BEAUTYAUG.22.2019

くすみを解消する下地の色は?くすみの種類や色味の選び方について

くすみのある肌が気になるという人はいませんか?スキンケアでカバーできないくすみには、下地が効果的です。くすみに効果的な下地の色は何色なのでしょうか?くすみの種類やくすみごとの下地の色の選び方についてご紹介します。
くすみのある肌が気になるという人はいませんか?スキンケアでカバーできないくすみには、下地が効果的です。くすみに効果的な下地の色は何色なのでしょうか?くすみの種類やくすみごとの下地の色の選び方についてご紹介します。

くすみの種類

ベースメイクを乗せている人
くすみにはいくつかの種類があります。くすみにはどんな種類のものがあるのか、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

■メラニンくすみ
まず1つはメラニンによるくすみです。肌にメラニンが溜まっている状態だと、くすみが起こります。メラニンは紫外線に当たることや摩擦が原因で発生します。茶色や肌が黒ずんでいるようなくすみが気になる場合は、メラニンくすみの可能性が高いです。

■乾燥くすみ
乾燥くすみは、朝起きた時や夕方に感じるくすみのことをいいます。肌が乾燥することで、角質が毛羽立ったような状態になります。毛羽だった角質によって影ができてしまうので、くすみが起こってしまいます。

■角質くすみ
角質くすみは、角質がたくさんたまった状態になることで、目立ってくるくすみのことを言います。角質はターンオーバーとともに古いものが剥がれ落ち、新しいものが作られていきますが、このリズムが狂ってしまうと角質が肌に溜まりやすくなってしまいます。

古い角質がたくさん溜まると、透明感がなくくすみが目立つようになります。特に年齢を重ねてからおこりやすくなります。また、古い角質にはメラニンが含まれていることもあるので、よりくすみやすくなります。

くすみカバーに最適な下地の色とは?

いろいろなカラーのベース
くすみをカバーするために最適な下地のカラーとは何色なのでしょうか?くすみにぴったりなカラーをご紹介します。

■イエロー
イエローのコントロールカラーは、乾燥が原因で起こるくすみにおすすめです。イエローを使うことによって、くすみを飛ばして健康的な肌に見せることができます。ハリや透明感が失われた肌には、黄色を使うのがおすすめです。

■オレンジ
オレンジのコントロールカラーは、茶色っぽさの目立つくすみにおすすめです。メラニンが原因で起こるくすみの場合は、オレンジを取り入れることで色味を中和してくれます。目の下のくまにも効果的なカラーです。

■ブルー
ブルーは黄色っぽいくすみにおすすめのカラーです。ブルーを取り入れることによって、透明感を演出することができます。くすんで明るさが足りないという肌には、ブルーがおすすめです。

■ピンク
ピンクのコントロールカラーは、血色感が足りない肌におすすめです。くすみが酷くなり、透明感や血色感が失われてしまった肌に取り入れることで、健康的な肌を作り出すことができます。

■パープル
パープルのコントロールカラーは、透明感と血色感の失われた肌におすすめです。くすみがひどくなりすぎると、老けた印象に見えてしまうことがあります。そういった場合にはパープルを取り入れると良いでしょう。

■グリーン
グリーンのコントロールカラーは、赤みが目立つくすみにおすすめです。乾燥くすみの影の中でも、赤っぽく目立ってしまうくすみもあります。そういった場合はグリーンを使って赤みを飛ばすのがおすすめです。

くすみをカバーする色付き下地の使い方

いろいろなコスメ
くすみをカバーするために使うコントロールカラーの使い方についてご紹介します。

■コントロールカラーはくすみが気になる部分にだけ使う
コントロールカラーを使う場合は、くすみが気になる部分にだけ使うようにしましょう。広範囲に使ってしまうと、反対に顔色が悪く見えてしまうようなカラーもあります。顔全体のくすみが気になる場合は、血色感がプラスできるようなカラーを選ぶようにしましょう。

■少量乗せてぼかす
コントロールカラーは少量ずつ使っていくようにしましょう。気になる部分に乗せたら、指でぼかしていきます。量を乗せすぎてしまったり、メイクにわざとらしさが出てしまう場合は、スポンジを使って余分な下地を取り除くようにしましょう。

■下地は何色か混ぜてもOK
くすみを解消するためには、何色かコントロールカラーを使ってもOKです。茶色っぽいくすみが気になる部分にはオレンジ、乾燥が気になる部分には黄色、血色感が欲しいところにはピンクのように、部分使いをしていくと、ファンデーションなしでも色ムラをカバーすることができます。

くすみ解消におすすめの色付き下地【1】media(メディア) メイクアップベースS

メディアのベース
mediaのメイクアップベースSは、毛穴を目立たせなくする効果がある化粧下地です。グリーンとオレンジの2色展開で、それぞれくすみをカバーすることができます。化粧のノリや持ちもアップさせる効果があります。

くすみ解消におすすめの色付き下地【2】IPSA(イプサ) コントロールベイス

イプサのコントロールカラー
IPSAのコントロールカラーベイスは、素肌に足りない光を補う化粧下地です。透明感を高めてフラットな肌を作り出します。使いやすいピンク・イエロー・ブルーの3色展開となっています。
IPSA コントロールカラーベイスピンク / ¥3,024
くすみを解消する下地についてご紹介しました。くすみを解消するためには、化粧下地の色味が大切です。コントロールカラーをうまく活用して、ファンデーションいらずで色味をカバーしていきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック