FASHIONMAR.07.2019

黒レギパンは着回し力抜群!周りと差がつくおすすめコーデ特集

季節や年代を問わず、さらにどんなシーンでも履ける黒いレギパン。脚がスラっと細く長く見えるので、スタイルアップも!定番だからこそ、周りと差がつく着こなしを心がけましょう。
季節や年代を問わず、さらにどんなシーンでも履ける黒いレギパン。脚がスラっと細く長く見えるので、スタイルアップも!定番だからこそ、周りと差がつく着こなしを心がけましょう。

レギパンはスキニーとどう違う?

 
「レギンスのようなパンツ」という意味があるレギパン。見た目はスキニーと似ていますが、レギンスのようにストレッチが効いて伸縮性に優れているのが特徴です。

ワンピースやスカートとレイヤードでコーデに取り入れるレギンスを、1枚でも履けるようにと開発されました。

「パギンス」とも呼ばれ、デニム素材のレギパンは「デギンス」とも呼ばれています。

スキニーを履いてしゃがむと、締めつけられるような感覚になりますが、レギパンなららくちん!下着の透け感もないので安心です。

丈感はくるぶし丈からフルレングスまで様々あり、素材やデザインにも違いがあります。メンズやキッズアイテムも揃っているので、リンクコーデにも役立つでしょう。

黒レギパンのおすすめコーデ【1】ボーダー×デニムシャツと合わせて春カジュアルに

 
春らしい爽やかなトップスコーデに、GU(ジーユー)の黒いレギパン。アイボリーのざっくりカーディガンを羽織ってナチュラルな雰囲気に。30代、40代ならトレンチコートで大人っぽい雰囲気を出すのも良いですね。

淡いカラーでまとめたトップスの場合、ボトムも同じトーンだとぼやけてしまいます。黒のレギパンでキリっと仕上げてメリハリを出しましょう。

黒レギパンのおすすめコーデ【2】ふんわりボトムのエアリー感で黒レギパンを春の装いに

ボリュームブラウス×黒レギパン
人気のボリューム袖ブラウスは、1枚でかなり女性らしい優しげな雰囲気に。ボトムはあえてクールテイストの黒いレギパンにして、甘辛ミックスを実現しましょう。

20代ならブラウス自体をきれいめなカラーにして、黒レギパンをハイウエストやダメージタイプにするのもおすすめ。小物を春カラーにすれば、さらに季節感がアップします。

黒レギパンのおすすめコーデ【3】個性的なアイテムを使って夏のモノトーンコーデに

 
白トップスと黒いレギパンで作るモノトーンコーデ。夏はどうしても周りと同じようなコーデになりがちですが、トップスにひとひねり加えることで差がつきます。

ギャザーやレースを使ったデザイントップスなら、カラーリングはシンプルでも個性派に。バッグや靴にも遊び心をプラスして、仕上げは赤いリップで大人っぽい表情を作りましょう。

黒レギパンのおすすめコーデ【4】黒いレギパンでアクティブな夏のスポーツミックスコーデに

UNIQLO(ユニクロ)の黒レギパンのスポーツミックスコーデ
スポーティーなアイテムを使ってほど良いラフ感を出すスポーツミックスコーデ。子供っぽく見えるのを防ぐために、20代、30代女性はボトムを黒レギパンにして落ち着きをプラスしましょう。

靴下×スニーカーやリュックでカジュアルをキープしつつ、ビビッドなピンクニットやハットで大人の顔を覗かせるのがポイントです。

黒レギパンのおすすめコーデ【5】モノトーンに秋カラーをプラスする技ありコーデに

 
秋の風を感じたら、トップスで暖かみをプラスして丸みのあるシルエットを楽しみましょう。黒レギパンお得意のモノトーンコーデも、秋カラーが入ることでランクアップ。

小物で印象を変えられるのも、黒レギパンのメリット。20代はチェック柄やスニーカーで若々しく、30代、40代はマスタードイエロ―や深いグリーン、アニマル柄などでコーデに貫録が出ます。

黒レギパンのおすすめコーデ【6】黒レギパンのシンプルコーデで秋っぽいコートを主役に

 
秋の街に映えるブロックチェックのコート。せっかくなので、インパクト大の秋っぽいカラーリングを主役にするために、インナーコーデは黒のワントーンが正解です。

ボリュームがあるコートの下はできる限りスリムシルエットが理想的。レギパンを黒いブーツにインしてスッキリさせるのもおしゃれ上級者のテクニックですね。

黒レギパンのおすすめコーデ【7】冬の定番アウターは黒と相性の良いカラーで

イエローダッフルコート×黒レギパン
冬の定番アウターであるダッフルコート。様々なカラーがありますが、ヘビロテボトムの黒いレギパンありきでカラーを決める選択もアリです。

20代、30代は黒とのコントラストが強めのイエローや白、赤などでメリハリコーデに。40代はパープルやブルーといった寒色で、落ち着いた雰囲気にまとめるのも素敵です。

黒レギパンのおすすめコーデ【8】黒レギパンで冬のトレンドシルエットを活かすコーデに

GU(ジーユー)の黒レギパンコーデ
肩掛けして旬スタイルが作れるノーカラーのボアコートは、冬の大人気アウター。お尻が隠れるくらいの丈なら、黒レギンスでボトムをスッキリさせれば華奢見え効果がアップ。

重要な仕上げポイントは足元ですが、20代、30代は足首をチラ見せしてスニーカー。40代はヒールやショートブーツで格上げしても良いでしょう。

黒レギパンのおすすめコーデ【9】黒レギパンをブーツインしてトラディショナルな雰囲気に

 
上品なウールコートを肩掛けする洗練スタイルには、コートの雰囲気に負けない品のあるインナーコーデが必要です。

黒のワントーンに白シャツをチョイ見せするこなれテクニック。また、黒レギパンをブーツインしてクラシカルな雰囲気を出すことで、アウターにふさわしいコーデに仕上がります。
多彩なコーデに対応できる黒いレギパンは、まさにデイリーコーデの味方です。おすすめコーデを参考にして、キラリと個性が光るスタイルに仕上げましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。