BEAUTYNOV.21.2018

化粧直しのパウダーの使い方は?持ち運びに便利なおすすめ商品を紹介

化粧直しのパウダーは、外出先でも持ち運びたいコスメの1つですよね。崩れてしまったメイクを抑えるためにも、ぴったりのアイテムです。化粧直しパウダーの種類や使い方、おすすめのアイテムについてご紹介します。
化粧直しのパウダーは、外出先でも持ち運びたいコスメの1つですよね。崩れてしまったメイクを抑えるためにも、ぴったりのアイテムです。化粧直しパウダーの種類や使い方、おすすめのアイテムについてご紹介します。

化粧直しパウダーの種類

固形のタイプのフェイスパウダー
化粧直し用に使うことができるパウダーには、2つの種類があります。それぞれの特徴についてご紹介します。

■ルースパウダー
ルースパウダーは、粉状で固められていないタイプのフェイスパウダーのことを言います。特徴は、ふんわりとナチュラルに肌に乗せることができることです。パウダー自体の色に影響されにくいので、元あるベースメイクの色を崩すことなく使用することができるパウダーです。

ブラシやパフで乗せることで、自然と均一な仕上がりになるので、初心者でも簡単に使うことができるアイテムです。

ただし、ルースパウダーは飛び散りやすいという欠点があるので、化粧直しパウダーとして使用するには、飛び散っても大丈夫な環境で使う必要があります。

■プレストパウダー
プレストパウダーは、固形状のパウダーのことを言います。粉が元々飛び散りにくいので、持ち運びに便利です。粉が圧縮された状態なので、しっかりと肌に乗せることができます。仕上がりはマットになることが多く、テカリが気になる部分におすすめです。

プレストパウダーの場合、しっかりと肌に色が付くので、白浮きしてしまったり、顔が暗く見えてしまったりすることがあります。

化粧直しパウダーの選び方

プレストタイプのパウダー
化粧直しパウダーの選び方についてご紹介します。

■持ち運びやすさ
化粧直しパウダーの最も重要なポイントは、持ち運びやすいかどうかということです。化粧直しパウダーは、基本的に持ち歩く前提で考えなくてはいけません。自宅で使用するのとは使い勝手が違ってくるので、持ち運びしやすいサイズかどうか、ということを前提に考えていきましょう。

必ずしも自宅で使用するパウダーと、同じものにする必要はありません。自分が持ち歩くバッグやポーチに入るサイズを意識するようにしましょう。

■使いやすさ
化粧直しパウダーは、外出先での使用がメインになります。付属のパフが使いやすいか、ブラシが一緒にしまえるかなど、使い勝手の良さについても考えておきましょう。外出先での化粧直しは、いつどんなところでやることになるかわからないので、すぐに取り出せてすぐに使えるようなアイテムを選びと良いでしょう。

■ファンデーションとの相性
化粧直しパウダーを選ぶ場合、ファンデーションとの相性についてもしっかりと確認しておきましょう。朝塗布したファンデーションは、少なからずヨレてしまうものです。そのファンデーションの上から乗せたとしても、十分綺麗に仕上がるようなものを選ぶようにしましょう。

化粧直しパウダーの使い方

化粧直しをしている女性
化粧直しパウダーは、まっさらな顔に乗せるのではなく、汗や皮脂でヨレてしまっているベースに乗せるものです。きれいに仕上げるための、化粧直しパウダーの使い方についてご紹介します。

■パウダーの他に準備するもの
化粧直しをする場合、パウダーだけでは厚塗り感や粉っぽさが出てしまうことがあります。冬場は特に乾燥しやすいので、化粧直しには保湿系のアイテムも使用するようにしましょう。おすすめの化粧直しアイテムは、乳液とスポンジです。これさえあれば、潤いを与えながら肌をリセットすることができます。

乳液は目元のにじみにも使うことができるので、化粧直しアイテムとして1つ持っていると良いでしょう。

■スポンジで乳液を乗せる
まずはスポンジを使って、油分が気になる部分を吸い取るように優しく叩き込んでいきましょう。ある程度油が取れたら、スポンジに乳液を少しだけ乗せます。そして、ヨレが気になる部分をスポンジで叩いていきます。そうすると、ある程度ファンデーションがなじみ、化粧直しパウダーが乗りやすくなります。

■化粧直しパウダーを乗せる
先ほど整えた部分に化粧直しパウダーを乗せていきます。頬やあごなどの部分は乾燥しやすい部分でもあるので、乗せすぎないようにふんわりと乗せていくことがおすすめです。皮脂が出やすい鼻周りやおでこについては、化粧直しパウダーをしっかりと乗せてサラサラな状態へとリセットしてあげましょう。

おすすめの化粧直しパウダー【1】CANMAKE(キャンメイク) シークレットビューティーパウダー

キャンメイクの化粧直しパウダー
CANMAKEのシークレットビューティーパウダーは、24時間使えるパウダーです。肌の欠点を自然とぼかし、透明感のある肌を演出します。持ち運びに便利なサイズ感も特徴的です。
CANMAKE シークレットビューティーパウダー02 / ¥918

おすすめの化粧直しパウダー【2】RMK(アールエムケー) シルクフィット フェイスパウダー

RMKのパウダー
RMKのシルクフィットフェイスパウダーは、美しいシルク肌を叶えるパウダーです。しっとりとした質感で肌に密着し、くすみを飛ばしばがら透明感を演出します。皮脂を吸着しながらサラサラな肌へと導きます。
RMK シルクフィット フェイスパウダー / ¥5,400

おすすめの化粧直しパウダー【3】IPSA(イプサ) デザイニング フェイスカラーパレット

イプサの化粧直しパウダー
IPSAのデザイニングフェイスカラーパレットは、4色で簡単に化粧が完成するパウダーです。4色を順番に使用するだけで透明感のある肌を作ることができます。化粧直しにもぴったりのアイテムで、自分の肌に合ったカラーを見つけることができます。
IPSA デザイニング フェイスカラーパレット / ¥6,264
化粧直しパウダーについてご紹介しました。化粧直しパウダーは使い方次第で、朝の美しい状態にリセットすることもできるアイテムです。使い方やアイテムの選び方に気をつけながら、自分に合った化粧直しパウダーを見つけてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。