BEAUTYAPR.17.2019

化粧直しには乳液がぴったり!メリットや正しい使い方について伝授

化粧直しをする時、どんなコスメを使っていますか?化粧直しの道具が多いと、ポーチの中もかさばりやすくなりますよね。そんな時におすすめなのが乳液です。乳液を使った化粧直しのメリットや正しい使い方についてご紹介します。
化粧直しをする時、どんなコスメを使っていますか?化粧直しの道具が多いと、ポーチの中もかさばりやすくなりますよね。そんな時におすすめなのが乳液です。乳液を使った化粧直しのメリットや正しい使い方についてご紹介します。

化粧直しのNGポイント

パフを頬に当てている人
化粧直しをする時、どんなものを使っていますか?きれいに化粧直しをするのは、簡単に見えて実は難しいものです。化粧直しをしてもうまくいかない、余計汚く見えてしまうなど、悩みを持っている人も多いです。化粧直しがうまくいかない、NGポイントについてご紹介します。

■ただただパウダーを重ねる
化粧直しの定番アイテムといえば、フェイスパウダーです。ファンデーションの色を邪魔することなく化粧直しができるので、とても人気ですよね。しかし、崩れている部分の化粧の上にただ重ねるだけでは汚く見えてしまうことがあります。

化粧崩れが起きている油分を取り除かずに、そのままフェイスパウダーを乗せると、ムラ付きの原因になる上に、フェイスパウダーのパフに皮脂が付き、雑菌が繁殖しやすくなります。

■スプレーをかける
化粧直しに便利なアイテムが、化粧水ミストです。しかし、化粧水ミストだけで化粧直しをすると、より乾燥を招いてしまうことがあります。化粧水ミストには油分が含まれていないので、ミストだけではより肌を乾燥させる原因になってしまうことがあります。

潤いを与えることはいいですが、水分だけでなく油分も補充する必要があります。

乳液を使った化粧直しのメリット

化粧直しをしている人
乳液を使って化粧直しをするメリットについてご紹介します。

■保湿ができる
乳液を使って化粧直しをするメリットは、保湿ができるということです。化粧直しの定番アイテムといえば、ミストですよね。しかし、ミストには潤い成分は入っていても、油分が入っているものは少ないですよね。

乳液は水分と油分のどちらも補うことができるスキンケアアイテムです。そのため、肌を保湿しながら化粧直しを行うことができます。乾燥肌の人に特におすすめの化粧直しアイテムです。

■崩れた部分をオフできる
乳液を使った化粧直しでは、多少崩れてしまっている部分を修正することができます。化粧が崩れてしまった部分は、なかなか化粧直しが難しいですよね。ベースメイクは油分でできているので、油分を使わないときれいにリセットすることができません。

そんな時乳液を使うことで、ある程度の化粧崩れをオフした上で化粧直しをすることができます。きれいな状態にリセットして化粧を直すことができるので、仕上がりもきれいになりますよ。

乳液を使ったベースメイクの化粧直し

頬にパウダーを乗せている人
乳液を使ったベースメイクの化粧直しのやり方についてご紹介します。

■スポンジで皮脂をオフする
乳液を使って化粧直しをする場合は、スポンジもセットで持ち歩くようにしましょう。スポンジがあることで、よりきれいな仕上がりになりますよ。まずは、スポンジを使って、余分な皮脂をオフしていきます。

化粧崩れが気になる部分や皮脂が分泌されている部分にスポンジを当てて、取り除いていきましょう。

■乳液をスポンジにつける
スポンジに乳液をつけて、肌に乗せていきます。化粧崩れが気になる部分に、ポンポンと乳液をなじませるようにスポンジを当てていきましょう。こうすることで崩れていたファンデーションと乳液が混ざり、均一になじみやすくなります。

スポンジを使うことで、乳液の乗せすぎ防止にも繋がりますよ。

■最後にパウダーを乗せる
乳液で化粧崩れをなじませたら、最後にパウダーを乗せていきます。乳液で化粧崩れをなじませているので、パウダーも均一に乗りやすくなります。カバーが必要な部分についてはパウダーファンデーションを乗せたり、部分的にコンシーラーを使ったりして隠していくようにしましょう。

乳液を使ったアイメイクの化粧直し

目元をコットンで隠している人
次に乳液を使ったアイメイクの直し方についてご紹介します。

■綿棒に乳液をなじませる
綿棒に乳液をなじませて、化粧直しを行います。乳液の油分があるおかげで、なかなか化粧直しが難しいアイメイクも、きれいに落とすことができますよ。綿棒はすぐに汚れてしまうので、その都度きれいな綿棒に取り換えて使っていきましょう。

■気になる部分に乗せる
乳液をつけた綿棒で、気になる部分を落としていきましょう。乳液を使うことで、マスカラ以外のアイメイクはある程度落とすことができます。全体的に変えたい場合や、簡単にパンダ目を直したい場合にも乳液がおすすめです。

■アイシャドウかパウダーを乗せる
気になる部分の化粧を落としたら、アイシャドウかパウダーを乗せてサラサラな状態にしていきましょう。乳液はそのままにしてしまうとべたつきが気になり、化粧崩れを起こしてしまう可能性もあります。最後にパウダー系のアイテムを乗せて、サラサラに整えたら、好きなアイメイクをしていくようにしましょう。
乳液での化粧直しについてご紹介しました。意外に知られていませんが、化粧直しには乳液がぴったりなのです。持ち運びやすいタイプの乳液もたくさん出ているので、ぜひポーチに1つ忍ばせてみてはいかがでしょうか?
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!