BEAUTYJUN.05.2019

唇が日焼けするとどうなる?予防策や日焼け後のケア方法とは

顔や体、髪の毛と比べて意外と見落としてしまいやすいのが唇の日焼けです。そこで今回は、唇が日焼けするとどうなるのかや、日焼けした後のケア方法、日焼け止め対策などをご紹介します。
顔や体、髪の毛と比べて意外と見落としてしまいやすいのが唇の日焼けです。そこで今回は、唇が日焼けするとどうなるのかや、日焼けした後のケア方法、日焼け止め対策などをご紹介します。

唇が日焼けするとどうなる?

唇が日焼けしてしまった女性
■唇も日焼けする?

顔や体、髪の毛の日焼け止め対策は定番になっていますが、意外と見落としてしまいやすいのが唇の日焼け止め対策です。

唇は、顔や体の皮膚と比べると色が濃く、日焼けしても気づきにくい場所ではありますが、他のパーツと同じように、唇も日焼けしてしまいます。


■唇が日焼けするとどうなる?

唇は、皮膚が薄く、デリケートなパーツですので、紫外線の影響を受けやすい場所です。

例えば、唇が日焼けすると、

・唇が乾燥してカサカサしたり、ひび割れや皮むけが起こる
・縦ジワが増える
・黒いシミや黒ずみができたり、唇の色がくすむ
・赤くなる
・ヒリヒリする
・水ぶくれができる
・口唇ヘルペスが再発する

などの症状が現れることがあります。日焼けは、軽度の火傷をしている状態です。シミや黒ずみ、くすみなどは、一度ついてしまうと元に戻すのは難しいので、毎日のUV対策が必要ですね。

唇の日焼けを予防する方法

日焼け止め対策グッズ
■UVカット効果のあるリップクリームや口紅を常備

唇の日焼けを予防するためには、メンソレータムの「メルティクリームリップ」のような、UVカット効果のあるリップクリームを使用するのがおすすめです。リップクリームでしたら、唇にうるおいを与えて乾燥からもガードしてくれますし、メイクをお休みしている日でも手軽に使いやすいですね。口紅を塗る前の下地としても使うのもおすすめの紫外線対策です。SPF15以上、PA+以上のリップクリームを選ぶのがおすすめです。

メイクをする際にも、UVカット効果のある口紅を選ぶのも効果的な紫外線対策です。

外出する20分前までには塗っておき、唇に馴染ませておきましょう。ただし、日焼け止め効果は2時間~3時間程度で薄れてしまいます。定期的に塗り直しをすると、より効果的な紫外線対策になりますね。


■紫外線量の多い時間を避ける

そして、紫外線量は、朝9時から多くなり始めて、昼の12時前後が最も紫外線量の多い時間帯です。その後は、15時程度までは紫外線が多い時間帯が続きます。

紫外線量が多い時間帯の外出をなるべく避けることも、おすすめの日焼け予防策ですね。

紫外線は、夏場が一番多い時期になります。しかし、春や秋はもちろん、気温が低く日照時間が短い冬でも紫外線は降り注いでいますので、一年中日焼け止め対策は必要です。


■帽子や日傘もおすすめ

さらに、外出する際には、ツバの広い帽子を被ったり、日傘を利用するのもおすすめです。


■UVカットのカーテンも効果的

そして、紫外線は、室内にも降り注いでおり、日中室内で過ごしていても、日焼けしてしまいます。したがって、手間をかけずに紫外線対策ができるUVカット効果のあるカーテンを使用するのも、効果的な日焼け止め対策ですよ。

唇の日焼け後のケア方法

日焼けの後の唇のケア
しっかり唇の日焼け止めをしていても、ついうっかり日焼けしてしまうことはありますよね。


■まずは唇をクールダウン

日焼けは、軽い火傷を負っている状態ですので、肌が日焼けしてしまった時と同様に、まずは唇を冷やすことから始めましょう。保冷剤や氷にタオルやきれいな布を巻いて、唇に当てて冷やしましょう。


■優しくメイクオフ

日焼けした唇の火照りが収まってきたら、クレンジングで優しくメイクを落とし、洗顔していきます。この時、唇をゴシゴシ擦ったり、熱いお湯を当てると、唇の肌トラブルの原因となりますので注意しましょう。


■保湿

メイクを落とした後は、唇にうるおいを与えてケアしていきます。日焼け止めした際には、抗炎症作用があるといわれているアロエジェルや、医薬品のリップクリームを使用するのがおすすめです。ビタミンE配合のリップオイルやリップクリームも効果的です。ココナッツオイルやハチミツ、ワセリンなども良いですね。

保湿をしたら唇に食品用のラップをかけて、15分ほど放置するリップパックも効果的ですよ。


■ワセリンを塗る場合は注意

そして、敏感肌の方も使いやすい白色のワセリンは、肌や唇を覆い、外部の刺激から守ってくれるアイテムです。あまりにも厚く塗りすぎてしまうと、唇から水分が蒸発することができなくなるので、ただでさえ日焼けで火照っている唇がさらに熱を持ってしまいますので注意が必要ですね。


■水ぶくれができている場合や、悪化してきたら

唇の炎症がなかなか治らない場合は、市販されている軟膏を使用してみましょう。
ただし、唇に水ぶくれができている場合や、唇の炎症が悪化して来たら、重度の日焼け止めですので、皮膚科医に相談してみましょう。

日焼けだけじゃない!注意したい唇のケア

唇が日焼けで荒れてしまっている女性
唇は、デリケートなパーツで、日焼けの影響も受けやすいですが、その他の外部の刺激にも敏感に反応してしまいます。


■唇に触れないように

例えば、日常的に唇を舐めたり唇を触る癖がある方は、唇が乾燥しやすくなってしまいますので注意が必要です。また、唇がカサカサしている時や皮むけが気になる場合にも、唇を触らないようにすることも大切ですね。


■刺激物にも注意

そして、唐辛子やスパイスをたっぷり使った食べ物や飲み物、塩分の多い食べ物も、唇の負担になりやすいので、日焼け直後は特に避けた方が良いですね。

食べた後に唇についた飲食物を拭いたり、洗うことも大切です。


■唇が荒れている時は色付きリップに

さらに、唇が荒れている場合には、口紅はお休みして、色付きリップを塗る程度に留めておくのがおすすめです。


■内側からもリップケアを

その他にも、水分を摂ったり、ビタミンCを摂取して、内側からリップケアをすることも必要ですね。
皮膚が薄くデリケートな唇は、紫外線の影響を受けやすいので、肌や髪の毛と同様に日焼け止め対策が必要です。日焼けしてしまった後は、唇をクールダウンし、しっかりケアしてあげることも重要ですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6