LIFESTYLEOCT.19.2018

和食マナーの基本は大丈夫?お箸の使い方・食べる順番・食べ方など

しっかりとしたマナーが必要な和食を食べる機会は、冠婚葬祭や旅館での食事の他にも、結婚の顔合わせや仕事の会食など、多くありますよね。そこで今回は、箸の使い方や汁物の食べ方など、和食の基本マナーをご紹介します。
しっかりとしたマナーが必要な和食を食べる機会は、冠婚葬祭や旅館での食事の他にも、結婚の顔合わせや仕事の会食など、多くありますよね。そこで今回は、箸の使い方や汁物の食べ方など、和食の基本マナーをご紹介します。

和食マナー講座【1】おしぼりの使い方

和食のテーブル
食事の前に手を拭く「おしぼり」は、右手で持ち上げたら、左手に持ち替えます。
左手で広げて両手を拭いたら、手を拭いた方を内側にして畳み、元の位置に戻します。

おしぼりは手を拭く以外の事に使ってしまうのは、和食を頂く際のNGマナーですので、注意が必要ですね。

和食マナー講座【2】お箸の使い方

和食のマナー
和食では欠かせない「お箸」の使い方にもマナーがあります。


■箸置きに置いてあるお箸を手に取る場合

①箸の中間あたりを上から右手で取ります。
②持ち上げた箸の先を支えるように、箸の下から左手を添えます。
③右手で箸を持ち替え、左手を離します。

ただし、割り箸を使う際は、最初に左右に割るのではなく、上下に割るのがマナーです。


また、箸の使い方については、持ち方だけでなく、箸を舐めたり、箸で食べ物を探ったり、人を指したりするような振る舞いはNGマナーです。

また、箸は必ず箸置きに置くようにしましょう。器の上に置いておくのはNGマナーです。

和食マナー講座【3】お椀の頂き方

和食のお椀の頂き方のマナー
和食では、お椀を開けて汁物をいただくことが多いですが、実はお椀の扱い方にもマナーがあります。

①目上の人がお椀の蓋を開け始めてから、自分もお椀に手を掛けましょう。
②左手をお椀に添えて、右手でお椀の蓋のつまみ部分を持ち上げます。
③お椀の蓋の中についた水滴を、蓋を斜めにしてお椀の中に落とします。
④左手を添えながら蓋をひっくり返し、お椀の左右どちらかの空いているスペースに蓋を置き、食べ始めます。
⑤お椀の蓋を閉めると、和食マナーでは「食べ終わり」のサインになります。

汁物の場合、具が口元に寄ってこないように、揃えて持った箸で具を支えながら、音を立てないようにいただきましょう。あさりのような貝付きの具の場合は、お椀の中で身を外し、貝の殻はそのままお椀の中に残しておきます。

和食マナー講座【4】魚の食べ方

和食の魚の食べ方のマナー
また、和食ではよく出てくる尾頭付きの魚にも、食べ方のマナーがあります。魚は決して裏返して食べることがないようにしましょう。

①頭の方から尾の方に向かって、少しずつ食べていきましょう。
②上半分の身が食べ終えたら、左手で魚の頭を軽く押さえながら、ゆっくりと下の身と骨を離していきます。
③骨が身から離れたら、左手で魚の頭、右手の箸で尾の辺りを持ち、お皿の左上の方に移動させます。
④残った下の身も、頭があった方から尾の方に向かって食べていきましょう。

小ぶりの魚の場合は、最初に箸を使って魚の胴体に圧力をかけ、やわらかくしたら、自然と身と骨が離れます。右手の箸で魚の胴体を持ちながら、魚の頭を左手で持ち、引き抜くと、綺麗に骨だけを抜き取ることができます。

和食マナー講座【5】その他の和食の食べ方

和食
前菜となる「先付け」のように、平らな皿に盛り付けられているものは、皿を持ち上げずに食べていきます。基本的には、好きな物から食べるのではなく、盛り付けを崩さないように食べていくのが和食の基本マナーです。

迷った場合は、お皿の左から右に向かって食べ進めていくようにしましょう。

ただし、一度に二皿以上の食べ物が配膳されている場合は、一皿を全て食べ終えてから次のお皿の食べ物を食べるのはマナー違反ですので、バランスに注意したいですね。


■お造り

お造りも、美しい盛り付けを崩さないように食べるのがマナーです。
自分の左の手前から食べ始め、右の手前、そして中央、奥の順番に食べていくと、綺麗に食べることができます。もしくは、色の薄い淡白な味の白身魚から食べていくようにしましょう。

醤油にワサビを溶かすのではなく、お刺身にワサビをのせていただくのがマナーとされています。


■茶碗蒸し、天ぷら

茶碗蒸しや天ぷらも、手前から食べていくのが基本です。

串は箸で押さえながら手で外してから食べます。直接串が刺さったまま口に運ばないようにしましょう。

また、手を受け皿にするような食べ方はNGマナーとされていますので注意したいですね。
天つゆをつけて食べる場合は、天つゆの入った器を持ち上げてOKです。

てんぷらの場合は、大きい具材も多いので、一口では食べきれないものも多いですよね。そのような場合は、口元を懐紙で隠して、何回かに分けて食べていきます。食べている途中のものをお皿に置くのはマナー違反です。


■土瓶蒸し

土瓶蒸しをいただく場合は、最初に汁をいただくのがマナーです。その後は、器に盛り、汁と具のバランスを取りながら食べ進めていきましょう。


■煮物

煮物がふたつきの器に入っている場合は、作法は汁物の場合と同じです。
ただし、盛り付けを崩すことがないよう、上から順に食べ進めていくのが和食マナーです。


■食べ終わり

和食のコースの場合は、締めとなる「ご飯と汁物」や、漬物が出てきたら、お酒の追加注文はやめましょう。
身近な存在の和食のマナーは、さりげなくできていると上品で、育ちが良く見えますよね。ぜひ、和食の基本マナーをマスターして、素敵な大和撫子を目指してくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。