LIFESTYLEMAR.18.2019

カクテルの作り方をレクチャー!おうちでできる簡単レシピをご紹介

さまざまな種類があるカクテルは、おうちでも手軽に楽しめるものがたくさんあります。そこで今回は、おうちで手軽に作れるカクテルのレシピをご紹介します。作り方も簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね。
さまざまな種類があるカクテルは、おうちでも手軽に楽しめるものがたくさんあります。そこで今回は、おうちで手軽に作れるカクテルのレシピをご紹介します。作り方も簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね。

作り方も簡単!カクテルとは

カクテルと道具
■カクテルとは

「カクテル」とは、お酒やジュース、水などを混ぜて作るドリンクのことです。お酒が入らないカクテルは「ノンアルコールカクテル」と呼ばれます。

ドリンクだけでなく、フルーツやジャム、シナモン、タバスコ、塩、生クリーム、卵などを混ぜて作るカクテルもあります。昔から飲まれている定番のカクテルから、バーテンダーが考案したオリジナルカクテルまで、さまざまな味や香りのカクテルがあります。


■作り方もさまざま!カクテルの種類

・シェイク

映画やドラマのバーのシーンでもよく目にする「シェーカー」を使ってバーテンダーがかっこよく振って混ぜているのが、「シェイク」です。シェーカーに氷と材料を入れ、振って作るカクテルです。


・ステア

「ステア」は、ミキシンググラスとストレーナーという器具を使って作る、濁りのないクリアなカクテルです。ミキシンググラスに氷とお酒、ジュースなどを入れてカクテル用のバースプーンで混ぜ、ミキシンググラスにストレーナーをセットしてグラスに注いで作ります。


・ブレンド

「ブレンド」はブレンダーやミキサーを使って、氷とお酒、ジュースを混ぜたカクテルです。「フローズンカクテル」がメジャーですね。


・ビルド

グラスに氷とベースのお酒を入れて、ジュースを混ぜるカクテルが「ビルド」です。特別な道具がなくても作ることができるので、おうちで簡単に作りやすいのがメリットです。

カクテルの作り方や覚え方

カクテル
アルコール入りのカクテルを作る場合には、ベースとなるアルコール類やジュース類、炭酸水やミネラルウォーターを混ぜた作り方が一般的です。


■ベース

例えば、ベースとなるアルコール類は、

・ジン
・テキーラ
・ウォッカ
・ラム
・リキュール
・ブランデー
・ウイスキー
・ワイン
・ビール

などが一般的です。アルコール類は複数混ぜる場合もあります。


■水やジュース

水やジュースの場合は、

・ソーダ
・トニックウォーターやサイダー
・ミネラルウォーター
・ジンジャーエール
・オレンジやグレープフルーツなどのフルーツジュース
・ミルク

などが使用されます。


■トッピング

その他にも、カクテルに

・レモン
・オレンジ
・ライム
・イチゴ
・チェリー
・キウイ
・パイナップル
・ミント
・お花
・スパイス
・塩

などを添えるとよりおしゃれに仕上がり、味にも深みが増しますね。


■カクテルのレシピの覚え方

カクテルには様々な種類があり、ベーシックなレシピからアレンジレシピまで色々なカクテルがあります。

カクテルの作り方は、カクテルのレシピ本を始めとして、ブログやSNS、アプリ、お酒を販売している会社のホームページやお酒のラベルなどを参考にするのがおすすめです。

スタンダードなビルドのカクテルは、氷をグラスに入れたら、ベース1に対して、ジュース3を入れて混ぜたレシピが多いですね。

氷は、家庭で作るものは、雑味が混じっています。コンビニやスーパーでも購入できる透明な氷を使うのがおすすめです。溶けにくく、なめらかな味わいに仕上がりますよ。

ベース別!カクテルレシピ【1】「ラム」ベース

モヒートのレシピ
ラムをベースとしたカクテルの「モヒート」は、ラムのリッチな香りと、ミントの爽やかなフレーバーのすっきりとした味わいです。

モヒートをベースとして、シロップをハチミツにしたり、ジャムやフルーツをトッピングしてアレンジした作り方をするのもおすすめですよ。

ベース別!カクテルレシピ【2】「ジン」ベース

蜂蜜レモンスカッシュのレシピ
カクテルでは定番のお酒のジンは、スパイシーで男女問わず人気があるベースです。

ジンをベースとしたカクテルは、ジンにトニックウォーターを混ぜた「ジン・トニック」や白ワインの「ドライベルモット」を合わせた「ドライ・マティーニ」が定番ですね。

ジンをベースとした「蜂蜜レモンスカッシュ」は、作り方も簡単で、フレッシュなレモンと甘い蜂蜜がミックスされたさっぱりとした味のカクテルです。

ベース別!カクテルレシピ【3】「ウォッカ」ベース

手軽に作れる♪グレープフルーツブルーハワイ
癖のない味わいのウォッカベースのお酒は、ジュースやサイダーの味を生かした作り方をしたカクテルがおすすめです。

グレープフルーツジュースを混ぜた「ソルティ・ドッグ」や、ジンジャーエールを混ぜた「モスコミュール」、オレンジジュースを混ぜた「スクリュードライバー」、トマトジュースを混ぜた「ブラッディ・マリー」などが有名ですね。

二層の色合いがおしゃれなカクテルは、市販のアイスや缶チューハイで作れるひんやりとしたスイーツのようなカクテルです。

ベース別!カクテルレシピ【4】「ビール」ベース

レッドアイ
手軽に手に入るビールも、少し工夫をすれば、素敵なカクテルに変身できます。
例えば、トマトジュース1に対してビール1を加えた作り方でできるカクテルは「レッド・アイ」です。

その他にも、ジンジャーエール1に対して、ビール1を加えた作り方でできる「シャンディ・ガフ」もおすすめのカクテルですよ。

ベース別!カクテルレシピ【5】甘くて美味しい「リキュール」ベース

リキュールとミルクのカクテル
甘くて色々な種類がある「リキュール」ベースのカクテルは、ジュースのように飲みやすく、アレンジもしやすいのが魅力です。お酒が苦手な方でも、甘いカクテルなら飲みやすいですよね。

定番のカシスリキュールや、コーヒーリキュール、芳醇な香りのマリブリキュール、ヨーグルトリキュールなどは、飲みやすく、作り方も難しくないのがメリットです。

ジュースだけでなく、ミルクと混ぜても美味しいですよ。

ベース別!カクテルレシピ【6】「ワイン」ベース

サングリア
ワインに砂糖とお好きな果物をカットして入れるだけの簡単な作り方でできる「サングリア」は、女子会にもぴったりなカラフルなカクテルですよ。

作り置きしておけますし、ホットで飲むのもおすすめです。
おうちで手軽に作れるカクテルは、色々な種類があり、アルコールの強さも自分で調整できるのが魅力です。作り方も簡単で、おしゃれにアレンジもできるので、女子会やおもてなしパーティーにもおすすめですよ。ぜひ、おうちで手作りカクテルを楽しんでみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!