくれる高機能な日焼け止めクリームです。

紫外線対策をしながら、最適な水分バランスに整えてくれる点がさすがCHANEL(シャネル)ですね。

CHANEL(シャネル) UV エサンシエル コンプリート / ¥6,600

日焼け止めを使うときの注意点

 

最後に日焼け止めに関する注意点もいくつかご紹介します。

この注意点を押さえて、もっと上手に紫外線対策を行っていきましょう!

男塗りや一か所から塗り広げるのはNG

日焼け止めは、細かいパーツごとに分けて、何か所かに日焼け止めをのせてから塗ることが基本です。

手のひらで伸ばしてから塗る男塗りや、一か所に適量分の日焼け止めを乗せてから塗ってしまうと、ムラや塗り忘れが起こるので気を付けましょう。

また、 唇も日焼けするので、UVカット機能のあるリップも使っていくことがおすすめです。

合わないと思ったら無理に使用しない

日焼け止めは人によって合わないものもあります。
かゆくなっり赤くなったりしてしまう可能性があるので、少しでも変に感じたら無理に使用はしないようにしましょう。

敏感肌の方は特に、最初に腕の内側などに塗って、パッチテストを行っておくと安心です。

一年に一回は買い替える

未開封のものであれば問題ありませんが、去年すでに開封や使用したものであれば使わない方が無難です。

開封してからの期間や保管環境でも状態は変わりますが、空気に触れて酸化したり雑菌が入って繁殖していたりすることがあると、肌トラブルを招く可能性があるからです。

勿体ない気持ちも分かりますが、肌を守ることも大切ですから、きちんと買い替えていきましょう。

人気の日焼け止めをタイプ別にご紹介させていただきました。日焼け止めにはたくさんの種類があるので、迷ってしまいそうですが、自分が求めるものを明確にすれば選びやすくなると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。