FASHIONAUG.02.2019

オーケストラの服装マナーを徹底解説!パターン別コーデをチェック

オーケストラ鑑賞を前にして、服装にお悩みの女性も多いはず。きちんとした上品な服装で足を運ぶべきなのか、それとも普段着でも良いのか、気になるところです。そこで今回は、オーケストラコンサートにおすすめのコーディネートをご紹介します!
オーケストラ鑑賞を前にして、服装にお悩みの女性も多いはず。きちんとした上品な服装で足を運ぶべきなのか、それとも普段着でも良いのか、気になるところです。そこで今回は、オーケストラコンサートにおすすめのコーディネートをご紹介します!

オーケストラが初めてのあなたへ!失敗しない着こなしを徹底解説

 
オーケストラコンサートというと、格式張っていて敷居が高いものだとイメージする方が多いはず。そこで初めてのコンサートを前にして、服装にお悩みの女性も多いことでしょう。かっちりとした着こなしが求められるのか、それとも普段着で足を運んで良いのか。着こなしのマナーをしっかりとチェックして、服装選びに役立てたいところです。

そこで今回は、オーケストラコンサートにおすすめの服装を一挙ご紹介します!まずはオーケストラを聴く際に大切なことや気を付けたい服装マナーを徹底解説した上で、おすすめのコーディネートを厳選してご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

オーケストラを聴くのに大切なことって?まずは心構えをチェックしよう

 
オーケストラを聴く際に大切なのは、何より「音を楽しむ」ということです。音楽の持つ、ナチュラルな美しさを全身で感じましょう。たとえクラシックなどの音楽の知識に乏しくても、純粋に音を楽しむことはできます。むしろ予備知識のないまっさらな状態の方が、よりピュアに音楽による感動を得られるかもしれません。

そこでコンサートホールで注意しなければならないのが、演奏中に「音を出さない」こと。咳でさえも演奏の妨げになり、周りに煙たがれる可能性があるため、十分に気を付けましょう。とは言えそれほど神経質になる必要はありませんが、最低限の音のマナーを守って、良い雰囲気の中オーケストラの素敵な音楽をお楽しみください。

オーケストラ鑑賞の服装マナーって?ポイントを押さえて服装選びに役立てて

ブラウスを使ったオーケストラの服装
オーケストラというと何だか敷居が高く感じて、きちんとした服装が求められるのでは、とイメージされがちです。しかし実際のところ、基本的に服装に関する決まりごとはありませんし、ドレスコードを指定されるコンサートは日本ではごく稀ですので、ご安心ください。

ただし服装に規定はないと言っても、演奏者や周りのお客さんに不快な気持ちを抱かせないような、最低限のマナーを守ったスタイルが絶対条件。演奏をする方々への敬意を込めて、せめて「よそ行き」程度のきちんとした着こなしにまとめてください。だらしないラフな格好、カジュアルすぎるコーデは相応しくありませんので、十分に注意しましょう!

オーケストラの服装【1】春はレースブラウスで軽やかに見せて

レースブラウスを使ったオーケストラの服装
ここからは、オーケストラにおすすめのコーディネートを具体的にご紹介していきます。ポカポカ陽気で思わず足取りが軽くなる春には、軽やかなスタイルにまとめてみて。そこで冬コートを手放し、エアリーな雰囲気のレースブラウスをさらっと着こなしてはいかがでしょうか。

品の良さが漂うホワイトの総レースブラウスには、ネイビーのテーパードパンツを合わせて、清楚かつ大人っぽい雰囲気に。ブラウスはパンツにインして、きちんと見えを引き立てましょう。足元はヒールパンプスでも良いのですが、カツカツと大きな音がなるものは避けるのがベター。

オーケストラの服装【2】夏はきれい色ワンピースをさらっと1枚で着こなす

ワンピースを使ったオーケストラの服装
開放的な気分になれる夏には、涼しげな着こなしにまとめてみて。そこでおすすめなのが、1枚でもコーデが決まるワンピースを主役とした、レディライクなコーディネートです。清涼感のあるワンピースをさらっと着こなし、季節感たっぷりのスタイルにまとめてみましょう。

ふんわりと広がるAラインシルエットが美しい、ブルーのノースリーブティアードワンピースで、清涼感たっぷりのコーデ。ティアードにより程よいボリューム感があり、ふんわりと軽やかで、かつ女性らしさを演出してくれます。また、ホール内は空調が効いている可能性が高いので、軽めの羽織りものを用意しておくと安心。

オーケストラの服装【3】秋はシックで落ち着いた雰囲気にまとめて

ジャンパースカートを使ったオーケストラの服装
落ち着いた雰囲気のファッションが定番となる秋には、シックなスタイルにまとめてみてはいかがでしょうか。例えば、洗練された印象へ導く「オールブラックコーデ」にトライして、秋らしいクラシカルレディな着こなしを手に入れてください!

黒のハイネックニットに黒のジャンパースカート、そしてローファーやショルダーバッグも黒でまとめた、オールブラックコーデ。このように全身黒でまとめると地味に見えがちですが、手首や足首を出して抜け感を加えることにより、一気に垢抜けた印象を与えることが可能です。

オーケストラの服装【4】冬はきれいめなコートで上品に

チェスターコートを使ったオーケストラの服装
コートがコーディネートの主役になりがちな冬には、アウターまできれいめにまとめるのが正解。そこできちんと見えする「チェスターコート」を羽織って、品のある大人コーデを作り上げましょう。ただコンサートホール内では、コートを脱いで演奏をお楽しみください。

黒のタートルネックにストレートジーンズ、ロングチェスターコートで、この季節らしく落ち着いた雰囲気のスタイルに。「オーケストラでデニムを履いていいの?」と疑問に思われている方も多いかと思いますが、カジュアルでなければOKです。例えば綺麗なストレートシルエットで、きちんと見えする濃い色デニムなら、品良く見えるのでおすすめです。

オーケストラの服装【5】ドレスコードがあれば規定に従おう

黒ドレスを使ったオーケストラの服装
ごく稀ではありますが、格式高いコンサートホールではドレスコードが設けられる場合があります。その場合、必ずチケットなどにその旨が記載されているため、そちらを良くチェックしつつドレスコードに従ってください。

例えば華美過ぎない黒ドレスなら、気合を入れている感なく着こなせるので、大人の女性にもってこい!ただし地味に見えないよう、華やかなアクセサリーを身につけたりと、明るい印象を与えるような工夫を施しましょう。さらにカバンは小さめのクラッチバッグで、こなれた女性を演出してみて。

オーケストラの服装【6】学生の演奏会でも程よくきちんとまとめて

カーディガンを使ったオーケストラの服装
学生による演奏会でも、基本的にはこれまでと同じような着こなしにまとめたらOK。気合を入れる必要はありませんが、きちんとした服装にまとめるのがベターです。たとえ演奏者が学生であっても、敬意を払うつもりで品のあるスタイルを心掛けてください。

黒のタンクトップにダークネイビーのテーパードパンツで、落ち着きのある大人コーデ。そこにベージュのカーディガンをさらっと羽織り、抜け感を加えると、程よくこなれて見えるのでおすすめです。さらにハンドバッグのハンドルにはスカーフを巻き、レディな雰囲気を引き立てて。

オーケストラの服装【7】演奏者は黒ないし濃紺のドレスを

 
さらにオーケストラの演奏者は、どのような服装が求められるのでしょうか。そこで基本的には、女性は黒または濃紺のドレス、またはパンツスーツの着用が規定。さらに黒い靴に黒いストッキングと、品良くまとめるのが好ましいです。

インナーは、Tシャツやセーターのようなカジュアルなものは相応しくなく、上品なブラウスやシャツがマスト。これ以外にも、楽団によって服装の規定は様々ですので、きちんとそちらの規定に従って衣装を揃える必要があります。
いかがでしたか?今回は、オーケストラコンサートにおすすめのコーディネートを一挙ご紹介しました。オーケストラというと敷居が高く感じますが、服装は「よそ行き」程度の着こなしにまとめるとOK。ただ、格式の高いコンサートでは稀にドレスコードが設けられる場合もありますので、その際にはそちらの服装規定に従いましょう。ぜひ参考にして、正しい服装でオーケストラコンサートへ足を運んでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ