BEAUTYJAN.06.2019

披露宴メイクのポイントは?注意点やメイク方法をご紹介

友達や知り合いの披露宴にお呼ばれした時に、どんなメイクにしたらいいのか悩みますよね。披露宴にぴったりなメイクとは、一体どんなものなのでしょうか?披露宴メイクのポイントや注意点、おすすめのメイク方法をご紹介します。
友達や知り合いの披露宴にお呼ばれした時に、どんなメイクにしたらいいのか悩みますよね。披露宴にぴったりなメイクとは、一体どんなものなのでしょうか?披露宴メイクのポイントや注意点、おすすめのメイク方法をご紹介します。

披露宴メイクのポイントと注意点

披露宴会場のテーブル
披露宴にしていくメイクのポイントと注意点についてご紹介します。

■派手なメイクはNG!
披露宴にお呼ばれした時のマナーとして、派手なメイクはNGになります。華やかなメイクをしていかなくてはいけませんが、派手なメイクはNGです。例えば真っ赤なリップや奇抜なカラーを使ったアイメイクなど、清潔感がないように見えるメイクは基本的にNGだと思った方が良いでしょう。

■いつもと同じもNG!
披露宴は花嫁よりも目立ってはいけないというルールがあります。だからといって、普段自分がしているナチュラルメイクでは、まったく顔が映えません。披露宴では自分もドレスアップしますよね。化粧があまりにも薄すぎると、ドレスに負けてしまいます。

披露宴はフォーマルな場面なので、いつも自分がしているカジュアルメイクはNGです。華やかで清潔感のあるメイクを意識して行いましょう。

■血色感を大切にする
披露宴でのメイクでは、華やかさと清潔感を両立しなくてはいけません。しかし、目元に濃いカラーを持ってきてしまうと、清潔感がなくなってしまいます。このバランスがとても重要になります。

華やかで清潔感のある印象にするためには、血色感が大切です。チークとリップで、華やかさを出していきましょう。チークもリップもツヤ感がありすぎるものはNGです。セミマットに仕上がるようなアイテムを使うことで、フォーマルな雰囲気もありつつ、生き生きした印象のメイクに仕上がることができます。

披露宴メイクのやり方【1】ベースメイク

色々な種類のコスメアイテム
披露宴メイクのベースメイクのやり方についてご紹介します。

■化粧下地
化粧下地は季節によって使うアイテムを変えるようにしましょう。夏の場合は崩れやすく、長時間化粧直しができないことが多いので、皮脂崩れを予防するような化粧下地を選ぶようにしましょう。

反対に冬は乾燥を感じやすい時期です。冬の披露宴の場合は、保湿力のある化粧下地を使うようにしましょう。

■ファンデーション
披露宴でのファンデーションは、くすみや色ムラを取り除けるような自分に合ったファンデーションを選びましょう。肌がもともときれいで、カバーするものもないという人は、薄付きのものを選びましょう。

反対にカバーしたいものがたくさんあるという人は、カバー力の高いものを選ぶようにしましょう。仕上がりはフォーマルな場面なので、セミマットくらいがちょうどいいです。

披露宴メイクのやり方【2】アイメイク

色々なメイク道具
披露宴メイクのアイメイクについてご紹介します。

■アイシャドウ
アイシャドウは派手すぎず地味すぎないものを選ぶ必要があります。思い切って無難なブラウンを止めて、自分のドレスの色を意識したアイシャドウを付けてみるのも良いでしょう。ピンクやブルーなど、目元につけても十分華やかに仕上がります。

目力が足りないという場合は、目のキワにだけブラウン系の締め色を乗せることでカバーすることができます。パール入りや派手すぎないラメは、華やかな披露宴にぴったりです。

■アイライナー
披露宴でのアイライナーは、派手にならないように目力を付けていきます。太めの跳ね上げラインは、派手な印象になるので、細めを意識して引いていくようにしましょう。まつげとまつげの間を埋めることで、目力を自然に与えることができます。

もともと目力がある人はペンシル、目力が足りないという人はリキッドがおすすめです。

■マスカラ
披露宴メイクでのマスカラは、目力を出しながらもきれいなセパレートを作っていきましょう。ビューラーでしっかりまつげを上げてから、1本1本ダマにならないようにまつげを太く濃くしていきましょう。

どうしても目力が足りないという時は、部分用のつけまつげを使うと良いでしょう。

披露宴メイクのやり方【3】リップ&チーク

色々なリップやチーク
披露宴メイクでのチークとリップについてご紹介します。

■チーク
チークは顔を華やかに見せるために欠かせないアイテムです。頬の高い位置からこめかみに向かって横に流していきます。この時くるくると円を描きながら流していくことによって、全体的にまんべんなくチークが乗り、ほどよい華やかさのあるチークに仕上げることができます。

色味は濃く発色しすぎないようなピンクやオレンジ、ベージュ系がおすすめです。

■リップ
リップは濃いカラーは使わないようにしましょう。程よいツヤ感のある口元の方が、清潔感があります。グロスでベタベタな唇はあまりよくありません。披露宴では飲み食いするということも考えて、汚い落ち方をしないようなリップを使うようにしましょう。
披露宴におすすめのメイクについてご紹介しました。披露宴では色々なマナーがあり、初めて行く人にとっては不安もありますよね。披露宴でのメイクは清潔感と華やかさが大切です。いつものメイクよりも華やかな印象になることを意識してメイクすることを心がけてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。