FASHION
APR.03.2020

釣り堀におすすめの服装!選び方や注意点、おすすめの持ち物もご紹介

釣り堀におすすめの服装!選び方や注意点、おすすめの持ち物もご紹介 釣り堀におすすめの服装!選び方や注意点、おすすめの持ち物もご紹介

彼に釣り堀でのデートに誘われたら、まず悩むのが着て行く服装ですよね。特に釣り自体が初めてだと何を着たらいいのか困ってしまいます。そこで今回は、釣り堀で着るおすすめの服装をご紹介。服装の選び方や注意点、おすすめの持ち物などもご紹介します。

「釣り堀」とは?

 

今週末は、彼と初めて行く「釣り堀」でのデート。ただ釣り自体が初めての体験だと、どんな服装で行ったらいいのか本当に困ってしまいます。

女性の中には、そもそも「釣り堀」が何なのかよくわかっていない方も多いかもしれません。「釣り堀」とは、池や沼、もしくは人工の池などに魚を放流し、釣りができるようにした娯楽施設のこと。「釣り堀」では、料金を払うことで手軽に釣りを楽しむことができます。

今回は、そんな「釣り堀」に着て行くおすすめの服装をご紹介。服装の選び方や注意点、持参しておくと役に立つ持ち物もご紹介します。

釣り堀に着て行く服装の選び方や注意点【1】汚れてもいいものやお手入れが簡単なものを

 

魚を釣っていると、魚から散った水や泥、魚の匂いが服につくことがあります。ですから、釣り堀に着て行く服は、汚れてもいいものや汚れても自宅で簡単にお手入れできるものがマスト。きれいめなデリケートな素材の服は避けた方が無難です。

Tシャツなどコットン素材のものなら、汚れたり匂いがついても気軽に自宅で洗濯できたり漂白できるので安心です。

釣り堀に着て行く服装の選び方や注意点【2】動きやすいものが最適。ジーンズはストレッチが効いたものを

 

じっと座って魚が釣れるのを待っているイメージが強い釣りですが、体験してみると立ったり座ったりして意外と体を動かすことが多いのが実際のところ。ですから、服装は動きやすく作業しやすいものが最適です。

ボトムスならスカートよりパンツの方がおすすめ。ジーンズはストレッチが効いて座っていても苦しくならないものを選びましょう。

釣り堀に着て行く服装の選び方や注意点【3】屋外の釣り堀では肌の露出はNG!日焼け対策はしっかりと

釣り堀の服装におすすめの重ね着や帽子

最近は釣り堀カフェなど気軽に屋内で釣りを楽しめるスポットも増えていますが、屋外の釣り堀なら日焼け対策はマスト。肌を露出した服装だと、釣りに夢中になって気付いたら肌が真っ黒なんてことになりかねません。

暖かい日でも、半袖トップスには肌をカバーするインナーを重ねたり、つばの広い帽子をかぶるのがおすすめ。帽子は夏の熱中症対策にも必須です。

釣り堀に着て行く服装の選び方や注意点【4】足元は滑りにくい靴を。グリップの効いたスニーカーがおすすめ

釣り堀の服装におすすめの靴

釣り堀の地面は濡れて滑りやすくなっているので、ヒールの高いパンプスやサンダルを履くのは危険です。おすすめなのは、グリップが効いて滑りにくいスニーカー。

パンプスやサンダルを履く場合も、ヒールが低くソールが滑りにくいものを選びましょう。魚の水や泥がかかることも多いので、お気に入りの靴を履いて行くのは避けた方が無難です。

釣り堀におすすめの服装【1】春や秋は風や冷気をシャットダウンしてくれる羽織りものをプラス

春や秋の釣り堀の服装におすすめの羽織りもの

春や秋の季節の変わり目は、釣り堀の服装に風や冷気をシャットダウンしてくれる羽織りものをプラス。撥水加工のあるパーカーは、水や泥が散っても拭けばいいので釣り堀の服装に◎。気温が上がる昼間は暑くなることもあるので、体温調節しやすい重ね着がおすすめです。

釣り堀におすすめの服装【2】冬の釣りデートは寒い!特に管理釣り場など山には防寒コーデで

冬の釣り堀の服装におすすめの防寒コーデ

冬の屋外の釣り堀でのデートは、寒さ対策の服装をしっかり準備して出かけましょう。特に山間部にある管理釣り場のような場所だと想像以上に寒いので、重ね着できるダウンウェアなどを使った防寒コーデで。

フリースやダウンを使ったレイヤードコーデは、彼と一緒にアウトドアコーデが楽しめます。チェックシャツやニット帽などリンクするアイテムを散りばめて、ファッションでも釣り堀デートを楽しみましょう。

釣り堀におすすめの服装【3】日差しが強い夏はUVカットアイテムとの重ね着コーデがおすすめ

 

日差しが強い夏の時期の釣り堀は、服装もUVカット機能のあるアイテムなどを使って日焼け対策を。半袖のTシャツの下にUVカットと冷感機能のついたインナーを重ねれば、暑さ対策にも効果的。帽子は日焼け対策と熱中症対策でマストなアイテムです。

釣り堀におすすめの持ち物【1】魚をつかんだりするのに何かと便利なタオル

 

ここからは、釣り堀に持参するのにおすすめの持ち物をご紹介。釣り堀は釣りに使うほとんどのアイテムがレンタルできるので、そのほかで持参しておくと便利な持ち物をご紹介します。

■釣り堀におすすめの持ち物①

・タオル(魚をつかんだり、手をふいたり、夏は汗を拭いたりと何かと出番が多いタオル。複数枚用意しておくと便利です)
・手袋(素手で手を怪我するのを防ぐため、釣り専用のものが◎)
・ハサミ、ペンチ、プライヤー(仕掛けを切ったり、釣り針を外すのに使用)
・クーラーボックス(魚を持ち帰るのに使用)
・ビニール袋(濡れたタオルなどを入れるのに役立ちます)

ハサミやクーラーボックスは、デートなら彼が持参してくれる場合が多いと思います。

釣り堀におすすめの持ち物【2】デートならウェットティッシュ持参で好感度アップ!

 

釣り堀カフェのような手ぶらで気楽に行けるような釣りスポットにも、持参しておくと便利な持ち物があります。

■釣り堀におすすめの持ち物②

・ウェットティッシュ(魚やエサを触って汚れた手を拭くのに使用。彼にあげて好感度をアップしましょう)
・日焼け止め、虫よけスプレー(夏の屋外の釣り堀ではマストアイテム)
・カイロ(冬の屋外の釣り堀には彼の分も持参しておくと喜ばれます)
・レインウェア(気温が安定しない春など、防水加工もあるポケッタブルのウインドブレーカーなどがあれば安心です)
・飲み物、食べ物(カフェや釣り堀で購入できる場合は不要)

いきなり彼に釣り堀デートに誘われたら、釣り初心者の方だと何を着たらいいのか困ってしまいますよね。ただ釣りとはいっても、場所が釣り堀ならそこまで服装に気を使わなくても大丈夫です。今回ご紹介した選び方のポイントも参考にしていただいて、自分らしい服装で釣り堀デートを楽しんでください。