BEAUTY
APR.26.2020

休日のメイクはどうする?やり方やおすすめコスメをご紹介!

休日のメイクはどうする?やり方やおすすめコスメをご紹介! 休日のメイクはどうする?やり方やおすすめコスメをご紹介!

休日は軽めのメイクで過ごすのがおすすめ。平日に疲れた肌をいたわりながらメイクすると、素肌も綺麗になります。ここでは、休日メイクのやり方や休日メイクにおすすめのコスメをご紹介します。

【目次】

平日メイクと休日メイクの違いは?

 

女性はメイクで印象が大きく変化します。メイクによって気分も変わるので、平日と休日で違うメイクをしている人も多いでしょう。働いている女性は平日と休日でどうやってメイクを変えているのでしょうか。

休日はメイクもお休み

仕事の日は朝から夜遅くまでずっとフルメイクをしている人が多いはず。特に、帰宅時間が遅い人はメイクで肌に負担がかかっているかもしれないと心配でしょう。平日、メイクをする時間が長い人は休日、すっぴんに近いメイクで過ごして肌を休める人が多いです。

中には、一日中すっぴんで過ごして休日に疲れた肌をリセットしている人もいます。

休日こそ普段できないメイクを楽しむ

「休日はメイクを軽めにして肌を休ませてあげる」という人がいる一方で、休日こそメイクを楽しんでいる人もいます。

オフィスでは、トレンドのカラーメイクやデカ目メイク、発色の良いコスメを使ったメイクなどがNGなことが多いので、メイク好きの人は休日に自由にメイクをしています。

また、「職場はどうでもいいけど、休日に会う友達や彼氏には可愛く見られたい」とメイクを頑張る人も少なくありません。

休日はシーンに合わせてメイクをする人も

休日と言っても、予定はその日によって違います。「デートの日はしっかりメイク」「女子会の日はトレンドメイク」「家で過ごす日はナチュラルメイク」などと予定やシーンに合わせてメイクを変えている人も多いです。

休日はどんなメイクで過ごすべき?

 

「オフの日はすっぴんで肌をいたわるべき」「予定がなくてもメイクしないで過ごすのはNG」など休日メイクに関してはさまざまな噂を聞きます。休日はどんなメイクで過ごしたらいいのでしょうか。

休日のしっかりメイクは肌に負担が大きい

平日、朝から夜まで長時間メイクしている場合、休日はできるだけ軽めにメイクするのがおすすめです。

■クレンジングの摩擦で肌に負担がかかる
しっかりメイクをすると、丁寧にクレンジングする必要があります。ウォータープルーフのコスメやティントタイプのコスメを使った場合、ゴシゴシと擦らなければ、綺麗にメイクオフできないことも少なくないでしょう。

摩擦を与えると、刺激から肌を守るためにメラニン色素が作られます。メラニン色素は通常、ターンオーバーと共に排出されますが、平日も休日も落としにくいメイクをしていると、メラニン色素が過剰に生成されて肌に蓄積します。

メラニン色素が溜まれば、シミやくすみなどのトラブルに繋がるでしょう。

■肌が乾燥する可能性も
しっかりメイクを落とすために洗浄力の強いクレンジングを使うと、肌が必要としている潤いまで取られてしまうことがあります。潤いが不足すると、乾燥して小じわができたり、かさついたりすることが多いです。

また、乾燥すると、バリア機能が低下するため、紫外線ダメージを受けやすくなったり、肌荒れしやすくなったりします。

休日でもノーメイクで過ごすのはNG!

 

休日は肌への負担を考えてノーメイクで過ごす人もいますが、メイクしないで過ごすのはNG。すっぴんでいると、急にお客さんが来たり、宅配便が届いたりした時に焦るだけでなく、肌にも悪影響です。

■室内でも紫外線の影響を受ける
紫外線のうち、波長の長いUV-Aは窓を通過します。「休日だからすっぴんでいいや」と紫外線対策しなければ、気づかないうちに肌にダメージが与えられているでしょう。UV-Aは肌の奥の表皮に達し、たるみやシワを引き起こします。

■何もつけないと乾燥することも
ファンデーションやBBクリーム、CCクリームには保湿成分が含まれています。休日、肌を休めるためにメイクをしなかったり、ノーファンデで過ごしたりすると、逆に肌が乾燥することがあるでしょう。

乾燥が進むと、肌の潤いをキープするために皮脂が過剰に分泌され、ニキビや毛穴の黒ずみなどのトラブルに繋がる可能性も否定できません。

休日は軽めのメイクがおすすめ!

休日、しっかりメイクをすると、クレンジングの時に肌にダメージが与えられます。ところが、肌を休ませるためにすっぴんで過ごすのも逆効果です。また、すっぴんで過ごしていると、お客さんが来た時に焦ってしまうでしょう。

肌のことを考えると、休日は軽めのメイクで過ごすのがおすすめです。ナチュラルメイクやすっぴん風メイクにすると、紫外線や乾燥を予防できて突然、誰かが来た時も安心でしょう。

メイク落としが簡単なコスメや肌に優しい成分でできたコスメを使うと、クレンジング時やメイク中に肌に負担がかかることもありません。

休日メイクのポイントとは?

 

「普段はしっかりメイクだから休日用のナチュラルメイクのやり方がわからない」「ナチュラルにしようと思っても気づくとメイクが濃くなっている」という人も多いかもしれません。休日メイクのやり方のポイントを見ていきましょう。

休日メイクのポイント【1】ベースメイクは肌をいたわる

休日のベースメイクはできるだけ肌に負担をかけないのがポイント。紫外線を予防しながら、肌にダメージを与えないメイクを意識しましょう。

■紫外線対策はしっかりと
休日のベースメイクで一番大切なのはしっかりと紫外線対策をすること。日焼け止めやUVカット効果のある下地、ファンデーションなどを使って紫外線ダメージを予防しましょう。

家から出ない休日はSPF30、PA+++程度の紫外線カット効果があるアイテムを使うと安心です。日焼け止めで肌荒れしやすい人は紫外線吸収剤が入っていないコスメを使うと良いでしょう。

■BBクリームやCCクリームが便利
休日メイクには、1つでスキンケアと下地、ファンデーション、コンシーラーなどを済ませられるBBクリームやCCクリームが便利。メイクの手間を省けるので、「休日は楽したい」と思っている人にも良いでしょう。

BBクリームやCCクリームはファンデーションよりもナチュラルに仕上がるものが多いので、軽めのポイントメイクとも合わせやすいです。

また、1つでたくさんの機能があるBBクリームやCCクリームはメイクをする時に肌に負担をかけないのも魅力。メイクに使うブラシやスポンジなどで起こる摩擦も軽減できます。

■フェイスパウダーでふんわり肌に
ベースメイクの仕上げにはフェイスパウダーをふんわりとのせましょう。フェイスパウダーをのせると、休日にぴったりのふんわりした雰囲気を演出できます。

休日メイクのポイント【2】アイブロウは丁寧に

 

休日はナチュラルメイクがおすすめですが、アイブロウは丁寧にメイクするのが大切。眉毛は顔の印象を左右する大切なパーツなので、休日でもアイブロウメイクの手抜きはやめましょう。

休日のアイブロウメイクに使うコスメはパウダータイプやペンシルタイプがおすすめ。リキッドタイプと比べてナチュラルなので、休日用の軽めのポイントメイクと馴染む眉毛を作れます。

髪色が明るい人はアイブロウマスカラで眉毛のトーンも明るくすると、自然に見えるでしょう。

休日メイクのポイント【3】アイメイクは抜け感を意識

平日はグラデーションでデカ目に見せたり、キラキラのアイシャドウを使ったりしている人も休日は抜け感を意識してアイメイクしましょう。アイブロウを丁寧にメイクしておけば、肌馴染みの良いアイシャドウをサッと単色塗りするだけで目力を出せます。

アイラインはなくてもOKですが、引きたい場合は、ブラウンなどの優しいカラーを選ぶのがポイント。まつ毛の間を埋めるようにアイラインを引くと、ナチュラルに目を大きく見せられます。

マスカラはお湯で落ちるフィルムタイプを使うと、クレンジングの時にデリケートな目元に負担をかける心配もありません。

休日メイクのポイント【4】クリームチークでメリハリを出す

 

休日はノーチークで過ごす人もいますが、ノーチークだと顔色が悪く見えがち。ノーチークで顔色が悪く見える人はローズやコーラルピンク、ベージュピンクなどのチークでナチュラルな血色感を出しましょう。頬の高い位置から斜めにチークを入れると、メリハリや立体感もアップします。

チークはクリームタイプが最適。クリームチークは肌に密着するため、メイク崩れが起こりにくく、保湿力が高いので、乾燥を予防できます。

休日メイクのポイント【5】リップは保湿を重視

休日のナチュラルメイクにはっきりとした発色の口紅を合わせると違和感が大きいです。とはいえ、リップメイクをしないと、顔色が悪く見えたり、顔にメリハリが出なかったりするでしょう。

休日メイクでは、ほんのりと色が付くリップを使うのがおすすめ。保湿力の高い色付きリップなどを使用すると、乾燥しがちなリップをケアしながら、血色感やメリハリを出せます。

シーン別の休日メイクのやり方は?

 

休日でも家でゆっくり過ごす日やデートの日、友達と会う日など予定はさまざま。家で過ごす日とデートや女子会の日はメイクを変えたいと思う人が多いでしょう。シーンに合った休日メイクのやり方を見ていきます。

シーン別の休日メイクのやり方【1】家で過ごす日

どこにも行く予定がない休日はできるだけ肌に負担をかけないナチュラルメイクがおすすめです。

■ノーファンデで肌も休ませる
お出かけの予定がないなら、ファンデーションはなしでOK。ノーファンデにすると、クレンジングが楽になり、肌への負担を軽減できます。

ただし、紫外線対策や乾燥対策は必要。保湿成分が含まれた日焼け止めやCCクリームなどを使うと、平日のメイクで疲れた肌を休ませられるでしょう。くすみや毛穴などが気になる場合は、トーンアップ効果のある日焼け止めを使うのもおすすめです。

■アイメイクはマスカラだけもあり
誰とも会う予定がないなら、アイシャドウやアイラインは省いてしまっても良いでしょう。お湯で落ちるマスカラを軽く塗ると、自然に目力をアップさせられます。

シーン別の休日メイクのやり方【2】買い物に行く日

スーパーやホームセンター、ドラッグストアなどにちょっとした買い物に行く時はファッションに合わせてメイクを変えてみましょう。

休日に定番のデニムコーデなら、あえて甘めのメイクを合わせてみるのがおしゃれ。ピンクのアイシャドウやチークなどを使うと、可愛さがプラスされてカジュアルなファッションとバランスを取れます。

シーン別の休日メイクのやり方【3】休日デートの日

 

休日に大好きな彼氏と会うなら、男性ウケするメイクにチャレンジしましょう。お家デートや近場でのデートは頑張りすぎていない隙のあるメイクが男性にモテると言われています。

■ツヤまぶたで目をウルウルさせる
アイメイクには、ツヤ感があるアイシャドウを使いましょう。まぶたにツヤをプラスすると、目がウルウルして見えて守ってあげたくなるような女の子になれます。色は肌馴染みの良いベージュやピンクを選ぶと、隙を出せるでしょう。

黒目の上や涙袋にラメ入りのアイシャドウを使うのもおすすめ。ラメに光が反射すると、白目が綺麗に見えるでしょう。

■まつ毛はふさふさに
肌に馴染む色のアイシャドウを使ったら、まつ毛はマスカラでふさふさにするのがポイント。まつ毛をふさふさにすると、アイシャドウはナチュラルでもお人形のようなクリクリの瞳に近づけます。

シーン別の休日メイクのやり方【4】友達と会う日

友達と会う休日は仕事の日はできないおしゃれなメイクを楽しみましょう。カラーアイシャドウやカラーマスカラ、カラーライナー、発色の良いリップなどを使うと、おしゃれな女子友達から好印象のトレンドメイクに仕上がります。

肌への負担が心配な時はオーガニックコスメやミネラルコスメを使うと、ダメージを与えずにメイクができるでしょう。

年代別の休日メイクのポイント

 

年代によって似合うメイクは違います。例えば、20代女子に似合うすっぴん風メイクを40代の女性がすると、手抜きだと思われたり、顔色が悪く見えたりすることは少なくありません。年代別の休日メイクのポイントをチェックしてみましょう。

年代別の休日メイクのポイント【1】20代

20代はまだまだ肌が綺麗。シワやシミなどの肌トラブルはあまり目立たないので、休日は素肌感のあるナチュラルメイクで抜け感を出しましょう。アイメイクにラメ入りのアイシャドウを使うと、透明感がアップして可愛くなれます。

年代別の休日メイクのポイント【2】30代

30代の休日メイクはヌーディーカラーで仕上げてナチュラルな美しさを引き出しましょう。ベージュのアイシャドウやチークに赤みを感じるリップを合わせると、リラックスムードが漂う休日の大人メイクができます。

アイラインやマスカラはブラウン系にすると、優しい印象になるでしょう。

年代別の休日メイクのポイント【3】40代

40代はすっぴんに近いメイクだと、顔色が悪く見えたり、老け込んだりしがち。ファンデーションはスキンケアもできる肌に優しいタイプでナチュラルにトラブルを隠し、チークとリップで血色感を出して明るい雰囲気を出しましょう。

ツヤの出るアイテムを使うと、かさつきやすい大人の肌をイキイキと見せられます。

休日メイクにおすすめのBBクリーム3選

休日メイクにおすすめのBBクリーム【1】SANA(サナ) 毛穴パテ職人 ミネラルBBクリーム

SANA(サナ) 毛穴パテ職人 ミネラルBBクリーム

毛穴レスな美肌を一日中キープするプチプラのBBクリーム。ファンデーション級のカバー力があり、メイクを重ねても崩れません。乾燥や紫外線などから肌を守る処方なので、休日にすっぴんで過ごすよりも肌に優しいです。

テカリ肌向けのナチュラルマット、乾燥肌向けのエンリッチモイスト、色白肌向けのブライトアップから肌に合うものを選んでください。

SANA(サナ) 毛穴パテ職人 ミネラルBBクリーム / ¥1,320

休日メイクにおすすめのBBクリーム【2】dプログラム アレルバリア エッセンスBB

dプログラム アレルバリア エッセンスBB

アレルバリアテクノロジーで花粉やほこり、ちりから肌をガードするBBクリーム。赤みやくすみを自然にカバーしますが、素肌感のある仕上がりで休日メイクにぴったりです。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で肌に負担をかけません。

dプログラム アレルバリア エッセンスBB / ¥3,300

休日メイクにおすすめのBBクリーム【3】ETVOS(エトヴォス) モイストバリアBB

ETVOS(エトヴォス) モイストバリアBB

季節の変わり目や花粉などの影響で肌が揺らぎやすい人の休日メイクにおすすめのBBクリーム。肌のバリア機能をサポートするヒト型セラミドが配合されていて、肌荒れを防げます。石鹸で落とせるため、クレンジングによる摩擦や乾燥が気になる時にも良いでしょう。

ETVOS(エトヴォス) モイストバリアBB / ¥4,180

休日メイクにおすすめのCCクリーム3選

休日メイクにおすすめのCCクリーム【1】INTEGRATE(インテグレート) ミネラルベース CC

INTEGRATE(インテグレート) ミネラルベース CC

透明感のあるツヤやかな美肌を作るプチプラのCCクリーム。さまざまな光を放つ偏光パールでくすみやクマ、ニキビ跡などをナチュラルにカバーします。SPF30、PA+++なので、家でゆっくり過ごす休日のメイクに向いています。

INTEGRATE(インテグレート) ミネラルベース CC / ¥1,100

休日メイクにおすすめのCCクリーム【2】雪肌精(せっきせい) ホワイト CCクリーム

雪肌精(せっきせい) ホワイト CCクリーム

メイクしている間も保湿ケアしながら、気になる部分をカバーしてくれるCCクリーム。化粧水の後、CCクリーム1本だけで休日用のすっぴん風メイクが完成します。みずみずしいテクスチャーで使用感も良いです。

休日メイクにおすすめのCCクリーム【3】Awake(アウェイク) プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー

Awake(アウェイク) プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー

美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションを1本にしたアイテム。10種類の植物のオイルとエキスで使う度に肌をケアします。伸びが良く、厚塗り感がないため、休日メイクに使いやすいです。

Awake(アウェイク) プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー / ¥4,180

休日メイクにおすすめのファンデーション3選

休日メイクにおすすめのファンデーション【1】excrl(エクセル) スキンティントセラム

excrl(エクセル) スキンティントセラム

光を多方向に拡散するミラーボール型パウダーですっぴんの時以上に透明感のあるツヤ肌を演出するファンデーション。美容液が81%も配合されていて平日のメイクで疲れた肌を癒したい休日におすすめです。

excrl(エクセル) スキンティントセラム / ¥1,980

休日メイクにおすすめのファンデーション【2】naturaglace(ナチュラグラッセ) メイクアップ クリームN

naturaglace(ナチュラグラッセ) メイクアップ クリームN

化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容液、ブルーライトカットの5つの機能を兼ね備えたコスメ。1本で素肌が綺麗な人という印象の休日メイクに仕上げられます。クレンジングなしで石鹸で落とせます。

naturaglace(ナチュラグラッセ) メイクアップ クリームN / ¥3,080

休日メイクにおすすめのファンデーション【3】MiMC(エムアイエムシー) ミネラルリキッドリーファンデーション

MiMC(エムアイエムシー) ミネラルリキッドリーファンデーション

栄養豊富な白樺水と厳選したハーブエキスがブレンドされたデパコスのリキッドファンデーション。透明感とツヤ感のあるメイクが叶います。オーガニック成分が配合されていて石鹸で落ちるため、休日の肌に負担を掛けたくない時にぴったりです。

MiMC(エムアイエムシー) ミネラルリキッドリーファンデーション(リフィル&ケース) / ¥7,150

休日メイクにおすすめのアイブロウ3選

休日メイクにおすすめのアイブロウ【1】KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D

KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D

立体的なグラデーション眉毛を作れる大人気のパウダーアイブロウ。ふんわりとした休日用の眉毛メイクもきりっとした平日用の眉毛メイクも簡単にできます。明るいカラーのパウダーはノーズシャドウとしても使えます。

休日メイクにおすすめのアイブロウ【2】CEZANNE(セザンヌ) 超細芯アイブロウ

 

0.9㎜の超細芯のアイブロウ。眉尻などの細かい部分も丁寧にメイクできます。繰り出しタイプで削りが不要なので、休日メイクはもちろん、平日のメイク直しにも役立つでしょう。汗や水、皮脂に強い処方で長時間、眉毛が消えません。

休日メイクにおすすめのアイブロウ【3】IPSA(イプサ) アイブロウ クリエイティブパレット

IPSA(イプサ) アイブロウ クリエイティブパレット

一人ひとりのなりたい印象に合った眉毛を作れるデパコスのパウダーアイブロウ。計算された5色の組み合わせで、平日メイクでも休日メイクでも活躍してくれるでしょう。オイルでコーティングされたパウダーが配合されていて崩れにくいです。

IPSA(イプサ) アイブロウ クリエイティブパレット / ¥4,620

休日メイクにおすすめのアイシャドウ3選

休日メイクにおすすめのアイシャドウ【1】KATE(ケイト) ザ アイカラー

KATE(ケイト) ザ アイカラー

肌馴染みの良いベージュ系やブラウン系の単色アイシャドウ。サッと塗ると、抜け感のある休日メイクに仕上がります。パール、マット、グリッターの3つの質感が揃っていて家で過ごす日のメイクだけでなく、友達と会う日やデートの日のメイクでも活躍します。

休日メイクにおすすめのアイシャドウ【2】to/one(トーン) ペタル アイシャドウ

to/one(トーン) ペタル アイシャドウ

選び抜かれたウチワサボテンオイルとフラワーエキスが配合された休日メイクにおすすめのアイシャドウ。平日に疲れた肌をいたわりながら透明感のある華やかな目元を演出できます。

to/one(トーン) ペタル アイシャドウ / ¥2,420

休日メイクにおすすめのアイシャドウ【3】Celvoke(セルヴォーク) ヴォランタリー アイズ

Celvoke(セルヴォーク) ヴォランタリー アイズ

植物オイルをメインに使ったデパコスのアイシャドウ。しっとりとしたテクスチャーで、まぶたに溶け込むように馴染みます。ヌーディーカラーから鮮やかなカラーまで揃っていてさまざまな休日メイクを楽しめます。

Celvoke(セルヴォーク) ヴォランタリー アイズ / ¥2,200

休日メイクにおすすめのマスカラ3選

休日メイクにおすすめのマスカラ【1】OPERA(オペラ) マイラッシュ アドバンスト

OPERA(オペラ) マイラッシュ アドバンスト

特殊な粒子を配合し、繊維なしでまつ毛を長く見せるプチプラの人気マスカラ。自まつ毛が伸びたような繊細な仕上がりで、ナチュラルな休日メイクに馴染みます。スリムなブラシで短いまつ毛にも塗りやすいです。

休日メイクにおすすめのマスカラ【2】& be(アンドビー) マスカラ

& be(アンドビー) マスカラ

人気のメイクアップアーティスト・河北裕介さんがプロデュースしているブランドのマスカラ。ロング&セパレートタイプで、ナチュラルで繊細なまつ毛を作ります。お湯落ちタイプなので、休日メイクを落とす時にデリケートな目元に負担をかけません。

& be(アンドビー) マスカラ / ¥1,650

休日メイクにおすすめのマスカラ【3】blanche etoile(ブランエトワール) マサル マスカラ

blanche etoile(ブランエトワール) マサル マスカラ

誰でも簡単にひと塗りでボリュームや長さをプラスできるマスカラ。極密集ブラシがまつ毛にフィットし、1本1本を逃さずに捉えてまつ毛の存在感をアップさせます。アイシャドウやマスカラなしの休日メイクでも目力を出せるでしょう。

blanche etoile(ブランエトワール) マサル マスカラ / ¥3,520

休日メイクにおすすめのチーク3選

休日メイクにおすすめのチーク【1】CANMAKE(キャンメイク) クリームチーク

CANMAKE(キャンメイク) クリームチーク

潤いをたっぷりと含んだプチプラのクリームチーク。塗った瞬間、肌に溶け込むようにフィットして内側から色づいているようなナチュラルな血色感を演出します。肌にのせると、サラサラに変化するため、休日メイクに使うと、ふんわりとした印象になるでしょう。

休日メイクにおすすめのチーク【2】COSME DECORTE(コスメデコルテ) クリーム ブラッシュ

COSME DECORTE(コスメデコルテ) クリーム ブラッシュ

スルスルと伸びて肌に馴染むデパコスのクリームチーク。ツヤを感じるクリアな発色で顔全体の立体感も高めます。汗、皮脂に強い処方で長時間発色やツヤが続くため、お出かけの予定がある休日のメイクにも良いでしょう。

休日メイクにおすすめのチーク【3】CHICCA(キッカ) フローレスグロウ フラッシュブラッシュ

CHICCA(キッカ) フローレスグロウ フラッシュブラッシュ

薄膜の仕上がりで肌に馴染み、クリアな発色で透明感を高めるデパコスのチーク。肌に適度な血色を出し、顔色を良く見せたり、メリハリを出したりします。時間が経っても崩れにくいので、休日はメイク直しの必要がないでしょう。

休日メイクにおすすめのリップ3選

休日メイクにおすすめのリップ【1】Burt’s Bees(バーツビーズ) ティンテッド リップバーム

Burt’s Bees(バーツビーズ) ティンテッド リップバーム

サッとひと塗りするだけでほんのりと色づくリップ。唇の荒れを防いで潤いを与えるシアバターやボタニカルワックスが配合されていてリップケアしながら休日メイクを楽しめます。ベタつかない仕上がりも魅力です。

◆Burt’s Bees(バーツビーズ) ティンテッド リップバーム
販売価格:800円~1,100円(税込)

休日メイクにおすすめのリップ【2】Country&Stream(カントリー&ストリーム) ハニーフルリップ R

Country&Stream(カントリー&ストリーム) ハニーフルリップ R

ハチミツやローズヒップオイルなどの保湿成分が96%も入った休日メイクにおすすめのリップ。唇にのせるとほんのりと色づき、乾燥によるくすみをカバーします。口紅やティントリップに重ねて使うのも良いでしょう。

休日メイクにおすすめのリップ【3】CLARINS(クラランス) コンフォート リップオイル

CLARINS(クラランス) コンフォート リップオイル

リップオイルの火付け役とも言われているコスメ。美容液のようにリッチな潤いで唇をケアしながら血色感やツヤ感のある魅力的な唇を演出します。カラー展開が豊富なので、どんな休日メイクにも合わせやすいでしょう。

CLARINS(クラランス) コンフォート リップオイル / ¥3,520

休日はメイクに悩む人が多いはず。すっぴんで過ごすのは肌に悪影響なので、お出かけしない日も軽めにメイクするのがおすすめです。休日メイクで肌をいたわりながら可愛くなりましょう。