BEAUTY
SEP.13.2020

20代にもエイジングケアが必要!ポイントとおすすめコスメ20選

20代にもエイジングケアが必要!ポイントとおすすめコスメ20選 20代にもエイジングケアが必要!ポイントとおすすめコスメ20選

「エイジングケアはまだ早い」と思っている20代女性は多いかもしれません。しかし、将来の肌を考えるなら、20代からエイジングケアを始めるべきです。ここでは、20代のエイジングケアのポイントやおすすめ商品をご紹介します。

【目次】

20代女性の肌のお悩みは?

 

20代は、まだ若いと思っていても少しずつ肌状態の変化が気になる年代。10代の頃には無かった肌トラブルが目立ち始めて焦っている人もいるかもしれません。まずは、20代の肌のお悩みについてチェックしてみましょう。

20代前半の肌の悩み

20代前半は、まだ深刻な肌悩みを抱えていない人が多いです。ハリやツヤがあり、若々しさを感じられるでしょう。その一方、肌の水分と油分のバランスが乱れて口元やフェイスラインにニキビができたり、テカったりする人もいます。

また、Tゾーンや頬の毛穴の黒ずみや開きなどのトラブルに悩んでいる人も少なくありません。

20代後半の肌の悩み

肌は、25歳で曲がり角を迎えると言われています。そして、20代後半になると、さまざまな肌トラブルが現れます。

具体的には、頬やおでこがかさついたり、シミやくすみで透明感が失われたりすることが多いです。また、目元や口元などに小じわが出たり、たるみや弾力のなさが気になったりする人も珍しくありません。

20代の肌に現れるエイジングサインって?

 

20代半ばから20代後半ごろになると、肌の機能が衰えて少しずつエイジングサインが現れます。20代の肌に現れやすいエイジングサインは、次の通りです。

・乾燥が気になる
・肌が明るく見えない
・シミや小じわが目立ち始めた
・10代と同じスキンケアでは物足りなく感じる
・毛穴が開いている
・シミやそばかすが増えた

これらのサインがで始めたら、肌の老化が進行していると考えられます。

老化対策にはエイジングケア

 

シミやたるみ、小じわ、毛穴の開きなどのエイジングサインに気づいたら、エイジングケアで対処しましょう。ここでは、エイジングケアの基本についてご紹介します。

そもそもエイジングケアとは?

エイジングケアとは、その名前の通り加齢(エイジング)に応じた肌のお手入れを意味します。

■エイジングケアは何歳から始めるもの?
エイジングサインが現れるタイミングは、人によって違います。そのため、「エイジングケアは〇歳から始めるべき」という決まりはありません。今まで気にならなかった加齢による肌悩みが目立ち始めたときが、エイジングケアのはじめ時です。

エイジングケアとアンチエイジングの違い

エイジングケアと混同しやすい言葉の一つに「アンチエイジング」があります。エイジングケアとアンチエイジングには、どんな違いがあるのでしょうか。

アンチエイジングは、老化を防止することを意味します。化粧品はアンチエイジングの効果を謳えないため、エイジングケアという表現が使われています。

20代のエイジングケアは早い?

 

エイジングケアを始めるタイミングに決まりはありませんが、「20代には早い」というイメージを持つ人も多いでしょう。20代でエイジングケアを始めても良いのでしょうか。

エイジングケアは早めに始めることが大切!

20代になると、少しずつ肌のターンオーバーのスピードが遅くなって老化が始まります。しかし、エイジングサインが出るタイミングは人によって違い、30代以降に老化が気になり始める人も20代前半から深刻な肌トラブルに悩む人もいます。

基本的に、肌トラブルは早めの対策が肝心です。エイジングサインが現れたら、20代でもエイジングケアを始めた方が良いでしょう。

20代の脂性肌さんはエイジングケアコスメのベタつきやニキビに注意!

一般的には、20代でエイジングケアを始めても肌に悪い影響はありません。しかし、エイジングケアコスメは、油分が多くこっくりとしたテクスチャーのものが目立つため、脂性肌さんが使うとベタつきやニキビの原因になることがあります。

皮脂が出やすい人は「さっぱりタイプ」などと書かれたコスメでエイジングケアを始めるのが良いでしょう。また、本格的なエイジングケアコスメを使わず、保湿と紫外線対策を頑張ったり、20代向きのファーストエイジングケアコスメを使ったりするのもおすすめです。

エイジングケアは20代で始めるべき!その理由とは?

 

20代でもエイジングサインがで始めたら、早めにエイジングケアを始めるべきです。20代でエイジングケアをスタートさせた方が良い理由についてチェックしてみましょう。

20代でエイジングケアを始めるべき理由【1】30代や40代の美肌を守れる

美肌は、短期間で手に入れられるものではありません。特に、年齢を重ねると肌のターンオーバーのリズムがどんどんと遅くなるため、シミやシワが目立ち始めた時にエイジングケアを始めても、あまり効果が出ないことが多いです。

エイジングサインが目立つ30代や40代の肌状態を考えるなら、20代からエイジングケアを始めるのが大切です。20代から年齢に合ったケアをしておくと、将来のトラブルが減り、長い間若々しい肌をキープできるでしょう。

20代でエイジングケアを始めるべき理由【2】20代をピークに老化が進む

 

「まだ若いからエイジングケアは必要ない」と思っている20代女性もいるかもしれませんが、目に見えるトラブルがなくても肌の老化は進行しています。

■乾燥が進む
肌の水分量は、年齢と共に減少していきます。そのため、10代と比べて20代は乾燥に悩む人が多いです。特に、20代後半には、肌の水分と油分のバランスが乱れて、テカリやかさつき、毛穴の開きなどのトラブルが増える人が多いです。

■ターンオーバーが遅くなる
ターンオーバーは、肌の細胞の生まれ変わりを意味する言葉です。ターンオーバーのサイクルは28日程度が理想だと言われていて、この周期で肌の細胞が生まれ変わっていると、しなやかで美しい肌を維持できます。

しかし、ターンオーバーの周期は、加齢とともに遅くなると言われています。ターンオーバーが遅くなると、肌のごわつきやくすみが目立ってシミやシワなどのトラブルも目立ちます。

■ヒアルロン酸やエラスチンが減る
肌のハリや弾力に関わるヒアルロン酸やエラスチンも、20代をピークに減少します。そのため、20代後半以降は、シワやたるみなどのトラブルに悩む人が多いです。

■エイジングケアで美肌を守ろう
20代は、少しずつ肌の老化が進む時期です。いつまでもツヤや透明感、ハリのある若々しい美肌を維持したいなら、20代からエイジングケアを始めるべきでしょう。

20代でエイジングケアを始めるべき理由【3】生活習慣やメイクで肌にダメージが与えられている

最近は長時間に渡るスマホの使用が原因で血行が悪くなったり、表情筋が衰えたりして肌の老化が進むことが多いと言われています。

また、近年は学生時代からメイクをする女性が多いため、若いうちから化粧品やクレンジングの負担が蓄積されて20代でエイジングサインが目立つ人も少なくありません。

生活習慣やメイクなどで肌にダメージを与えている場合は、早めにケアをして、美肌を守ることが大切です。

20代のエイジングケアのポイントは?

 

20代からエイジングケアを始めるべきだと思っていても、具体的に何をすればいいかわからず困っている人は多いかもしれません。20代のエイジングケアのポイントをチェックしてみましょう。

20代のエイジングケアのポイント【1】紫外線対策をする

紫外線は美肌の大敵です。紫外線を浴びると、日焼けするだけでなく乾燥やシミ、シワなどのトラブルも起こりやすくなるため、しっかりと紫外線対策をしましょう。

20代から手寧に紫外線対策をしていると、将来のシミやシワを予防できると考えられています。なお、紫外線は季節や天気に関係なく降り注ぎます。

エイジングケアを意識するなら、一年を通して紫外線対策をしましょう。日焼け止めに加えて日傘やサングラス、帽子などのアイテムを活用するのもおすすめです。

20代のエイジングケアのポイント【2】クレンジングや洗顔は優しく

20代は、毛穴トラブルに悩む人が多い年代です。そのため、クレンジングや洗顔で肌をごしごしと擦っている人も少なくないでしょう。

しかし、肌を擦るのはNGです。肌を擦ると、シミやシワ、乾燥などのトラブルに繋がるので、クレンジングや洗顔は優しい力で行ってください。

クレンジングや洗顔に使うアイテム選びも大切です。乾燥やつっぱりが気になる場合は、保湿成分が配合されたアイテムやエイジングケア用のアイテムで、潤いを与えながら汚れを落としましょう。

20代のエイジングケアのポイント【3】丁寧に保湿する

 

乾燥は、毛穴の開きやテカリ、大人ニキビ、小じわ、くすみなどさまざまなトラブルを招きます。20代になると、10代と比べて肌の水分量が減少し、乾燥が目立ちやすくなるため、丁寧に保湿してエイジングによるトラブルを予防しましょう。

乾燥をケアしたい場合は、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが含まれたエイジングケアコスメを使うのがおすすめです。

20代のエイジングケアのポイント【4】毛穴が気になるならピーリング

毛穴の汚れが気になる20代女性は、週に1~2回程度ピーリングを行いましょう。ピーリングをすると、毛穴に詰まった汚れが落ちるだけでなく、古い角質や角栓も取り除けます。

古い角質や角栓をオフすると、ターンオーバーのリズムが整って肌に透明感が増し、シミやくすみなどのトラブルを予防できるでしょう。なお、ピーリング後は肌が乾燥しやすいため、エイジングケア向きのコスメや保湿用のコスメでしっかりと潤いを与えてください。

20代のエイジングケアのポイント【5】生活習慣を整えることも大切!

エイジングケアは、スキンケアだけではありません。生活習慣が乱れているとどんどんと肌の老化が進行するため、美肌を守りたい20代女性は、生活習慣を整えることも意識しましょう。

■しっかりと睡眠を取る
睡眠不足になると、ターンオーバーのリズムが乱れることが多いです。美肌を維持したいなら、なるべく一日7時間以上睡眠を取ることをおすすめします。

■栄養バランスの整った食事を摂る
健康的な肌を作ったり、維持したりするためには、栄養も欠かせません。偏食や無理なダイエットは控えて、一日3食バランスの整った食事を摂りましょう。

■ストレスを溜め込まない
ストレスも肌に悪影響を及ぼします。20代は仕事や子育て、家事、恋愛などで忙しい年代ですが、適度に休息を取って体や心を休めましょう。

20代のエイジングケアに美容液やクリームは必要?

 

目立つ肌トラブルがない20代女性のなかには、化粧水と乳液だけでスキンケアを済ませているという人もいるでしょう。しかし、20代でエイジングケアを始めるなら、なるべく美容液やクリームも使うのがおすすめです。美容液とクリームの役割について、解説します。

20代のエイジングケアにおける美容液の役割

美容液には、美容成分がたっぷりと含まれています。化粧水や乳液を使ったベーシックケアで思うような効果を得られない時は、美容液で集中的にケアしてください。

■エイジングケア用の美容液の役割
エイジングケア向きの美容液は、保湿やハリ・弾力のアップに特化したものが多いです。20代になって乾燥しやすくなった肌や少しずつハリ・弾力の低下し始めた肌を美容液でケアすると、若々しい美肌を目指せます。

20代のエイジングケアにおけるクリームの役割

クリームは、スキンケアの仕上げに使うアイテムです。乳液よりも油分が多く、化粧水や美容液、乳液で与えた水分や保湿成分を守る働きがあります。

■エイジングケア用のクリームの役割
エイジングケア用のクリームは、保湿効果に優れているものが豊富です。10代と比べて乾燥しがちな20代の肌にしっかりと潤いをキープしたいなら、保湿成分がたっぷりと含まれたクリームで肌に蓋をするのが良いでしょう。

20代用のエイジングケアコスメの選び方は?

 

ここでは、どんなコスメを使ってエイジングケアをしたらいいかわからず困っている人に向けて、20代用のエイジングコスメの選び方をご紹介します。自分に合ったエイジングケアコスメを使って美肌を維持したい人は参考にしてください。

20代用のエイジングケアコスメの選び方【1】肌トラブルに合わせて選ぶ

乾燥やシミ、大人ニキビなどのトラブルがある人は、それに合ったスキンケアアイテムを使いましょう。

■乾燥が気になる人
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合された保湿重視のスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。

■シミに悩んでいる人
アルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体などの美白有効成分が配合されたアイテムでお手入れしましょう。美白化粧品は保湿力が低いものが多いため、乾燥が気になる時は保湿用美容液やエイジングケア用美容液をプラスするのも良いでしょう。

■大人ニキビがある人
グリチルリチン酸2Kやアラントインなどの炎症を抑える成分を含んだアイテムでケアしてください。

20代用のエイジングケアコスメの選び方【2】目立つ肌トラブルがないなら保湿と美白を重視

現在、目立つ肌トラブルがない20代女性は、エイジングによるトラブルを引き起こす乾燥と紫外線の対策を徹底的に行いましょう。保湿成分や美白有効成分が含まれたエイジングケア向けのコスメでケアすると、長い間理想の肌をキープできるでしょう。

20代用のエイジングケアコスメの選び方【3】ママの肌質に合わせて選ぶのもあり

 

肌質も顔立ちと同じように遺伝の影響を受けると言われています。特に、肌は母親からの影響が強いと言われているため、ママの肌質を参考にエイジングケア用コスメを選ぶのも一つの手段です。

■たるみが気になる場合
ママの肌のたるみが気になる場合は、コラーゲンなどのハリをアップさせる成分が配合されたエイジングケアコスメで早めに対策をしましょう。

■シワが気になる場合
シワが気になる場合も、肌のハリを高める効果を期待できるエイジングケア向けコスメを使ってください。目元や口元など、特にシワが目立ちやすいパーツは、アイクリームなどの専用のアイテムでケアするのもおすすめです。

■シミが多い場合
ママの肌にシミが目立つ場合は、美白有効成分が配合されたコスメでケアをして、シミの元になるメラニン色素の蓄積を予防しましょう。

20代のエイジングケアコスメの選び方【4】長年使い続けられるものを選ぶ

エイジングケアは、20代から長く続けていくものです。すぐにやめてしまうと、美肌をキープできないため、無理なく続けられるものを選びましょう。価格だけでなく量もチェックして、コスパの良いものを選ぶのがポイントです。

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム10選

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【1】BOTANIST(ボタニスト) EVERグロウクレンジングバーム

BOTANIST(ボタニスト) EVERグロウクレンジングバーム

シャンプ―などが人気のBOTANIST(ボタニスト)が販売しているファーストエイジングケア向きのクレンジングバーム。乾燥や毛穴、くすみ、ハリ不足などのトラブルに悩む20代女性におすすめです。

BOTANIST(ボタニスト) EVERグロウクレンジングバーム / ¥3,278

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【2】ELIXIR(エリクシール) エリクシール ルフレ バランシング バブル

ELIXIR(エリクシール) エリクシール ルフレ バランシング バブル

20代から使えるファーストエイジングケアブランドの洗顔フォーム。もこもこの泡で毛穴に溜まった汚れなどを吸着します。ウォータープルーフタイプ以外なら、メイクも落とせます。

ELIXIR(エリクシール) エリクシール ルフレ バランシング バブル / ¥1,980

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【3】Predia(プレディア) プレディア プティメール ミネラルコンク ローション

Predia(プレディア) プレディア プティメール ミネラルコンク ローション

潤いや弾力のある肌に導くスキンケアラインの化粧水。ミネラルがたっぷりと含まれた海洋深層水が使われています。角層の奥まで潤いで満たして、ふっくらとキメが整った美肌に導きます。毛穴や乾燥に悩む20代女性のエイジングケアにおすすめです。

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【4】Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) VC100エッセンスローションEX

Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) VC100エッセンスローションEX

浸透ビタミンCを含んだ化粧水。肌の奥まで入り込み、乾燥や小さな影など、20代の肌に現れやすい初期のエイジングサインに働きかけます。柑橘系の香りに癒されながらエイジングケアができます。

Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) VC100エッセンスローションEX 150mL / ¥5,170

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【5】innisfree(イニスフリー) ポメグラネート バイタル セラム

innisfree(イニスフリー) ポメグラネート バイタル セラム

保湿や整肌に良いとされているザクロを丸ごと使った美容液。ツヤや輝きを感じるイキイキとした肌に導きます。ベタかないサラッとしたテクスチャーなので、30代や40代と比べて潤いのある20代のエイジングケアに使いやすいです。

innisfree(イニスフリー) ポメグラネート バイタル セラム / ¥3,300

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【6】糀姫(こうじひめ) wakan 美容オイルミスト

糀姫(こうじひめ) wakan 美容オイルミスト

20代から使えるファーストエイジングケアブランドの美容オイル。2層式のオイルで、保湿しながら肌の潤いをキープします。ミスト状で重すぎないテクスチャーなので、美容オイル初心者さんにもおすすめです。

糀姫(こうじひめ) wakan 美容オイルミスト / ¥1,650

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【7】Skin mania(スキンマニア) セラミド UVミルク

Skin mania(スキンマニア) セラミド UVミルク

紫外線対策・ブルーライトケア・美容液・乳液・化粧下地の働きを期待できるコスメ。肌を保護しながら、Wセラミドの力で潤いを与えます。20代のエイジングケアに必要な紫外線対策と保湿を1本でできるのが魅力です。

Skin mania(スキンマニア) セラミド UVミルク / ¥1,650

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【8】THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ) ユースクリーム DOY

THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ) ユースクリーム DOY

未来の肌に差をつけたい20代女性のエイジングケアにおすすめのクリーム。植物幹細胞の働きで、ハリや弾力のある肌に導きます。ライトなテクスチャーで、クリームに慣れていない人でも使いやすいです。

THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ) ユースクリーム DOY / ¥4,730

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【9】Embryolisse(アンブリオリス) Y ラディアンスケア

Embryolisse(アンブリオリス) Y ラディアンスケア

乾燥やハリ不足が目立ち始めた20代のエイジングケアに役立つアイテム。ヒアルロン酸Naとスクワランが肌の奥まで浸透し、潤いを与えます。ハリを与えたり、イキイキとした印象に導いたりする成分も配合されています。

Embryolisse(アンブリオリス) Y ラディアンスケア / ¥4,620

20代からのエイジングケアにおすすめのプチプラアイテム【10】なめらか本舗 リンクルアイクリーム N

なめらか本舗 リンクルアイクリーム N

目元の乾燥や小じわが気になる20代女性のエイジングケアにぴったりのプチプラアイクリーム。ピュアレチノールや豆乳発酵液、ビタミンE誘導体の働きで目元のハリ感をアップさせます。濃厚なクリームで、乾燥による小じわを集中ケアできます。

なめらか本舗 リンクルアイクリーム N / ¥1,045

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム10選

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【1】CLARINS(クラランス) Mアクティヴ トリートメントエッセンス ローション

CLARINS(クラランス) Mアクティヴ トリートメントエッセンス ローション

肌年齢25歳からのファーストエイジングケア用の化粧水。肌を整えるワイルドディーゼルやアセロラ種子エキスが配合されています。さらりとしたテクスチャーで、肌にぐんぐんと浸透します。

CLARINS(クラランス) Mアクティヴ トリートメントエッセンス ローション / ¥6,050

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【2】POLA(ポーラ) Red B.A ボリューム モイスチャーローション

POLA(ポーラ) Red B.A ボリューム モイスチャーローション

20代から始める初期のエイジングケアにおすすめの化粧水。弾むような肌に導くジュレのようなテクスチャーのアイテムです。日々の疲れを癒せるフレッシュフローラルの香りも人気があります。

POLA(ポーラ) Red B.A ボリューム モイスチャーローション / ¥9,900

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【3】ESTEE LAUDER(エスティ ローダー) アドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ

ESTEE LAUDER(エスティ ローダー) アドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ

昼は外的要因から肌を守り、夜は潤いを与える美容液。肌本来のリズムをいかしたアプローチで、イキイキとした肌に導きます。ハリの低下や小じわなどに悩む20代のエイジングケアに最適です。

ESTEE LAUDER(エスティ ローダー) アドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ 30mL / ¥10,450

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【4】YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン) ピュアショット ナイトセラム

YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン) ピュアショット ナイトセラム

生活習慣や環境などによって乱れてしまう肌に必要な成分のバランスに着目して作られた美容液。整肌成分であるモロッコ産のムーンライトカクタスを配合しています。20代女性がエイジングケアに使うと、ハリやツヤを実感できるでしょう。

YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン) ピュアショット ナイトセラム 30mL / ¥11,550

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【5】HELENA RUBINSTEIN(ヘレナ ルビンスタイン)P.C. スキンミュニティ セラム<美容液>

HELENA RUBINSTEIN(ヘレナ ルビンスタイン)P.C. スキンミュニティ セラム<美容液>

有害な菌から肌を守るβディフェンシンの働きをサポートする成分を配合した美容液。仕事のストレスや睡眠不足などの影響で、肌が疲れている20代女性のエイジングケアに向いています。

HELENA RUBINSTEIN(ヘレナ ルビンスタイン)P.C. スキンミュニティ セラム<美容液> / ¥31,900

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【6】Kiehl’s(キールズ) キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス

Kiehl’s(キールズ) キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス

シミやくすみなどのエイジングサインに悩む20代女性にぴったりの美容液。美白有効成分のアクティブビタミンCが肌の奥まで浸透し、透明感を高めます。乾燥による小じわにアプローチできるのも魅力です。

Kiehl’s(キールズ) キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス 30mL / ¥7,920

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【7】Dior(ディオール) カプチュール ユース インテンスrオイル

Dior(ディオール) カプチュール ユース インテンスrオイル

目に見えない肌の老化にしっかりとアプローチできるエイジングケアシリーズの美容オイル。肌を守り、バリア機能を高めることでさまざまなトラブルを予防します。脂質を補うため、乾燥肌さんにおすすめです。

Dior(ディオール) カプチュール ユース インテンスrオイル / ¥12,650

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【8】SK-Ⅱ(エスケーツー) スキンパワー エアリー

SK-Ⅱ(エスケーツー) スキンパワー エアリー

約8年間に渡って若い人の肌を研究してきたSK-Ⅱ(エスケーツー)が販売している美容乳液。しっかりと潤いを与えて、ツヤや弾力のある肌に導きます。軽い質感なので、20代からのエイジングケアに向いています。

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【9】GIVENCHY(ジバンシィ) ランタンポレル ブロッサム クリーム

GIVENCHY(ジバンシィ) ランタンポレル ブロッサム クリーム

乾燥やツヤ不足に悩む20代女性のエイジングケアにおすすめのコスメ。独自成分のブロッサム グロウ コンプレックスが肌状態を整え、マイクロパールの働きでツヤを出します。使い続けると肌状態が整って、イキイキとした印象になります。

GIVENCHY(ジバンシィ) ランタンポレル ブロッサム クリーム / ¥12,870

20代からのエイジングケアにおすすめのデパコスアイテム【10】IPSA(イプサ) ターゲットエフェクト アドバンスト G

IPSA(イプサ) ターゲットエフェクト アドバンスト G

シワの目立たない若々しい肌に導くクリーム。独自成分のディープGターゲット成分と有効成分の純粋レチノールが配合されています。20代になり、エイジングサインが出始めた肌のケアに最適です。

IPSA(イプサ) ターゲットエフェクト アドバンスト G / ¥14,300

エイジングケアは、年齢に合ったケアのこと。毛穴やシミ、小じわなどのサインが現れてきたら、20代からエイジングケアを始めるのがおすすめです。自分に合ったエイジングケアで、将来の美肌を守りましょう。